(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺さんの健康談話室 ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2017/09/13 21:42:40

−スレッド一覧 (最新 50 件) −

1: O-157で死者が・・ (1) 2: 免疫療法の勘違い (1) 3: 膀胱がん (1) 4: 便秘について (1) 5: 白血病・気になったこと (1) 6: 野菜工場の野菜 (1) 7: 2017年上半期が終わります (3) 8: 2017年、よろしくお願いいたします (4) 9: 塩分と高血圧 (9) 10: 魚を食べない人達??? (5) 11: 気になるデータ (4) 12: 血糖値スパイク (2) 13: 夏も終わって (4) 14: ご報告ー肌が変わった! (4) 15: 週刊誌の記事 (6) 16: 気になることがあります (3) 17: 病院が減ると病人も減る? (1) 18: 気になるコーヒーの話 (1) 19: 無題 (2) 20: 抗血液凝固剤ワーファリンについて (2) 21: STAP細胞は実在した (3) 22: 食後の水 (4) 23: 海藻類 (5) 24: サウナ (5) 25: 断食について (3) 26: 胃癌と白血病 (1) 27: ガンとコーヒー (1) 28: 戦前派 (1) 29: 風呂で亡くなる方が・・ (1) 30: 本年もよろしくお願い致します。 (2) 31: 今年はお世話になりました (3) 32: 関節炎について (7) 33: 儀式関連で (2) 34: おにぎりダイエット (8) 35: 手術と病院食について (3) 36: スポーツなのか? (1) 37: 無理をしない (1) 38: 乳がんも治ります (1) 39: 川島なお美さんに思う (3) 40: 調味料、パン、毎日の献立 (4) 41: 付き合いで外食が続くとき (7) 42: 舌の色について (5) 43: アレルギーの記事 (1) 44: ラーメンとアイスクリーム (3) 45: 金子様の質問 (8) 46: 外食したら (5) 47: これは凄いお話です (7) 48: 古くからあった少食主義 (7) 49: 癌の食事療法 糖質について (5) 50: 宣伝のようなもの (1)

>>記事一覧 >>画像一覧



[379/378/377]  
[21:3] STAP細胞は実在した 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/05/26(Thu) 21:35 No.377  
こんな記事を紹介していただきました。

http://biz-journal.jp/2016/05/post_15184.html

アメリカのハーバード大学に全部抑えられてしまいますね。日本での小保方たたきの間に、着々と研究していたとは・・日本の報道の間抜けさが浮き彫りになった事件です。

小保方さんの基本的研究と発明に気付いた研究者たちが、彼女のやり方を少しだけ避けて、(そうしないと特許が認められませんから)出願したのでしょう。

PS細胞は所詮人工的に寄せ集めた細胞ですから癌発生の危険がありますが、STAP細胞は傷ついたものでも自己再生させるやり方なので癌発生の危険は無いと見てよいでしょう。
家内のように内蔵の手術での後遺症を再生医療で再生することも可能な世界が出現するかもしれません。

医療におけるあれだけの大発見を個人攻撃に明け暮れた日本の報道が潰したわけです。

恥ずかしくて報道できないのか、今の処テレビも新聞もだんまりを決め込んでいます。
細胞を再生させる方法が確立すれば現在の医療は180度の大転換をします。
手術で取り去った細胞を新鮮なものに再生させ新しい臓器をよみがえらせることも可能になるかもしれません。

その基本特許をアメリカに握られる元を作った報道の関係者達全員は、昔なら、市中引き回しの上、獄門さらし首に値する愚か者たちではないでしょうか。



[2] Re: STAP細胞は実在した 爺さんJr - 2016/05/29(Sun) 23:36 No.378  

小保方叩きで国民をミスリードしたNHKスペシャルの番組はBPO(放送倫理・番組向上機構)の臨時委員会が行われ、審理がありましたが、
小保方氏本人はヒアリングを受けたものの、NHK番組関係者は熊本地震の取材を理由に全員欠席だそうです・・・逃げましたね。情けない。



[3] Re: STAP細胞は実在した 通太郎爺さん - 2016/05/30(Mon) 10:36 No.379  

仕事のやり方が悪いから注意しようというのに、今仕事が忙しいから話は後で・・・みたいな変な感じ。
逃げたとしか思えない態度では不信感が増すばかりなのに何やってんでしょうね。



[376/375/374/373]  
[22:4] 食後の水 投稿者:きたろう 投稿日:2016/05/18(Wed) 12:25 No.373  
いつもお世話になっております。
質問があります。

一日に水を2リットルを目安に飲むようにしてますが、食後すぐに水を飲むと胃酸が薄まるので、食後の三時間後にしたほうが良いと書いてある本を読んだことがありますが、少しずつ飲むのであれば問題無いでしょうか?
また食後の珈琲やフルーツはどう思われますか?



