(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/03/19 17:06:21

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 35mm ISO100ネガカラーの反転現像 (1) NEW! 2: 失敗でした (4) NEW! 3: ブローニーのACROS (6) 4: 参考までに・・ (8) 5: ポジカラーで一休み (4) 6: kentmere100 (6) 7: 基本に戻って・・ (5) 8: モノクロポジ現像 (5) 9: D76とC41 (4) 10: イルフォードxp2 C41指定 (3) 11: オリエンタルのシーガル (4) 12: 普通にベルビア (5) 13: アクロスは諦めた! (4) 14: 色に染まりやすい! (4) 15: アクロス100は別物? (5) 16: アクロスの色付き加減 (5) 17: 現像を少し変えてみました (5) 18: はじめまして (2) 19: モノクロに色付き??? (10) 20: アクロスでの反転は無理? (6)

>>記事一覧 >>画像一覧



[17165/17164/17163/17162]  
[11:4] オリエンタルのシーガル 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/03/10(Sun) 14:12 No.17162  

ヒストグラム
1300 x 780 (172 kB)


ネガカラーの現像液なども扱っているオリエンタルがサイバーグラフィックスという名に変わったのかどうかわかりませんが、
そんなことはどうでもよくて私としては、安くてポジ現像ができるフィルムを提供してくれてありがとうという気分です。

Nikon F3 (oriental SEAGULL100)
papitol 60cc/300cc KSCN 無し 
漂白 過マンガン酸カリ+濃硫酸 3分 
清浄 亜硫酸ナトリウム 2分 
第二露光 2分 
第二現像papitol Re50cc/300cc 3分 
定着 super fuji fix 4min.
各行程間に水洗



[2] Re: オリエンタルのシーガル 通太郎爺さん - 2019/03/10(Sun) 14:20 No.17163  

ヒストグラム
1300 x 838 (187 kB)


数十年前にモノクロのポジ現像をやった時にはパソコンも何もなく、ポジで画像が見える魅力が大きかったのですが、
今になってやってみると、あの時代ほどには驚きも感動もなくなっています。

パソコンでネガが簡単にポジになる時代には現像オタクの私にとっては面白いですが、厄介なだけなので広がりはないでしょうね。



[3] Re: オリエンタルのシーガル 通太郎爺さん - 2019/03/10(Sun) 14:34 No.17164  

ヒストグラム
1300 x 803 (195 kB)


ネガカラーの場合は粒状性が良くなるというおまけがつきますが、もともと今のモノクロは文句のつけようがないほど綺麗なので、
数倍の苦労をして現像してまでポジにする魅力はオタク以外にはないような感じです。

しかし現像としては「最高難度」の技であることは言うまでもありません。
スケートで言えばモノクロネガ現像がリンクをゆっくりグルグル回るだけ、カラーネガ現像が足をクロスさせてカーブをスピード上げて曲がれる程度、ポジカラーが二回転ジャンプ程度でしょうか。
これがモノクロポジともなると、いきなり3回転ジャンプ程度に格上げされるような感じです。



[4] Re: オリエンタルのシーガル 通太郎爺さん - 2019/03/10(Sun) 14:42 No.17165  

ヒストグラム
1300 x 778 (179 kB)


薬も工程も多く、どこでどう間違ったかの判定も付きにくいので修正の仕様がないことさえあります。

失敗の記録を完全に残すことが第一歩だと思います。
いやなことや失敗をすぐ忘れてしまうと同じ失敗を何度も繰り返すというのは人生も同じでしょうかね。
年寄りの嫌味かもしれませんが・・・



[17160/17159/17158/17156/17155]  
[12:5] 普通にベルビア 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/03/09(Sat) 08:50 No.17155  

ヒストグラム
887 x 900 (270 kB)


普通のポジ現像の勘が鈍りそうなので基本に戻ってベルビアです。
ポールがやけに赤いのですが、ベルビアの癖が出たか?

Beautyflex D biokor 80mm/3.5 (velvia 100)
papitol 60cc(stok)/250cc+KSCN 0.75g 回転現像 33度6分10秒 
C.D. Re100cc/800cc 33d. 6min.
漂白:オリエンタル
定着:中外ミニラボ用



[2] Re: 普通にベルビア 通太郎爺さん - 2019/03/09(Sat) 08:54 No.17156  

ヒストグラム
900 x 900 (270 kB)


定点観測のように同じ場所をとってレンズなどのテストをしますが、ビューティーフレックスのビオコールもなかなかのレンズのようです。



[3] Re: 普通にベルビア 通太郎爺さん - 2019/03/09(Sat) 09:06 No.17158  

ヒストグラム
897 x 900 (325 kB)


ビューティーはテルマーのものも持っていますが、シャッターがダメになって使えません。
東京の太陽堂が出したこのカメラには色々なレンズが付いています。ドイマーは土井という自分の苗字らしいですがテイコとろいうのもあって、これは奥さんの名前らしいと聞きました。

