(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2018/11/18 17:17:27

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 失敗? 失態? (7) NEW! 2: 平均測光の弱点? (6) 3: 時短現像の温度限界 (6) 4: ブローニーのネガポジ (4) 5: リバーサル増感 PROVIA (6) 6: ド 派手ネガカラー続き (6) 7: 時短現像 (7) 8: フィルムの透明度 (5) 9: 反転液??を使ってみる (5) 10: 時短現像では?? (6) 11: 適正感度が難しいネガポジ (5) 12: ネガポジ現像、私的まとめ (6) 13: 富士160NSのネガポジ完成? (6) 14: 富士記録用100はほぼ完成か (6) 15: ブローニー失敗 (13) 16: たまには普通のリバーサル (5) 17: 露光オーバー大失敗 (8) 18: やはり安全第一 (5) 19: 低温で15分 (4) 20: 第一現像の低温 (5)

>>記事一覧 >>画像一覧



[16574/16573/16572/16571]  
[21:4] 雲り、夕方、難しい 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/27(Sat) 08:17 No.16571  

ヒストグラム
1300 x 828 (200 kB)


銀塩フィルムの場合、カラーフィルムを使えばそのままカラーで写ると思ったら大間違い。
目で見た感じと大違いなことがほとんどでガックリすることもしばしばです。
人間の目の補正機能がいかに優秀なものかに気づかされます。

曇り日の夕暮れはいろいろな色が夫々入り混じるせいか、発色が難しいと感じます。

Nikon F2 (fuji G100を300で使用)
papitol (原液80ccを250ccに希釈) KSCN 0.75g(少し多め) 33d.3min.
C.D.(CD3で作った液)50cc入替480tこの内250tを使用 35d.5min.(少し時間が長いかも)



[2] Re: 雲り、夕方、難しい 通太郎爺さん - 2018/10/27(Sat) 08:23 No.16572  

ヒストグラム
1300 x 830 (193 kB)


高価なリバーサルフィルムなら、こんな条件では撮りませんが、安価な業務用フィルムでのポジ撮影ともなると気分も大らかになってホイホイと撮りまくります。

薄暗い木の陰にあるタイワンホトトギスですが何とか、それらしい色で写りました。



[3] Re: 雲り、夕方、難しい 通太郎爺さん - 2018/10/27(Sat) 08:38 No.16573  

ヒストグラム
1300 x 806 (177 kB)


早朝以外は正面に日の当たらないビルですが、気にせずパチリ。

旧四日市銀行の津支店として大正11年に建てられたそうですが、今は「オーデンビル」となって個人の所有のようです。
四日市銀行は三重銀行となり三重銀行も第三銀行との合併が決まり三十三ホールディングとやらの仲間入りとか。

このビル一つにもいろいろな物語があるようです。



[4] Re: 雲り、夕方、難しい 通太郎爺さん - 2018/10/27(Sat) 08:43 No.16574  

ヒストグラム
1300 x 831 (215 kB)


この商店街には色々なレトロなビルがあります。
こちらは昭和11年に建った大門ビル。16560にも載せましたが、私が少年時代には大門百貨店でした。
最上階の映画館へはよく通ったものです。
その後松菱となり、松菱も他へ移って今は取り壊しの運命に・・・

夕暮れの光がよく似合うような気もしますが、やはり寂しい風景です。



[16570/16569/16568/16567/16566]  
[22:6] pHを上げてみる 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/25(Thu) 20:58 No.16565  

ヒストグラム
1300 x 827 (242 kB)


pHを高めに設定(測定値は少し怪しい)しましたが、NaOHのせいか露光不足のせいかメリハリはあるものの発色が汚い感じです。

Leica M6 Rokkor 40mm/2.8 fuji記録用 G100を400で使用
papitol 使用濃度250(new)+KSCN 0.25g 40d.3min.30sec.
CD(中外ミニラボ用液)50tに水を加えて250tとした液+NaOH 0.5g pH 10.8 37d. 6min. 漂白・定着半々混合液(new) 300tを水添加850tとする 1本でダメになる。



[2] Re: pHを上げてみる 通太郎爺さん - 2018/10/25(Thu) 21:03 No.16566  

ヒストグラム
1300 x 808 (222 kB)


400では光量不足なのでしょう、銀塩が完全に変化していないような感じで、明るい空の部分がすっこ抜けています。
第一現像の温度も高すぎのようです。

発色がどす黒くいやらしいですね。



[3] Re: pHを上げてみる 通太郎爺さん - 2018/10/25(Thu) 21:08 No.16567  

ヒストグラム
1300 x 797 (171 kB)


pH計がいい加減なので断定はできませんが、私のpH計で10.8ではアルカリが高すぎなのでしょうね。



[4] Re: pHを上げてみる 通太郎爺さん - 2018/10/25(Thu) 21:10 No.16568  

ヒストグラム
1300 x 863 (187 kB)


リバーサルフィルムでも苛性ソーダが多すぎると黒っぽくなるのですが、ネガポジではそのクセが一層強く出てしまうようです。

次回をご期待あれ!



