(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/04/01 19:44:22

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: エクタクロームは? (6) 2: マゼンタは補正しやすい? (8) 3: アルカリか温度か (13) 4: 難関ベルビア (7) 5: 河野式ダイレクトポジ現像のU (7) 6: 河野式ダイレクトポジ現像 (12) 7: エクタクロームE100 反転露光なし (11) 8: 暗い画像 (5) 9: マゼンタ被り (2) 10: アルカリ剤の量 (1) 11: ダイレクトポジ現像 (11) 12: 反転操作無しでも反転 (6) 13: プロビア (7) 14: モノクロポジ失敗 (6) 15: 反転液なし (4) 16: エクタクロームE100 (4) 17: カラーフィルムの自家現像 (5) 18: 映画用Vision3とCanon (6) 19: Canonのレンズ (4) 20: Vision3 映画用ネガフィルム (4)

>>記事一覧 >>画像一覧



[18384/18383/18382/18381/18380]  
[11:11] ダイレクトポジ現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/03/12(Thu) 20:32 No.18374  

ヒストグラム
478 x 900 (142 kB)


リバーサル現像で第一現像と発色現像との間に、全く反転のための操作をしない現像法で、何と呼んでよいのかわからないので一応の呼び方です。

第一現像が終わって流水(実際は36-8度の湯)や湯を捨てては新しい湯を入れて流す方法で現像を停止させます。
しつこいぐらいにタンクをゆすって洗う感じで、可能な限り第一現像の影響が発色に及ばないようにします。

水洗による停止が終わったらそのまま発色現像液をタンクに入れて発色現像に入ります。
タンクの蓋は閉めたままカラー現像が終わり水洗するまで開けません。
そのまま漂白定着でも構いませんが、今回はカラー現像が終わり水洗も終わった時点で蓋を開けて漂白、
定着は別のプラスチックの入れ物に入れてあるので、リールを中にぶら下げて行いました。
つまり反転のための露光や反転液など、反転のための作業は一切なしです。

これで見事に反転発色します。

Union C-Uconoor Anastigmat 75mm/3.5 (Provia100F) シャッター不調露光過多 
papitol(stock)100cc→450tに希釈+KSCN 1.5cc 38度6分 
水洗3分〜5分 第二露光、拭取りなどなし 
発色:中外AB(stock)450cc+CD4 2g NaOH 3g 炭酸K 5g pH 10.3



[2] Re: ダイレクトポジ現像 通太郎爺さん - 2020/03/12(Thu) 20:39 No.18375  

ヒストグラム
1067 x 850 (346 kB)


フィルムをタンクに入れたままで反転発色までやれれば、手の幅が短い私でもフィルムを半分に切らずに一本そのまま仕上がって便利です。

わずかに補正すれば出来上がりです。
今回はカメラのシャッタースピードが狂っていて全体にオーバー、失敗に近い状態でした。



[3] Re: ダイレクトポジ現像 通太郎爺さん - 2020/03/12(Thu) 20:44 No.18376  

ヒストグラム
1075 x 850 (235 kB)


何といっても、発色現像の手前で光にさらすとなると、その時に当てる色温度で色が濁る可能性があります。
フィルムの透過度も暗くなったり明るく出たりと安定しないようですので、ここがネックでした。

このダイレクトな方法の完成度を高めてゆけば、より一層プロラボに近づけると思います。



[4] Re: ダイレクトポジ現像 通太郎爺さん - 2020/03/12(Thu) 20:48 No.18377  

ヒストグラム
1255 x 850 (285 kB)


水洗はかなりしつこく、流水なら5分程度、入れ替えならよく振りながら10回程度やりました。
もっと少なくてもよいかどうか実験を続けます。



[5] Re: ダイレクトポジ現像 通太郎爺さん - 2020/03/12(Thu) 20:51 No.18378  

ヒストグラム
1104 x 850 (354 kB)


