(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/07/21 05:31:13

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 行けども行けども・・ (1) NEW! 2: ポジ現像失敗 (1) NEW! 3: いずこへ? (1) 4: 常温現像 (4) 5: 35mm ISO400 ネガカラーフィルムの反転現像 (4) 6: 戦時中の遺物? (1) 7: 絵描きモード・スイッチオン (1) 8: 今日は海の日 (1) 9: 絵を描かなきゃ!!!! (5) 10: 短時間現像 (7) 11: タングステン・ネガカラー (1) 12: 古い画像が山ほど・・ (1) 13: ネガポジはほぼ安定 (5) 14: されどアクロス (4) 15: ネガポジに最適 (5) 16: 銀塩雑感 (5) 17: いい加減な実験 (3) 18: Vision3とD76 (4) 19: ポジの低温実験 (4) 20: なぜ4x5? (4)

>>記事一覧 >>画像一覧



[17657/17656/17655/17654/17653]  
[16:5] 銀塩雑感 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/07/03(Wed) 10:35 No.17653  

ヒストグラム
1724 x 850 (361 kB)


空は曇ったり雨だったりで、現像実験のための撮影もままならず、といったところです。
コアな現像の話が続いたので一休みせよという神仏の計らいかもしれません。

ローライコードXbに24コマ撮りのアタッチメントを付けてみました。
ひと昔流行したパノラマ写真のようで面白い感じです。

フィルムはアクロス、D76によるごく普通の現像です。



[2] Re: 銀塩雑感 通太郎爺さん - 2019/07/03(Wed) 10:43 No.17654  

ヒストグラム
1803 x 850 (480 kB)


35mmの上下を切って無理やり作る画像と違って、ブローニーの横幅いっぱいを使うので、画像に余裕がある感じです。

アクロスでのポジ現像は難しいので諦めました。
コダックやイルフォードなど海外のフィルムとは感光膜に塗ってある薬品が違うようです。

他のフィルムも銀の世界的高騰以来、大きく変わっているのも感じますが、富士の変化は劇的だと思います。



[3] Re: 銀塩雑感 通太郎爺さん - 2019/07/03(Wed) 10:53 No.17655  

ヒストグラム
1697 x 850 (308 kB)


必然的に現像のやり方も薬品をはじめ時間や温度など、かなり大幅に変えても結果は大差ないものになってきています。

感光材粒子の製造方法の進化は驚くばかりで、かなりハードな現像をやっても粒状性に変化は見られないようです。
つまり微粒子現像などの必要はなくなったといってもよいと思います。



[4] Re: 銀塩雑感 通太郎爺さん - 2019/07/03(Wed) 10:58 No.17656  

ヒストグラム
1700 x 850 (209 kB)


一口で言えば、粒子の形も大きさも見事にそろって微粒子な上に、互いに干渉されにくい形状であったり、
そのための薬品が混入されていたりするようで、現像液などで微粒子になったりする範囲は限りなくゼロに近いようです。



[5] Re: 銀塩雑感 通太郎爺さん - 2019/07/03(Wed) 11:08 No.17657  

ヒストグラム
1731 x 850 (295 kB)


反転現像すると感光しやすい大きい粒子が第一露光(撮影時)先に感光されて、この大きな粒子でできた画像を漂白で流して、
残った細かい粒子を再度感光させてやるので微粒子感が出る、、、という説があるようですが、安物のフィルム以外には、この条件を満たすフィルムはないようです。

アクロスをはじめとする今どきのブローニーフィルムは最初から微粒子で粒状もそろっていますので、微粒子感がUPするという面では、さほどの効果はないように思います。



[17652/17651/17650]  
[17:3] いい加減な実験 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/07/02(Tue) 06:39 No.17650  

ヒストグラム
1200 x 812 (233 kB)


外は雨ばかりで撮影不能状態。TV画像を使って現像できるのかどうかの実験です。
フィルムはビジョン3です。
パピトールの原液30tを水200tで希釈、アルカリ不足を補うつもりで使いまわしのパピトール液70tを加えて300tとしました。
D-76に似せるためです。

CLE rokkor40mm/2 (vision 3 test)
papitol Re30cc/w 200cc+70cc(old)+KSCN 1cc(0.5g) 27度15分(20分か?)
C.D. 発色剤抜きのAB液にCD3 3g入れたもの200t+水100t 全300t30度8分



[2] Re: いい加減な実験 通太郎爺さん - 2019/07/02(Tue) 06:48 No.17651  

ヒストグラム
1200 x 782 (191 kB)


最初のバッキング処理は第一現像液のアルカリを利用していますので、通常のバッキング処理は無しです。
第一現像終了後、水洗を1分〜2分やってタンクの蓋を開けて濡らした布で水道の水をかけながらふき取りました。
ふき取り時の光さえ注意すれば何とかなりそうなので、今回も脱衣場(洗面台付き)の電気は点灯せず浴室のプラスチックの扉から漏れてくる薄暗い光で2分ほどの間に済ませました。

何とかなりそうです。
第一現像はバッキングが溶け込むような気がするのでワンショットです。
パピトールは安いので30t〜50tなら気になりません。



[3] Re: いい加減な実験 通太郎爺さん - 2019/07/02(Tue) 06:57 No.17652  

ヒストグラム
1200 x 774 (180 kB)


発色液は中外の古い(何年前か不明)液でビニールの袋に入ってABCに分かれていますが、C(おそらくCD4)が劣化して使えません。
これを怪しげなCD3で置き換えました。
天気になったら再度実験してみます。



[17649/17648/17647/17646]  
[18:4] Vision3とD76 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/06/30(Sun) 20:52 No.17646  

