(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/09/28 07:24:02

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: ネガポジの大失敗 (8) 2: 常温でのカラー自家現像 (5) 3: 常温での自家現像 (3) 4: 常温自家現像そのU (5) 5: 自家現像は常温で・・ (5) 6: 自家現像と気温 (4) 7: Konica MT-7 の続き (5) 8: 省略しすぎカメラ (4) 9: 現像温度の常識・非常識 (5) 10: Velvia100 (6) 11: T-Max400 高温現像 (4) 12: カラーリバーサル現像初体験! (6) 13: お懐かしや!キャノンL1 (6) 14: 高温問題なし (2) 15: モノクロ高温現像 (1) 16: 基本はモノクロ現像 (8) 17: 着色写真 (4) 18: 周辺落ち (4) 19: 無孔フィルムを使ってみた (4) 20: オートのカメラ (8)

>>記事一覧 >>画像一覧



[18946/18945/18944/18943]  
[6:4] 自家現像と気温 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/09/06(Sun) 08:12 No.18943  

ヒストグラム
1355 x 950 (432 kB)


カラーの自家現像でのネックといえば液温の管理ではないでしょうか。
コダックのE-6に従えば第一現像、発色現像共に38度±(約)1度となっていますが、これを正確に守ろうとすればタンクを湯煎する装置なども必要となってかなり厄介です。

アマチュアが気軽に自家現像出来るようにするためには、何とかしてこのハードルを下げるか、理想的にはなくしてしまうことでしょう。

要は温度の幅を大幅に広げてしまうことができないか・・という実験です。
まずは夏の室温に近い29-30度での実験です。

Pearl RS(occupied japan) (Velvia100 ブローニー)
papitol(stock)60cc+old440cc=500cc+KSCN 1cc(0.5g)+クエン酸 1.5g 29-30度 20分
発色:中外AB(stock)50cc+old450cc=500cc+CD3 (3g)+NaOH 1g 35度5分



[2] Re: 自家現像と気温 通太郎爺さん - 2020/09/06(Sun) 08:58 No.18944  

ヒストグラム
1391 x 950 (402 kB)


結果は、まあまあ・・ですが20分の長時間の場合クエン酸は不要な感じです。
現像は化学変化ですから時間と温度の相関関係は案外正確なのかもしれません。
そこが分かればさらに楽になりそうです。



[3] Re: 自家現像と気温 通太郎爺さん - 2020/09/06(Sun) 09:07 No.18945  

ヒストグラム
1500 x 1200 (457 kB)


20度程度の低温もOKのようで、都合の良いことにVelviaがマゼンタ転びしなくなります。

第一現像の最低温度は14-15度でも1時間もやればきれいに仕上がりますので常温というかその時の温度でやれる幅について、温度と時間の相関関係を探ってみようと思います。

Crown Glaphic Xenar 135mm/4.7 (velvia100 4x5シートフィルム)
papitol 300cc+old 1200cc=1500cc+KSCN 4cc 22度 35分
発色:中外(new)200cc+(old)1250cc=1450cc+CD4 5g 36度5分 (pH 11.5) JOBOタンク



[4] Re: 自家現像と気温 通太郎爺さん - 2020/09/06(Sun) 09:10 No.18946  

ヒストグラム
1277 x 950 (384 kB)


話は戻りますが、とにかく29-30度でも20-30分でやれそうです。
発色の温度についてはカプラーの作用がどうなのか、これも温度との相関関係があるのかどうかもやってみようと思います。

データ:18943に同じ



[18942/18941/18940/18939/18938]  
[7:5] Konica MT-7 の続き 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/09/04(Fri) 05:55 No.18938  

ヒストグラム
1400 x 829 (323 kB)


Konica MT-7のモノクロテストではT-Max400を使ったのでどうやっても露光がオーバーになりがち。
1/125では22でもまだきついかなと感じるのにシャッターも少しダレ気味で遅くなっているようです。

当時はネガカラーの100が主流だったのでそれに合わせてあったのかと思います。

で、、、映画用のコダックVision3でやってみました。ASAは250 ですがラチチュードが広いので納得のいく画像になりました。
これなら納得です。モノクロを使うなら100が適当かもしれません。

Konica MT-7 konica Lens 35mm/4 (vision3)
中外AB混合液 50cc+old 250cc+CD3(3g) =300cc(pH9.7)+NaOH 0.5g (pH10.3) 35d.2min.30sec.



