(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/09/21 20:11:59

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 古いネガ (7) NEW! 2: 大失敗の巻 (4) 3: 徒然なるままに・・ (9) 4: ピント合わせの思い込み (4) 5: sigma と sonyの比較 (5) 6: 超広角のピント? (5) 7: Voigtlender 15mm/4.5 (7) 8: 昭和商店街・地元編 (10) 9: しつこく三和商店街 (9) 10: 昭和の雰囲気 (6) 11: 三和商店街 (11) 12: SIGMA DP1 & DP2x (8) 13: 散歩 (4) 14: 絵描きモードにON (1) 15: フォクトレンダー15mm (7) 16: 暑い〜〜〜 (7) 17: レンズの選択肢 (7) 18: SONY α7RU色々テスト (5) 19: くだらない話 (5) 20: Vision 3 よくできたフィルム (4)

>>記事一覧 >>画像一覧



[17723/17722/17718/17717/17704]  
[26:7] 荒れた画像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/07/24(Wed) 09:24 No.17702  

ヒストグラム
1300 x 839 (350 kB)


画像が怪しげに荒れています。
空の部分など、焼きこみもしないのに勝手に落ち込んでいるのがかわいいです。

昔は、少しの高温とか時間延長などで簡単に画面が荒れてくれましたが、今のフィルムは少々いじめたところでビクともしません。
昔通りのレシピで真面目に現像するのが馬鹿らしくなるほどです。

その点、ポジ現像では失敗?する要素が多いので、昔流行した雰囲気が思わず出たりします。

普通に真面目に失敗のない画面が欲しいなら、何と言ってもデジカメ。今日カメラを買った人でもキチンと撮れるでしょう。

銀塩でまともにとるには訓練が必要。ネガポジやモノクロポジならなおさらです。
まともな画面作りならポジ現像にD76使用は無理なようです。

Minolta SRT super (ilford PAN F 50-100) D76 Re60cc/300cc 24度8分 
漂白:レシピの1/2に希釈で1分(ilfordの膜面が溶け出すのを防ぐ為、希釈の短時間)
清浄:2分30秒 
第二露光:各面30秒(多い?)
第二現像:D76 8分 NG D76現像では無理?



[2] Re: 荒れた画像 通太郎爺さん - 2019/07/24(Wed) 09:44 No.17703  

ヒストグラム
1300 x 853 (332 kB)


半分ソラリゼーションが起きかかっているような失敗画面?を見ていると、銀塩での遊びの部分が強く浮かび上がってくる気がします。

デジカメのない時代は、きれいなフィルム画像を作ることは現像作業での必須条件でしたが、
そのほうは、そっくりそのままデジカメに任せてしまえばよい時代となりました。

今や、銀塩は「作為的な失敗画像」の遊び道具としても使えるような気がします。



[3] Re: 荒れた画像 通太郎爺さん - 2019/07/24(Wed) 10:13 No.17704  

ヒストグラム
1300 x 844 (323 kB)


木材や鉄の描写は、ポジ現像のギシギシした微細な粒子の感じが合っているようで、何が良いやら悪いやら・・

デジカメとは違った遊びが出来る面こそ銀塩の面白さがあるような気もします。

「真面目な写真はデジカメ商店におまかせください」
「お遊びは銀塩商店で扱っております」



[4] Re: 荒れた画像 mglss - 2019/07/28(Sun) 17:20 No.17717  

ヒストグラム
1024 x 685 (213 kB)


こんにちは。
以前にACROSのリバーサルは諦めると言いいましたが、ちょっと時間が空いたので再度試してみました。
第一現像をD76、第二現像をPapitolにしてみました。
以前は暗部だけがあからさまにネガのままで反転不足でしたが、今回は大丈夫のようです。
よく見ると怪しい部分もないではないのですが、一見すると問題ないので、まあいいか、と思っています。

NEOPAN 100 ACROS, New EOS Kiss, EF 28-80mm F3.5-5.6.
液温:20℃
第一現像: D76[1+1] 20min.
漂白: 以前の液を4倍希釈 5min.
清浄: 以前の液を2倍希釈 2.5min.
第二露光: EV5〜7 電球の直接光 乳剤面 1.5sec.
第二現像: Papitol[1+5] 6min.
定着: 1min.