夫婦仲が良かったのか恐妻家であったのかは知りませんが・・・



[4] Re: 普通にベルビア 通太郎爺さん - 2019/03/09(Sat) 09:10 No.17159  

ヒストグラム
889 x 900 (264 kB)


ごく普通の、何でもない街の風景が好きなのですが、二眼レフって意外に撮影の格好が目立たないもんですね。



[5] Re: 普通にベルビア 通太郎爺さん - 2019/03/09(Sat) 09:13 No.17160  

ヒストグラム
907 x 900 (270 kB)


とは言うものの、なんでもなさすぎ・・・もいかがなものか。

たまには普通にポジ現像、ということでした。



[17154/17153/17152/17151]  
[13:4] アクロスは諦めた! 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/03/08(Fri) 22:17 No.17151  

ヒストグラム
1250 x 793 (249 kB)


挑戦してはいるのですが何かが違っています。他のフィルムならこのレシピで問題なく綺麗に上がるのですが、、、、

この画像でも太い街路樹の幹が真正面のをはじめ左の方もベタっとした感じで普通ではありません。

ここで使っている漂白は40年以上前の粉です。便の底に数グラム(5g弱)残っていたのでとりあえず300t程度作って別のフィルムでテストしました。
過マンガン酸カリより強力で色も僅かしか付かないようです。
数十年前は全部これでやっていたので出来ることは分かっていたのですが、何しろ40数年前なので粉が有効かどうか心配で別途実験しました。

NikonF3 (acros100を150で使用」)
papitol 50cc/300cc(w)KSCN無し 22-3d.9min.(ワンショット)
Bleach ニクロム酸カリ+硫酸 3min.
清浄 亜硫酸Na 2min. Fix super fuji fix 4min.



[2] Re: アクロスは諦めた! 通太郎爺さん - 2019/03/08(Fri) 22:32 No.17152  

ヒストグラム
1250 x 791 (249 kB)


一見普通に見えますが、バイクの後ろの灌木の葉が妙に白っぽくベタです。

それにしてもこの薬すごいですね〜。便の底にこびりついていたのですが40年以上大丈夫ということでしょう。
少々詳しい人に電話して土壌汚染の件を聞いてみたら、いきなり「50k以上は許可がいるぜ」ということ。
「写真に使いたい5gだけど」というと「土壌汚染より自分の身の危険のほうを気をつけな」と・・・。

毎日数十キロとか使うメッキ工場とかでは土壌が消化しきれないのが問題なのだそうです。
5g程度の微量を漂泊の効果がなくなるまで使うのだから汚染したくても無理だわな〜、とその点は問題なかろうとのことでした。

身の危険も80歳の一人者では寿命かどうかの判断が難しいところだわい・・だそうでした。



[3] Re: アクロスは諦めた! 通太郎爺さん - 2019/03/08(Fri) 22:38 No.17153  

ヒストグラム
1250 x 819 (233 kB)


曇っているせいもありますが、どれを見ても全体にヌメリがひどく、メリハリがない画面です。
まともな銀塩ではないと感じました。



[4] Re: アクロスは諦めた! 通太郎爺さん - 2019/03/08(Fri) 22:44 No.17154  

ヒストグラム
1250 x 818 (210 kB)


今回の収穫は古い薬が健在だったことです。
効果が無くなるまで使い切って中和して処理します。
現在でも25g入りが手に入るようですが高価ですので過マンガン酸カリで行くことにします。

アクロスは何をやっても私的には無理なので他のフィルムを使うことにします。



[17150/17149/17148/17147]  
[14:4] 色に染まりやすい! 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/03/07(Thu) 08:17 No.17147  

ヒストグラム
1069 x 688 (93 kB)


このままではアクロスの返り討ちにやられた感じで、いかにも残念。
で、Papitol 50cc/300cc+KSCN 0.5g ・・・いつもの第一現像液を作って3分その後カラー現像液に5分漬けてみました。
やはり着色しています。



[2] Re: 色に染まりやすい! 通太郎爺さん - 2019/03/07(Thu) 08:25 No.17148  

ヒストグラム
1250 x 827 (215 kB)


ネガなので白黒逆ですが明らかに黄色い着色があります。ネガカラー現像液の色だと思われます。
第一現像が終了したにもかかわらず、次の段階の液の色に染まってしまうクセがあるようです。
だとすれば、過マンガン酸カリの強烈なぶどうジュース色に染まらないわけがありません。
これでフィルム全体がベースと言わず画像と言わず全面的に染まってしまうのではないかと思われます。



[3] Re: 色に染まりやすい! 通太郎爺さん - 2019/03/07(Thu) 08:32 No.17149  

ヒストグラム
1250 x 827 (245 kB)