とりあえず、ここまで来れば厄介もネックも無くなり、後は自転車に乗るのと同様、理屈より練習あるのみだと思います。
皆さん、頑張りましょう。



[6] Re: ダイレクトポジ現像 まつむらかめら - 2020/03/13(Fri) 15:24 No.18379  

まったく考えてませんでした・・・
なるほど、出来るのですね。実際ワークショップでは第一現像をモノクロで行う、という説明の為に見せることは皆さんのテンションが上がることなのですが常にムラの事を考えてますので。
まずは検証から始めますが停止液を使ってやってみようかな、と思うところではあります。今後とも期待しております、よろしくお願い致します。



[7] Re: ダイレクトポジ現像 通太郎爺さん - 2020/03/13(Fri) 17:39 No.18380  

>皆さんのテンションが上がることなのですが・・

全く同感です。あのモノクロ画像には独特の高揚感がありますね。やったぜベイビー!とでも言いましょうか。
ここがうまくいくと次の発色の段階ではさほどの苦労はありません。

ムラの問題さえ無ければ、モノクロ画像を確認しながらやるほうが楽しいのですが、光源の色温度の影響があるようなので
完璧を期するなら発色が終わるまで光にさらさないほうが安全なようです。

停止液はやってみましたが、うまくいきませんでした。モノクロでもカラーでも昔のように粒子が大きく、厚みもたっぷり塗られたフィルムとは全く違っているために停止液を使うと、一瞬で、停止液の当たった部分から現像が止まるので逆にムラが出ます。

コダックの仕様書にも第一現像の後のwashはありますがstopはありません。

モノクロ現像での現像ムラの大半はストップ液によるものが多いようです。



[8] Re: ダイレクトポジ現像 まつむらかめら - 2020/03/13(Fri) 18:07 No.18381  

なるほど、仰る意味は大体理解できました。
後は水洗の目安ですね。
こちらでもテストしてみます!



[9] Re: ダイレクトポジ現像 通太郎爺さん - 2020/03/13(Fri) 21:52 No.18382  

ヒストグラム
1100 x 864 (184 kB)


今回使ったタンクは古くからある一般的なステンレスタンクです。
第一現像で現像液を出し切った直後に温水(36〜8度)を給湯器の口から流し込み、あふれてもそのまま10秒程度入れ続けます。
その湯を捨てて、次に半分ぐらい入れたところでタンクを横にして5〜6回転させ湯を出します。半分ぐらい入れてタンクを回転させる作業を4〜5回やりました。
回転させたり縦にして上下にシェーカーのように振るったり、とにかくフィルムを洗う感じでやりました。

次回はパターソンでやってみます。



[10] Re: ダイレクトポジ現像 まつむらかめら - 2020/03/13(Fri) 22:31 No.18383  

河野式Uのレシピがベルビア100で問題ないのでやってみました。水洗を3分間38℃の温水で洗いながらステンレスタンクでやってみました。するとかなりマゼンタに傾いたのが出来まして。BAM1Rだとそっちの傾きになるのかもしれません。その後メトールを第一現像に入れたのですが同じような傾向です。うーん、露光のときの蛍光灯のかぶりがグリーンに上がってた?などと考えてしまってます・・・出張に行った際には蛍光灯でなく窓からの光が多かったはずですが・・・もう少し検証してみます。しかしベースの黒はしっかり出てるので反転はしてますね。


[11] Re: ダイレクトポジ現像 通太郎爺さん - 2020/03/14(Sat) 06:58 No.18384  

>するとかなりマゼンタに傾いたのが・・・

ベルビアはプロビアに比べて少々赤が強く出るような気がします。
BAN-1Rは本来がネガカラーー用なのでpHが10.1〜10.2程度になっているようです。
E-6に従って作った発色現像液はpHが12.1〜12.3(かなり怪しい計器なので精度はわかりませんが)とかなり高くアルカリが強いようです。

BAN-1Rに水酸化ナトリウムとかリン酸三ナトリウム、炭酸カリウムなどを入れてpHを12近くまであげてやると改善すると思います。



[18372/18371/18370/18369/18368]  
[12:6] 反転操作無しでも反転 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/03/10(Tue) 15:46 No.18367  

ヒストグラム
1300 x 790 (172 kB)


アクロスUでのポジ現像の実験です。
カラーの場合第二露光がなくても銀塩とカラーカプラーが入れ替わるので反転するのは分からないでもないですが、モノクロが反転してしまうのは訳が分からず意味不明です。
カラーネガ用の発色液は清浄液と間違えただけです。

