(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2018/09/24 11:11:38

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: ネガポジのモノクロは無理か (5) NEW! 2: これが廉価版? (5) 3: マミヤ T型 (7) 4: ウナタレでホイ! (6) 5: 現像液を作りました (7) 6: Macchann式で (5) 7: 現像液がおかしい?? (4) 8: 第一現像オーバー?? (4) 9: しつこくネガポジですが (7) 10: マミヤ6を使ってみる (10) 11: ネガカラーに思うこと (4) 12: 第一現像について (8) 13: もう、終わったみたいです。 (8) 14: フィルムによるネガポジの差 (5) 15: 第一現像のロダンカリが弱いと・・ (11) 16: ILFORD FP FP-4 125 (5) 17: Koniflexのピンボケ (10) 18: カロフレックス再び (6) 19: モノクロームの様な・・・ (6) 20: 第一現像・命 (7)

>>記事一覧 >>画像一覧



[16301/16300/16299/16298/16297]  
[16:5] ILFORD FP FP-4 125 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/08/30(Thu) 18:23 No.16297  

ヒストグラム
1300 x 870 (236 kB)


イルフォードのモノクロフィルムですが100フィートの長巻が少なくなっていく中で今も現役です。
以前と違って、単体の36枚撮りとの値段の差はごく僅かなので、魅力はありません。

まだ安かった頃のものが残っているので時々使っています。

調子は大変良く、微粒子でネットリしたコントラストが好きなフィルムです。
D76の3倍希釈現像、22度15分



[2] Re: ILFORD FP FP-4 125 通太郎爺さん - 2018/08/30(Thu) 18:32 No.16298  

ヒストグラム
1300 x 791 (298 kB)


100フィート巻きから切り取るのも面倒だし器具も手に入りにくくなっているので、数箱あるのがなくなり次第購入することはないと思います。

その昔、貧乏学生の頃はもっぱら長巻からの切りおろしばかりでした。
なにしろパトローネに入ったものの半分以下の値段でしたから・・・



[3] Re: ILFORD FP FP-4 125 通太郎爺さん - 2018/08/30(Thu) 18:39 No.16299  

ヒストグラム
1300 x 808 (177 kB)


本山茶所の茶釜ですが、金属の描写も素直でよいと思います。



[4] Re: ILFORD FP FP-4 125 通太郎爺さん - 2018/08/30(Thu) 18:54 No.16300  

ヒストグラム
1300 x 788 (113 kB)


パトローネや紙箱なども不要な100フィート巻きの値段が、なぜこんなに高いのか理解不能な私であります。

昔は立派な缶の中に黒い紙に包まれたいたものが、紙の箱になったようです。
いずれ無くなっていくんでしょうね。



[5] Re: ILFORD FP FP-4 125 通太郎爺さん - 2018/08/30(Thu) 19:06 No.16301  

ヒストグラム
1200 x 837 (149 kB)


その内に空箱がお宝になったりして???



[16296/16295/16294/16293/16292]  
[17:10] Koniflexのピンボケ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/08/28(Tue) 19:35 No.16287  

ヒストグラム
764 x 850 (185 kB)


コニカ(コニカミノルタ)は戦前からパーレットをはじめとする名機を出していましたが、二眼レフはコニフレックスが最初で最後でした。
T型と改良型のUがたが出たのみで、T型が1952年、U型が1955年だそうです。

私の持っているのは後期型のものでボデー内に、かなり丁寧な反射防止壁が取りつけられています。

レンズが85oと一般の80mmや75mmより長めですが、ボデーの大きくなるのを防ぐために繰出しが二段階になっていて、前板が∞位置からもう一段引き込まれて収納されます。
撮影可能位置にクリックがあって、ここが∞、これ以内にレンズがあるときはシャッターが作動しません。

ちょっと変わり種ですが、ボデーの頑健さに技術がついて行っていないような気がします。



[2] Re: Koniflexのピンボケ 通太郎爺さん - 2018/08/28(Tue) 19:39 No.16288  

ヒストグラム
947 x 900 (293 kB)


