(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【カラー自家現像サロン】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺さんの健康談話室 ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2021/09/09 09:07:03

−スレッド一覧 (最新 50 件) −

1: 大衆、集団、団体 (3) 2: コロナの心配 (7) 3: 肩は炎症のようでした (3) 4: 食事と認知症 (2) 5: 泣きたくなります (8) 6: お久しぶりです。当然の報いです・・・ (4) 7: 逆襲 (2) 8: コロナあれこれ (6) 9: 無題 (2) 10: 口内炎について (1) 11: 肉食と温暖化 (1) 12: 無題 (4) 13: もち麦は朝と昼に・・?? (1) 14: 侘助様のご質問に・・ (3) 15: 癌になった時の手術の事 (10) 16: フッ素と歯磨きの件 (1) 17: バイキングでノロウイルス (1) 18: ワード検索してみてください (4) 19: 食事療法 芋類、その他について (7) 20: ペットの食事の事 (2) 21: 体内からの口臭 (4) 22: O-157で死者が・・ (5) 23: 免疫療法の勘違い (1) 24: 膀胱がん (1) 25: 便秘について (1) 26: 白血病・気になったこと (1) 27: 野菜工場の野菜 (1) 28: 2017年上半期が終わります (3) 29: 2017年、よろしくお願いいたします (4) 30: 塩分と高血圧 (9) 31: 魚を食べない人達??? (5) 32: 気になるデータ (4) 33: 血糖値スパイク (2) 34: 夏も終わって (4) 35: ご報告ー肌が変わった! (4) 36: 週刊誌の記事 (6) 37: 気になることがあります (3) 38: 病院が減ると病人も減る? (1) 39: 気になるコーヒーの話 (1) 40: 無題 (2) 41: 抗血液凝固剤ワーファリンについて (2) 42: STAP細胞は実在した (3) 43: 食後の水 (4) 44: 海藻類 (5) 45: サウナ (5) 46: 断食について (3) 47: 胃癌と白血病 (1) 48: ガンとコーヒー (1) 49: 戦前派 (1) 50: 風呂で亡くなる方が・・ (1)

>>記事一覧 >>画像一覧



 
[86:1] ニキビとガン 投稿者:爺さん 投稿日:2012/04/19(Thu) 23:50 No.248  
ニキビは顔に出来ますが、これが体の内部に出来たらガンと呼ばれるようになるのだと思っても間違いないようです。
ニキビは治るけど、ガンは治らないと思われているようですが、そんなことはありません。

ではニキビはどうして出来るのかと言えば、体の代謝能力が子供のままなのに、食べ物の質や量が大人びてくるので代謝のバランスが崩れ、顔の毛穴から不純物が噴出す症状にすぎません。

油物、甘いもの(体内で油になる)を控え、水(ジュースなどではなく透明なもの)を1〜2L/日、飲むようにします。
この時、塩分も同時に摂取しないと熱射病になりやすくなるので注意してください。
味噌汁や漬物などを普通に食べれば良いのですが、最近の子供は御飯の量が少ない為にこれらの和食が不足気味となります。

水に「汗の塩からさ」ぐらいの塩分(ニガリの入ったものが良い)を混ぜて飲むのも良いでしょう。

ガンの話に戻ります。
ガンは体内のニキビですから、同じように油物と甘いものを控え、水を呑み、さっぱりした日本古来の食事だけにすれば直るのが理屈です。

ガン年齢というのも、食べ物の消化力が衰えてきて、身体にとっての腐敗物が体内に溜まりやすくなり、ついにはニキビのようなデキモノになるのだと考えてはいかがでしょう。
ですからガンは治りますが、治っても食べ方が悪いと再び出来てきます。

たとえ手術でニキビを取ったとしても、食べ物を変えない限り何度でも出来てくるのと同じです。
ニキビの場合は大人になって代謝能力や消化能力が発達してきて食事のバランスが取れるようになれば自然に治りますが、ガンの場合は年齢が上がってゆくと同時に代謝も消化もどんどん能力が衰えてゆきますので、治りにくくなるわけです。

大抵のガンは食事で治ります。体内に出来たニキビだと考えて食事療法をやってみてはいかがでしょうか。



 
[87:1] 中村様からご質問がありました 投稿者:爺さん 投稿日:2012/04/12(Thu) 09:18 No.247  
[1:3] 卵巣がんについて 投稿者:中村 投稿日:2012/04/12(Thu) 00:24 No.4291 NEW!