上の画像をそのままソフトで反転したものです。

アクロスによる反転現像の場合、画像がポジになっても空をはじめとして全体に染まっているので画像が汚く、真っ黒で使い物にならないのでしょう。
アクロスと過マンガン酸カリ漂白液がミスマッチなのだと思います。
表面だけならまだしもエマルジョンの中までしみ込んだ色では清浄液でも流れない(もし流れれば画像もなくなる)のではないでしょうか。



[4] Re: 色に染まりやすい! 通太郎爺さん - 2019/03/07(Thu) 08:41 No.17150  

ヒストグラム
1629 x 1027 (543 kB)


これもソフトで反転した画像ですが本来の綺麗な画質だと思います。

アクロス本来の画質を損なわないまま反転するためには漂白液との適合性を探るしかないかもしれません。
どなたか探していただけませんかね。よろしく。



[17146/17145/17144/17143/17142]  
[15:5] アクロス100は別物? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/03/06(Wed) 14:11 No.17142  

ヒストグラム
1093 x 464 (77 kB)


これはケントメアをカラーで取り込んだものですが、わずかに色のついたモノクロにしか見えません。
イルフォードでも結果は同じです。

アクロスだけが、とんでもない色付きの画像になります。
と、いうことは普通の今まで通りのモノクロフィルムではないと考えたほうが良いようです。



[2] Re: アクロス100は別物? 通太郎爺さん - 2019/03/06(Wed) 14:21 No.17143  

ヒストグラム
1089 x 688 (107 kB)


こちらはアクロスですが何度やってみても今まで通りの反転現像ではうまくいきません。
画面全体が真っ黒になったり画像が黄な粉をまぶしたようになったり、とにかくまともではありません。

他のフィルムではケントメアはじめオリエンタルのシーガルでもイルフォードでもきちんと出来るのにアクロスだけができないとなれば、一般的なモノクロフィルムではないと考えるのが妥当かと思います。

素材が全く別物に入れ替わっているようで、虎の皮をかぶった狐か狸のようです。
他のフィルムでも同じ現象が起きるなら、今の反転現像方法が間違っているとも疑われますが、他は全部うまくいく・・・となると犯人はアクロスとしか言いようがありません。

アクロスに昔からの反転現像の方法は全く通用しないと考えたほうが良いと思います。
私としてはアクロス35mmの反転は尻尾を巻いて逃げ出す以外にないと思いました。



[3] Re: アクロス100は別物? 通太郎爺さん - 2019/03/06(Wed) 14:37 No.17144  

ヒストグラム
1073 x 711 (105 kB)


イルフォードも少し色が付きますが、ヨーロッパの名門としては少々情けないものの許せる程度と言えます。

富士も化粧品だの医薬品だのとあれこれ色気を出していますが、フィルムにまで色気を出すとはねぇ〜。



[4] Re: アクロス100は別物? Sol - 2019/03/06(Wed) 16:00 No.17145  

通太郎爺さん様 お返事ありがとうございます。
日にちが経ってしまったのでこちらに書かせていただきます。

エッチング液の使用は、銀に影響を与えることができ、比較的処分が簡単で地方のハンズで買えるという理由からです笑
農業用EDTA鉄も手元にはありますが、そちらではうまくいかなかったような記憶です。

ちなみに処理途中で「脱鉄」というものを追加しておりますが、本当に鉄が原因かは不明です。
漂白後に水洗のみで第2現像を行うとどのフィルムも非常に濃いセピア色になってしまいました。
原因を、漂白の塩化鉄が乳剤に侵入し、現像液で黒化鉄のようなものになってしまうのではと予想し、
そうであれば表面の乳剤そのものを剥ぎ取ってしまおうと、短時間の弱い定着を行ったものです。

結果、最大濃度は少し犠牲になりましたが、ギリギリ実用可能なポジとなったというところです。


あらためて当時のACROSを見てみましたが、今話題にされている謎の粉末や粒状性悪化はルーペでは確認できませんでした。
もう手元にも店頭にもACROSがなくなってしまいましたので、確認ができず残念です。

またそのうちに実験を再開しようとイルフォードFP4とシーガル100を購入しております。
良い結果となりましたらまた報告させていただこうと思います。



[5] Re: アクロス100は別物? 通太郎爺さん - 2019/03/06(Wed) 16:40 No.17146  

Solさんこんにちは。こちらに書いていただいたほうが見やすくて助かります。
エッチング液なら手に入りやすいかもしれません。画材屋にもありますね。
漂白後の洗浄はアルカリ液なら何でもよいのかもしれませんが詳しいことは知りません。

>店頭にもACROSがなくなってしまいましたので・・

そのようですね。あっても風前の灯火でいつ消えてもおかしくない状態でしょう。
イルフォード、オリエンタル、ケントメアは非常にきれいにゆきます。
おそらく昔のままのフィルムなんでしょう。
フォマパンなども使えそうなので今後やってみるつもりです。
またいろいろご報告ください。よろしく。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)