二段構えのレンズ引き出し機構だけでなくプレッシャープレートの圧やフィルムガイドの作り方などの難点があるらしく、何枚撮っても全部ピンボケでした。
6x6で拡大率が小さいために一見キレイですが・・・



[3] Re: Koniflexのピンボケ 通太郎爺さん - 2018/08/28(Tue) 19:42 No.16289  

ヒストグラム
1102 x 900 (310 kB)


中心部を拡大するとボケボケ・・・
ヘキサノンがこんな描写でないことは経験上よく分かっています。



[4] Re: Koniflexのピンボケ 通太郎爺さん - 2018/08/28(Tue) 19:54 No.16290  

ヒストグラム
1151 x 850 (223 kB)


ピンと位置を色々変えて写しましたがよい結果は得られません。
どうも機械的な欠陥があるようです。

フィルムカウンターに連動する1のローラーには両端に細かいギザギザの付いた歯車状のものがあり、これが裏紙に接触します。
接触を確かにするために3のローラーが1の至近距離で裏紙を押さえます。
2のローラーは巻取り側で、これも巻取りのリールのすぐ前でフィルム側のローラーから巻き取られてくるフィルムの裏紙を抑えています。

一見よく出来ているようですが、いくつものローラーで抑えられたフィル
ムの逃げ場が無くなり、撮影ボックスの中で前側に膨らんでしまうようです。



[5] Re: Koniflexのピンボケ 通太郎爺さん - 2018/08/28(Tue) 20:09 No.16291  

ヒストグラム
2936 x 2128 (708 kB)


手前の木に合わせたつもり(ピンとグラスで)でも奥のカーテンあたりにピンが来ています。
ピントグラスとフィルム面とはすりガラスでの調整でもぴったりですのでフィルムのふくらみかと思います。

今のフィルムはこの当時のものと違って柔らかいのです。剛性が少なくフニャフニャしています。

ブローニーフィルムの欠点を補うために裏紙のない220フィルムが出たのですが、プロたちから長すぎると悪評が出て売れ行きはいまいちです。

ブローニーの場合、巻き上げて5分もたつと膨らみが始まります。プロのように瞬く間に撮ってしまわないとうまくいきません。

マミヤのC型やミノルタオートコードのように撮影前のフィルムをボデー内で真っすぐ引っ張る
(ミノルタは上から下へ送るために曲がりの少ないフィルムが撮影ボックスに入る)ような構造が良いのですが、曲げて通すようなカメラはローライであれ何であれ同じ欠陥を持っています。
巻いたら一気に撮る、フィルムを入れたら一気に撮ってしまうのがコツのようです。



[6] Re: Koniflexのピンボケ 通太郎爺さん - 2018/08/28(Tue) 20:22 No.16292  

ヒストグラム
791 x 850 (188 kB)


ミノルタオートコードやマミヤCなど比較的高価でありながらプロにも愛用されてシリーズ化するのもフィルムの平面性の問題があるような気がします。

純アマチュア路線を行ったヤシカやリコーはフィルムが未発達の時代にその大きさでピントがよく見えて、それはそれで意味アリだったのでしょう。

値段と性能の面で長続きしたカメラ、短命だったカメラ、それぞれに市場の洗礼を受けた歴史が見えて面白いですね。



[7] Re: Koniflexのピンボケ M.Tanaka - 2018/08/28(Tue) 23:52 No.16293  

ブロニーにしろ35mmにしろフィルムで写真を撮る機械の最大の難点はフィルムの平面性の保持でしょう。
どんなに立派なレンズを作ってもフィルムの平面性の保証がない限り意味がありません。35mm一眼レフのコンタックスはバキュウム方式を取り入れましたが構造が複雑に過ぎて価格と利便性に問題がありました。
ブロニーフィルは結局最後までこの平面性確保という課題を解決できませんでした。ハッセルとブロニカとマミヤCシリーズくらいが辛うじて合格?というところでしょうか。
蛇腹式カメラなどはひどいもので、ツアイスの6x9などは一枚ごとにピントが異なり、ついに同じシーンを3枚ほど撮って糊塗していました。
コニフレックスのご苦労は身にしみて感じています。
ナンマイダ、ナンマイダ!