しかし、実際やってみると反転します。
第一現像から第二現像のストップまで全くタンクを開けず、反転液も使っていません。

Nikon F2 (acros U) 第二露光なし実験
papitol(stock)30ccを250tに希釈 24度2分 
二クロム漂泊 2分 清浄液不使用 
発色液(中外AB+CD4添加のもの)24度3分 
第二現像 第一現像のもの 3分 



[2] Re: 反転操作無しでも反転 通太郎爺さん - 2020/03/10(Tue) 15:48 No.18368  

ヒストグラム
1200 x 742 (311 kB)


画像はかなり薄く、粒状性も悪くザラザラした感じで使い物にはなりません。



[3] Re: 反転操作無しでも反転 通太郎爺さん - 2020/03/10(Tue) 15:53 No.18369  

ヒストグラム
1300 x 749 (426 kB)


シーガルもやってみましたが、やはり粒子は荒れ模様で中途半端です。



[4] Re: 反転操作無しでも反転 通太郎爺さん - 2020/03/10(Tue) 16:00 No.18370  

ヒストグラム
1442 x 406 (132 kB)


第二露光を適当にやればシーガルをはじめケントメア、イルフォード、コダックのT-Maxその他、やりにくいアクロス以外は順調です。

これはケントメアですが、全く問題なしと言えそうです。



[5] Re: 反転操作無しでも反転 通太郎爺さん - 2020/03/10(Tue) 16:09 No.18371  

ヒストグラム
1179 x 900 (232 kB)


ネガ画像が紙に焼き付けるまでポジにならない時代には、フィルムがそのままポジで見えることは重宝でしたが、パソコンのソフトで簡単にポジ化が可能、しかもデジタルのプロジェクターなどの出現によって殆どモノクロのポジ化は意味がなくなったように思います。

Rolleicord Xb (T-Max100)
papitol 50cc/500cc(old)+KSCN 2cc(1g) 23度7分 
漂白:ニクロム酸系 20本目 2分30秒 
清浄:亜硫酸Na 2分30秒 
第二露光:台所LED60w相当に30cほど離して直接表裏1分ずつ程度当てる 
第二現像:第一現像の液 6分15秒 
定着:スーパー富士フィックス1分30秒程度で金属リールに巻替える 5分 パターソンタンク



[6] Re: 反転操作無しでも反転 通太郎爺さん - 2020/03/10(Tue) 16:18 No.18372  

ヒストグラム
1230 x 900 (230 kB)


あれこれやってみましたが、ポジにするとどれもフィルムの粒状性が少々鈍くなるような気がします。
エッジ効果の鈍さなのかよく分かりませんが、どのフィルムでも同じようなので、これではポジにする意味がないように感じました。

モノクロフィルムはネガにした時、最高の能力を発揮できるように各社が研究した結果なのかもしれませんね。

いくらベンツでも農作業なら軽トラにかなわない・・餅は餅屋ということかもしれません。



[18366/18365/18364/18363/18362]  
[13:7] プロビア 投稿者:まつむらかめら 投稿日:2020/03/07(Sat) 21:59 No.18360  

ヒストグラム
2152 x 3368 (4,190 kB)


ぜひカラーリバーサルを皆さんに使っていただきたいと思い
仕事場台所でカラーリバーサルフィルム現像ワークショップを開いております。最低限の金額しかいただいておりませんので薬品台と場所代でいっぱいですがなるだけ多くの人に行っていただきたいと思ってのことです。現状3名ほどが現像を続けていらっしゃるようです。
このワークショップに当たりフジのリバーサルフィルムをテストしてたのですがベルビア100はマゼンタ方向、ベルビア50とプロビアがグリーン方向への転びがあると感じてきました。
ほぼ河野式簡易現像Uなのですが若干の補正を加えました。
今回はプロビアに関してです。G方向の転びなので現像の増感によるマゼンタ転びと相殺させようと思いました。しかし完璧に相殺だと感度が上がってしまったためにロダンカリは500CCに0.8グラムまでとしました。発色現像のPHを若干酸性に傾けることでグリーン系の発色を押さえました。通常500CCに0.8グラム入れるところを0.4グラムに押さえました。
これでワークショップに来てる方にはやってもらっています。

