(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺さんの健康談話室 ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/07/08 09:23:47

−スレッド一覧 (最新 50 件) −

1: 逆襲 (2) 2: コロナあれこれ (6) 3: 無題 (2) 4: 口内炎について (1) 5: 肉食と温暖化 (1) 6: 無題 (4) 7: もち麦は朝と昼に・・?? (1) 8: 侘助様のご質問に・・ (3) 9: 癌になった時の手術の事 (10) 10: フッ素と歯磨きの件 (1) 11: バイキングでノロウイルス (1) 12: ワード検索してみてください (4) 13: 食事療法 芋類、その他について (7) 14: ペットの食事の事 (2) 15: 食事と認知症 (1) 16: 体内からの口臭 (4) 17: O-157で死者が・・ (5) 18: 免疫療法の勘違い (1) 19: 膀胱がん (1) 20: 便秘について (1) 21: 白血病・気になったこと (1) 22: 野菜工場の野菜 (1) 23: 2017年上半期が終わります (3) 24: 2017年、よろしくお願いいたします (4) 25: 塩分と高血圧 (9) 26: 魚を食べない人達??? (5) 27: 気になるデータ (4) 28: 血糖値スパイク (2) 29: 夏も終わって (4) 30: ご報告ー肌が変わった! (4) 31: 週刊誌の記事 (6) 32: 気になることがあります (3) 33: 病院が減ると病人も減る? (1) 34: 気になるコーヒーの話 (1) 35: 無題 (2) 36: 抗血液凝固剤ワーファリンについて (2) 37: STAP細胞は実在した (3) 38: 食後の水 (4) 39: 海藻類 (5) 40: サウナ (5) 41: 断食について (3) 42: 胃癌と白血病 (1) 43: ガンとコーヒー (1) 44: 戦前派 (1) 45: 風呂で亡くなる方が・・ (1) 46: 本年もよろしくお願い致します。 (2) 47: 今年はお世話になりました (3) 48: 関節炎について (7) 49: 儀式関連で (2) 50: おにぎりダイエット (8)

>>記事一覧 >>画像一覧



[481/480]  
[1:2] 逆襲 投稿者:侘助 投稿日:2020/07/07(Tue) 20:22 No.480  
お元気ですか。お久しぶりです。

前回の血液検査でマーカーが500程下がったのにいい気になり、たまに味醂を使って調理したり、飲む水の量が減ったり、頂きもののクッキーを食べたりと緩んだ生活をしていたら、案の定今回の血液検査で、マーカーが500程上昇してしまいました。

マーカーがたった一度下がったくらいで癌を甘くみて全てを無駄にしてしまいました。

また一からやり直しです。
命懸けのはずが自分への甘さが恥かしい限りです。

次回はいい報告が出来るよう努力します。

コロナに大雨にと大変なご時世ですが、どうかお元気でお過ごし下さい。



[2] Re: 逆襲 通太郎爺さん - 2020/07/08(Wed) 09:23 No.481  

身体に合わない食事でなった病気ですから、食が元に戻れば元の木阿弥は当然で、身体が正直に反応している証拠でしょう。
反応がある内に治してしまわないと元に戻らなくなります。今のうちに癌から抜け出してください。

テレビをはじめ世の中の全てが朝から晩までどこかで肉料理番組をやり、旅といえば食べることが主体で品数だけ多くて不健康な食い物を並べるものばかり。

私の子供のころ「鬼畜米英」と言って戦争に勝つことばかりを世の中が本気で信じていたのによく似ています。
肉食も甘いものも悪いことではないと信じ切っていて、そういう報道をすることに何の罪悪感も感じていないのです。
「鬼畜米英」を良いことと報道して日本中を信じさせた人達とどこが違うのでしょうね。

今や、何が多くの日本人を殺しているのか、何が目の前の敵なのかを見据えて御自分が助かってください。

今のところ、コロナも自分の免疫で戦う以外に方法はないようです。
免疫を下げない方法の一つに「胃に負担をかけない食事」があります。
老人が重症化しやすいのは、若者と同じような食事をして長時間胃に負担をかけてしまうことがあります。
若者なら短時間で消化しきれるものも、年齢に伴う胃腸の老化に気づかずにいると急激に免疫が下がってしまうようです。

