[掲示板に戻る]
過去ログ[21]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[12825] ファームのアップデート 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/21(Wed) 23:09
Matsuさんから情報をいただいたのでファームウェアのアップデートをやりました。
が・・・・どこがどう変わったのやらよく分かりませんが、
ま、やっておくに越したことはないので、とりあえずはこれで一安心です。

Matsuさんありがとうございました。また何かありましたら教えてください。
[Res: 12825] Re: ファームのアップデート 投稿者:T_Matsu 投稿日:2016/09/22(Thu) 08:41
>どこがどう変わったのやら

お早うございます。

まぁ悪くなった訳でもなし、後は気分の問題ですね〜  10月のアップデートを待ちましょうか。
[Res: 12825] Re: ファームのアップデート 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/22(Thu) 09:28
>10月のアップデートを待ちましょうか。

次回も情報よろしくお願いいたします。

ところでこの花はあまり見かけませんが、ムラサキツユクサの一種ですかね〜。
色も姿も可憐でかわいいです。
[Res: 12825] Re: ファームのアップデート 投稿者:T_Matsu 投稿日:2016/09/22(Thu) 13:29
この花は多肉植物の1種類ですが、、、名前は知りません。Webで検索しても見つけられません(泣)。
[Res: 12825] Re: ファームのアップデート 投稿者:T_Matsu 投稿日:2016/09/22(Thu) 14:05
訂正です。  何とか同じ花が見つかりました。  トラデスカンティア・シラモンタナ 

ツユクサ科・ムラサキツユクサ属(トラデスカンティア属)
メキシコ原産

葉全体が柔らかい白毛に覆われているので「ホワイト・ベルベット」や「白雪姫」とも呼ばれる。
[Res: 12825] Re: ファームのアップデート 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/22(Thu) 15:52
お忙しい中、調べていただいて申し訳ございません。
これですっきりしました、感謝します。

婆さんの存命中は、聞けばいいや・・・と思っていたので、気にもなりませんでしたが、
聞く人がいなくなるとなんとなく気になって引っかかるものですね〜。

・・・シラモンタナとはねぇ、、、あなたのお名前何てぇの!そんなこたぁシランモン、、みたいで覚えやすいですね。
でも、シルモンカと覚えそうで不安だなぁ。
[Res: 12825] Re: ファームのアップデート 投稿者:秀子 投稿日:2016/09/22(Thu) 19:50
通太郎爺様 こんばんは。台風なんともなくなによりでした。

Matsu様が載せてくださったこの花シラモンタナは、私がアザミの歌さんに初めて名前を教えてもらった花であります。葉にはふわふわと白い毛がありまして桃色の可愛い花が咲きます。面白い名前でサンタナサンタナ、シラモンタナ♪なんて覚えました。すごく丈夫な花でどんどん増やせます。水やりも楽な花です。今もたくさんベランダで楽しませてくれてます。
何だかとっても懐かしいしみじみした気持ちになりました。
[Res: 12825] Re: ファームのアップデート 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/22(Thu) 20:37
秀子さん、今晩は。
へ〜、そんな裏話があったんですか、知りませんでした。花を通じて多くの方々との出会いがあったのですね。

1年半もたって、少し慣れてきましたが、ひどく落ち込んでしまった時に、知らん顔しながら気遣ってくれていた人が不在なのが辛いです。

花の一つ一つに思い出があるような気がして、朝に晩に雑草だらけの庭を見回しています。

花好きの 妻の残せし庭なれば 雑草なれど思い出の咲く

[12822] 台風一過 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/20(Tue) 19:37
台風が津市を通過したようですが、我が家では全く被害は無しでした。
携帯が何度も鳴って避難指示を伝えてきましたが、当地域は何とか外れたままでした。
今はそれも解除されましたが、道路が少々冠水した程度で、大きな被害はなかったようです。よかったよかった。

台風一過で、明日は晴れてくれるんでしょうかね〜。
[Res: 12822] Re: 台風一過 投稿者:T_Matsu 投稿日:2016/09/20(Tue) 20:20
今晩は、お互いに大したことが無くてよかったですね。
明日の午前中は晴れマークになってますが、、、最近の天気予報はよく変わるので果たして?
[Res: 12822] Re: 台風一過 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/20(Tue) 20:52
Matsuさんこんばんは。