ヒストグラム
1300 x 821 (210 kB)


3ピン屋さんの結果を参考にしてD76でやってみました。ところが発色現像液が古くなっていたので発色不良となって仕上がりは失敗です。

しかしD76である程度の感触は得たので次回まともにやってみようと思います。

Vision3の注意点は拭き取りの時の光を極力少なくすることです。
第二露光にあたるものですが、今回は浴室扉を閉めてプラスチック板を通して漏れてくる光でやりました。
更衣室の扉は閉めて電気も消して、外からの光はまったく入ってきません。
手元が薄暗く見える程度で約2分弱でした。バッキングヲ拭き取るため少し時間をかけましたが、第一現像の後の水洗でほとんど落ちたような気もします。

Minolta CLE rokkor 40mm/2 (vision3)
D76 Re50cc/350cc+KSCN 2cc(1g) 28度 30分 
発色:Re120/350(ウナたれ)弱っていて発色不良



[2] Re: Vision3とD76 通太郎爺さん - 2019/06/30(Sun) 20:56 No.17647  

ヒストグラム
1300 x 821 (233 kB)


第一現像の28度は30分静止現像のため室温のままです。
この温度でロダンカリが強すぎたのか画像のエッジがあやふやな感じです。
20分が適当かもしれません。



[3] Re: Vision3とD76 通太郎爺さん - 2019/06/30(Sun) 20:59 No.17648  

ヒストグラム
1300 x 802 (185 kB)


いずれにせよまともな発色ではありません。
天候も今一つなので色の少ない町内では、なおさらみじめです。
発色液の力不足で赤焼けが出ました。



[4] Re: Vision3とD76 通太郎爺さん - 2019/06/30(Sun) 21:00 No.17649  

ヒストグラム
1300 x 788 (327 kB)


葉の赤は出ていますが、影の部分に赤焼けが見えました。ソフトで消せる程度ではありますが・・・



[17643/17642/17641/17640]  
[19:4] ポジの低温実験 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/06/28(Fri) 20:35 No.17640  

ヒストグラム
1256 x 950 (260 kB)


依然やったものですが、リバーサルの第一現像を低温でやったらどうなるかの実験です。
冷蔵庫に入れたままの現像液を温めるのが面倒でそのまま使いました。
時間は40分ほどかけています。発色はさすがに30度まで上げました。カプラーが反応しないと思ったからです。

Crown Graphic Xenar 135mm/4.7 (fuji velvia 100F)
papitol(old) Re50cc +KSCN 2g 18〜25度度 40分
発色:30度5分



[2] Re: ポジの低温実験 通太郎爺さん - 2019/06/28(Fri) 20:41 No.17641  

ヒストグラム
1239 x 950 (704 kB)


これは14度で60分やったものですが、きちんと出ますね。
要するにじっくり薬液を浸みこませてやれば反応するということでしょう。
これも発色は30度で5分やっています。
上と同じくベルビアの4x5を使っています。



[3] Re: ポジの低温実験 通太郎爺さん - 2019/06/28(Fri) 20:53 No.17642  

ヒストグラム
1300 x 743 (212 kB)


逆にこちらは(35mmです)少し高温気味、この温度では時間も長すぎるようです。
エッジも定まらず画像はぼやけてきます。
4x5はベースも頑丈なので大丈夫ですが、35oでは温度が高すぎるとベースもヘナヘナしてきます。

エアコンがあれば年中室温で行けそうですね。

Minolta CLE rokkor 40mm/2 (velvia100-200)
papitol (stock)30cc/125cc 40度5分35秒
発色: Re50cc/600cc 37度6分



[4] Re: ポジの低温実験 通太郎爺さん - 2019/06/28(Fri) 21:57 No.17643  

ヒストグラム
5166 x 3960 (3,242 kB)


17641を取込原寸のまま出してみます。4x5だけに隅々まで色のにじみや崩れもなく安定しています。



[17639/17638/17637/17636]  
[20:4] なぜ4x5? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/06/27(Thu) 06:37 No.17636  

ヒストグラム
1194 x 950 (273 kB)


銀塩写真の原点?の中で爺さんにも扱える最低限の機材が4x5ではないでしょうか。
これ以上になると機材を振り回すのも困難になり、車がないと無理な感じです。

車をやめた私が歩いて持ち運べるギリギリの大きさなので冥途の土産にやってみています。

三行(みゆき)の集落の中に入ってみると、日本の農村集落の原風景が残っているような気がしました。



[2] Re: なぜ4x5? 通太郎爺さん - 2019/06/27(Thu) 06:51 No.17637  

ヒストグラム
1233 x 950 (233 kB)


現像は回転現像で使いやすいJOBO(ヨーボ?又はジョボ?Made in Gemany)です。
4x5でも最低250t〜300tでできます。2分程度なら回転し続けてもさほど苦にはなりません。


集落の中を抜けている道も、突然のように折れ曲がり、一見行き止まりのように見えたりします。



[3] Re: なぜ4x5? 通太郎爺さん - 2019/06/27(Thu) 06:58 No.17638  

ヒストグラム
1233 x 950 (240 kB)


短時間現像がOKになったのでもう少し4x5をやってみるつもりです。

本通りから少し中へ入ろうとすると、いきなり個人の家の庭先に出てしまったりします。
たとえ車で来たとしても、道が狭く路上駐車はできません。
結局、歩くしかないと思います。



[4] Re: なぜ4x5? 通太郎爺さん - 2019/06/27(Thu) 07:04 No.17639  

ヒストグラム
1233 x 950 (275 kB)


里山に囲まれた静かな集落は日本の山村の原風景だと思います。
のんびり4x5で撮るのが似合っているのかもしれませんね。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)