(累計) (本日) (昨日)


24時間の画廊】 【カラー自家現像サロン】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講

★ ★ よ り 道 ・ み ち く さ ・ 遠 回 り ★ ★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2021/03/01 10:42:03

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 春がそこまで (2) 2: 春がのぞいています (5) 3: 雪が降る・・ (4) 4: 妻の愛でし花の咲く頃 (2) 5: 虹 (2) 6: 彼岸花が・・・ (4) 7: 暑いですね〜 (5) 8: 梅雨に入ったようですね (6) 9: お久しぶりです (4) 10: 庭の野鳥 (6) 11: 春はそこまで (5) 12: セツブンソウ (6) 13: 節分の縁起物 (3) 14: フウランの仲間 (3) 15: アッサムニオイザクラ (2) 16: 目覚め (2) 17: 花壇の花 (3) 18: 目覚めの早い野草たち (3) 19: キボシカミキリ (2) 20: 初雪 (6)

>>記事一覧 >>画像一覧



[3325/3324]  
[1:2] 春がそこまで 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2021/03/01(Mon) 10:35 No.3324  

ヒストグラム
1200 x 800 (313 kB)


庭の片隅にツクシが出ていました。いよいよ春ですね。
暖かくなるとコロナも少しはおさまるのでしょうか。

 は〜るよこい! は〜やくこい! 
    歩きき始めた みいちゃんが
 赤い鼻緒のじょじょ履いて履いて
    おんもへ出たいと 待っている 

作曲者の広田龍太郎は「靴が鳴る」「鯉のぼり」「叱られて」「雀の学校」など数えればきりがないほどの童謡を作曲していますが、昔の三重県立第一中学校(現・津高校)の卒業生なんですね。
私の大先輩ということのようで、凡人の後輩としては、ただただ恐れ入るのみです。



[2] Re: 春がそこまで 通太郎爺さん - 2021/03/01(Mon) 10:42 No.3325  

ヒストグラム
1200 x 800 (130 kB)


ユキワリイチゲもひそかに日陰で咲き始めました。
今年は四つほどしかありません。

花の咲くころ、家内にせかされて県内のあちこちの群生地へ行ったのも今は懐かしい思い出です。
花の開く時間があるので、一日一か所しか撮影できなかったのを思い出しました。



[3323/3322/3321/3320/3319]  
[2:5] 春がのぞいています 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/03/24(Sun) 18:07 No.3319  

ヒストグラム
2640 x 1760 (2,336 kB)


寒かったり暖かかったり、、、桜も出る時期を考えあぐねているのでしょうか。



[2] Re: 春がのぞいています 通太郎爺さん - 2019/03/24(Sun) 18:10 No.3320  

ヒストグラム
1320 x 880 (672 kB)


春先の定番といえば菜の花でしょう。近づくと匂いが強いですね。
蜂蜜も菜の花のものは匂いのせいで好き嫌いがあるようです。



[3] Re: 春がのぞいています 通太郎爺さん - 2019/03/24(Sun) 18:11 No.3321  

ヒストグラム
1320 x 880 (768 kB)


畑の大根も冬の布団からはみ出しているようです。



[4] Re: 春がのぞいています 通太郎爺さん - 2019/03/24(Sun) 18:13 No.3322  

ヒストグラム
1320 x 880 (635 kB)


塀から覗く花の赤が見事です。



[5] Re: 春がのぞいています 通太郎爺さん - 2019/03/24(Sun) 18:31 No.3323  

ヒストグラム
1320 x 880 (785 kB)


ツクシが競って頭を出しています。

「ガンという 事実遠のく気持ちして 春の野にいで ツクシつみいつ」
20年前、家内が余命一年との宣告を受け、ならば苦しい抗がん剤治療をする気はないと断って退院したすぐ後に詠んだ歌です。

その後16年、元気に暮らしましたが、、、4年前に帰らぬ人となりました。
「春や春、巡り来りて花咲けど 群れたるツクシ 摘む人もなく」 爺さん



[3318/3317/3316/3315]  
[3:4] 雪が降る・・ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/01/27(Sun) 11:09 No.3315  

ヒストグラム
1300 x 883 (288 kB)


