(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/04/06 09:16:03

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 厄介なVELVIA (12) NEW! 2: モノクローム (2) 3: エクタクロームは? (6) 4: マゼンタは補正しやすい? (8) 5: アルカリか温度か (13) 6: 難関ベルビア (7) 7: 河野式ダイレクトポジ現像のU (7) 8: 河野式ダイレクトポジ現像 (12) 9: エクタクロームE100 反転露光なし (11) 10: 暗い画像 (5) 11: マゼンタ被り (2) 12: アルカリ剤の量 (1) 13: ダイレクトポジ現像 (11) 14: 反転操作無しでも反転 (6) 15: プロビア (7) 16: モノクロポジ失敗 (6) 17: 反転液なし (4) 18: エクタクロームE100 (4) 19: カラーフィルムの自家現像 (5) 20: 映画用Vision3とCanon (6)

>>記事一覧 >>画像一覧



[18470/18469/18468/18467/18465]  
[1:12] 厄介なVELVIA 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/04/04(Sat) 07:57 No.18457  

ヒストグラム
1300 x 428 (144 kB)


第一現像はいつも通りPapitolの指定濃度300tですがロダンカリを抜きました。
温度は38-40度と少し高め、5分やりましたが少し多い感じです。
発色はいつもの中外AB液にCD4を2.5gあとは残り物の亜硫酸Naとかリン酸三Na、炭酸K など入れて何とかpHを12.5ぐらいにしました。
まだ赤いですね〜。



[2] Re: 厄介なVELVIA 通太郎爺さん - 2020/04/04(Sat) 08:05 No.18458  

ヒストグラム
1300 x 428 (150 kB)


でも、これを「退色復元」にチェックを入れてスキャンすると、あ〜ら不思議。
マゼンタは補正しやすいですね〜。

スキャナーとコンピューターを通してみると、こう見えるということでしょうか。
いったいどっちが本当の発色なんでしょう。

要するに、こういう発色の要素が赤い色に隠れているということらしいです。
じゃあ、この赤は何なのよ。



[3] Re: 厄介なVELVIA 通太郎爺さん - 2020/04/04(Sat) 08:21 No.18459  

ヒストグラム
1206 x 950 (255 kB)


どっちが本当なのかよくわからない・・まるで自分の病気のようです。
人に会うのが苦手、話の間を開ける人、こちらが話していても、相槌を打たず黙って聞いている人などは大っ嫌い!
顔を合わさなければすべて大丈夫。だからネット大好き人間です。
小中高の同窓会も出たことなし。老人会その他、何とかの会など一切無用。
酒もたばこも賭け事も嫌い、女性には嫌われるから問題外、世間的には「嫌なヤツ」ですね〜。

赤い色をかぶって本当の色を隠しているベルビアに似てるような気もします。



[4] Re: 厄介なVELVIA 通太郎爺さん - 2020/04/04(Sat) 08:28 No.18460  

ヒストグラム
1210 x 950 (473 kB)


コロナ騒ぎで夜の街に行くな、人と密接するな、集まるな、などなど、私の普段のまんまじゃあ!
「百人乗っても・・」じゃあないけれど「百年コロナでも大丈夫」なんですね〜。



[5] Re: 厄介なVELVIA 通太郎爺さん - 2020/04/04(Sat) 08:33 No.18461  

ヒストグラム
1327 x 950 (223 kB)


赤く仕上げてソフトで修正!!!がベルビアノ正しい現像方法かと勘違いしてしまいそうです。



[6] Re: 厄介なVELVIA 通太郎爺さん - 2020/04/04(Sat) 08:58 No.18462  

ヒストグラム
1202 x 950 (270 kB)


「三寒四温」の季節ですが、風景はどことなく春めいてきた感じです。
季節の変わり目が怖い病気もありますのでご用心。



[7] Re: 厄介なVELVIA まつむらかめら - 2020/04/04(Sat) 18:25 No.18463  

エクタクロームE100もそんな感じで使っていかないと、と一時思ってしまってました。赤いんだけど抜けば他のバランスが合うのは不思議ですね〜


[8] Re: 厄介なVELVIA 通太郎爺さん - 2020/04/04(Sat) 19:34 No.18465  

pHが上でも下でもダメだとなると、ぴたりと合わす以外にないようですね。
テストあるのみでしょうか。ま、ゆっくりやってみます。



[9] Re: 厄介なVELVIA mglss - 2020/04/05(Sun) 15:46 No.18467 NEW!  

