(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺さんの健康談話室 ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2017/01/28 17:05:06

−スレッド一覧 (最新 50 件) −

1: 2017年、よろしくお願いいたします (4) 2: 塩分と高血圧 (9) 3: 魚を食べない人達??? (5) 4: 気になるデータ (4) 5: 血糖値スパイク (2) 6: 夏も終わって (4) 7: ご報告ー肌が変わった! (4) 8: 週刊誌の記事 (6) 9: 気になることがあります (3) 10: 病院が減ると病人も減る? (1) 11: 気になるコーヒーの話 (1) 12: 無題 (2) 13: 抗血液凝固剤ワーファリンについて (2) 14: STAP細胞は実在した (3) 15: 食後の水 (4) 16: 海藻類 (5) 17: サウナ (5) 18: 断食について (3) 19: 胃癌と白血病 (1) 20: ガンとコーヒー (1) 21: 戦前派 (1) 22: 風呂で亡くなる方が・・ (1) 23: 本年もよろしくお願い致します。 (2) 24: 今年はお世話になりました (3) 25: 関節炎について (7) 26: 儀式関連で (2) 27: おにぎりダイエット (8) 28: 手術と病院食について (3) 29: スポーツなのか? (1) 30: 無理をしない (1) 31: 乳がんも治ります (1) 32: 川島なお美さんに思う (3) 33: 調味料、パン、毎日の献立 (4) 34: 付き合いで外食が続くとき (7) 35: 舌の色について (5) 36: アレルギーの記事 (1) 37: ラーメンとアイスクリーム (3) 38: 金子様の質問 (8) 39: 外食したら (5) 40: これは凄いお話です (7) 41: 古くからあった少食主義 (7) 42: 癌の食事療法 糖質について (5) 43: 宣伝のようなもの (1) 44: 牛乳について (1) 45: 血液によるがんの診断 (1) 46: 生野菜と生ジュース (1) 47: 栄養素って何でしょう (1) 48: お答えします (1) 49: 使い回し (1) 50: 水中毒について (1)

>>記事一覧 >>画像一覧



[339/338]  
[26:2] 儀式関連で 投稿者:メロンパンナ 投稿日:2015/12/02(Wed) 06:16 No.338  
おはようございます。
お元気でいらっしゃいますか?
先月末、近親の介護と葬儀があり、てんやわんやで不規則な生活が続きました。
胃腸の具合がわるく胃カメラの結果(定期的に検査をしています)胆汁が逆流している&胃炎と言われ服薬しています。
この胆汁の逆流、ネットで調べてみると加齢だとかストレスだとか原因は様々なようです。
儀式的な席で出される食事も選んで食べたつもりですがどうしても付き合いによる「甘さ」がありました。
これが私の弱点だな!と痛感した次第です。

この胆汁の逆流、外国食や油ものは覿面に悪化するのがわかりました。



[2] Re: 儀式関連で 通太郎爺さん - 2015/12/02(Wed) 09:30 No.339  

胆汁の逆流は一番単純には、食べてすぐ横になる(体を横にする、寝る姿勢をとる)と起きやすいです。
食事の後(または食事中)、水を飲まないことも影響します。
胆汁が出なければならないような脂っこいもの動物質の物を食べることが一番いけないのですが、加齢やストレスで胆汁が分解されにくくなることも原因です。

苦いコーヒーがこれを分解しやすくすると言われていますが、真意のほどは不明です。
ヨーロッパでは肉食の後に必ず苦いコーヒーを飲むようですが、海外で習った日本のシェフたちがコーヒーのことまでは習ってこないことも多いので、浅い焙煎の珈琲を出していたりします。
これでは逆効果で浅く焙煎したコーヒーに残留しているタンニンがさらに胃壁を刺激します。

