(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/02/19 20:32:46

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: ネガポジの条件 (4) NEW! 2: 第一現像の影響 (7) NEW! 3: 特別な反転操作なし (12) 4: 反転現像という言葉は無い (2) 5: お気に入りのTRIX 400 (3) 6: 反転液のこと (1) 7: 反転液の薬 (3) 8: ネガポジ現像 (5) 9: モノクロポジで反転液の失敗 (6) 10: エクタ100とリコーフレックス (4) 11: エクタクローム自家現像 U (7) 12: エクタクロームの自家現像 (5) 13: バッキングの外し方 (4) 14: 映画用ネガカラー (3) 15: 基本はネガカラー? (5) 16: たまにはモノクロ (4) 17: リバーサル自家現像は簡単 (5) 18: ネガポジ現像と反転液 (6) 19: ネガポジ現像と反転液 (4) 20: やはりベルビア (5)

>>記事一覧 >>画像一覧



[18242/18241/18240/18239]  
[16:4] たまにはモノクロ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/01/19(Sun) 22:02 No.18239  

ヒストグラム
925 x 900 (218 kB)


ヤフオクで落札した中にオマケで隙間に詰め込んであったカメラが数台あります。
金属ゴミに出す前に、面白半分で使うことがありますが、ジャンクはジャンクでそれ以上でも以下でもありません。

ここで使ったマミヤ6オートマットも機能的には一応オートマットなのですが、シャッターチャージとフィルムの送りが一致せず、画像が重なってしまいます。
巻き上げがシャッターチャージで止まってしまうので後ろの赤窓も役立たず、チャージ機能を全部ぶっ壊して使いました。

Mamiya 6 auotomat Olympus zuiko 75/3.5 (T-Max100)
papitol(stock)30cc→180cc 32度3分



[2] Re: たまにはモノクロ 通太郎爺さん - 2020/01/19(Sun) 22:11 No.18240  

ヒストグラム
901 x 900 (169 kB)


ズイコーは常識通り曇って白内障でしたが、レジン系のお薬でやっと目を覚ましたようです。

フィルム巻き上げはもちろん赤窓読み取りです。
フィルムや裏紙の厚みが当時のものとは違うので仕方ないところはありますが、なけなしの技術でオートマットなんかやるとこうなるという典型みたいなもんです。
フィルムの重なりは無くなりましたので普通に使えます。
オートマットならぬ「オットマッテ」にも困ったもんですね



[3] Re: たまにはモノクロ 通太郎爺さん - 2020/01/19(Sun) 22:14 No.18241  

ヒストグラム
906 x 900 (296 kB)


パピトールの希釈液での短時間現像ですが、これといった欠点も出ていないようです。
銀の薄い最近のフィルムには便利に使えます。



[4] Re: たまにはモノクロ 通太郎爺さん - 2020/01/19(Sun) 22:21 No.18242  

ヒストグラム
909 x 900 (215 kB)


T-Maxは出た当初D76での現像がうまくいかず、あわててT-Maxデベロッパーなど出したようですが、定着の抜けも悪く困ったフィルムだったと思います。
かなり改良されて良くなった感じがしますが「その他おおぜい」になってしまったような気もします。



[18238/18237/18236/18235/18234]  
[17:5] リバーサル自家現像は簡単 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/01/18(Sat) 20:27 No.18234  

ヒストグラム
1138 x 900 (311 kB)


リバーサルの自家現像はハードルが高いと思われがちですが、要点さえ押さえればさほどのことはないと思います。

ネガカラー用の発色現像液はオリエンタルや中外写真薬品、ビックカメラではコダックもペーパー用?とかで売っています。
ペーパー用も苛性ソーダや炭酸ナトリウムその他のアルカリ剤で補強してやればフィルムにも使えます。

リバーサルカラーにはネガカラーにはない発色の派手さがあって魅力的です。

パピトールとネガ用発色剤さえあれば何とかできますので是非お試しください。

Ricohflex Z (velvia 100)
papitol 130t(指定濃度)+KSCN 0.5g 36-8d. 3min.30sec.
第一現像ストップ後 タンクから出してスポンジで軽く挟んで拭き取る。60w程度のLED電球から50-60センチ離れている。
発色 中外AB液130t+炭酸K 2g CD4 1.2g(pH9.2-3)35-8d.3min.30sec.