ヒストグラム
1024 x 683 (191 kB)


こんにちは。
No.18455でパピトールにクエン酸を添加してpHを下げると赤が弱くなる、とアバウトな記憶で書きました。
その実験結果を探したものの見当たらなかったので、再度検証しました。

掃除用のクエン酸10w/v%溶液を適当に11ml投入したところ、手元のpHメーターでは9.61となりました。
ちなみにクエン酸投入前のパピトール3倍希釈のpHは10.19でした。これにロダンカリ10w/v%を4ml投入してもpHは変化なしです。
使ったクエン酸は時間が経っても固くならないタイプの粉末です。

写真はNo.18436で使ったものと同じフィルムです(テスト用に数枚連続撮影しています)。
結果はNo.18436のものより赤が弱く、青が強くなりました。
前回は少しオーバー気味だったため、今回は現像時間を30秒縮めています。
そのため正確な比較とはいえませんが、恐らく赤と青のバランスはこの方法で調整できるのではないかと思います。

グレーカードのRGB(0..100)中央部平均
前回クエン酸添加なし: 72.9, 66.1, 65.9
今回クエン酸添加あり: 57.8, 53.4, 58.5

PROVIA 100F。前回と同じ箇所で数枚連続撮影したもの。
第一現像: Papitol[1+2] ロダンカリ10%=4.0ml クエン酸10%=11ml pH=9.61? 38℃ 6min.
第二露光: EV≒7.5 白タライ水中でリールごと5500K 1min まんべんなく光が当たるように動かし続ける。
発色現像: CNL-N1RN[1+2.33](A6+B3+C3+W188=200) 苛性ソーダ10%=2ml+数滴 pH=10.82? 38℃ 3.5min. 回転現像.



[10] Re: 厄介なVELVIA mglss - 2020/04/05(Sun) 16:51 No.18468 NEW!  

ヒストグラム
1024 x 683 (431 kB)


もう一つ実験結果です。連続投稿していますが、どうぞご容赦ください。

最近、リールのままの第二露光実験を続けてきましたが、どうも駄目なようです。
短いストリップでは、第二露光中にリールの角度を変え続けることで露光ムラを回避できましたが、36EX1本ではムラが出てしまいます。
画像はフィルムの1コマ目(パーフォレーションの外側に「1」と出ているところ)です。
ご覧のとおり、左側にマゼンタのムラが発生しています。この左側の0コマ目は同様のマゼンタが全体にかぶっています。
どうもリールの中心軸に一番近い部分は光がよく当たらず、ムラになってしまうようです。

なにか対策があるのか、リールのままの露光は諦めるか、現在考え中です。

PROVIA 100F 36EX1本. Canon 7. Canon 50mm F1.8 + UVフィルター.
第一現像: Papitol[1+2] ロダンカリ10%=4.0ml クエン酸20%=5.6ml pH=9.60 38℃ 6min.
第二露光: EV≒7.5 白タライ水中でリールごと5500K 1min まんべんなく光が当たるように動かし続ける。
発色現像: CNL-N1RN[1+2.33](A6+B3+C3+W188=200) 苛性ソーダ10%=2ml+? pH=10.83 38℃ 3.5min. 回転現像.



[11] Re: 厄介なVELVIA 通太郎爺さん - 2020/04/06(Mon) 09:02 No.18469 NEW!  

ヒストグラム
1300 x 297 (94 kB)


詳しい実験の結果報告、ありがとうございます。

私の場合もパピトールの保存液を2倍に希釈して(指定された使用濃度)pHは10.2でロダンカリ添加後も変わりません。
酸の添加でpHを下げた実験はしていませんが、プロビアの場合は、何もしなくても全く問題ありません。
むしろ青が強い感じです。

発色液のpHは12.1で少々ひくいかな・・との感じがありますが赤にはなりません。
同じ液で、なぜベルビアだけが赤くなるのかが気になっています。

第一現像はパピトール200t(指定濃度のままで希釈なし)+ロダンカリ0.5g 38度4分30秒
発色は中外AB液にCD4 1g 苛性ソーダ 1g ですがウナたれでポジ専用に使っている液なので新品の液の場合苛性ソーダの量がどうなるか不明です。



[12] Re: 厄介なVELVIA 通太郎爺さん - 2020/04/06(Mon) 09:16 No.18470 NEW!  