[5] Re: 荒れた画像 通太郎爺さん - 2019/07/29(Mon) 05:42 No.17718  

面白い方法・・というか新発見ですね〜。
これは気が付きませんでした。
漂白も弱くしてゆっくりやっているのがよいのかもしれません。
、第二露光が1.5secとありますが、1min.30sec.ではないのでしょうか。
定着は短すぎると後で(長期間で)フィルム面が酸化してくると思います。

ブローニーにもこのやり方が通用するかどうか、全体の流れを参考にして、そのうちにやってみます。
ありがとうございました。



[6] Re: 荒れた画像 mglss - 2019/08/01(Thu) 13:31 No.17722  

なぜD76でうまく行ったかはわかりませんが、とにかく悪くはない結果になりました。ただし全体にコントラストが低めなのが難点です。

第二露光は体感でだいたい1.5秒です。照明のスイッチをカチッ、カチッとつけてすぐ消す感じです。電球60Wから約80cmの直接光です。これで最終的にパーフォレーション部分が十分真っ黒になるので、最近はこの露光時間でやっています。第一現像が足りておらず、銀塩が多く残っているだけかもしれません。

漂白を薄めているのは、ニューシーガルでの経験上、液を薄く、時間を延長したほうがヌルヌルが低減されるためです。アクロスは薄めなくても大丈夫なのですが、プロセスを統一したいので希釈しました。
ただ、漂白の過程を明室で観察したところ、撹拌するたびにフィルムの端から少しずつ脱銀が進んでいくようなので、大きいフィルムで漂白液4倍希釈はかなり時間がかかってしまうかもしれません。

定着はさすがに短かすぎましたか。3分は必要でしょうか。後日再度定着しようと思います。



[7] Re: 荒れた画像 通太郎爺さん - 2019/08/01(Thu) 13:54 No.17723  

1.5秒の意味、よく分かりました。真っ黒けにならない為の方法として、なるほどと納得しました。
アクロスでやってみます。ありがとうございました。



[17721/17720/17719]  
[27:3] Ilford pan Fのポジ現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/07/31(Wed) 05:54 No.17719  

ヒストグラム
1300 x 826 (207 kB)


イルフォード系のフィルムは漂白が強すぎるとベースが溶けるようで、ヌルヌルしてきます。
漂白はいつものニクロム酸系の二倍希釈で1分30秒と少し短めです。

Minolta SRTsuper (IRFORD pan F 50を100で使用)
papitol Re40cc/300cc(ウナたれ)+KSCN 0.75g 27度5分 
ニクロム酸系漂白(二倍希釈) 1分30秒 
清浄 2分30秒 
第二露光 表裏各20秒 
第二現像 5分 
スーパー富士Fix 3分



[2] Re: Ilford pan Fのポジ現像 通太郎爺さん - 2019/07/31(Wed) 05:57 No.17720  

ヒストグラム
1300 x 818 (257 kB)


ヌルヌルがひどくなると膜面が剥離してしまうのは困ったものですが、過マンガン酸カリ系の漂白なら良いのかもしれません。



[3] Re: Ilford pan Fのポジ現像 通太郎爺さん - 2019/07/31(Wed) 06:01 No.17721  

ヒストグラム
1300 x 829 (253 kB)


反転すると粒子が何となくザワつくというか、ザラつくというか・・感じが悪いようです。
現像に難点があるのかもしれませんが、粒状性が良くなる感じもないので、このフィルムは普通にネガで使った方が良いように思います。



[17716/17715/17714/17713]  
[28:4] Alpenflexのレンズ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/07/28(Sun) 05:04 No.17713  

ヒストグラム
937 x 900 (245 kB)


名前の頭文字がAからZまであったと言われる戦後の二眼レフブームの中の一つだと思いますが、
レンズが非常に素晴らしく、3台をまとめて1台にして使っています。

Alpenflex U (provia100F)
papitol Re50cc/250cc(ウナたれ)+KSCN 1.5cc(0.75g) 回転現像 37度6分10秒 
水洗にてストップの後スポンジでふき取り
発色:Re100cc/800cc 36度6分 少しアルカリ不足か、マゼンタ被りあり
漂白定着は普通通り



[2] Re: Alpenflexのレンズ 通太郎爺さん - 2019/07/28(Sun) 05:14 No.17714  

ヒストグラム
929 x 900 (202 kB)


このカメラ、裏蓋のロック部分が壊れているものが多く、ボデーがしっかり作られているのに残念なことです。
以前にも書きましたが八陽光学のALPOというレンズは戦時中にニコンが避難場所に選んだ会社というだけあって技術的にしっかりしているようです。



[3] Re: Alpenflexのレンズ 通太郎爺さん - 2019/07/28(Sun) 05:20 No.17715  

ヒストグラム
925 x 900 (268 kB)