胃を治す薬はありません。
麻酔をかけて痺れさせ不愉快な気分を和らげているにすぎませんので治ったと思わず、しばらくは養生してください。



[337/336/335/334/333]  
[27:8] おにぎりダイエット 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2015/11/04(Wed) 19:39 No.330  
ネットにこんな記事がありました。
このコーナーを読んでいる方々にとっては、今更・・・の感じがしないでもないですが、参考までにどうぞ。

http://news.livedoor.com/article/detail/10790644/

米を食べると太るという妄想に近い説が改めてもらえれば日本人の健康にとって良いことではないかと思います。

ちなみに私を初め、お仲間の方々も米は白米でバンバン食べますが、肥満とはおよそ関係の無い体形です。
但し動物質の物は一切食べませんが、、、



[2] Re: おにぎりダイエット 通太郎爺さん - 2015/11/05(Thu) 22:51 No.331  

こんな記事もあります。

http://news.livedoor.com/article/detail/10793677/

おそらく正しい菜食をやらなかったのだと思います。もう一つは野菜だけでは栄養が足らなくなるとか、肉類が食べたくて仕方ないのに強制的にやらされてストレスが大きいとか、あったのでしょう。
そういう人はやってはいけません。

どちらの結果にせよ、その人自身の問題で他人にお鉢が回ってくることはありません。
自分が信じたとおりにやって結果に文句を云わなければ何の問題もありません。



[3] Re: おにぎりダイエット T_Matsu - 2015/11/06(Fri) 10:35 No.332  

こんな記事もありますね〜

http://toyokeizai.net/articles/-/90897

何れにせよ日本人は米(ご飯)を食べないと何処かに問題が出てくるんでしょうね。



[4] Re: おにぎりダイエット 通太郎爺さん - 2015/11/06(Fri) 16:58 No.333  

Matsuさんありがとうございます。
穏やかに言っていますが、要は米を減らして、その分、肉や魚など生き物を食べすぎると逆効果ということでしょうね。

私は、自分や仲間が実際にやってみた結果をこの目で確かめた事しか信じないので、白米(7分ならさらに良い)と煮た野菜、塩分と水だけで充分生きてゆけると思っています。

米は腹が張るので、いかにも太るように感じますが、米の糖分に関しては体に不要なら捨てる能力が備わっているので肥満にはなりません。
逆に油脂類や精製された糖分は、そっくりそのまま残るので肥満の原因になると言うだけのことです。

米中心の食事で肥満とは関係の無い我々仲間達がその証明材料になると思います。



[5] Re: おにぎりダイエット メロンパンナ - 2015/11/09(Mon) 21:54 No.334  

ご無沙汰しています。
おにぎりダイエット、とてもいいと思いました。
明日から出来る限りやってみます。
時折、報告いたします。
新米のおにぎり、どんなに美味しいことでしょう。
楽しみです。



[6] Re: おにぎりダイエット 通太郎爺さん - 2015/11/10(Tue) 09:06 No.335  

メロンパンナさん今日は!
この方法は「おにぎりだけ」と思われがちですが、肉類やこってり径をやめ、味噌汁や野菜を摂れとも言っています。
先ずは減量する必要があるかないかを良く見極めた上で、あまり極端なことはやらないように注意してくださいね。

運動は、家事一般をこなす程度に動けばよく、いわゆるスポーツは敢えてやらない方が安全でしょう。
体を動かす方法を考えるよりTVをやめてしまうだけでも動くようになるものです。

パンや麺もやめるようにとありますが、パンは日本人の場合グルテン(強力粉に多い)が消化しにくいので胃に負担がかかります。
麺の内ウドンはさほどでもないですが蕎麦は不消化です。

このダイエットの場合は特に胃腸にガスを発生させないことが必要です。
ニンニク、タマネギ、ニラ、ラッキョウなど息が臭くなるようなものは止めた方が安全です。
熱量を減らしてのダイエットですから、体内でガス化するようなものを食べて余計な酸化物を作り、さらに減らしてしまっては害があるようです。