ヒストグラム
1300 x 796 (274 kB)


少し補正すれば簡単に普通の色になるので問題はありませんが、私の場合、プロビアではもう少し赤を強くしたいほどで、mglssさんの実験を見て第一現像のアルカリをわずかに強めてみようかと思っています。

ベルビアの赤を抑えるためにpHの調整を考えています。

リールのままに露光は私の場合も全くひどい結果で、うまくいくのはフィルムが外側から入ってゆくパターソンの場合でも12コマぐらいまで、ステンレスタンクではリールの中心部からフィルムがまかれるので12コマでもムラが出ました。

一日の気温の変化が大きく気分がめげていますが、せめて写真でもやって落ち込むのを防いでいる状態です。



[18466/18464]  
[2:2] モノクローム 投稿者:まつむらかめら 投稿日:2020/04/04(Sat) 18:30 No.18464  

ヒストグラム
2250 x 2338 (1,297 kB)


しばらくモノクロをお休みしてたのですがチョロンと初めてみました。桜がこんなに長く咲いてることが無いので色々試したくなったので。
フィルムはイルフォードDELTA100 ISO50にて撮影
ロジナール1+50希釈 24℃ 8分
偏光フィルター+Rフィルター使用
ハッセル ディスタゴン50mm
数日前のテストでISO100で10分現像したところハイライトがスキャナーでも飛びすぎていたので現像を抑えてその分露光を増やしました。



[2] Re: モノクローム 通太郎爺さん - 2020/04/04(Sat) 19:45 No.18466  

ヒストグラム
1128 x 900 (386 kB)


空の落ち方がフィルター効果なんでしょう。
昔使った各種のフィルターのことを思い出しました。どこかにあるはず、モノクロなら遊べますね。

なんと言っても写真の基本はモノクロのような気がします。
カラーでもモノクロでも、どちらにせよ銀塩は今や完全に趣味の世界でしょう。
それも、かなりコアな道楽ともいえるようです。
どうせ道楽なら大人の道楽としての道を徹底的に追及してみるのも面白いかもしれません。

なにしろ80過ぎの老人でも楽しめることはだけは保証します。

今年は行ってないので分かりませんが、きっと自粛ムードだと思います。

Crown graphic Ectar 127mm/4.7
(kodak 320TXP)
ミニドール(stok) 250cc JOBOtank 使用 22度7分



[18456/18455/18454/18453/18452]  
[3:6] エクタクロームは? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/04/01(Wed) 10:34 No.18451  

ヒストグラム
1300 x 237 (100 kB)


エクタクロームですが、もちろんベルビアのようなマゼンタかぶりはありません。

Minolta SRT-101 rokkor 28mm/3.5 (Ektachrom E100)
papitol(stock)100を水で希釈250cc+KSCN 0.75g 36-7度 5分(少し多いか) 
反転液+スズ EDTA2Na 少し 酢酸 1cc 3分
C.D. 中外AB(stock)120cc→250cc(指定濃度)+CD4 1.5g  炭酸カリ 7g NaOH 1g  36度 4分



[2] Re: エクタクロームは? 通太郎爺さん - 2020/04/01(Wed) 10:36 No.18452  

ヒストグラム
1300 x 879 (276 kB)


自動のカラー補正でほぼ問題なしとなります。
発色現像のアルカリはネガカラーの液より強めです。



[3] Re: エクタクロームは? 通太郎爺さん - 2020/04/01(Wed) 10:49 No.18453  

ヒストグラム
1300 x 794 (236 kB)