[2] Re: Konica MT-7 の続き 通太郎爺さん - 2020/09/04(Fri) 06:05 No.18939  

ヒストグラム
1400 x 903 (371 kB)


上等、じょうとう。発色も問題なしです。
シャッタースピードが遅くなっているようなので、カメラのASA指標を400に合わせ、絞りを16と思しき位置にしました。

こういうカメラでレンズが優秀なのは「ピカイチニコン」だったと思います。
便利で使いまくったのでさすがに巻き上げが不調になり廃棄しました。



[3] Re: Konica MT-7 の続き 通太郎爺さん - 2020/09/04(Fri) 06:08 No.18940  

ヒストグラム
1400 x 878 (311 kB)


こういうカメラの残念なところは、修理がほぼ不可能で、どこか一か所が不調になっても全く使用不能に陥ってしまうことです。



[4] Re: Konica MT-7 の続き 通太郎爺さん - 2020/09/04(Fri) 06:16 No.18941  

ヒストグラム
1400 x 853 (317 kB)


プラスチックゴミにしかならないようなカメラは地球環境の上からも製造禁止、使用禁止なんて言われそうで、そうなると自分の持っているデジカメの全部が当てはまりそうで、、、う〜ん悩ましい。



[5] Re: Konica MT-7 の続き 通太郎爺さん - 2020/09/04(Fri) 06:20 No.18942  

ヒストグラム
1386 x 950 (331 kB)


簡略化の極致のようなカメラの歴史的産物として、捨てずに飾っておく分には問題ないでしょう。



[18937/18936/18935/18934]  
[8:4] 省略しすぎカメラ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/09/03(Thu) 16:11 No.18934  

ヒストグラム
1181 x 850 (130 kB)


バカチョンと呼ばれたカメラの中でもスーパーを付けたいほどの簡略化されたカメラです。
シャッターは1/125だけ。絞りの表示は無くフィルム感度が100、200、400とレバーのようなもので変えられるだけ。
ASA感度を100にすると5.6か8弱、400に合わせると16かそれ以上か(不明)に絞られるだけ。

感度のセンサーがついているわけでもなく、1/125であとはフィルムのラチチュードまかせ・・
巻き上げだけが電池で自動・・という何とも乱暴カメラです。

カナヅチを打ち下ろせば自動的に釘が打てます・・と言っているような感じかなあ。



[2] 省略しすぎ??? 通太郎爺さん - 2020/09/03(Thu) 16:13 No.18935  

ヒストグラム
1200 x 728 (210 kB)


ピントとも固定らしく5-6mぐらいに合わせてあるようで手前はよいとしても遠方は全くダメ。
2L程度なら目立ちもしないので問題ないのでしょうね。



[3] 省略の極みカメラ 通太郎爺さん - 2020/09/03(Thu) 16:19 No.18936  

ヒストグラム
1200 x 717 (340 kB)


2mぐらいから10m程度までが限界でしょうか。
女の子が旅行で「ピース」なんてやりながら記念写真を撮る程度のものでしょうね。
80過ぎの爺さんがこれで撮っていると怪しまれる感じです。人がいないのを見計らってカバンからさっと出してさっと隠す状態です。

KONICA MT-7 konica Lens 36mm/4 (T-Max400) D76(stock)40cc+old260cc=300cc 32d.5min.



[4] ここまでやるか 通太郎爺さん - 2020/09/03(Thu) 16:30 No.18937  

ヒストグラム
1200 x 753 (268 kB)


最近のカメラではないので何とも言えませんが、こんな写りの悪いカメラは初めてでした。

シャッターは1/125 絞りは4,8,16ぐらいの3種類らしい。それも絞りメモリはなくASA感度を100,200,400の設定に応じて変わるだけです。
昔夜店で売っていたトーゴーカメラ?のようです。

しかし自動の巻き戻しで最後の部分がパトローネから少し出ているのは大いに便利。
自家現像する者にとっては大助かりで、ピカイチニコン以来でした。
ほめてつかわす。



[18933/18932/18931/18930/18929]  
[9:5] 現像温度の常識・非常識 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/08/27(Thu) 09:21 No.18929  