 70歳の母の癌について質問です。片側卵巣に10センチの腫瘍が見つかり、CT・MRI・PETでの精密検査の結果、卵巣がんで横隔膜・肝臓・腹部大動脈の上部・子宮および膣等に転移あり。ステージ4。4/18に手術をします。勿論、抗がん剤での治療もすると言われています。本人は食欲もあり至って元気で末期の宣告が信じられません。お腹を切る事が癌の症状を悪化させるのではと手術を悩みましたが。。。悪い所を取れるだけ取ってもらい、抗がん剤を断ろうかと悩んでいます。このような末期の宣告を受けていても、食事療法で何とかなるものでしょうか?


--------------------------------------------------------------------------------


[2] Re: 卵巣がんについて 爺さん - 2012/04/12(Thu) 08:19 No.4292 NEW!


私の妻は、三期のB、片側卵巣に8センチの腫瘍があり、卵巣は両方、子宮、大網、盲腸、小腸の一部を摘出、リンパの50数箇所を潰しました。
腹腔内に無数の転移ありこれを抗癌剤にて治療とのことでしたが抗癌剤を断りました。

こんなガンが抗がん剤で治るならガンで死ぬ人はいなくなるはずですよね。

抗癌剤を断って、お母様が助かるかどうかは神のみぞ知るところですが、少なくとも抗癌剤の苦しみをなさらないことは確かです。

私の家内はそれで助かり、このページの管理人さんも同様の食事療法で食道癌から脱出しておられます。
http://macchann.net/T_Matsu/toubyouki.html

やるかやらないかはご本人の意思次第。覚悟を決めて対峙してください。


--------------------------------------------------------------------------------


[3] Re: 卵巣がんについて 爺さん - 2012/04/12(Thu) 09:01 No.4293 NEW!


追伸:
>このような末期の宣告を受けていても、食事療法で何とかなるものでしょうか?

ガンは末期も初期も関係なく食事のやり方で治るかどうかが決まるようです。
末期では多くのガンが各所に出来ているのですが、治るときには一気に治ります。

抗がん剤は免疫を落とします。ガンは免疫が落ちると出てくるのですから、免疫を落としておいてガンの栄養(油が主体)だけ補給すれば一気にガンが増えるのは当然ではないでしょうか。

免疫を上げてこそガンは治ります。その為には徹底した食事療法しかありません。

このことを信じるかどうかはお母様次第です。



 
[88:1] 痛風 投稿者:爺さん 投稿日:2012/04/04(Wed) 22:49 No.246  
”痛風の原因となる高尿酸血症の約3割は、腸管(小腸)の排出機能が低下して引き起こされることを東京大、東京薬科大などの研究チームが突き止めた。
今回の結果で、産生過剰型の多くは尿酸を作り過ぎるわけではなく、腸管の機能低下が原因と考えられるという。”

という読売新聞の記事がYahooのニュースで紹介されていました。
以前にも書きましたが、尿酸は腸が勝手につくるわけではなく食べたものを消化する過程で仕方なく排泄する物質と考えられます。

食べ物が身体に合っていないから出来てしまうのであって、何も食べないのに腸が勝手に尿酸を作るわけではありません。
食べ物の体への適合には触れずに勝手に腸のせいにされては腸も迷惑千万でしょう。

悪いガソリンを使えばエンジンが痛むのは当然ですが、ガソリンのことを言わずにエンジンの欠陥ばかりを研究しても何もならないと思います。
同じように、食べ物の種類によって痛風にならないように腸に負担をかけなければ良いわけで、実際に私の次男と、家内の兄とは半身不随の状態から二ヶ月で普通に動けるようになりました。

医学にケチをつけるわけではありませんが、どんな鉄砲の名手でも狙う的が違っていてはまともな標的には当たりません。
食事という的に標的を向けずに、腸の研究ばかりしているようでは的外れも良いところだと感じます。