[2] Re: リバーサル自家現像は簡単 通太郎爺さん - 2020/01/18(Sat) 20:34 No.18235  

ヒストグラム
1327 x 900 (283 kB)


自家現像とは、あくまでもアマチュアの遊びであって不特定多数のお客を相手にするようなプロラボでの話ではありません。
発色に少々の難点があっても、そのうち何とかなるだろう・・と腹をくくってやってみることだと思います。

自転車と同じで自分で練習してみないといつまでたっても乗れません。慣れなのです。



[3] Re: リバーサル自家現像は簡単 通太郎爺さん - 2020/01/18(Sat) 20:42 No.18236  

ヒストグラム
1174 x 900 (574 kB)


ポジカラー独特の発色があるのでそれなりに楽しめます。
フィルムが高価だという人もいますが、価値観の違いに過ぎないと思います。
若い頃から酒は体質的に合わないのでその方面の付き合いはゼロ。タバコは子供達が小さい頃、害が及ぶといわれてやめたまま、死ぬまでたっぷり時間があるので急ぐこともなく車もやめて久しいです。
これらをまとめればフィルムなんて安いものです。

老人の特権みたいなものなので大いに楽しませていただいております。(お許しを)



[4] Re: リバーサル自家現像は簡単 通太郎爺さん - 2020/01/18(Sat) 20:50 No.18237  

ヒストグラム
1201 x 900 (229 kB)


フィルムを消化しないことには現像ができません。
その為には歩くのが一番、せめて三輪自転車でしょう。
健康のためのウォーキングなどという勿体ない時間は、残り少ない私のやることではないと思っていますので手ぶらで歩くことなどありません。

とにかく歩きますね〜。独りで出来て年寄りにはもってこいの趣味だと思っています。



[5] Re: リバーサル自家現像は簡単 通太郎爺さん - 2020/01/18(Sat) 21:00 No.18238  

ヒストグラム
1300 x 862 (172 kB)


現像の最中に脳卒中でも起こしてバタンキュウ〜かもしれませんね。
「死んでもタンクを離しませんでした」な〜んちゃって、それもいいでしょう。

それまでに自家現像のレシピをあれこれ残しておきますので参考にしてください。
80歳も過ぎた今、写真(現像を含む)は趣味として長く続けられることだけは証明できているような気もします。



[18233/18232/18231/18230/18229]  
[18:6] ネガポジ現像と反転液 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/01/17(Fri) 18:45 No.18228  

ヒストグラム
1300 x 870 (273 kB)


反転浴の時間を少し長めに5分としてみましたが、それが原因かどうかは分かりませんが、発色がよくありません。

agfa super solinette agfa solinar 50mm/3.5 (vision3)
papitol 120cc+KSCN 0.75g 36-7度 3分30秒
反転処理5分 
発色 中外AB液140t+CD-4 1.1g+炭酸K 6g+NaOH 1g(pH 11.1現像後10.6)37度3分30秒 
漂白4分 定着(ミニラボ用4本目4分)



[2] Re: ネガポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2020/01/17(Fri) 18:49 No.18229  

ヒストグラム
1300 x 848 (216 kB)


晴れたり曇ったりで思うような光の状態ではなかったのも一因かもしれません。
酸性の強い反転液を水洗せずに発色現像液に入れるのでpHがガクンと下がります。
炭酸カリウムと苛性ソーダで11.1ぐらいまでしましたが発色現像が終わった時点では10.6まで下がっていました。



[3] Re: ネガポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2020/01/17(Fri) 18:55 No.18230  

ヒストグラム
1300 x 850 (246 kB)


ポジ特有の発色ではありません。クスミがあって濁った感じです。

反転液は薬品も厄介なので、薬が余っているならまだしも、アマチュアの場合は第二露光がおすすめです。
自分のフィルムしかやらないし、第二露光の条件も自分用に一定することができます。

不特定多数を相手にするわけではないので第二露光にしても自分独自のやり方で全く問題ないわけです。



[4] Re: ネガポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2020/01/17(Fri) 18:58 No.18231  

ヒストグラム
1300 x 882 (212 kB)


ビジョン3での反転浴テストですが、そのうちに富士の記録用でもやってみます。



[5] Re: ネガポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2020/01/17(Fri) 19:06 No.18232  

ヒストグラム
1300 x 874 (251 kB)


ネガカラーのベースの色が何とかならないかとやってみましたが、無色透明にはほど遠いですね。



[6] Re: ネガポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2020/01/17(Fri) 19:09 No.18233  

ヒストグラム
1300 x 890 (269 kB)


E-6で処方したアグファのデジベース(「実用・カラー現像研究室」のコーナー185にあります)がよく似た感じで他のリバーサルに比べて発色が少々鈍いようです。
ネガポジを正真正銘のリバーサルと比較するのは酷というものですが・・

気長にいろいろやってみます。



[18227/18226/18225/18224]  
[19:4] ネガポジ現像と反転液 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/01/16(Thu) 20:48 No.18224  

ヒストグラム
1300 x 852 (338 kB)


ネガポジ現像やポジ現像で気になっていたのですが、第二露光の光源の色をフィルムが拾ってしまうような気がします。
リバーサルフィルムでは昼光色の光源なら問題ないように思いますが、ネガの場合は・・・何んとなく変な感じです。

気のせいかもしれませんがVision3で特に気になります。

で〜〜〜、久しぶりに反転液を作ってこれで反転させてみました。
つまり第二露光はせず、薬品でカブらせるやり方で、E-6の処方ではこれが常識です。

結果ですが、ネガポジでは今まで見たことがないような発色をしました。

Nikon F2 Vison3使用



[2] Re: ネガポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2020/01/16(Thu) 20:55 No.18225  

