(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2018/10/18 07:58:38

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 (6) NEW! 2: 秋深し、隣は・・ (8) 3: 失敗例をもう一つ (4) 4: 第一現像は弱め? (2) 5: ネガポジの不安定要素 (5) 6: ロダンカリ少し多め (6) 7: 私の青空 (10) 8: CD-3液による発色 (7) 9: NaOHの多用 (4) 10: CD-3粉末使用の液 (4) 11: やはり発色剤の劣化のようです (8) 12: 露光による発色の変化? (5) 13: 露光命! (7) 14: CD−4が弱い??? (8) 15: 少しオーバー気味ですが (7) 16: 露光オーバーは厳禁 (15) 17: ネガポジの現像液 (8) 18: 発色現像液を変えてみる (8) 19: ネガポジのモノクロは無理か (12) 20: これが廉価版? (5)

>>記事一覧 >>画像一覧



[16529/16528/16527/16526/16525]  
[1:6] ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 投稿者:threepinner 投稿日:2018/10/17(Wed) 20:59 No.16524 NEW!   HomePage

ヒストグラム
1000 x 750 (206 kB)


すこし希望が出てきました。添付は。マミヤM645、80mm F2.8 にて撮影したフジのものです。
露出はISO200程度(山勘)。

前浴:37℃でコダルク10分
第一現像:ロダンカリ0.2g/500ml入りコレクトール・うなたれ10分
二次露光:1分ぐらい軽く
発色現像:BANかなり弱っています。40℃7分ぐらい

色彩特性は135とは全く異なります。華やかでなくむしろ彩度控えめのどっしりした感じだが悪くありません。
感度はISO120ぐらい出ていると思います。

16452ではかなり第一現像が不足でした。供覧しませんが今回のと他は同じ条件で第一現像を15分やったもの
は現像オーバーで像が暗部のみ残り、かなり青紫に寄りました。

今回のも緑が弱いようですが、スキャン後の処理で見られるものになりました。

次回は第一現像少し伸ばし、発色現像を強めてみるつもりです。



[2] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 22:12 No.16525 NEW!  

ヒストグラム
1169 x 900 (250 kB)


ブローニーをやってますね。
コダルクなんて今頃売ってますかね。コダックの専用語で私が昔使ったのは富士のナボックスでした。
メタホウ酸Naだとは後で知りましたので以後は硼砂で代用した覚えがあります。
懐かしいですが、単なるアルカリ調整材ですので映画用フィルムのバッキング外しぐらいの効果しかないと思います。
バッキング外しとして使っても現像に影響がないので使うぐらいですから効果のほどはわかりません。

久しぶりにブローニーをやったらフィルムがゆる巻きで光が漏れました。

Union Uconoor 75mm/3.5 (fuji 160NS)
papitol (160ccを500ccに希釈 KSCN 0.75g)で一回現像後に50cc入替 33度5分30秒 
C.D. 中外のAB液にCD4 20g添加で作った500ccを800ccに希釈したもので二本現像後粉末cd-4 10g添加pH7.1 にNaOH 4g添加 pH8.9 35度6分



[3] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 22:29 No.16526 NEW!  

ヒストグラム
1206 x 900 (378 kB)


次回はまともなカメラで注意してやってみます。オールドカメラは時々チョンボがあるので要注意です。

私は第二露光もやりません。第二露光は第一現像の後、漂白して清浄液での浄化を終えたフィルムにしか効果はないと思います。
モノクロ反転のため、第一現像で現像し終わった光の当たった部分を漂白と清浄液で洗い流し、残った銀塩に対して二度目の露光で感光させるのですからネガカラーでは余計な色被りが出るかもしれません。
カブリ効果を利用するとしたら現像されてしまった銀塩は全く動きませんし、それ以外の臭化銀が感光し始めるのでコントラストが落ちるのではないでしょうか。



[4] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 22:37 No.16527 NEW!  

ヒストグラム
1334 x 900 (225 kB)


とにかくひどい画像ですがthreepinnerさんの綺麗な画像を見て、またもやブローニーのポジ化をやってみたくなってきました。



[5] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 threepinner - 2018/10/17(Wed) 23:04 No.16528 NEW!   HomePage

ヒストグラム
1000 x 745 (317 kB)


師匠のも同じような色彩とトーンの傾向ですね。135のような華やかなものではなく、
彩度控えめで、それでいてカツンとくる絵です。やったことないけど銀残しって
こんな風なんでしょうか。

対象によっては好ましいかもしれません。このフィルム、半分に切って前半の処理
を終え、残り半分は明日にでも現像いたします。



[6] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 通太郎爺さん - 2018/10/18(Thu) 07:58 No.16529 NEW!  