先日は小平のカメラのヤマヤさんで出張現像WSを行ってきました。今後都内でもやっていきたいと思っております。

作例はリバーサルの濃厚な色がすきなのでアンダー目に、また偏光フィルターで青を落とす作画をしています。

先日のウナタレの件ですがモノクロはD-76ではずっと行ってきたので意味はわかっていたのですがカラーの場合は不安定になりそうでしたので行ってませんと言う事でございます。



[2] Re: プロビア まつむらかめら - 2020/03/07(Sat) 22:09 No.18361  

ヒストグラム
2152 x 3407 (4,120 kB)


上記の作画の偏光フィルターなしですね。

また最近の偏光フィルターはマゼンタ系に転ぶフィルターもありました。デジタルでは補正されるものがフィルムだとかなりマゼンタに傾いて驚きました。



[3] Re: プロビア 通太郎爺さん - 2020/03/08(Sun) 06:42 No.18362  

ヒストグラム
1228 x 836 (397 kB)


お早うございます。
WSまで開いてやっておられるとは感激です。私はすでに80才を超えておりますから活動も鈍っております。
若い方々がどんどんリバーサルの現像に挑戦していただければ、フィルムも生き残れると思います。

私としてはリバーサルの場合は18360の「いかにもリバーサル」・・といった発色が好みです。
どうせリバーサルを自家現像するなら、デジカメでもなくネガカラーでもない特色があってもよいと思っています。

ウナたれの件、釈迦に説法で失礼しました。リバーサルの場合はおっしゃる通り、第一現像の仕上がりで大きく変化しますのでウナたれでは安定しません。
ラボへ出すより、はるかに安価なので目をつぶって出来るだけワンショットにしています。
レンズがニッコールのせいか少し黄色がかっています。
発色現像液はアルカリを強めるとグリーン系、逆だとマゼンタになるような気がします。
ここでは発色現像液がネガカラー用なのでマゼンタに転びすぎるのと発色不良を防ぐために苛性ソーダを使っています。

Niokn F2 (provia100F)
papitol 60cc→120cc(指定使用濃度)+KSCN 0.5g 37度 3分30秒
発色:(中外AB250t二本目)125t+NaOH 0.5g+CD4 0.5g 35度 3分 漂白、定着まで全工程回転現像



[4] Re: プロビア 通太郎爺さん - 2020/03/08(Sun) 06:55 No.18363  

ヒストグラム
1300 x 796 (165 kB)


偏光フィルターはガラスの反射以外ほとんど使ったことがなく、よく分かりませんが、効果抜群ですね。
データは18362と同じ写真ですが、少し補正してやるとすっきりします。



[5] Re: プロビア まつむらかめら - 2020/03/08(Sun) 15:37 No.18364  

ヒストグラム
3407 x 2215 (3,193 kB)


ありがとうございます。ワークショップは今後も続けていきたいです。
青空の調子も空気中の水分の反射ですので偏光フィルターでかなりコントロールが効きます。私はほとんどつけっぱなしですので外部露出計をISO100のフィルム使用時はISO40で測って使っています。紅葉の時期の葉も空の反射を受けると意外と光ってるのですがそれを抑えると良い赤が出ます。リバーサルとの相性が良いのでおすすめです。



[6] Re: プロビア 通太郎爺さん - 2020/03/08(Sun) 21:20 No.18365  

ヒストグラム
1200 x 775 (370 kB)


リバーサルの現像が少しでも広まれば、さらに良い方法が出てくるかもしれません。楽しみです。

私はフィルターはスカイライトも使わないので、偏光フィルター常備とは尊敬します。

BAN-1Rでの現像での発色が気に入っていたのですが、大量にある頂き物の薬が気になって、まずはその消費に明け暮れております。
4年ほど前にBAN-1Rで現像したフィルムがありました。使用した時点で期限切れ8年ほどでしたが、うまくいったほうだと思います。
でも、まつむらさんのほうが断然、発色がクリア、期限切れの悲しさですね。