[5] Re: pHを上げてみる threepinner - 2018/10/26(Fri) 13:04 No.16569   HomePage

ヒストグラム
1200 x 811 (419 kB)


私もネガ現像は120サイズのみとなりました。こちらは市街地でも紅葉の最後になりました。
添付は岩見沢の玉泉館跡地公園、むかし由緒ある旅館があったようです。

機材はキヤノンAV-1、FDn 28mm F2.8、フジの業務用ISO100、2016年期限切れ、ISO200に
設定、現像はこれまでと同じです。

スキャンはPlustek OpticFilm8100 + VueScanで7200DPI、GIMPで暗部の偽色をおとしてUSM
かけています。10028 x 6779画素相当を縮めたものと元画像からの切り取りを貼っています。

レンズ性能が追いついておればこの画素数でもさまになるようです。

暗部を出さなければいけない場合はISO100までメーターを落としています。これでも明部が
犠牲になることは少ないようです。



[6] Re: pHを上げてみる 通太郎爺さん - 2018/10/26(Fri) 20:25 No.16570  

ヒストグラム
1300 x 789 (967 kB)


>市街地でも紅葉の最後になりました

こちらの市街地ではまだまだ珍しいです。赤い葉の丸み(少し甘いピントと言うか解像力と言うか)が良いですね。
sd・Quattroだとピントが良い代わりに葉の一枚一枚までくっきりするのでカリカリした感じになります。
こういう風景では銀塩の丸みのある描写が好きですが、好みの問題でしょう。

街路樹のイチョウが少しずつ色づき始め、空のブルーが深くなってきました。いよいよ「秋深し」ですね。

ネガポジもいよいよ完成の域にたどり着いたようで一安心です。

久しぶりにCLEを使いました。露出がシビアな時には助かります。いつも通り富士の業務用100を今回は150〜200で使っています。
パピトールは補充30t/270t ロダンカリは0.25gと少なめ 33度 3分やりました。
発色は60t補充の全量270t、苛性ソーダ添加でpH9.3〜5と少し高めです。36度6分



[16564/16563/16562/16561/16560]  
[23:7] 第一現像の低温化 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/24(Wed) 09:09 No.16558  

ヒストグラム
1300 x 808 (1,176 kB)


庭のタイワンホトトギスが今を盛りと咲き誇っています。木の陰にあるので台風の影響もなく元気なようです。

第一現像の低温化はほぼ大丈夫なようですが、水洗、スポンジによる拭取りから発色現像に移る時の温度差をなだらかにしないとムラが出やすいような気がします。

Nikon F Ftn (fuji 記録用100を300で露光)
papitol(保存液90ccを300ccに希釈 new) +KSCN 0.75g 22d.28min.
C.D. 450t中50t入替 36d.6min.



[2] Re: 第一現像の低温化 通太郎爺さん - 2018/10/24(Wed) 09:20 No.16559  

ヒストグラム
1300 x 836 (1,721 kB)


畑の隅に勝手に生えた柿でしょうか、実が付きすぎて枝が折れそうで木がかわいそう。
諸外国ではほとんど見かけない果物で、酸味が全くない果実も珍しく、輸出できれば大受けすること間違いなし、と言っている人もいます。



[3] Re: 第一現像の低温化 通太郎爺さん - 2018/10/24(Wed) 09:28 No.16560  

ヒストグラム
1300 x 836 (1,345 kB)


以前は津市の中心街の中核をなしていた大門百貨店ですが、いよいよ取壊しになるようです。
中学、高校時代に最上階にある映画館へよく行きました。

「白夜」「道」などの名作、「駅馬車」を始めとする西部劇など、、、、懐かしい思い出がいっぱい詰まった建物です。



[4] Re: 第一現像の低温化 通太郎爺さん - 2018/10/24(Wed) 09:33 No.16561  

ヒストグラム
1300 x 845 (1,055 kB)


低温での実験ですが、時々、空の部分に限ってマゼンタの粒子が混ざります。原因は不明ですが発色カプラーのせいではないかと思っています。
安全の為には、ある程度の高温での処理がよいのではないでしょうか。



[5] Re: 第一現像の低温化 通太郎爺さん - 2018/10/24(Wed) 09:40 No.16562  

ヒストグラム
1300 x 779 (1,106 kB)


ネガポジ現像としては、ほぼ実用の段階に達したのではないでしょうか。
ネガでの利用より発色の鮮やかさや粒状性アップなど利点もいくつかあるので、やってみる価値は十分にあると思います。