[2] Re: 食後の水 通太郎爺さん - 2016/05/18(Wed) 19:45 No.374  

水については、数回このコーナーに書いたと思います。
以下もその一つです。

「[39:1] 水中毒について 投稿者:爺さん 投稿日:2013/04/28

2リッターも毎日水を呑むのは、逆に健康に害があると言う記事が出ていました。
夏冬構わず2リッターではなく冬は1〜1.5リッター以下、夏は2リッター以上でも良いのです。
ただしかならず、味噌汁など塩分も摂取する必要があります。
あまり塩分を摂取しない習慣なら1リッター当り2〜3グラムの塩(にがりの入っているものが良い)を入れた水を呑むのが正しい飲み方です。

水だけ呑むと体内の塩分を出してしまい体に害があるのは本当です。
水は水道水を2昼夜ほど空気に触れさせれば塩素が蒸発するので大丈夫です。大き目のペットボトルの蓋にアイスピックなどで5〜6箇所の穴を開けたもので充分でしょう。

生姜紅茶を飲むことなどを奨励したものもありますが生姜のような刺激物は体が温まったように感じますが、胃壁を荒らすので血液が集まるだけのことです。
長く続けると胃がんの原因になります。
水は一度に大量に呑むのではなくチビチビと気が付いたら飲むように心がけ総量はあまり気にしなくても良いと思います。
冬は少なく、夏は多めに、自然に飲むことです。」

誰かが2リッターと言うとやみくもに信じてしまうのは正直すぎるというか日本人の真面目な性格と言うか・・
上にも書きましたが、あくまでも本人の体重や作業量などを目安にするべきで、その為には飲みたいと思う気分に正直に従うことです。

私は食事の最中にでも直後にでも欲しいだけ飲みます。辛いものを食べた時などは条件が違うからその時の体の要求に従います。
胃酸が薄まるなど見た人が居るのでしょうか。
それよりも水のがぶ飲みによって浸透圧で胃壁から血液が滲んだり、逆に血管に浸透して血液が薄まり貧血になったりする方が怖いでしょう。

2〜3時間もたてば本当は飲むべき水も飲みたく無くなってしまい逆効果だと思います。

自身がコーヒー豆の焙煎店をやっているので一日に5〜6杯は飲みますが、別段なにもありません。
但し深く焙煎した黒い色の豆でないとだめで酸味のあるものは一切飲みません。

フルーツでも何でも、薬のように決められた量を決まって食べるのは無意味で害があります。
季節のものを少し食べるのが普通だと思います。

残念ながら癌に効くものはありません。そんなものがあれば、とっくに世界中から癌は撲滅されているはずです。
癌に限らず全ての病気から少しでも距離を置くためには、真面目に食事を考えることから始めるしかないようです。

腹が出た人が高血圧の薬を貰いに行くなど愚の骨頂、血税の無駄遣いとしか言いようがありませんね。



[3] Re: 食後の水 きたろう - 2016/05/18(Wed) 22:14 No.375  

いつも丁寧なアドバイスありがとうございます。
あまり難しく考えず、自然体でいこうと思います。
食事に気をつけて、しっかりと睡眠をしていきたいと思います。
またホームページも読み直して勉強させて頂きます。
ありがとうございます。



[4] Re: 食後の水 通太郎爺さん - 2016/05/18(Wed) 23:15 No.376  

>あまり難しく考えず、自然体でいこうと思います。

それが一番良いと思います。
律儀な人ほど何もかもキチンとやり過ぎて逆効果になりかねません。
自然体こそが体に対してキチンとやっていることなのであって、医者や数字を当てにすると、逆に自然に合わなかったりすることもあリますから気を付けてください。
又何かありましたら遠慮なくどうぞ。



[368/367/366/365/364]  
[23:5] 海藻類 投稿者:きたろう 投稿日:2016/02/21(Sun) 08:12 No.364  
いつもお世話になっております。質問があります。
自分なりに本などで調べてみたのですが、海藻のメカブが癌に効果的(ヨウ素アミノ酸の1種)とありましましたが、消化が悪そうなので、ゆでたメカブを細かく切るか、メカブのダシだけを飲むようにしようかと思いますが、癌の食事療法的には差し支えないでしょうか? 食べるとしても少量にしようと考えています。
よろしくお願いします。