お早うございます。
もう少しで完成のような画面で、次回が楽しみです。
現像もさることながら、ブローニーを半切しての現像とは素晴らしい。方法を教えてください、ぜひやってみたいです。

最近、歳のせいか夜更かしが出来なくなったようで11時前には寝てしまいます。
一時間おきに目が覚めてまた眠って、赤ん坊に戻りました。人間、これでよいのだと思っていますので、気にもしていませんが、同輩たちは睡眠導入剤など飲んでいるんですね〜。
暇なんだから、昼でもなんでも寝れば済むことです。



[16523/16522/16521/16520/16519]  
[2:8] 秋深し、隣は・・ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/16(Tue) 20:11 No.16516  

ヒストグラム
1300 x 853 (379 kB)


暑い暑い!と言っている内にススキが大きくなっています。
涼しくなるのは歓迎ですが、高温での現像がやりにくくなる時期がやってきます。

Nikon F2 (fuji G100を300で使用)
papitol (原液100ccを200tにすべきところを350ccとしました) 33d. 3min.
C.D.(CD3液で作った補充液)Re50cc捨60t入 全量400t 37d.7min.(pH8.5) パターソン やりにくくカブリあり、水洗がうまくいかない様子。



[2] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/16(Tue) 20:15 No.16517  

ヒストグラム
1300 x 808 (274 kB)


この様子では、今年中はネガポジ三昧・・となりそうな気配です。
黄色いカブリ状態の色はネガカラーのベースの色でもあるようなので完全に抜けることは難しいかもしれません。

ただ、もう少し何とかならないか・・・と、もどかしい思いは残ります。



[3] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/16(Tue) 20:20 No.16518  

ヒストグラム
1300 x 830 (244 kB)


厄介な現像に首を突っ込んでいますが、ネガカラーとは一味違った彩度の高い画像は魅力的でもありますね。



[4] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/16(Tue) 20:23 No.16519  

ヒストグラム
1300 x 780 (241 kB)


もう少し安定すると良いのですが、第一現像が原因の不安定さがネックのようで、これを安定させる方法を模索中です。



[5] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/16(Tue) 20:28 No.16520  

ヒストグラム
1300 x 746 (192 kB)


無責任時代に流行した「そのうち何とかなるだろぉ〜〜」と思ってのんびりやっていきます。



[6] Re: 秋深し、隣は・・ threepinner - 2018/10/16(Tue) 23:02 No.16521   HomePage

ヒストグラム
1000 x 677 (95 kB)


16520、16518、16517については、暗部は偽色にやられていませんか? Epson Scanは
退色フィルムを補正のオプションつけると暗くてよみきれないところに無理やり色彩
を割り当てるようです。スキャン後にGIMP上で、トーンカーブ調整にて暗部の、この
場合だと緑色のトーンを落としたりして処理しています。

VueScanだとそのような無理はしませんから暗部の偽色は出づらいようです。

添付は北海道神宮、以前に出した画像とデータは同じです。



[7] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 08:26 No.16522  

ヒストグラム
1300 x 746 (233 kB)


お早うございます。

>暗部は偽色にやられていませんか・・

偽色とも言えます。これが今気になっているベースの色と思われる黄色〜緑のカブリだと思います。
エプソンスキャンの退色復元を使うと暗い部分を無理に持ち上げようとするようですが、
フィルム自体に色が無い(暗くて判別できない?)に近い状態なのでカブリの色のままで出てしまうのではないかと思っています。

暗部の偽色はマゼンタや青が多いようですが、いずれにせよ人間の目では自然に補正するので、それに合わせてソフトを作るのが難しいのでしょうね。

こうなると手作業での補正しか今のところ手がありません。

目で見た感じとは違いますが、黄色〜緑の部分をほかの部分の輝度に合わせるとこんな感じになります。

気の付いたこと、どんどん指摘してください。とても参考になります。



[8] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 08:35 No.16523  

ヒストグラム
1300 x 870 (179 kB)


こちらは撮影時に暗部に配慮した露光で、明るい部分を後で修正するつもりで撮っています。
ネガカラーフィルムでは一見飛んでしまったように見える明るい部分にもデータがほぼ残っているのでこれが出来ます。

現像データは上に同じです。



[16515/16514/16513/16512]  
[3:4] 失敗例をもう一つ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/15(Mon) 22:38 No.16512  

ヒストグラム
1300 x 835 (252 kB)