ヒストグラム
1500 x 1150 (377 kB)


コロナも嫌だし、熱中症も怖いところへ本来の出不精が重なって、絵ばかり描いております。

カラー現像では、現像温度が38度前後と厳しく規定されている・・と思われていて、これがカラー自家現像のネックだとも言われています。
ところがこれは真っ赤なウソ・・・と言うよりプロラボの商売上の都合で決まったことで、自家現像する限り時間で調節すれば、かなり幅があるということです。

以前にも出しましたが、この画像の第一現像は14度という初冬の常温での結果です。
60分かけていますが、プロラボには無理でも自家現像ではやってやれないこともありません。
発色はさすがに30度まで上げていますが、これもさらに下げることが出来そうです。

Crown Graphic Ektar 127/4.7 (provia 100F 4x5 シートフィルム)
第一現像:低温14度 60分 Re 50cc/250cc(old) C.D. : NaOH 1g 追加 30度6分



[2] Re: 現像温度の常識・非常識 通太郎爺さん - 2020/08/27(Thu) 09:32 No.18930  

ヒストグラム
1135 x 900 (360 kB)


これも第一現像は17度、時間は60分、フィルムはブローニーのプロビア100Fですが何の問題もありません。
むしろうまくいっているほうだと思います。

プロラボでは1本の処理に1時間もかけていたのでは商売にならないでしょう。
温度を上げて短時間で処理するのは商売上の苦肉の策なのだと思います。

speed Graphic 6x7ホルダー使用 symmar 100/5.6 (provia 100 F)
第一:papitol 800cc 以前使用した350t混入、全800t 17度60分 
C.D. BAN1Rの使いまわし(old) に(stock)Re50cc 35度6分



[3] Re: 現像温度の常識・非常識 通太郎爺さん - 2020/08/27(Thu) 09:52 No.18931  

ヒストグラム
1569 x 932 (488 kB)


35mmで少し高温42-3度での現像です。このぐらいが限度で、これ以上になると感光幕が溶けて緩くなってきます。
私の実験では第一現像は14度から43度までやって出来ないことはなく、むしろ低温のほうがアマチュアにはやりやすいとさえ思っています。

モノクロもネガカラーもリバーサルも、いろいろとやることをやってしまったので、このサイトのどこかを探していただければどこかに都合の良いやり方があるかと思います。

個展が11月になったのでゆっくり絵でもかくことにします。
ご質問でもあればどうぞ。解ることならお答えします。

気の向くままにボチボチやりますのでよろしく。

Nikon F2 nikkor 50mm/1.4 (fuji velvia 100) KING tank 使用
第一現像:papitol (stock)200t→450cc + KSCN 1cc(0.5g) 43-42d. 7min.
C.D. Re60cc/600cc 35d. 6min.



[4] Re: 現像温度の常識・非常識 T_Matsu - 2020/08/27(Thu) 15:54 No.18932  

>個展が11月になった

今日は。無事開催できると良いですね。



[5] Re: 現像温度の常識・非常識 通太郎爺さん - 2020/08/27(Thu) 16:39 No.18933  

ヒストグラム
1333 x 1000 (177 kB)


Matsuさんこんにちは。さ〜てこのご時世ではどうなることやら・・
耳がほとんど聞こえなくなり会場に出られるかどうかも怪しい状態です。
絵描きとしては目が見える方が有難いので、それだけでも感謝しています。
なったらなったように生きるのが私の流儀なので、この歳になると気楽なもんです。

もし開催できれば、前回同様よろしくお願いいたします。



[18928/18927/18926/18925/18924]  
[10:6] Velvia100 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/08/23(Sun) 09:22 No.18923  

ヒストグラム
1300 x 849 (214 kB)


一本現像した後のpapitol 250ccの内20tを新しい液と入れ替えていますが、少し弱かった感じがします。
中外写真薬品のA、B液を混合したもの250t(数本現像したウナたれ液に30tの新液入れ替え)に発色剤としてCD-3の粉末を使っています。

少ししつこいようなドロっとした発色です。

Nikon F nikkor 50mm/2 24mm/2.8 (Velvia100)papitol 250cc(二本目)20cc 入替 38d.6min.30sec. 発色:CD-3液30cc入替 37d.6min.30sec.