[8] Re: Koniflexのピンボケ 通太郎爺さん - 2018/08/29(Wed) 09:16 No.16294  

Tanakaさんお早うございます。
フィルムの平面性で言えばガラス乾板が一番、生フィルムを裸のまま使う35oがそれに次ぐものでしょう。
蛇腹カメラは蛇腹を開いてから巻き上げないと蛇腹を開くときの吸引減圧でフィルムが波打つぐらいです。

全く平面なのがデジカメ、解像力も私の持っているSDクワトロでさえ4x5に匹敵する能力があります。
CCDに付着するゴミの厄介以外に問題なさそうなので、性能だけを追求するならデジカメが一番でしょう。

私にとっては遊びとしての写真なので、フィルムの癖や現像の面白さもさることながら、カメラのカッコよさなどムードそのものが遊びです。
画像のボヤケ具合も愛嬌のうちかもしれません。

クラカメはまさにクラシックカーの世界に似ています。性能よりカッコよさが問題、仕事や買い物のために乗るのではなく、単純に乗って走ることに満足感があるのでしょう。
クラカメも同じだと思っています。フィルムで撮ることが面白くかっこいいと思っているのでボケカメラなりの使い方を研究してやろうと思っています。

無駄なフィルムはナンマイダ〜、ナンマイダ〜。



[9] Re: Koniflexのピンボケ M.Tanaka - 2018/08/29(Wed) 10:22 No.16295  

クラッシックカーの例え、非常に気に入りました。まさにその通りだと思います。
一度でよいからガラス乾板を使ってみたい!



[10] Re: Koniflexのピンボケ 通太郎爺さん - 2018/08/29(Wed) 10:54 No.16296  

>一度でよいからガラス乾板を使ってみたい!

思いは同じです。自作もできるとは聞いたのですが、ガラスはさておき薬剤のことなどハードルが高すぎます。
昔、皿に塗って感光させる薬品がありましたが、今もあるのでしょうか。
ここまでやれればフォードT型の世界でしょう。



[16286/16285/16284/16283/16282]  
[18:6] カロフレックス再び 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/08/26(Sun) 21:16 No.16281  

ヒストグラム
927 x 900 (257 kB)


以前にこのBBSでとり上げたカロフレックスのProminarというレンズです。
東大でのテストの結果がテッサーより優秀とのことで有名になりましたが、なるほどとうなづけるものがあります。

平面的なもののテストによく使う山門ですが、きびきびした描写は文句なしにきれいです。

フィルムはアクロス、現像はD76のウナタレです。



[2] Re: カロフレックス再び 通太郎爺さん - 2018/08/26(Sun) 21:19 No.16282  

ヒストグラム
1350 x 1170 (512 kB)


全紙大の中心部ですが、ハトよけに張ってある網目の描写も余裕です。



[3] Re: カロフレックス再び 通太郎爺さん - 2018/08/26(Sun) 21:21 No.16283  

ヒストグラム
864 x 900 (196 kB)


硬いと言えなくもないですが、きびきびした描写はなるほど威張るだけのことはあるな・・といった感じです。



[4] Re: カロフレックス再び 通太郎爺さん - 2018/08/26(Sun) 21:27 No.16284  

ヒストグラム
826 x 850 (257 kB)


カメラの作りも頭の良い人が考えたものらしく、ローライフレックスのように手が三本ほしいもどかしさはありません。

巻き上げレバーとピントノブが同軸になっていて右手だけで操作が完結します。
これが出来なかったローライは情けない!