[6] Re: 第一現像の低温化 threepinner - 2018/10/24(Wed) 13:01 No.16563   HomePage

ヒストグラム
1000 x 637 (224 kB)


第一現像、私は30℃でやっていますが、4分ほどと短いので、湯漕につけたりせず、
金属タンクを流しにそのまま放置、なので、実際には1℃くらいは下がっていると
思います。師匠も私も同じようなところに落ち着いてきたのかな、と思っておりま
す。

添付は真駒内公園にて、キヤノンAV-1、タムロン35-135mm F4.0-5.6、フジ業務用。
2週間ほど前のものです。

一昨日、ひさしぶりにまともなポジ(120)の現像をしました。発色現像はネガ、ネガ
ポジと共用のBANなのですが、CD3や水酸化ナトリウム添加、pH10.8としたところ、
だいぶんメリハリの利いた色調になりました。

ひょっとしたら、ネガポジでも違いが有るかもしれません。120のネガポジは一歩前進
一歩後退をくりかえしています。



[7] Re: 第一現像の低温化 通太郎爺さん - 2018/10/24(Wed) 21:23 No.16564  

ヒストグラム
1302 x 824 (1,893 kB)


今晩は。

>pH10.8としたところ、だいぶんメリハリの利いた色調になりました。

迷うところですね。
ネガポジでの費用対効果が意外に大きいので、今後ネガカラーフィルムでのリバーサル代用が増えそうです。
そうなるとネガ用ポジ用と分けている発色現像液の意味が薄れてしまいます。
統一するためにポジ用一本にしようと思っています。
これはポジ用現像液(と言っても単にpHが高いだけですが)でのポジフィルム現像です。

Nikon F2 nikkor 50mm/1.4 VELVIA 100
papitol Re30cc/250cc+KSCN 0.25g 38d.6min.10sec.
C.D. Re30cc/250cc pH 12 35d.6min.



[16557/16556/16555/16554]  
[24:4] 発色現像の低温はダメ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/23(Tue) 11:49 No.16554  

ヒストグラム
1300 x 819 (1,436 kB)


第一現像がうまくいったのでついでに発色現像も・・・とやってみましたが色カプラーがうまく反応しないようで失敗です。

Nikon F ftn (fuji G100-300)
第一現像:papitol (使用濃度300t+KSCN 0.5gで一本現像後) Re30cc KSCN なし 20d.30min.
発色現像:C.D. Re100cc/500cc 20d.30min. 発色不良



[2] Re: 発色現像の低温はダメ 通太郎爺さん - 2018/10/23(Tue) 11:56 No.16555  

ヒストグラム
1300 x 789 (1,175 kB)


全体に色がくすんだ感じでまともな発色はしていません。



[3] Re: 発色現像の低温はダメ 通太郎爺さん - 2018/10/23(Tue) 11:59 No.16556  

ヒストグラム
1300 x 816 (1,251 kB)


露光がオーバー気味なら少しは見られますが、カプラーのカスのようなものがフィルム上に張り付いてゴミの多い画面です。



[4] Re: 発色現像の低温はダメ 通太郎爺さん - 2018/10/23(Tue) 12:00 No.16557  

ヒストグラム
1300 x 825 (1,328 kB)


発色現像は最低でも30度は必要なようです。



[16550/16549/16548/16547]  
[25:4] カラーの低温現像実験 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/22(Mon) 09:32 No.16547  

ヒストグラム
1300 x 816 (223 kB)


第一現像が30度での実験がまずまずだったので、いっそのことモノクロ現像と同じ20度ぐらいではどうかやってみました。
何とか行けますね〜。ただし時間は30分です。

Nikon Ftn nikkor 24mm/2.8 (fuji G100-300)
papitol (原液150ccを300ccの使用液濃度とするnew)+KSCN 0.5g 20d.30min.
C.D. Re50cc/500t 33d.10min. 第一現像低温実験



[2] Re: カラーの低温現像実験 通太郎爺さん - 2018/10/22(Mon) 09:38 No.16548  

ヒストグラム
1300 x 804 (221 kB)


光の条件が万全とはいえないのでこの程度のようですが、第一現像をもう少し弱めても発色しそうな感じです。



[3] Re: カラーの低温現像実験 通太郎爺さん - 2018/10/22(Mon) 09:43 No.16549  

ヒストグラム
1300 x 779 (198 kB)


発色液が弱いとうまく色が乗らないような感じがしますが、それさえ気を付ければ問題なく実用になりそうな方法だと思います。



[4] Re: カラーの低温現像実験 通太郎爺さん - 2018/10/22(Mon) 09:47 No.16550  

ヒストグラム
1300 x 813 (211 kB)


今回はワンショットの新液を使いましたが、ウナたれでもやれるかどうかの実験もやってみる必要がありそうです。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)