第一現像は真面目にやっていますが、発色現像で補充液ではなくCD3の粉末を直接入れてみました。
液が馴染んでいないせいか、奇妙な感じの発色です。

NikonF (fuji G100-300) papitol Re 40cc/380cc KSCN 0.5g 31d.3min.30sec. CD Re無しCD-3粉1g(入れる前pH8.6 後8.4)



[2] Re: 失敗例をもう一つ 通太郎爺さん - 2018/10/15(Mon) 22:39 No.16513  

ヒストグラム
1300 x 842 (211 kB)


暗い場所では明らかに発色不良になりました。



[3] Re: 失敗例をもう一つ 通太郎爺さん - 2018/10/15(Mon) 22:41 No.16514  

ヒストグラム
1300 x 812 (201 kB)


見られるのもありますが、歩留まりはわずかです。



[4] Re: 失敗例をもう一つ 通太郎爺さん - 2018/10/15(Mon) 22:44 No.16515  

ヒストグラム
1300 x 823 (314 kB)


ギシギシした色というか、色のこんなトラストが強いというか、ちょっと変わった発色のようです。見方によっては「これもあり」かもしれませんが・・・
ま、ヨイ子は真似をしないでください。



[16511/16510]  
[4:2] 第一現像は弱め? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/15(Mon) 22:21 No.16510  

ヒストグラム
1300 x 865 (215 kB)


・・ということで第一現像にD76を使ったことがありますが、全くダメでした。
参考の為に載せてみます。D76のstock(原液)をそのまま使っていますが、性質が違うようです。SPDなどでもうまくいきません。

Nikon F2 nikkor 50mm/1.4 (fuji G100-300) 第一現像にD76(stock)250cc +KSCN 1cc(0.5g) 26d.5min.30sec. 発色不調Fog多い



[2] Re: 第一現像は弱め? 通太郎爺さん - 2018/10/15(Mon) 22:24 No.16511  

ヒストグラム
1300 x 827 (265 kB)


良い方でもこんな程度でどうしょうもない!というのが実感でした。
パピトールのほうが安価ですから、ばかげた実験ですね。



[16509/16508/16507/16506/16505]  
[5:5] ネガポジの不安定要素 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/14(Sun) 22:22 No.16505  

ヒストグラム
1300 x 844 (132 kB)


誰もやっていないことをやる時は、参考資料がないので自分でやってみる以外にありません。
ネガポジもいまだに現像が定まらない感じです。

第一現像に大きな要因があることはわかっているのですが、あちら立てればこちらが立たず・・といった感じで歩留まり70〜80から抜け出せずにいます。
今回は撮影時の露光を250位にして、第一現像でロダンカリを増やしてみましたがフォグ状のカブリが気になります。

Leica M6 フォクトレンダー super wide-heliar 15mm/4.5 (fuji 100-250)
papitol Re30cc/300cc +KSCN 1.5cc 31d.3min. C.D.(CD3) Re50cc/400cc 35-6d. 3min.(短)



[2] Re: ネガポジの不安定要素 通太郎爺さん - 2018/10/14(Sun) 22:26 No.16506  

ヒストグラム
1300 x 755 (266 kB)


第一現像の時間も400の場合6分程度にしてみたり、露光を250ぐらいで3分程度にしてみたりしていますが、これと言ってピンポイントで適切な部分が決まりません。



[3] Re: ネガポジの不安定要素 通太郎爺さん - 2018/10/14(Sun) 22:35 No.16507  

ヒストグラム
1300 x 792 (214 kB)


もどかしいですがあと一息で見つけられるような気もします。
ネガカラーフィルムの場合、銀塩はRGBの信号を感じ取るだけの役目しかなく、光の量までは伝えられないようです。

銀塩の量が少ないので(安価なメリットはありますが)少しの現像条件の差で大きく変化してしまいます。



[4] Re: ネガポジの不安定要素 通太郎爺さん - 2018/10/14(Sun) 22:41 No.16508  

ヒストグラム
1300 x 811 (219 kB)


色の信号は的確に伝わりますが、各色の量が画面全体のバランスに合わないことも出てきます。
シアンがかぶったりマゼンタがかぶったり・・・

今のところ黄色のかぶりが邪魔で仕方ありません。



[5] Re: ネガポジの不安定要素 通太郎爺さん - 2018/10/14(Sun) 22:45 No.16509  

ヒストグラム
1300 x 796 (195 kB)


これが解決すれば、枕を高くして寝られる・・・かもしれません。

夕方の風景なので黄色が強くても仕方ないところなのですが、でも、なんか違うんだよなぁ・・・とまた熟睡できそうにありません。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)