ヒストグラム
1300 x 838 (339 kB)


フィルムそのものはピンクっぽいマゼンタ被りですが、ポジフィルムのように補正一発でポジフィルムかと思われるような発色にも見えます。

マゼンタかぶりは反転液(酸性)から水洗なしで発色液に入れなければならないので発色液のpHが極端に下がったのかもしれません。



[3] Re: ネガポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2020/01/16(Thu) 21:10 No.18226  

ヒストグラム
1300 x 858 (236 kB)


とりあえずのテストなので正確なことは不明ですが、一般の風景もやってみます。

自動現像機の中でフィルムを送っていく場合、光を当てて反転露光するほうが作業的には楽だと思うのですが、コダックが、わざわざ厄介な薬品での反転にしたのか、少し理解できるような気がしました。

私が教えてもらった反転液のレシピを書いておきます。

全体で500tの場合です。
無水亜硫酸ナトリウム   10g
EDTA2Na         5g
酢酸ナトリウム      5g
富士酢酸         10t
塩化第一錫(スズ)    2g

これらの薬品はかなり以前に買い込んだものですが、20年以上たっても使えますね〜。
ネットでも買えますし、薬屋となじみになれば試薬として取り寄せてもらえます。

パピトールによる第一現像後、水洗でストップ(バッキングの黒い液体が出ます。)
終わったらタンクは開けずに反転液を注入。3〜4分(30度内外)水洗せずに発色現像液を入れる。漂白定着は今まで通り。



[4] Re: ネガポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2020/01/16(Thu) 21:19 No.18227  

ヒストグラム
1300 x 870 (282 kB)


第二露光では電球の劣化による色の変化とか、薬品の飛び散る機械の中での光源の安定性(断線、停電など)が保てなかったのではないでしょうか。

薬品の安定性を保つ方がはるかに楽だということかもしれません。
とりあえず薬が沢山残っているので終活を兼ねて使っていきます。



[18223/18222/18221/18220/18219]  
[20:5] やはりベルビア 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/01/16(Thu) 06:17 No.18219  

ヒストグラム
1188 x 900 (349 kB)


この町は、何事も真宗高田派の本山を中心に回っています。
1月9日から7日間の「御七夜」が終わらないとこの街に正月はやってこない感じです。
昔ながらの「村祭り」の雰囲気が残っています。

リコーフレックスのミリオンに16枚撮りアダプター使用ですが、シャッタースピード1/50の試し撮りをしたため少しオーバー気味で画像が薄くなりました。


Ricohflex MILLION (velvia)
papitol 120cc+KSCN 1cc(0.5g) 37-8d. 3min.30sec.
拭取り後 発色現像 中外A、B液を混合したもの150t+NaOH 3.4g(pH10.7) CD3 1g 35-8d. 3min.30sec.
漂白定着共に3分-4分 画像薄い、露光オーバー 全行程タンク回転



[2] Re: やはりベルビア 通太郎爺さん - 2020/01/16(Thu) 06:26 No.18220  

ヒストグラム
1208 x 900 (336 kB)


毎年同じような露店にも見えますが、少しずつ変化しています。
年々、脂っこい物が増えているようで、生き物や油をほとんど食べない私は、匂いだけで満腹になりそうです。

リコーフレックスもミリオンあたりになるとレンズもしっかりしてきますしシャッターも1/300まであります。



[3] Re: やはりベルビア 通太郎爺さん - 2020/01/16(Thu) 06:32 No.18221  

ヒストグラム
1204 x 900 (303 kB)


成人の日が第二日曜とかになったので16日までの祭りの中に入るようになり、今年も連休にはかなりの人出でした。
少し前の日に行くと露店も準備中が多く、混雑もないので1/50のテストにはよい環境です。



[4] Re: やはりベルビア 通太郎爺さん - 2020/01/16(Thu) 06:44 No.18222  

ヒストグラム
1180 x 900 (268 kB)


この時代のリコーフレックスはシャッタースピードの基本が1/50で1/100以上は動くものを止めるためのもので手振れの防止ではありませんでした。
フィルムの感度が普通はASA50となっていても実際には25程度しかないものが多くカラーは25が精いっぱいだったので高速シャッターの意味が無かったと思います。

今ではASA100が当たり前、1/50にすると16まで絞っても少々オーバーになります。



[5] Re: やはりベルビア 通太郎爺さん - 2020/01/16(Thu) 07:02 No.18223  

ヒストグラム
1227 x 900 (322 kB)


数十年前、カラー現像をやろうとすると薬品を集めるのに大苦労したものです。
今はネットでほとんどのものが簡単に入手できるので自家現像がやりやすくなりました。
とは言うものの、すでにたいていの薬が手元にあるので恩恵に浴することは少ないですが・・

CD4やCD3なども以前はヨドバシカメラでも売っていましたが、今はミニラボ用のカラー現像液の市販品が豊富にあります。
良い時代になったと感じます。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)