痛風では卵類(特に魚類)が標的にされていますが、この他にも、油(動物、植物を問わず)肉、魚など体内で腐敗しやすいもの一切を食べないようにすれば簡単に治ってしまいます。

透明な水も塩分も(マグネシュウムの入ったもの)必要ですが基本は米(白米で良い)です。
結局のところガンの治療の食事と全く同じなのです。
三大栄養素など、全く無視しても大丈夫なことは私がやってみた結果でも保証できます。



[245/244]  
[89:2] ガンのご質問です 投稿者:爺さん 投稿日:2012/04/01(Sun) 10:04 No.244  
[2:1] ガン治療について 投稿者:爺さん 投稿日:2012/03/31(Sat) 23:48 No.4248 NEW!

小林様
メルアドが入っておりましたので一応消しておきました。
妙な迷惑メール等が自動的に検索するソフトを使ってあなたに送られたりしますので防止する処置です。
ご了承ください。

詳しくはメールでお返事しました。

改めて原文を載せておきます。

[6] がん治療について。 小林 あけみ - 2012/03/31(Sat) 22:48 No.4246 NEW!


初めまして、2011 8/2に、卵巣がんのため、卵巣・子宮の摘出手術をし、5回の抗がん剤治療を終え、4/2から6回目の抗がん剤治療入院予定です。
3/23に、血液検査で消化器系のマーカーが 上がってました。次の抗がん剤が終わってからの 検査になるそうです。
怖いです・・。
抗がん剤をこんなにしてからも、食事療法は可能でしょうか?


--------------------------------------------------------------------------------


[7] Re:爺さん - 2012/03/31(Sat) 23:17 No.4247 NEW!


小林様
このページで言うのは辛いのですが、抗がん剤をこれ程なさっての食事療法はかなり厳しいものがあります。

最初から抗がん剤をなさらない場合なら、完全に復帰された例がいくつかありますが、この場合、何とも良いお答えができません。

しかし他の治療よりは治る見込みがあるような気がします。

何より、ここまで抗がん剤をされてもなお治らないのは、抗がん剤では治らないという証拠のような気がします。
とにかく治っていませんよね。

やっても治らないものをそれ以上続けても治る見込みは少ない、と判断するか、今やめたら今までの苦労が無駄になると判断するかはあなた次第です。

決断はご本人がなさる以外にはありません。
とにかく私の家内や、このページの管理人(Matsuさん)さんは抗がん剤、その他の医療をを一切せずに食事だけで治った(家内は14年目、Matsuさんは5年目、他にもありますが、、)という事実だけは、とりあえず確実にお知らせできることです。



[2] Re: ガンのご質問です 爺さん - 2012/04/01(Sun) 23:42 No.245  

メールにてご返事いただきましたが、小林様はまだ40代前半でした。
これなら抗がん剤の影響に打ち勝って食事療法が功を奏する可能性は大きいと思います。

体の組織が若いとガンの進行も早い代わりに、食事療法での修復も早いのです。

頑張ってください。



 
[90:1] 長生きしたければ・・・ 投稿者:爺さん 投稿日:2012/03/07(Wed) 21:51 No.243  
「長生きしたければ病院へは行くな」という表題が某週刊誌の表紙を飾っています。
ガン検診のCTの方が害があるという論文らしきものを読んだことがありますが、これは当たっていると思います。

ガンは怖いぞ、と国民的な大騒ぎで脅かしておいて検診を受けさせ、その結果がどうなっているのか調べもしない厚生省にも問題アリですが、
国民がどうなろうと真面目に考えない集団がいる限り、健康保険料は無駄に使われ、国民の負担は増えるばかりでしょうね。

このさい、老人も含めて、伝染病と怪我以外は健康保険がきかないようにするべきです。
ガンをはじめ糖尿、リューマチ、痛風など生活習慣病と医者も言っているのですから、自分で節制もできない者に野放図な保険適応を認めるべきではないと思います。

怪我と伝染病以外は一切保険が効かなければ、逆に国民は健康に気を遣い、抗がん剤で早死させられることもないと思うのです。

でも、これを信じない方が多いので結局はがんでの死亡率が下がらないのでしょう。
もうしばらくの間仕方ないのでしょうね。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)