(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.462] 侘助様のご質問に・・


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[464/463/462]  
[2:3] 侘助様のご質問に・・ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/10/17(Thu) 08:53 No.462  
461の侘助様のご質問にお答えします

[>ありがとうございます。またひとつ質問させてください。
油揚げ、厚揚げ等は熱湯でしっかりと油抜きすれば使用可能でしょうか、やはりやめておいたほうがよろしいでしょうか。
またよろしかったらある日一日の通太郎爺さんの献立をお教えくださいませんか、これからの食事の参考にしたいと思います。
よろしくお願いいたします。]との侘助様のご質問に以下お答えします。


ガンの当事者ですので、油揚げも湯抜きしたほうが安全です。
油は動物質は厳禁、植物油もガンには害があると思ってください。
植物油ならよいと思っておられる方が多いようですが、酸化が激しいので危険です。
精進料理と称して何でも油で処理しているレシピがありますがガンに対しては最悪の処理だと思ってください。

油と生き物(乳類を含む)を使わない料理が出来るシェフなどいないと思ったほうがよいでしょう。
あなたの場合も動物質や乳酸菌、油物の多食によるのではないでしょうか。

◎ 私の一日の食事ですが、私は現在も過去にもガンの経験はありませんのでそのまま参考になるかどうかはわかりませんが、ほぼ食事療法に近いものでしょう。
また、朝昼晩と区別して料理を変える習慣はありません。
一日を通して、または通常食べているようなものです。

ご飯は現在は「もち麦」を米1合半に30〜50g程度入れたもの(2号弱)を一日で食べます。少し残ることもあります。

味噌汁はフリーズドライに頂き物の手作りみそを少々加えて作ります。朝食べたり昼や夜も食べたりランダムです。
塩分は強めですが食事中に生水(お茶は飲みません、家にもありません)を飲むので害はないようです。

大根おろし、白菜なども面倒なのでカット野菜のパッケージされたものを茹でて小分けして冷凍して少しずつ食べます。
必ず食べるというものでもなく食べないことも結構あります。

納豆は毎朝、晩に再度食べることもあります。
たくあん、ナスの浅漬け、など季節の漬物もよく食べます。

豆腐はこの地方の豆を使ったものをスーパーで売っているので時々使います。塩水に漬けておくと味が染みて食べやすいです。
これにかける醤油ですが近所で作っている地元の醤油(昔の日本の味、匂いも強い)でないとパンチがありません。かなり塩辛いですが、水を飲めば余分な塩分は小便で出てしまいます。

一か月に一度くらいカレーも食べますが、牛脂の少ない、または入れてないルーだけを溶かして、冷凍した野菜を入れて作ります。
ピリ辛のものはガンには絶対といってよいほど害があります。刺激物を分解する酵素が日本人には少ないので胃壁が荒れます。
暴力的にカレーを口に入れていじめをやるような先生グループの映像がありましたが、あれは胃壁に対する傷害罪です。

魚はシャケの切り身を自宅で焼いて冷凍して置きたまに食べます。サンマやサバイワシなどの青い魚は油の酸化が激しく胸やけがするのでほとんど食べません。

刺身なども何十年となく食べたことがありません。
肉は豚のフィレかつ程度なら5センチ程度のもの一枚なら食べられますので、たまに食べてみます。胸焼けしません。
牛は全く食べません。体温が人間より高く私の体内で油が溶けないからです。

ネギ、ニラ、ラッキョウ、ニンニク、玉ねぎなどもやめてください。日本人はこれら息が臭くなるような植物の分解酵素が少ないので体内でガス化(ほとんどがメタンガス)します。このガスを分解しようとして臓器に多大な負担がかかり免疫が落ちます。
免疫が落ちることこそがガンの原因です。

その他、以前にも書いてあるので重複しますが、ご質問あればどうぞ。



[2] Re: 侘助様のご質問に・・ 侘助 - 2019/10/18(Fri) 00:25 No.463  

ご丁寧にありがとうございます。
肉よりも魚、それも鰯、鯖などの青い魚を、チーズはよく食べてたように思います。油に関しては揚げ物なんかは極力避けていたほうですがアルコール類を人よりも飲んでた方だと思います。
しかしカレーやフィレかつを食べられたりと意外と自由で禁欲的でないのには驚かされました。
これからの食事療法の参考にさせて頂き、色々と工夫をしながら頑張っていこうと思います。分からないことがあればまた質問させて頂きます。
本当にありがとうございました。



[3] Re: 侘助様のご質問に・・ 通太郎爺さん - 2019/10/18(Fri) 10:30 No.464  

このコーナーを全部読むのは大変なことですが、ガンと向き合う上での参考にはなると思いますので、少しずつ読んでいただければ幸いです。

家内の癌が消えたということで、どこからか聞きつけてお見えになった方が、年に数十人はおられたので、15年間には数百人に及んだと思います。

その方々には共通した食べ方があるので、気が付いたことをここに載せています。

>肉よりも魚、それも鰯、鯖などの青い魚を・・

世間の常識として「肉よりは魚」と言われると魚は良いと思われがちです「肉よりは少しだけマシ」というのが本当で、魚も良くはないのです。
植物油にしても全く摂らないのが良いのであってオリーブ油が一番「マシ」と言う程度なのが本当のところのようです。

精進料理なら・・と思われがちですがテンプラなどにして油を使っていたら(ガンに対しては)ダメと思ったほうが安全です。

チーズをはじめとする乳製品全般はガンに最も悪いと思ってもよいでしょう。

がんが治ってしまえば、緩やかな菜食で十分ですが、ガンと向き合っている最中は徹底しないとがんが進行します。
最初は苦しいと思いますので一週間に一度ぐらい、ヒレカツとか煮魚、焼き魚などのどれかを少量食べる程度でもよいでしょう。

TVのグルメ番組こそ日本の医療費を引き上げている元凶ですが、国民全体が騙されているなど絶対に信じませんから当分はガンその他の疾病で死ぬ人が増えても仕方ありません。

情報の少ない時代に「大本営発表」で「勝った勝った」とうそを垂れ流し、「鬼畜米英」と言われて国民が本気で信じていたのと酷似しています。
その時代に紛れ込んでしまうと、今世間に流布されている情報が正しいのだ・・と信じてしまうのが人間なのかもしれません。

戦争で死ぬよりガンで死ぬ人のほうがはるかに多いにもかかわらず、「戦争反対」は言えども「肉食反対」は聞いたこともありません。
身の回りがガンだらけの異常さを気にもとめず、肉や魚、乳製品などを多食して、輸入に頼り、食糧の自給率を心配することが変だなぁ・・・と気づかない限り保険料の負担は増え続けるでしょうね。

侘助さんもガンを克服されて、緩やかな菜食に移行し、健康で長生きされることを心から願っております。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)