発色現像液にはメトールやフェニドンなどといったモノクロの現像主役は一切含まれていませんから、これを加えて青が強調されるとは知りませんでした。

発色剤はカプラーを開けて発色させるためのものなので、アルカリの作用だけで銀塩を現像していると思っていました。
アルカリでさえあれば、酸っぱいコーヒーでもモノクロの現像はできます。
ミクロファインはメトールの単薬ですからメトールを直接入れても同じかもしれません。



[4] Re: エクタクロームは? まつむらかめら - 2020/04/01(Wed) 17:22 No.18454  

私の書き方がいい加減すぎました。改めてメトールの話です。
第一現像にパピトール(フェニドン主薬)にメトールを入れ第一現像をすると青系の感度を上がる、という話です。
発色現像がBAN1Rの場合フジでは大丈夫なのにエクタクロームでは赤かったので第一現像にメトールを入れると青感度が上がってノーマルになるというイメージですね。
その点中外AB系統を使うとエクタクロームはほぼ出るのに対してベルビアが赤い、というのはとてもおもしろい結果だと思います。 
発色現像液が無くなった時には無尽探査機さんのレシピでやってみたいと思っています。公開されてますので今度こちらに貼り付けましょうか?



[5] Re: エクタクロームは? mglss - 2020/04/01(Wed) 18:40 No.18455   HomePage

こんばんは。
過去の実験の記憶ですが、VelviaはpHが低すぎても高すぎてもマゼンタになったと思います。ちょうどよい中間のpHでないと、うまく発色しない感じです。通太郎爺さんのVelviaの画像がどちらかはわかりませんが、pH上げすぎの方かもしれないと思いました。

Papitolにメトールを追加するのは試してみたいです。過去にPapitolのpHをクエン酸で下げると赤の感度が下がった経験があります。それと関係あるかもしれません。



[6] Re: エクタクロームは? 通太郎爺さん - 2020/04/01(Wed) 19:44 No.18456  

>第一現像にパピトール(フェニドン主薬)にメトールを入れ・・・

なるほど了解です、とても参考になります。

>VelviaはpHが低すぎても高すぎても・・
>PapitolのpHをクエン酸で下げると・・

これも面白いですね。ベルビアのpHについても色々やってみる必要があると思いました。
E-6を基準にpHを整えてみます。

皆さんの実験結果は非常に参考になるので助かります。一人でやっていると行き詰ってしまって数か月とか数年とか一歩も進まないこともあります。
ハッとすることもあって感謝感謝!です。ありがとうございます。



[18450/18449/18448/18447/18446]  
[4:8] マゼンタは補正しやすい? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/03/30(Mon) 06:20 No.18443  

ヒストグラム
305 x 950 (94 kB)


発色液にやけくそ気味に薬を入れてもひどくマゼンタがカブった仕上がりですが、・・・

Minoltaflex V (velvia100)
papitol(stock)100cc+old200cc+KSCN 1cc(0.5g) 37度5分
途中拭き取りあり、60w相当LEDから1m離して約2分 
発色:中外AB (new)100cc+old 350cc+NaOH 3g +リン酸三Na 7g+炭酸K 4g+亜硫酸Na 3.7g CD4 1.5g 33度5分 マゼンタ抜けず露光過度な感じ



[2] Re: マゼンタは補正しやすい? 通太郎爺さん - 2020/03/30(Mon) 06:24 No.18444  

ヒストグラム
301 x 950 (98 kB)


「退色復元」にチェックを入れると簡単に補正されるのが不思議です。
ひどいマゼンタの陰にこんな色が隠れているらしく、デジタル的な目では、普通に見えるらしいです。

摩訶不思議ですが、プロジェクターで見るので十分実用的です。



[3] Re: マゼンタは補正しやすい? 通太郎爺さん - 2020/03/30(Mon) 06:30 No.18445  

ヒストグラム
974 x 950 (255 kB)


どうせマゼンタがカブるのなら、次回はpHの低いネガ用の発色液でやってみることにします。
エクタクロームもプロビアも少しの苛性ソーダ程度でほぼいけるのに、なぜベルビアだけが拗ねているのか・・・



[4] Re: マゼンタは補正しやすい? 通太郎爺さん - 2020/03/30(Mon) 06:36 No.18446  

ヒストグラム
940 x 950 (263 kB)


本格的なE-6でやる訳ではなく、簡易な現像方法なので、ある程度は仕方がないのですが・・・
よく乾かないうちにスキャンしたら埃だらけでした。



[5] Re: マゼンタは補正しやすい? 通太郎爺さん - 2020/03/30(Mon) 06:40 No.18447  

ヒストグラム
935 x 950 (340 kB)


夕暮れ近い光ですがそれなりに出ています。
ま、こんなもんか!!!