日本人は息が臭くなるような野菜を溶かす酵素が弱いので食べない方が安全です。
体重が激変しないように気を付けて実行してください。



[7] Re: おにぎりダイエット メロンパンナ - 2015/11/10(Tue) 11:12 No.336  

詳しいアドバイスをありがとうございます。
蕎麦は不消化ですか!
なるほど、私に似て胃腸の弱い娘は蕎麦が大好きなのですが食べると必ず消化不良に近い症状を訴えます。納得です。

禅寺が禁ずる、食べたら息が臭くなる野菜はやはり日本人にはあいませんね。
食べた後の口の中の不快感と言い、ガスがやたら多くなるように思います。
あと何と言いますか、思考が妙に強烈になってしまうような・・・私にはそんな「副作用」が出てきます。
合わないものは口にしない、
自分に合うものは最初からインプットされていることにやっと気が付いた気がします。
アドバイスに深く感謝です。



[8] Re: おにぎりダイエット 通太郎爺さん - 2015/11/10(Tue) 22:05 No.337  

蕎麦は成長が早いので、その昔、飢饉の時に急いで撒いて収穫してその場しのぎをしたようです。
粉の粒が硬くさっと茹でたぐらいではほとんど生の状態です。
ウドン粉でも生で飲み込めば消化しませんがウドン粉は少し熱をかけると消化しやすくなります。

>思考が妙に強烈になってしまうような・

それは当たっていると思います。ミョウガなども寝る前に二、三個食べるとうなされますが、ニンニクやニラ、ネギ、ラッキョウなども、血流に異常を起こすようで、脳が興奮するのかもしれません。
危険なことは避けた方が無難でしょう。



[329/328/327]  
[28:3] 手術と病院食について 投稿者:食いしん坊 投稿日:2015/11/02(Mon) 20:04 No.327  
先週、家族が初期胃がんの手術をしました。最近は手術しないでも食事療法をして癌が消えてしまう方もいるようですが、手術についてはどう思われますか。
個人的にはなるべく体を傷つけない方がいいような気もするのですが。術後の投薬や検査の多さが気になります。
また、病院の食事に関してはどうお考えですか。基本、お米と汁物ですが、糖尿人にとっては、糖質が多いので不安に思います。確かに油がないので、糖質をとっても、病人食で糖尿も治ってしまうのかもしれませんが。もし可能でしたら、アドバイス頂けないでしょうか。宜しくお願い致します。



[2] Re: 手術と病院食について 通太郎爺さん - 2015/11/02(Mon) 21:09 No.328  

>初期胃がんの手術をしました

初期がどの程度なのか、によっても見方が違ってきますが、「手術についてはどう思われますか。」と聞かれればあなたの直感通り、私ならしません。
胃がんは最も食事療法で治りやすいようです。

このコーナーを全部読むのは大変ですが、食事に対する大まかな考え方ぐらいはつかめると思いますので、少しずつでも読んでご覧になってください。

>お米と汁物ですが

お米に糖質が多いのは試験管的な測定でのことです。実際に食べても米に関する限り、日本人は排出能力が高く、自分の体に不要と思えば便となってどんどん排泄してしまいます。
逆に、油(動物植物問わず)や精製した砂糖などはそのまま残ってしまいます。

ご飯を控えておかずの油物など食べていては糖尿治療の効果はありません。
糖尿を本当に治したいのなら、塩分、水、米と煮た野菜だけを食べて動物質の物や、お菓子類の一切をやめてみることです。

3カ月ほどで改善されますが、その我慢が出来ないか、栄養バランスがどうだこうだと心配なら初めからやらない方が良いでしょう。

病院食は、その病院が食事と病気の関係をどうとらえているかによって変わってきます。
食事の出し方によって行かない方が安全と思われる病院もあるほどです。

糖尿で胃癌とすれば、油もの中心のおかずで野菜(生はダメ)が少なく、肉の代わりに魚(特に刺身)を食べたりして、米を食べない人が多いです。

米を食べて糖尿になるなど全くのウソです。私は何十年も一日2合強の白米を食べ続けていますが、動物質の物は一切と言ってよいほど食べません。
肉や刺身などの魚を沢山食べていた家内の方が早くに癌になりました。