[5] Re: カロフレックス再び 通太郎爺さん - 2018/08/26(Sun) 21:32 No.16285  

ヒストグラム
930 x 900 (153 kB)


フレアが目立たないので、逆光気味の画面でも背景の明るすぎる空を同時に写し込んでも大丈夫。



[6] Re: カロフレックス再び 通太郎爺さん - 2018/08/26(Sun) 21:38 No.16286  

ヒストグラム
924 x 900 (239 kB)


ファインダーグラスも真ん中がレンズ状に盛り上がっていて見やすくなっています。
ボデーのダイキャストが頑丈で少々重いのが気になりますが、
それ以外にあまり文句のつけようのないカメラは珍しいと思います。



[16280/16279/16278/16277/16276]  
[19:6] モノクロームの様な・・・ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/08/25(Sat) 13:35 No.16275  

ヒストグラム
895 x 900 (241 kB)


わが町には目立った色はほとんどありません。
モノクロームに近い感じの色合いばかりですが、本来の日本の色とも言えるのではないでしょうか。

Mamiya C330 105mm/3.5 (velvia50 220フィルム 2004.3 期限切) キング・ベルト式使用 papitol 800cc+KSCN(0.25g/1cc液)4〜5cc 37度6分30秒 少し長めか? 
C.D. BAN-1R 600cc(スターター入り・新)



[2] Re: モノクロームの様な・・・ 通太郎爺さん - 2018/08/25(Sat) 13:41 No.16276  

ヒストグラム
862 x 900 (186 kB)


期限切れですが、220フィルムなのでキングのベルト式タンクを使いました。少し厄介です。

色がなければモノクロでよいかと言えば、そうではなくモノクロでは出ない色がはっきりと見えてきます。
色のない風景など無いということでしょう。モノクロでの表現とは別のものが見えてきます。



[3] Re: モノクロームの様な・・・ 通太郎爺さん - 2018/08/25(Sat) 13:43 No.16277  

ヒストグラム
888 x 900 (183 kB)


日常の中で、忘れているような色が逆に見えてくるような気がします。



[4] Re: モノクロームの様な・・・ 通太郎爺さん - 2018/08/25(Sat) 13:45 No.16278  

ヒストグラム
912 x 900 (164 kB)


それにしても・・渋いですね〜。



[5] Re: モノクロームの様な・・・ M.Tanaka - 2018/08/25(Sat) 16:46 No.16279  

220のベルビアとは、何とノスタルジックな響きでしょう。未だ220フィルムは作っているんでしょうか?

高田幼稚園の看板のかかった黒門の風景は、ベルビアにしては、渋い感じで、なかなかシックです。現像にキングのベルト式を使われたとか、ご苦労様です!


マミヤの105mmは良いですなァ。



[6] Re: モノクロームの様な・・・ 通太郎爺さん - 2018/08/25(Sat) 20:08 No.16280  

ヒストグラム
958 x 900 (212 kB)


Tanakaさん今晩は。
220フィルムは今や風前の灯火、私の知る限りではベルビアの100があるのみです。
一般的な現像タンクではだめで、キングの大型のタンクで、しかもベルトも長いやつです。
リバーサルをやるには極めて厄介、このフィルムも大幅に期限切れなので仕方なくフィルムを消化するための現像です。

期限切れとはいえ、よくもまあ色が出るもんですね〜。
道の黄色いのは観光用?だとかで寺内町がこの色になっています。発色の失敗かと間違われそうで困ったものです。



[16274/16273/16272/16271/16270]  
[20:7] 第一現像・命 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/08/23(Thu) 13:44 No.16268  

ヒストグラム
909 x 900 (197 kB)


はびこり過ぎて困る外来種のランタナ、赤は珍しいようですが・・

リバーサル現像では第一現像こそ本命で、これが少しでも狂うと発色に大きく影響します。
今回は、少し弱めの現像液だったので素直な発色ができていない感じです。

Rolleiflex 3.5E xenotar 75mm/3.5 (velvia100)
papitol (stock)100cc/250cc(昨日の液(KSCN入り)+(old)全500t+KSCN 0.5g 38d. 6min.30sec.
C.D. old 500cc+CD-4(粉末) 2g NaOH 3g 34d.6min. pH10.1