[2] Re: 海藻類 通太郎爺さん - 2016/02/21(Sun) 10:50 No.365  

海藻に限らず、今の処癌に「効く」とか「効果がある」とかの実例を見ていないので、何とも言えませんが、
髪の毛が黒くなるということでワカメを茶碗に一杯ずつ、毎日食べていた方が胃がんで早くに亡くなられたのは知っています。

一般的に海藻類は消化が悪く胃や腸に負担がかかります。
消化するために胃腸の負担が大きくなると、ヨウ素やアミノ酸類が良くてもそれを取り囲んでいる皮が溶けにくいので効果が半減するのではないでしょうか。

どんな良い薬もアルミやプラスチックのカプセルに入っていれば役に立たないようなものではないかと思っています。
癌になった人はそのほとんどが最初に胃を疲労させています。
数年とか十年単位で作り上げた癌を手っ取り早く治す方法などありません。癌の良いところは、かなり悪化しない限り急性心不全や脳溢血のようにすぐ死ぬことはありません。
見つけた時点で食事を改めればその時点から悪化することは無いので、じっくりやっても間に合います。

毎日のようにメカブを食べるのは、極端な食事とも言えるのでお勧め出来ません。



[3] Re: 海藻類 きたろう - 2016/02/21(Sun) 12:21 No.366  


いつも詳しく教えていただきありがとうございます。
胃に負担をかけないということを基本と考えるように心掛けようと思います。



[4] Re: 海藻類 通太郎爺さん - 2016/02/21(Sun) 17:29 No.367  

癌が外からやって来たバイキンなら、そのバイキンだけをやっつける薬や食品があるかもしれませんが、癌は自分の細胞が変化したものなので癌に効く薬は体の良い細胞にも効いてしまいます。

抗がん剤は癌に効くかもしれませんが、同時に良い細胞もやっつけてしまいます。
不良少年のようなもので「あの子が、あんな恐ろしいことをするとは・・」という事件のように見かけだけでは分かりません。たむろしているヤツは、良い少年も悪い少年も一斉に殺してしまえ、というのに近いのが抗がん剤でしょう。

同じ少年ですから更生させれば、みんなよい少年になりえます。無駄な金(カロリー)を言うなりにくれてやるようなことをせず、苦労して働いて賃金を得ることを細胞に覚えさせるのが食事療法です。

植物性の物から、体に必要な肉や骨を作る仕事を体にやらせることで臓器も一生懸命働き細胞が活性化します。
肉食や甘いものは、楽をしてエネルギーを取り込むので、臓器も細胞もグータレになって、楽して遊んでばかりいる不良少年のような細胞ばかりが増えてしまいます。

臓器に見合った仕事をさせることは、自分に適合した仕事をするように、ストレスも少なく楽しく仕事が出来るのと同じと思えばよいかと思います。



[5] Re: 海藻類 きたろう - 2016/02/21(Sun) 22:34 No.368  

ありがとうございます。爺様のウイットに富んだアドバイスは読んでいて勉強になりますし、元気もでます!
自分の考え方、心の持ち方から見直して食事療法に
取り組みたいと思います。本当に感謝しております。す



[363/362/361/360/359]  
[24:5] サウナ 投稿者:きたろう 投稿日:2016/02/17(Wed) 15:19 No.359  
こんちは。前回 断食について質問させていただきましたがまた質問があります。自分の経験で足の指のしもやけを治すのに、お湯を入れた洗面器と冷水を入れた洗面器を用意して交互に足を浸けてからマッサージする、これを何回か繰り返し、毎日風呂に入るたびに繰り返したらしもやけが治りました。
癌としもやけは全く別物と思いますが、サウナに入って水風呂に入る、これを1週間に1回でも定期的に繰り返し入れば血行が良くなり癌の自然治癒に繋がるのでは?と素人考えですがどう思われますか?
心臓に負担がかかり良くないでしょうか?



[2] Re: サウナ 通太郎爺さん - 2016/02/17(Wed) 22:15 No.360  

古くからある「西式健康法」と言う健康法?(半分修行のような部分もありますが・・)の中に少し熱めの風呂に1分ほど入り次に水風呂に入るというのがあったような気がします。
記憶が正確ではないのでどこかで確かめてください。

これは血管、特に毛細管の収縮を促して血行を良くする為だと聞きました。
癌の治療に血行を良くすることは大切なことですが、外からの刺激で強制的にやるのは40代ぐらいまでなら良いかもしれませんがそれ以上になると、よほど体力のある人か、血液がサラサラでないと逆に危険です。

要は血管が伸び縮みすればよいのですから湯に浸かった後で右足首から膝程度まで水をかけ、次は左足、順次右手の肘ぐらいまで、次に左手とかけてゆけば充分血管は収縮します。
足からの順序は心臓に遠い場所からという意味です。