肉食で元気になるなら肉食動物のほうがずっと長生きのはずですが、事実は全く逆です。
動物と人間とは違うと思うほうが変だと思うのですが・・・

食の本質は「命を保つため」です。「命を縮めるため」ではありませんので美味しいとか不味いとかでの判断には注意が必要です。

桜も見られたし、夏を乗り切って、もうひと頑張りしてください。



[479/478/477/476/475]  
[2:6] コロナあれこれ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/04/01(Wed) 06:56 No.474  
コロナで大騒ぎですが、仕方ないことかと思います。
治せると分かっている病気は恐れることはありませんが、的確な治療法がないというと気持ち悪いですね。

死亡率が1-2%だから交通事故や癌のほうが怖いという言い分が載っていましたが、これは人間の心理を全く理解していない人の言うことだと思います。
なぜかといえば、癌も交通事故も他人からうつるものではないからです。
ほかにもうつる病気はありますが治療法があるという安心感があります。

治す方法がなく「他人からうつる」ことが怖いのであって、見たこともないコロナそのものが怖いわけではありません。

コロナの何が怖いかといえば「重度の肺炎」です。
私もかなりひどい肺炎を二度経験しました。一回目は50代前半、二度目は2年ほど前(70代後半)です。
肺炎の苦しさは並大抵ではありません。40度前後の熱と、蒸し風呂に入って蒸しタオルで口をふさがれたような息苦しさです。
息を吸っても熱い空気しか入ってこず、息を吸った感じがしないのです。

肺の中に水がたまり溺れた状態だと言っている医者がいましたがまさにその感じで水だらけの肺に人工呼吸器などほぼ無意味な感じです。

この苦しさを軽減する方法として「豆腐のシップ」をお勧めします。
私は二度ともこれで難を逃れたと思っています。今もレントゲンで影が残っているような肺炎だったのですが、水が取れるので楽になって治ります。

方法は以下にあります。
http://macchann.net/Cancer_Illness_Recorded/?page_id=15

肺の炎症ですのでやけどの水膨れのような水が肺に溜まり空気の浄化ができなくなるのが肺炎です。
この時、水を抜く方法がこのシップです。

60年ほど前、母がこれで助かりました。母は入院していたのですが我が家に伝わる「おまじない」だと言って病院でこっそりやった結果水が消えて、主治医がレントゲンを見比べて不思議そうにしていました。
知人の娘さんも治りました。この方は医療関係のお仕事だったので全く信用せず、母親の強引さに負けてシップしたのですが、2-3日で水が無くなり一週間後にはテニスができるほどになりました。
後で聞いた話ですが、この方法のことは知人である主治医にも話せなかったそうです。
西洋医学とのかけ離れた方法は今の医者からはバカにされるのがオチだからでしょう。

その他いろいろ治った方がおられます。
的確な治療方法がないのなら、もし肺炎になったら一度試されてはいかがでしょうか。



[2] Re: コロナあれこれ 秀子 - 2020/04/05(Sun) 13:52 No.475  

通太郎爺様  今日わ。

  今、世界中に災害を起こしている新型コロナウイルス。
  爺様はどう考えていらっしやるのかとず〜と思ってました。
  毎日こちらを覗かせてもらってました。やっと聞けます。  
  そうですよね、仕方のないことですね。
  本当にえらいことになっていますが、とにかく手洗いうがいを
  よくして、良い食事と睡眠。そして洗ってない手で顔に触らない事
  長丁場になりそうですが乗り越えたいと思います。
 
  お仕事以外は極力出かける事はやめて、家の中でクネクネ体操やガニガニ体操
  致します。出かけないで家にいるの私好きだけど、出かけられるけど家にいるのと
  本当に出かけられないのとでは違うのですよね。
 