[6] Re: マゼンタは補正しやすい? まつむらかめら - 2020/03/31(Tue) 21:44 No.18448  

ヒストグラム
2551 x 2551 (2,393 kB)


ベルビアではないのですが河野式リバーサルUでそのままエクタクロームE100を行うとかなりのマゼンタに傾きます。しかしこの絵はマゼンタを抜いただけでかなりの彩度の再現ができます。マゼンタカブリは補正しやすいのかもしれませんね〜
マゼンタそのままのものは保存するのも嫌だったので残っていません、フィルムは探せばあるはずですが30M位はかぶってますね。
ツイッターの知り合いである無尽探査機さんは第一現像をパピトールとミクロファインの混合液で行っていらっしゃいます。後半ではパピトールにメトールを配合する方法で行いほぼ適正解が出た模様ですがミクロファインの中のメトールが青系統の濃度を上げてくれると言う理論です。それに基づいて私のE100に関しては発色がBAN1Rで赤くなる場合、メトールを入れて青の感度を上げて赤を中和する、という考えでやってみました。1L/メトール6g程度入れました。無尽探査機さんはヨドバシで手に入る薬剤で行う、というのがテーマなので発色現像液が印画紙用の物になっています。また独特の溶き方でPHを管理されてますね。すごい方です〜



[7] Re: マゼンタは補正しやすい? 通太郎爺さん - 2020/04/01(Wed) 05:47 No.18449  

ヒストグラム
1300 x 429 (112 kB)


おはようございます。
再販されたものをすぐやってみた結果ですが、先ずは以前のものとの比較もやりたかったので反転液を使っています。
ほとんど補正なしで仕上がりました。

この時の発色液はpHを測っていませんが、おそらく12-12.5ではないかと思っています。
ネガカラー用の発色液はそのままだとpHが10.3ぐらいなので少しアルカリ材で補強しないとマゼンタになりますが、無尽探査機さんのやりかたも興味津々です。
個展が終わったら、じっくりやってみたいですね。

カメラはリコーフレックスZに、16枚撮り中枠(改造)とリコーミリオン用の裏蓋を取り付けています。

Richoflex Z (EKTACHROM 100)
papitol(stock) 100ccを250ccに希釈+KSCN 0.5g 36-7度4分
反転液(old)500t+酢酸(50%液)3cc+塩化スズ 0.5g+EDTA2Na 1g 2分30秒
発色:中外AB液450cc+CD4 2g+炭酸カリ5g+NaOH 2g36度4分



[8] Re: マゼンタは補正しやすい? 通太郎爺さん - 2020/04/01(Wed) 05:56 No.18450  

ヒストグラム
1250 x 900 (316 kB)


補正らしい補正はほとんど必要なく曇り日の夕暮れの発色もそれなりに出ました。
以前のものとほぼ同じようなので次回は反転浴なしでやろうと思っています。

第一現像を4分にしたのはリコーのシャッターが遅れ気味なのを考慮したのですが、ほとんどまともなようです。



[18442/18441/18440/18439/18438]  
[5:13] アルカリか温度か 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/03/27(Fri) 22:34 No.18430  

ヒストグラム
3008 x 539 (335 kB)


ほぼまともな発色の時もあるのですが、第一現像の温度は38度以上でないとまずいようです。
発色もpHが高い方がよく、一般のネガ用では9.5〜10程度ですがポジ用では12ぐらいあるので苛性ソーダや炭酸カリウムなどで補強する必要があると思います。

この例の場合はpHが12弱あるのでOKだったのではないかと思います。

Leica M6 rokkor 40mm/2.8 & 28mm/2.8 (velvia100)
papitol 250cc(指定濃度)+KSCN 0.5g 38度6分30秒
発色:中外ネガ用 Re 50cc 全300t 35度6分