>お互いに大したことが無くてよかったですね

よかったです。
今頃になって警報解除が次々と鳴っています。空振りでよかったと思います。

三重県が台風の引き受け役ではないのですが、毎年のように海からの直撃を食らって何十年も過ごしてきたので、
今年のようにそれてばかりだとホッとするやら、やられた皆さんに申し訳ないやら・・・

台風慣れして、飛ぶものは飛んでしまい、壊れるものは壊れてなくなっているので台風も三重県は張り合いがなくなったみたいですね〜。

[12817] コニカ業務用・10年期限切れ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/20(Tue) 11:22
ネガカラーでは、補充液の量が多いとピンク色(ネガは緑)になる傾向があるので、ワンショットの補充液希釈でやってみましたが、ダメなものはダメですね〜。

少しマシかなという程度です。

Leica Vb summicron 50mm/2 (konica 業務用100 2006.5 期限切れ) 
BAN-1R 補充液30tを250tに希釈 36度3分 ネガ極端に薄い
[Res: 12817] Re: コニカ業務用・10年期限切れ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/20(Tue) 11:23
フィルムの上下が酸化しているせいか発色が変です。
[Res: 12817] Re: コニカ業務用・10年期限切れ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/20(Tue) 11:25
寅さんじゃあありませんが「奮励努力の甲斐もなく」・・見違えるような効果は出ませんでした。
[Res: 12817] Re: コニカ業務用・10年期限切れ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/20(Tue) 11:27
諦めて、モノクロで使うほうが賢いようです。

パトローネに原因があるようですが、時々ネガに筋が入ります。
[Res: 12817] Re: コニカ業務用・10年期限切れ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/20(Tue) 11:32
最初見たときはカメラのせいかとドキッとしましたが違っていました。

今回は私と同年代のLeica Vbを使いましたが、古いカメラって使っているだけで楽しいですね〜。
人それぞれでしょうけれど、不便なクラシックカーにわざわざ乗っている人の気分がわかります。

[12816] 白い彼岸花 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/19(Mon) 14:20
数十年前、今は亡き父が遠方の友人から球根をもらってきて植えたのが始まりです。
当時はこの彼岸花が珍しく、NHKが取材に来たりしたものでした。

家内がそれを大切に増やしていましたが、年々黄色みが強くなっていくようです。
二人とも故人となってしまった今も、忘れずに花は咲いてくれます。
久しぶりに三脚に4X5を据えて庭に出てみました。

秋草の 香りほのかに、亡き妻の面影のせて彼岸花咲く (通太郎)

Crown GRAPHIC Xenar 135mm/4.7 (フジ160NS) BAN-1R Re60cc 37度3分 JOBO マルチタンク使用

[12811] 20度3分では? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/18(Sun) 19:52
さらに温度を下げて20度ですが、さすがに3分かけないと不安です。

綺麗に出ますね〜。
ネガは少し薄めですが漂白がなくてもスキャンできます。

Nikon F nikkor 50mm/1.4 (konica 業務用100 2006.5期限切れ) 
SPD(原液) Re 30cc 20度3分 アルカリ定着:ハイポ 250g+Na2SO3 15g/1L 10分
[Res: 12811] Re: 20度3分では? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/18(Sun) 19:54
定着にはアルカリ系のものを作って使用しましたが、スーパー富士フィックスで充分かと思います。
[Res: 12811] Re: 20度3分では? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/18(Sun) 19:55
これなら普通にモノクロとして使えそうです。
カラーカプラーのおかげで、飛んでしまいそうな白い塀や空などもそれなりにバランスが良いようです。
[Res: 12811] Re: 20度3分では? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/18(Sun) 19:59
コニカの古いネガカラーは、無理にカラー現像して始末に負えない妙な色で失敗するより、モノクロで使うほうが正解かもしれません。
[Res: 12811] Re: 20度3分では? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/09/18(Sun) 20:02
もったいない精神を生かして古いネガカラーフィルムを救ってあげましょうというキャンペーンでした。