この地方にしては珍しく雪が降りました。
「雪が降る」はサルバトーレ・アダモのヒット曲で世界中で歌われ、日本では安井かずみの訳詩で知られています。

「雪が降る、あなたは来ない・・・」家内がいなくなってから、最初のフレーズで胸につかえてその先が歌えなくなってしまいます。

空を見上げた時、降ってくる雪は灰色や黒に見えますが、地上に降り立つと真っ白になります。



[2] Re: 雪が降る・・ 通太郎爺さん - 2019/01/27(Sun) 11:29 No.3316  

ヒストグラム
1300 x 867 (478 kB)


「白い思い出」も雪をうたった中で、私の好きな歌です。
「雪が降ってきた ほんの少しだけど 私の心の中に 積もりそうな雪だった 幸せをなくした 黒い心の中に 冷たくさびしい 白い手がしのびよる」
山崎唯という人の作詞作曲ですがこの方、57歳ぐらいで脳溢血か何かで亡くなられました。

園田憲一のディキシーランドジャズバンドでピアノを担当していた頃、演奏を聴いたことがあります。



[3] Re: 雪が降る・・ 通太郎爺さん - 2019/01/27(Sun) 11:34 No.3317  

ヒストグラム
1300 x 867 (158 kB)


今朝になると少し雪景色になりました。
学生時代、沖縄から来た友人が、初めての雪に大興奮、雪の中へはだしで飛び出して大騒ぎしました。
布団の綿のように暖かく見えたのだそうです。

人それぞれに生きてきた背景が雪を冷たくも暖かくも感じさせるのでしょうね。



[4] Re: 雪が降る・・ 通太郎爺さん - 2019/01/27(Sun) 11:39 No.3318  

ヒストグラム
1300 x 867 (126 kB)


雪が降ると子供のようにはしゃいでカメラを持ち出していた家内の思い出が、雪の布団に包まれた温かい思い出に変わるのを気長に待つことにしましょう。



[3314/3313]  
[4:2] 妻の愛でし花の咲く頃 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/25(Thu) 22:28 No.3313  

ヒストグラム
1200 x 800 (160 kB)


サクラタデが咲いています。荒れ野に咲く花を草を踏み分けて二人で撮りに行ったのを思い出します。

荒れた草むらの中に紛れて咲く可憐で小さな花は、ともすれば見過ごされてしまうのですが、花好きの家内の目から逃れることはできません。
毎年この時期になると、咲く場所のいくつかを訪れていましたが今年もその時期がやってきました。



[2] Re: 妻の愛でし花の咲く頃 通太郎爺さん - 2018/10/25(Thu) 22:42 No.3314  

ヒストグラム
1200 x 865 (381 kB)


競うようにイヌタデも赤く目立っています。
雑草の中に清々しく咲いているサクラタデを彼女もそっと見に来ているような気がして、風の音にも聞き耳を立ててしまいます。

亡き妻の 愛でし荒れ野のサクラタデ 風の音にも懐かしさあり



[3312/3311]  
[5:2] 虹 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/11(Thu) 21:48 No.3311  

ヒストグラム
1200 x 800 (203 kB)


薄っすらと虹が出ました。なんとなく夢がありますね。

ジュディーガーランドの歌う「虹の彼方に」は映画「オズの魔法使い」に出てきますが最初のフレーズの Somewere over the Rainbow ・・・に始まる挿入歌もいいですね。
(虹の彼方のどこか、高い高い所に続く道があって、その先にある場所のことを、子守歌で聞いたことがあるの・・)

虹を見るたびに、この映画を思い出します。家内も若い頃から映画が好きでした。
何かのきっかけで映画の話になると、次々に色々な場面や俳優の話になって仕事もそっちのけで話していたのを思い出します。

あの虹の彼方から家内が「オズの魔法使い」を思い出させる仕掛けをしているのでしょうね。



[2] Re: 虹 通太郎爺さん - 2018/10/12(Fri) 22:20 No.3312  

ヒストグラム
1200 x 800 (283 kB)


虹の橋の全部を見ることはめったにありませんが、三重県北部の中里ダムで珍しい光景に出会ったことがあります。

霙の降る冷たい空に、悠然と現れた虹の橋・・
誰もいないダム湖の駐車場で、車の中から家内と二人で消えるまで見ていました。

思い出のひと時は神様のプレゼントだったのかもしれません。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)