  もうすぐ4月17日。月日の流れは早いです。今年もシラモンタナの花いっぱい
  咲かせます。そして心から話しかけたいです。

  爺様のカメラへの探究心は本当に素晴らしくて人生愛でていらっしゃると
  思っています。素敵です。

  いつか爺様がおっしゃった、人事を尽くして天命を待つ。この精神参ります。



[3] Re: コロナあれこれ 通太郎爺さん - 2020/04/05(Sun) 16:14 No.476  

秀子さん、お久しぶりです。
上にも書きましたが、コロナの何が怖いかといえば「重篤な肺炎」です。
コロナウィルスがどんなものか研究するのは学者に任せて、我々としては「肺炎」が治ればそれでよいわけでしょう。
豆腐のシップで「肺炎」が治った例を目の前で何度も見ているので、ひどい恐怖心はありません。

打つ手がない・・・となると怖くなりますが、がんは食べ物、肺炎は豆腐のシップでとりあえず何とかなります。
医者は鼻でせせら笑っていますが、笑う前にやってみればよいと思います。
家内のガンを余命一年と言っておきながら、ガンのマーカーが消えた理由を聞こうともしませんでした。

豆腐のシップで次男も家内の兄も痛風の激痛が消えて治ってしまいました。
嘘だと思う人は、もっと完璧に早く治す方法を知っているのでしょうかね。
肺炎も初期はドボドボに肺に水がたまるのではなく肺胞というブドウの房のような部分に、スポンジに水を含ませたように溜まるそうです。
この水は注射器で抜くのは不可能です。
シップの出番はスポンジにたまった水を吸い出す力を利用することです。

水の溜まったスポンジ状の肺に人口呼吸器をつけても空気を取り込むことなどできないと思うのですが・・・

医者に行っても、たらいまわしだったり、入院できなかったり、ただでさえ苦しい病気の体で病院を回ったりするぐらいなら、私はシップをやってみます。



[4] Re: コロナあれこれ 秀子 - 2020/04/06(Mon) 16:07 No.477  

豆腐シップ、普通に揃えられるものばかりですね。
覚えておきます。ありがとうございました。




[5] 豆腐のシップ 通太郎爺さん - 2020/04/06(Mon) 19:19 No.478  

豆腐を脱水機でしぼるとき、不織布の水切りネットが便利です。
三角になったものでも丸型のものでも大丈夫ですが口を縛っておかないと飛び出します。
パサパサに近くなるまで(少し湿り気がある程度)にしたらまな板などに広げて上からうどん粉をパラパラ撒きます。
よく混ぜてネバネバになるまで手で捏ねて、これを冷凍しておきます。
使う時はチンして戻します。しょうがはこの時(使うとき)入れたほうが良いようです。

針で水が抜けないような初期段階から効果があります。リードなどキッチンペーパーに5ミリから1センチ程度の厚さで伸ばしてキッチンペーパー側を胸に貼り付けます。
ベタベタしてきたら取り替えます。2〜3時間かかります。
初期なら3〜4回張れば楽になります。



[6] Re: コロナあれこれ 秀子 - 2020/04/07(Tue) 20:30 No.479  

これまた詳しい説明ありがとうございます。

今のところ変わらず元気ですので油断せず乗り越えたいと思います。



[473/472]  
[3:2] 無題 投稿者:侘助 投稿日:2020/01/02(Thu) 01:13 No.472  
明けましておめでとうございます。
お変わりなくお過ごしでしょうか。

第一目標の 元気にお正月を、 を達成できました。
食事療法も何とか続けています。

せっかくの正月に家人に食事療法を付き合わせるのも悪いと思い、おせちを注文したところ、その添加物の多さに驚きました。
また全品に砂糖が使われており、もとより食べる気はありませんが、自作のお煮しめを食べながら家人が美味しそうに食べるのを見ております。

今月は退院後三か月になり、CTスキャンと血液検査を予定しています。どうなります事やら。

当初の第二の目標が 元気にお花見を です。
それが達成出来ると、主治医の「余命五か月」、をクリアーできます。
頑張って食事療法を続け医者をびっくりさせようと思います。