冷たい水で絞ったタオルで体を拭くという方法も聞きました。

癌の治療に全身マッサージがあります。癌の治療法の一つミルク療法では、マッサージをやると聞きました。

但し、基本は血液がサラサラであることですので、野菜、米、水、適度な塩分の摂取で養生することが大切かと思います。

米や麦粉など植物性タンパクを排除してのダイエットで有名な方が若くして亡くなられましたが、肉やバターなどでのダイエットは単に消化不良を起こして血液がドロドロするだけなので、血管の破裂は避けられないと思います。

きたろうさんの年齢が不明ですが、手足に水をかけるなど、なるべく心臓に負担のかからない方法で血管の収縮を促した方が良いかと思います。
癌治療に無理はいけません。



[3] Re: サウナ きたろう - 2016/02/18(Thu) 07:03 No.361  

いつも詳しくわかりやすアドバイスありがとうございます。48歳なので無理せず入浴したいと思います。
爺様にアドバイスを頂くと元気がでます!



[4] Re: サウナ 通太郎爺さん - 2016/02/18(Thu) 07:35 No.362  

45歳〜60歳ぐらいの間に、若年の体質から老年の体質へと変わってゆきます。
アンチエイジングなども、年齢に逆らうのではなく静かに坂道を行く、と考えるべきで逆戻りなどするわけはありません。

そのぐらいの年齢だと、食事の意欲も今までの習慣が抜けきらないでしょうし宴会など社会的な付き合いもあるでしょう。
その年齢なら、あまり無理せず、一週間に一度ぐらい肉や魚を食べても消化しきってしまいますから大丈夫です。
気分の悪くならない程度に食べて養生して、どんな権力者も金持ちも避けられない老化に、静かに付き合うのが一番のように思います。

基本は食事ですので、入浴や運動も自分に無理のないやり方を知ってゆくことが大切かと思います。
無理は一番のストレスです。



[5] Re: サウナ きたろう - 2016/02/18(Thu) 12:15 No.363  

ありがとうございます。無理はダメですね。
手術せずに癌を治したい気持ちから気が焦ってました。またわからないことがあれば質問したいと思いますが、宜しくお願い致します。



[358/357/356]  
[25:3] 断食について 投稿者:きたろう 投稿日:2016/02/15(Mon) 13:43 No.356  
いつもこのホームページで勉強させてもらっています。
質問があります。普段の食事は野菜と米の食事療法をしています。癌の自然治癒に断食やプチ断食は有効でしょうか?



[2] Re: 断食について 通太郎爺さん - 2016/02/15(Mon) 21:08 No.357  

>普段の食事は野菜と米の食事療法をしています

野菜は火を通したもの、米は白米ないし7分つき程度、必ず水(お茶などの色のついていないもの)、塩分も忘れないでください。

さて断食ですが、素人が自宅でやっても良いのは2日までです。戻し方も大事で8分粥から順次2日ぐらいかけて元のご飯に戻します。
一か月もかかるような断食は専門の道場や医師の指導でやらなければ命の危険すらあります。

癌はそのほとんどが食べすぎによる胃の障害(胃の休む暇が無い)から始まります。
断食が良いとされるのは、ひどく荒れた胃を修復するために胃を休める効果があって、1日から2日の断食はどんな薬よりも効果的です。

癌細胞を排除する方法として免疫療法と言うのがありますが、人間は腹の減った時の方が免疫が高くなるので、免疫を上げて癌を叩くと言う考えです。

免疫を消防士達と考えると分かりやすいでしょう。食事が入って来ると、胃や腸が活発に動いて熱を出します。この火消しの為に消防士たちが活躍します。
これに手間取っていると外敵が喉や鼻から入って来た時に消防士が足らなくなり、外敵の侵入を阻止できなくなります。

消化の良いものを食べて少ない消防士で事足りれば、手の空いた消防士は喉から入ってくる雑菌の消火に全力投球できるという訳です。
風邪などひきやすくなるのは食べすぎたり不消化なものを食べて消火に手間取っているからです。

免疫を高めることによって癌細胞が破壊され少なくなることは分かっていますので、危険のない程度の断食は癌に効果があると言えます。

食べすぎないことが第一す。又、肉や魚のような消化しにくいものを食べないに越したことはありませんが、せめて量を減らすことぐらいは実行した方が得策でしょう。



[3] Re: 断食について きたろう - 2016/02/15(Mon) 21:55 No.358  

詳しくわかりやすいアドバイスありがとうございます。まずは食べる量に注意することから始めたいと思います。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)