シャッターもコパルのしっかりしたものが付いているので、いまでも使えるものが多くあるようです。



[4] Re: Alpenflexのレンズ 通太郎爺さん - 2019/07/28(Sun) 05:26 No.17716  

ヒストグラム
912 x 900 (275 kB)


3台を1台にまとめたのでレンズが残っています。
いつかバラしてトプコンなどの中版カメラで使ってみたいと思っていますが、いつになることやら。

絵の方に気が向いているので、しばらくは以前の写真ばかりです。



[17712/17711/17710/17709]  
[29:4] 遊びに失敗なし 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/07/27(Sat) 05:48 No.17709  

ヒストグラム
1300 x 886 (114 kB)


山門を撮ったつもりが肝心の山門がつぶれてしまったので「自分なりの失敗」です。
夕暮れの淡い光のせいで色温度がずれたのかもしれませんが、逆に雰囲気は出たような気がします。

報酬を受けての仕事なら、クライアントの要求に沿えなければ「失敗」と言えますが、アマチュアの遊びの場合は自分の目的に沿えなかったというだけのことでしかありません。
アマチュアこそ失敗を恐れず・・・というより失敗なんてないのだという気持ちで何でもやってみるのが面白いと思いますし、そこには新しい発見があるかもしれないのです。

Mamiya C220 sekor 80mm/2.8 (fuji 160NS-800で使用)
papitol 原液250cc+KSCN 0.5g 3min.30sec.回転現像
(中外写真薬品のAB混合、発色剤C無しの液)100t+にウナたれで350cc+CD-3(発色剤) 10g 37d.5min.30sec.
漂白、定着はいつも通り。



[2] Re: 遊びに失敗なし 通太郎爺さん - 2019/07/27(Sat) 05:55 No.17710  

ヒストグラム
1300 x 837 (144 kB)


同じフィルムからの画像ですが、夕暮れの淡い光の雰囲気は出たような気がします。
ネガポジではとんでもない色が出たりしますが、ネガフィルムでポジを作ろうという方が普通ではないのですから、このほうが大成功なのかもしれませんね。



[3] Re: 遊びに失敗なし kan - 2019/07/27(Sat) 13:49 No.17711  

台風がそちらを通ったようですね。被害のニュースが特にないので
ご無事とは思いますが、小型とは言え気分が良くないコースでしょう。
お見舞い申し上げます。



[4] Re: 遊びに失敗なし 通太郎爺さん - 2019/07/27(Sat) 14:27 No.17712  

早々のお見舞い、ありがとうございます。
幸いなことに、今のところ我が家周辺では全く何の被害もなく雨も小降り、弱い風が吹いている状態です。
今までに降った雨で山沿いの地方ではがけ崩れなどの警報が出ておりますが、ここは平地なので大丈夫です。

今年は蜂が我が家の車庫の奥まった場所に巣を作っているようで、風の当たらない場所に巣を作る年は台風の当たり年だといううわさもあります。
とにかく無事で過ぎていってほしいものです。

今後は雨が関東方面へ進むようなのでお気を付けください。



[17708/17706]  
[30:2] 遊びと実用 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/07/26(Fri) 06:27 No.17706  

ヒストグラム
1300 x 867 (229 kB)


銀塩での雰囲気描写と現像が好きなのでフィルムを使いますが、実用としてはデジカメが便利です。
私の場合、景色や物がほとんどなのでシグマのDP2xとDP1xの二台を持ち歩きます。

DP1xと2xは二台でも600g、ニコンFの900gやF2の1.2kとは大違い。
リュックで歩く老人にとって重いことは致命傷なのです。

DP1xや2xシリーズはRAW現像してJpg変換の時点でピクセル数を2倍にして取り込むと私が使うA2ノビ(全紙より少し大きい)でも実用になります。
RGBが各100%の3層構造のフォビオンならではの利点です。



[2] Re: 遊びと実用 通太郎爺さん - 2019/07/26(Fri) 06:42 No.17708  

ヒストグラム
4317 x 3337 (1,952 kB)


DP2xで撮影、RAW現像の後にピクセル数を2倍にしてJpgで取り込んだものです。
理論上ローパスフィルターが不要で偽色も起きないのでこれが可能となるのでしょう。
エッジの柔らかさがフィルムによく似ているので好きなのですが、、、
大きいまま貼ってみます。

単板式のベイヤー配列のセンサーでは配列の位置が変えられないので単純に細かく仕切っても全く意味がありません。
撮影時の書き込みの速さや、感度の高さなどは単版が圧倒的に有利なのでどちらが良いかは使用目的によるでしょう。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)