Leica M6 (fuji Provia 400 X 2008.3 期限切、現像2016・9月) 
papitol 250cc+KSCN 0.25g 38度6分30秒 水洗による停止後スポンジでふき取り
C.D. BAN-1R 250cc Re30cc 36度5分 1本用ステンレスタンク



[7] Re: プロビア 通太郎爺さん - 2020/03/08(Sun) 21:25 No.18366  

ヒストグラム
1200 x 755 (443 kB)


データは18365に同じです。
このフィルムも無くなりましたね。使いやすいフィルムだったのですが、、、

テテナール式のリバーサル現像を試してみようと思っています。
第一現像の後、水洗のみで反転操作一切なし。すぐに発色現像をやるのですがかなりきれいに出ます。
第一現像液に仕掛けがあるのか、はたまた発色にあるのか、気になっています。



[18359/18358/18357/18356/18355]  
[14:6] モノクロポジ失敗 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/03/05(Thu) 20:14 No.18354  

ヒストグラム
296 x 683 (27 kB)


アクロスの旧タイプが数本残っているので反転液だけで反転するのかどうかやってみました。
以前にもやりましたが、やり方が悪いのか何度やっても薄い画像が出来るだけでうまくいきませんね。

Zenobia R (acros100)
papitol (stock)50ccを300tに希釈+KSCN 0.5g 24度2分30秒
水洗stop2分後 ニクロム酸漂白 2度2分 その後2回ほど軽く水洗 清浄液 2min. 水洗後反転液 25d.6min. 一回水洗 第二現像(第二露光なし) 上の液にstock 50cc添加 3分
定着 4分 パターソンタンクによる回転現像



[2] Re: モノクロポジ失敗 通太郎爺さん - 2020/03/05(Thu) 20:17 No.18355  

ヒストグラム
1263 x 900 (262 kB)


反転してポジになった像は見えますが、縞模様のムラがひどく使い物になりません。
旧タイプのアクロスでうまくいったためしがないのですが、懲りずにやってみました。



[3] Re: モノクロポジ失敗 通太郎爺さん - 2020/03/05(Thu) 20:23 No.18356  

ヒストグラム
1230 x 900 (257 kB)


カメラが新型コロナにやられたか?曇るやら影があるやら、重症です。
まったく露光していないパーフォレーション部分が黒くなっているところを見ると反転液の効果があるといえばあるような気もします。



[4] Re: モノクロポジ失敗 通太郎爺さん - 2020/03/05(Thu) 20:31 No.18357  

ヒストグラム
1300 x 836 (376 kB)


反転液の効果を疑う理由は、この画像です。
これは第二露光も反転浴もしていませんが、ちゃんと反転しています。
理屈が合いませんね〜。

初めから定着までタンクの蓋は一切開けずにやった実験です。
反転液なんてあってもなくてもよい・・・というかコダックの仕様書にもあるように、単に第一現像の残渣(残りカス)を清掃しているにすぎないようです。

Nikon F2 nikkor 50mm/1.4 (seagull 100)
papitol(stock)50cc+old 250cc全300t 25度2分 
漂白:ニクロム酸カリ 25度2分 水洗後清浄液2分 
第二現像 第一現像の液に100t入れ替え 25度5分 第二露光なし



[5] Re: モノクロポジ失敗 通太郎爺さん - 2020/03/05(Thu) 20:37 No.18358  

ヒストグラム
1300 x 809 (423 kB)


粒子がひどい状態なのと一部にソラリゼーションのような部分が見られめす。
でも、うまくやればなんとかなりそう。
アクロスでは第二露光でけつまずくので、基本的に、第一現像、漂白(銀を流すための)第二現像だけで行けるのではないでしょうか。
もちろん各工程間に水洗や清浄など挟んでのことですが・・



[6] Re: モノクロポジ失敗 通太郎爺さん - 2020/03/05(Thu) 20:48 No.18359  

ヒストグラム
1300 x 809 (374 kB)


私なりの理論ですが、露光されたフィルムには全体に光が当たっています。
普通のネガフィルムでは強く当たった部分だけが現像され銀になります。そうなる時間でストップします。
弱い部分は定着で流してしまいますが画像はあるのです。
強く当たった部分をクロムの漂白で取り去ってしまえば、残るのは弱い部分です。
残ったこの部分(コロイド状の銀塩)を現像(第二現像)するとポジ画像が出てくるようです。
なんじゃこれ??? でも、出てくるんですね〜ポジ画像が。