[2] Re: アルカリか温度か 通太郎爺さん - 2020/03/27(Fri) 22:38 No.18431  

ヒストグラム
1300 x 769 (297 kB)


これでも発色はいまいちなので、さらにpHを上げる必要があると思います。



[3] Re: アルカリか温度か 通太郎爺さん - 2020/03/27(Fri) 22:40 No.18432  

ヒストグラム
1300 x 802 (174 kB)


曇りのせいもありますが、もう少し何とかしたいものです。



[4] Re: アルカリか温度か 通太郎爺さん - 2020/03/27(Fri) 22:42 No.18433  

ヒストグラム
1300 x 773 (186 kB)


とにかくベルビアは難しい。



[5] Re: アルカリか温度か まつむらかめら - 2020/03/28(Sat) 21:48 No.18434  

私は河野式簡易リバーサル現像Uでうまく行っています。
発色現像液のBAN1Rにより処理があってるのかと。その反面エクタクロームで結構失敗続きでした^^;
発色現像の苛性ソーダ1L/1.6gはPHメーターで12.3になることを確認したのでその重さで行っております。



[6] Re: アルカリか温度か 通太郎爺さん - 2020/03/28(Sat) 22:00 No.18435  

ヒストグラム
1300 x 418 (121 kB)


まつむらかめらさん今晩は。
ベルビアのマゼンタ転びは発色液の性質に負うところが大きいようです。BAN-1Rが合っているのかもしれません。
あれこれのアルカリ剤をガンガン入れてpH12.6程度でやってみましたがマゼンタは抜けません。
アルカリのせいではないと思います。

うまくいかないのがベルビアだけなので発色液を普通に戻して再度挑戦してみます。

super semiIKONTA (velvia)
papitol(new)150cc→300t(指定濃度) 38-40度 5分(少し多い)
拭取り、2分程度。 
中外AB 300t+NaOH 3g+リン酸三Na 8g+炭酸カリウム 4g+亜硫酸Na 6g+EDTA2Na 1g +水酸化Ka 3g+CD4 3gpH12.6  33度5分



[7] Re: アルカリか温度か mglss - 2020/03/29(Sun) 11:07 No.18436  

ヒストグラム
768 x 1024 (213 kB)


おはようございます。
リールのままの第二露光で光色を変える実験をしました。
色温度はいつも使っている5500Kと、温調の4000Kです。
光源は撮影用の定常光を乳白板で拡散させました。

結果はほとんど違いが出ませんでした。
GIMPでグレーカードのRGB値を取得すると、4000Kの方がごく僅かに赤が弱く、青が強いようです(計測誤差かもしれません)。
しかしRGB値を見なければ分からないレベルなので、実質は影響がないと思います。
白色LEDなら光色はそれほど気にしなくても良さそうです。

ちょっと気になるのは、空の高輝度の部分が少しマゼンタになっている点です。
他のコマでもたまに空がマゼンタになることがあります。
空以外の高輝度部は白のままです。

写真は上げていませんが、5500Kで3分露光の実験もしました。
これも仕上がりがわずかに暗くなっただけで、5500K、1分とほとんど違いはありませんでした。
ただしカラーバランスは赤と青に比べ、緑の低下が強くなりました。
第二露光が強くなるとマゼンタ寄りになるのかもしれません。

minolta AL-E, PROVIA 100F.
第一現像: Papitol[1+2](stock100+水200=300) ロダンカリ10%=4.0ml 38℃ 6.5min.(少しオーバー)
第二露光: EV≒7.5 白タライ水中でリールごと5500K 1min, 4000K 1min. 照明に対して円形の面を見せ、まんべんなく光が当たるように動かし続ける。半分の時間で裏返す。裏返す際はフィルム面が直接露光しないようにする。
発色現像: CNL-N1RN[1+2](A6+B3+C3+W188=200) 苛性ソーダ10%≒1.5ml pH=10.90? 38℃ 3.5min. 回転現像.
漂白: CNL-N2R 約35℃ 6min.
定着: MyFixer 約35℃ 4min.