[2] Re: 第一現像・命 通太郎爺さん - 2018/08/23(Thu) 13:51 No.16269  

ヒストグラム
896 x 900 (268 kB)


パピトールの保存液100tと前夜一回使用した250t(ロダンカリ添加あり)を混ぜて350tとして、さらに残っていた使用済みのパピトール液を混ぜて500tとしました。
ここにロダンカリ0.5gを新しくくわえて第一現像です。
時間は6分30秒、温度は38度です。

発色は何度も使っている液にCD−4の粉末2g添加アルカリ度を上げるためにNaOHを3g pH10.1で34度6分です。



[3] Re: 第一現像・命 通太郎爺さん - 2018/08/23(Thu) 13:53 No.16270  

ヒストグラム
896 x 900 (171 kB)


感じとして第一現像が不足ですが、ポジ現像ではウナタレがむつかしいと思います。



[4] Re: 第一現像・命 通太郎爺さん - 2018/08/23(Thu) 13:57 No.16271  

ヒストグラム
968 x 900 (287 kB)


植木等の歌のように「その内なんとかなぁ〜るだろぉ〜〜!」とはいかないのがポジ現像、、、残念。



[5] Re: 第一現像・命 通太郎爺さん - 2018/08/23(Thu) 14:04 No.16272  

ヒストグラム
894 x 900 (260 kB)


液の能力のわずかな違いで変わってくるのが簡易現像の弱点かもしれませんが、もともとE−6を調合したり、
ラボに出したりするより、はるかに安いので、やはりワンショットがお勧めです。



[6] Re: 第一現像・命 threepinner - 2018/08/23(Thu) 15:48 No.16273   HomePage

ヒストグラム
1273 x 1600 (436 kB)


>ポジ現像ではウナタレがむつかしい
わかっちゃいるけどやめられない、のが忙しい現役世代なのです。第一現像も第二現像も、
ネガポジと共通でないととても時間がありません。同じ液でウナタレでやっています。
現像のたびに水酸化ナトリウムをばらまいて奥方に叱られるわけにもいきません。

添付はご近所のおばさんが、ユリが咲いたから撮りにおいでと電話くれたもの、フジカ
GF670(蛇腹)、RDP3、コレクトール・ウナタレ+ロダンカリ0.3g/500ml、37℃10分、第二
現像はBAN1ウナタレ、です。このようにきちんと成功するのはたしかに半分ぐらいです。

おおきい画像はホームページをクリックすると出るはずです。 7954x10000画素相当で
載せています。



[7] Re: 第一現像・命 通太郎爺さん - 2018/08/23(Thu) 21:28 No.16274  

ヒストグラム
912 x 900 (182 kB)


16273 わぉ! これは奇麗ですね〜。

アマチュアの我々としては、要するにきれいに仕上がれば途中はどうでも良いわけで
ウナタレでうまくいけばエコでもあるし最高、最高、言うことなしです。

ある程度経験すると、何となくこの場合はこのぐらいかなとか、ま、これでいけるだろう・・とか妙な勘が働くようになりますね。
自転車に乗るのと同じで、最初はハンドルもってペダルをこいで、、と真剣そのものですがそのうち慣れてくるとハンドルもペダルも気にもならなくなるのと同じでしょう。
何度も失敗している内に身についてくるもののようですが、ダメだ二輪で立つわけがないと途中で諦めずにやってみることが一番だと思います。

threepinnerさんも、コツを呑み込んだのでしょうね、うまいもんです。

なお、本日は台風接近とやらで何となく不気味、雷のような音を聞いてはパソコン切ったりしています。
クワバラ、クワバラ。

蓮の種でしょうか、宇宙人がマントをひるがえしてケケケと笑っているような感じです。
データ16268に同じ。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)