[18353/18352/18351/18350]  
[15:4] 反転液なし 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/03/03(Tue) 20:05 No.18350  

ヒストグラム
1350 x 869 (149 kB)


リバーサルフィルムは、その名の通り反転液(という名が正しいとは思いませんが)無しでも第二露光なしでもポジ画像になります。
カラーフィルムはネガもポジも原理は同じで、銀塩のモノクロ粒子が発色カプラーに取り巻かれて(表現が正しくないかもしれませんが)塗布されています。
露光によって光に感応するのは銀塩だけで、発色カプラーは感光した銀塩の信号に従って発色準備をします。

第一現像で現像されるのは光の信号を受け取った(モノクロ)銀塩だけです。
フィルム上に何層かに分けて塗られたフィルターによって色分けされて感光した銀塩は、(フィルターの)色の信号の強度に従って現像されます。
第一現像が終わってストップした時点でフィルムを見ると普通の銀塩ネガです。
臭化銀から(感光して現像されてしまって)銀に変化してしまった部分の画像は発色しません。
感光しなかったコロイド状のまま残った銀塩?が次の発色現像でフィルター通りに光の信号を保持したコロイド銀のカプラーを開きます。
つまり第一現像で銀化されなかった方を発色させているわけです。

第一現像では、感光した臭化銀を現像液で先に銀化してしまい発色させないようにしています。
この時出来たネガ(銀)もその後のカラー現像で使用された銀も漂白液でコロイド銀にもどされて定着で洗い流されます。
第一現像の銀も第二現像で発色に使われた銀も流されてしまうので残らず、フィルム上にはカラーカプラー(色の粒子)だけが残ります。

ネガを作っておいてそれをネガカラー現像しているとでもいいましょうか。
ネガのネガはポジというわけなので反転露光が無くてもポジができるわけです。

E-100を使って夜に近い場面を撮ってみましたがそれなりに出ますね。

Minolta CLE rokkor 40mm/2 (ektachrom E100)
papitol(stock)180cc→290tに希釈 +KSCN 0.5g 37d. 7min.30sec.
スポンジで挟んで第一現像の残渣を拭き取り。
C.D. 中外AB液300t+CD-4 3g +NaOH 3g 36d.5min.



[2] Re: 反転液なし 通太郎爺さん - 2020/03/03(Tue) 20:22 No.18351  

ヒストグラム
1350 x 750 (181 kB)


厄介な理屈はさておき、第一現像でモノクロのネガを作るのは感光した部分を銀にしてしまって発色させないためで、
ここで定着すれば、発色のために残しておいたコロイド銀が溶けて流れてしまい、銀の像のみが定着されて銀塩のモノクロネガフィルムになってしまいます。
定着しないまま水洗しながらスポンジで拭くと余計な銀がとれるのか画面がすっきりします。
この時第二露光をすると中途半端な銀がしっかり銀化されるのかもしれませんがその辺の理屈はわかりません。



[3] Re: 反転液なし 通太郎爺さん - 2020/03/03(Tue) 20:36 No.18352  

ヒストグラム
1300 x 824 (239 kB)


私は学者ではないので理論が正しいかどうかはわかりません。
アマチュアとして、きれいに自家現像できれば万事OKなだけです。

こちらは富士のプロビアです。

NikonF2 (provia F100 RDPV) 
papitol 原液60ccを120cc(指定濃度)+KSCN 1cc(0.5g) 37-8d. 5min.
水洗ストップの終わった時点で拭き取り
C.D. 中外AB液125t→250t(指定濃度)NaOH 1g CD-4 1g 33d. 5min.



[4] Re: 反転液なし 通太郎爺さん - 2020/03/03(Tue) 20:48 No.18353  

ヒストグラム
1300 x 835 (287 kB)


上の理論は少しおかしいんじゃないか、、という部分がありましたら、ぜひ修正お願いします。
私の参考になりますので教えていただけたらありがたいです。

データ:18352に同じ

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)