どれを信じるかですが、ご自分の直感で選んでやって見られるのが一番でしょう。



[3] Re: 手術と病院食について 食いしん坊 - 2015/11/03(Tue) 06:07 No.329  

早くに返信を下さり、どうもありがとうございました。自分の考えがまとまらず、悩んでいましたが、気持ちの整理ができました。仰る通りだと思います。すごく心強いです。


 
[29:1] スポーツなのか? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2015/10/12(Mon) 09:04 No.326  
100歳を超えるようなお爺さんが、走ることでギネスブックに載ったそうです。
一方ではやはり100歳すぎのお婆さんの水泳する姿もTVで取上げられました。

走る・・と言ってもスリ足で歩く程度ではありますが、100歳にしてはたいしたものです。
お婆さんの水泳も、浮いてゆっくり手を動かすので水中の方が体が楽なのでしょう。
二人とも無理をしない、自分のせい一杯をやるだけで、他人と競わないという点で共通しています。

もう一つの共通点は、お二方とも80歳とか90歳を超えてから始めたそうで、それまでは運動とは、ほとんど無関係だったといいます。
つまり体に無理のきく年代にスポーツをやっていないということ、人と競わないということが良かったのではないでしょうか。
体に無理のきくギリギリの老年代に、対戦相手がいるような対面して他人と競うようなスポーツはやっていなかったのが、この方々の体を壊さずに保持してこられた一つの原因ではないかと思うのですが、、、



 
[30:1] 無理をしない 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2015/10/06(Tue) 17:50 No.325  
伝染病以外の病気について、なぜ病気になるのか、又はなってしまったのか、自己責任の取れる大人なら、必ず原因が自分にあるはずです。

無理とは何か?例えばスポーツは何歳になっても体に良い・・と思っている人は多いと思いますが、実例を見る限りそれがそのまま通用するのは30歳半ばまでぐらいで、そこから後は過激なスポーツをやればやるほど細胞が減るばかりで増殖することは無いようです。
つまり、体にかけた負荷に対して、次回にそれをカバーするだけの筋肉は付かず、減る部分の方が多くなるということです。

食べ物も同じで、20歳や30歳の若い内は少々の無理な食べ方をしても、代謝がそれを上回って腹など出ては来ませんが、それを過ぎた年齢になると同じように食べているのに腹が出てきたりします。
代謝能力が落ちてきている証拠でしょう。

腹が出るのが目安にもなります。太らない程度に食べることこそ、自分の臓器の能力の限界内と言えそうです。
臓器の能力に従って食べれば、胃が悪くなったり、下痢をしたり、口にデキモノが出来たり、胸焼けや胃もたれなどありませんし、何より、癌や高血圧、痛風など現代医学で治しづらい病気になりません。

自分の体に合わないものが美味しく思えたり、臓器の能力以上に食べてしまったりすることから来る病気が多すぎるように思います。
常識と言う非常識もあります。
例えば、三大栄養素です。動物性タンパクなどは動物を直接食べることによって摂取するのではなく、植物が吸収して解毒作用の終わった元素として取り入れた方が安全です。
つまり植物が土から取り入れた動物性のタンパク質を頂くということで充分なのです。
この点から、水耕栽培や、工場生産されたような植物は食べても効率が悪いと思われます。

動物を直接食べることによって臓器が疲弊して癌になる元を作ってしまう結果が、今の癌だらけの世の中ではないでしょうか。

植物はあくまで自然な土で育ったものが安全で、しかも、生育地の自然環境の信号を持っているようなので、無暗に外国産の物を食べない方が安全なようです。
古来長い間、人間はあまり移動せずに、自分の身の回りのものを食べて暮らしていましたから、食物と体のバランスについて考える必要はありませんでした。
住んでいる場所から一日で歩いて行って帰れる場所の範囲のものを食べていれば健康だという説もあるぐらいです。

外国から米や野菜が入って来てもなるべく避けた方が良いのかもしれませんね。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)