段々と寒くなりますがどうぞお元気でお過ごしください。




[2] Re: 無題 通太郎爺さん - 2020/01/02(Thu) 07:38 No.473  

おめでとうございます。

元来のおせち料理は正月ぐらい主婦をのんびりさせてあげようという趣旨らしいので、豪華絢爛なものではありません。

日持ちのする食材を使い、ほんの少しだけ見栄えのするものだったようです。

市販のおせちを見ると見栄えばかりを良くして「売らんかな」の下心が丸見えに思います。
一年の始まりが健康をど返しした食事から・・ということだけはやめておきたいと思うのですが、これも世間の風潮で仕方ありますまい。

自然淘汰が始まっているような気がします。

ガンは世界中の医者が認めているように生活習慣の結果でしかありませんので、その中でも重要な食事を反省して自分に合った自然な食べ方に戻せば済むことなのですが、
今や、自然な食べ方そのものが分からなくなっているのが実情です。

ガンの餌になるようなものさえ体に入れなければガンは自然に消滅します。
「食欲」は最低限、自分の体を保持するためのものであるはずですが、今は「舌」を満足させるためのものに成り下がっています。

こういう舌の欲望のことを「食い気」と言います。子孫繁栄の為に必要な「性欲」が、遊びになると「色気」になるようなものでしょう。

私の祖母が「食い気と色気は体の欲、出場所は同じ、どっちもどっちで恥ずかしい」と言っていました。
つまり神仏の認めた「欲」とは別物と言うことらしいです。

脳の研究が進んだ結果、食欲も性欲も脳の中の同じ場所から出ているというということが分かってきたらしいです。
となると「グルメ」も「女あさり」も同じ脳から出た恥ずかしいこととなります。

今年も「恥ずかしい食事」はしないように心がけるつもりです。お互い頑張りましょう。



 
[4:1] 口内炎について 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/11/30(Sat) 21:19 No.471  
口内炎でお困りの方が多いようですが、口内炎の原因の大半は胃の炎症のようです。
その第一はピリ辛でしょう。激辛のカレーや、山椒、生姜、七味唐辛子などのいわゆる「カラシ類」全般です。
少量をたまに食べるなら食欲増進の意味もあるようですが、頻繁に胃に入れると胃壁が荒れます。
胃壁が真っ赤になり、血がにじむようになっても胃腸薬(鎮痛剤がほとんどで胃壁の修復は難しい)などでごまかしているうちに口内炎ができます。もう食べるのを止めてくれという信号です。

肉や魚などの食べ過ぎで胸が焼けると胃腸薬を使うのも同じことです。

直すには、1〜2日、白湯(透明な水でもよい)と少しの塩分だけで過ごすのが一番ですが、お勤めの方などは無理かもしれません。
市販の白粥など胃にやさしい食事で2〜3日我慢すれば大半は軽くなりますが、その後二週間ほどは食事に気を付けて消化の悪いものは口にしないことです。

胃がんだけでなく白血病も胃が弱っているにもかかわらず薬でごまかすようなことばかりしている人に多いようです。
口内炎ができたら胃の赤信号と知って気を付けるのが一番でしょう。

若い頃、山椒の佃煮やショウガの漬物、などが大好きだった私は、何度も口内炎に悩まされました。
家内のガン以来、ピリ辛をやめて、食事をビーガンもどきに変えてから、全く出来なくなりました。
唇が痛くてものを言うのも嫌だったのが、今や懐かしい思い出です。



 
[5:1] 肉食と温暖化 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/11/23(Sat) 09:39 No.470  
食用に飼育されている家畜が出すゲップやガスが温暖化に影響しているという報告があるそうです。
食肉として利用される牛を、愛情をもって大切に育てました、などという人の気持ちが哀れな気もします。

温暖化によってCO2が増えて植物がよく育つるという学者もいます。
CO2の少なかった氷河時代の氷が北極や南橋で解けることによって、CO2を大量に吸収しているという学者もいるそうです。
素人には何が何だか分かりにくいことですが、、学生時代に農業分野で習った気象学のわずかな知識からしても、地球規模の温暖化が人間のせいだと決めつけるのは無理があるような気がしていました。

こんな記事がありましたが、こういう記事が数時間でネットのメインの場所から消えてしまうのも、何か意図的なものを感じてしまうのですが、、、
両論あるということでご紹介しておきます。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00058217-jbpressz-sctch

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)