グレーカードRGB(0..100)中央部平均
5500K RGB=72.9,66.1,65.9.
4000K RGB=72.2,66.4,66.2



[8] Re: アルカリか温度か mglss - 2020/03/29(Sun) 11:34 No.18437  

ヒストグラム
1024 x 683 (434 kB)


更にPROVIA 100Fをフィルム1本現像してみました。
発色現像で苛性ソーダをボトッと入れすぎてしまい、緑が強くなりました。
第二露光ムラはなさそうで、スライドとしては使えますが、曇天の写真なのに青っぽくないのが妙です。
他のコマも同じ傾向で、全体に黄色が強いようです。

minolta AL-E, PROVIA 100F.
第一現像: Papitol[1+2](stock100+水200=300) ロダンカリ10%=4.0ml 38℃ 6min.
第二露光: 前回同じ.
発色現像: CNL-N1RN[1+2](A6+B3+C3+W188=200) 苛性ソーダ10%≒1.7ml pH=? 38℃ 3.5min. 回転現像.
漂白、定着: 前回同じ



[9] Re: アルカリか温度か 通太郎爺さん - 2020/03/29(Sun) 13:38 No.18438  

貴重な実験をありがとうございます。
あまり長時間でさえなければ安心して拭取り作業をして大丈夫ということが分かり、気分が楽になりました。

青くならないのはpHが低いのかもしれません。
でも、逆にこのほうがそれらしくて奇麗ではないでしょうか。

E-6の処方で発色現像液を作るとpHは12.5ぐらいなので1L作るときNaOHを6g入れてリン酸三Naは20g、炭酸K10g、その他亜硫酸Naなども入れますのでかなりのアルカリ剤だと思います。

ポジの場合はNaOHだけでやろうとすると画像が黒っぽくなるような気がしますが、この実験のような結果なら、十分実用の範囲内だと思います。

貴重な実験、感謝します。



[10] Re: アルカリか温度か まつむらかめら - 2020/03/29(Sun) 18:41 No.18439  

ヒストグラム
2643 x 2619 (1,414 kB)


私は蛍光灯下でステンレスリールなので一度ほどいて巻く、というのを短時間で行っています。多分1分無いですね。 なるほど3分とかでも大丈夫なのですね。第一現像後の水洗は私はカブるのが怖いので常温の水道水を使用しています。今ですと15℃近辺になってます。それでタンクの中の水が5回変わる程度行っております。
今回はプロビア100で通常処理で夜景を撮ってみました。流石に街灯の緑が強いのでスキャン後に緑を抜きました。桜のピンクが戻りましたね〜この程度の後処理は許容範囲と考えてます。



[11] Re: アルカリか温度か 通太郎爺さん - 2020/03/29(Sun) 19:13 No.18440  

今晩は。まつむらかめらさんの夜景はそれなりの色ではないでしょうか。雰囲気があって良いですね。
ブローニーでしょうか。

常温の水道水・・・私もやってみます。ムラが出るのが怖くて35度内外でやっていました。
急激なストップの効果があるのかもしれませんね。

ステンレスのリールはフィルムの取り外しが楽なので、拭取りをやるときはステンレスにしています。



[12] Re: アルカリか温度か まつむらかめら - 2020/03/29(Sun) 20:27 No.18441  

はい、ブローニーです。ハッセルのCF120マクロ/4です。
フジの場合135も120も4×5も各フィルム同じ補正で行ける気はしてます(RDPV、RVP)
しかしコダックは135と120が全く違っているのでまだ135はデータが出ていません



[13] Re: アルカリか温度か 通太郎爺さん - 2020/03/29(Sun) 20:40 No.18442  

ハッセルは一度、借りて使いこなせなくて懲りたので持っていませんが、慣れれば素晴らしいカメラなことは間違いないようです。

フジはベルビアのマゼンタ転びで往生しています。以前の(10年ほど前)うまくいったデータとは違うような気がします。
補正すると一発で綺麗になるのも不思議なのですが、ソフトがよくなった効果が大きいようです。
昔のような投影機でスライドを見ることもなくデジタルのプロジェクターなので全く問題はないのですが・・・何となくシャクなので・・・

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)