[2] Re: Velvia100 通太郎爺さん - 2020/08/23(Sun) 09:25 No.18924  

ヒストグラム
1300 x 780 (257 kB)


もう少しスッキリしてほしいところですが撮影時の露光が一段ほど低い感じです。



[3] Re: Velvia100 通太郎爺さん - 2020/08/23(Sun) 09:34 No.18925  

ヒストグラム
1300 x 785 (210 kB)


リバーサルフィルムの場合、撮影時の露光から第一現像までは細心の注意が必要だと思います。
露光と第一現像のオーバーは絶対禁物です。

露光は半絞りから一段まで、第一現像も38度〜36度で5分〜6分30秒ぐらいのようです。

思い切った低温と長時間の現像でもできますが常時使うには不便です。



[4] Re: Velvia100 通太郎爺さん - 2020/08/23(Sun) 10:01 No.18926  

ヒストグラム
1300 x 818 (242 kB)


今や銀塩は完全な趣味の世界、手間も時間もかかりすぎリスクが大きいためプロには手が出せない世界となりました。
「インスタ映え」などで騒いでいる芋姉ちゃんの世界ともかけ離れています。

プロラボもほとんど当てに出来ず、自家現像するっきゃない時代に突入したのだと思います。
自家現像が不可能ではないのですから、自分なりの趣味として自分なりの自家現像を確立するために皆様のご協力ご指導をお願いいたします。

1944年の映画 Going My Way「我が道を往く」・・と、かっこよくいきましょうか。



[5] Re: Velvia100 mglss - 2020/08/23(Sun) 16:45 No.18927  

ヒストグラム
1024 x 685 (412 kB)


こんにちは。毎日暑いですね。
この気温では外に出るのも億劫になります。
気温が上る前の早朝に少しずつ撮影し、なんとか1本撮りきりました。

フィルムはEktachrome E100です。
調子に乗ってこのフィルムにもクエン酸添加Papitolを使ったところ、少し青っぽくなりました。
すべてのポジフィルムを同じプロセスで現像できればいいと思ったのですが、そう都合良くはいきませんでした。
クエン酸はVelviaのときだけ添加するのがいいみたいですね。

Asahi Pentax SV, Super Takumar 55mm F1.8, Ektachrome E100.
第一現像: Papitol[stock=150, water=300になるまで] ロダンカリ=0.5g クエン酸=1.6g 38℃ 6.5min.
第二露光: 白色蛍光灯 6.5EV 各面20sec.ずつ。
発色現像: CNL-N1RN[Reprenisher=100, water=300になるまで] 苛性ソーダ10%=5.9ml pH=11.97 38℃ 6min.



[6] Re: Velvia100 通太郎爺さん - 2020/08/23(Sun) 18:52 No.18928  

ヒストグラム
1192 x 900 (275 kB)


こんばんは。朝夕少しはましになりましたが、まだまだ暑いですね。
コロナ以上に熱中症も怖いのでひたすら閉じこもりを実行しています。

18927はとても自然な発色に見えます。
E100は素性の良いフィルムなので自家焙煎もしやすく、発色液のpHさえ落とさなければ無難だと思います。

これはかなり古いテテナール現像液での実験ですが第一現像液はほぼ正常のようですが発色液のpHが落ちているようなので12近くまで上げるために
中外写真薬品のA液とB液の混合液で補強、CD3(フィルム用と言われている)も入れました。

どのフィルムでも標準的に発色できれば良いのですがそうもいかないようです。
プロラボでさえ、まともな発色ができないベルビアが特殊なのでしょうね。
これからはますます色々な変化球に対応しなければならないかもしれませんので、良い知恵があったら貸してください。

クエン酸添加は大助かりです。ありがとうございました。

Zenobia C-1 (kodak E100) tetenal (old)300cc+(new)300cc=600cc 38d.5min.
発色: tetenal(old)300cc+中外AB液(原液2倍濃度)150t+水150t=600t+CD3 4g 37d.5min. 第一現像液古くごみ多し

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)