(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【カラー自家現像サロン】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺さんの健康談話室 ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/11/06 20:38:47

−スレッド一覧 (最新 50 件) −

1: 肩は炎症のようでした (3) 2: 食事と認知症 (2) 3: 泣きたくなります (8) 4: お久しぶりです。当然の報いです・・・ (4) 5: 逆襲 (2) 6: コロナあれこれ (6) 7: 無題 (2) 8: 口内炎について (1) 9: 肉食と温暖化 (1) 10: 無題 (4) 11: もち麦は朝と昼に・・?? (1) 12: 侘助様のご質問に・・ (3) 13: 癌になった時の手術の事 (10) 14: フッ素と歯磨きの件 (1) 15: バイキングでノロウイルス (1) 16: ワード検索してみてください (4) 17: 食事療法 芋類、その他について (7) 18: ペットの食事の事 (2) 19: 体内からの口臭 (4) 20: O-157で死者が・・ (5) 21: 免疫療法の勘違い (1) 22: 膀胱がん (1) 23: 便秘について (1) 24: 白血病・気になったこと (1) 25: 野菜工場の野菜 (1) 26: 2017年上半期が終わります (3) 27: 2017年、よろしくお願いいたします (4) 28: 塩分と高血圧 (9) 29: 魚を食べない人達??? (5) 30: 気になるデータ (4) 31: 血糖値スパイク (2) 32: 夏も終わって (4) 33: ご報告ー肌が変わった! (4) 34: 週刊誌の記事 (6) 35: 気になることがあります (3) 36: 病院が減ると病人も減る? (1) 37: 気になるコーヒーの話 (1) 38: 無題 (2) 39: 抗血液凝固剤ワーファリンについて (2) 40: STAP細胞は実在した (3) 41: 食後の水 (4) 42: 海藻類 (5) 43: サウナ (5) 44: 断食について (3) 45: 胃癌と白血病 (1) 46: ガンとコーヒー (1) 47: 戦前派 (1) 48: 風呂で亡くなる方が・・ (1) 49: 本年もよろしくお願い致します。 (2) 50: 今年はお世話になりました (3)

>>記事一覧 >>画像一覧



[497/496/494]  
[1:3] 肩は炎症のようでした 投稿者:メロンパンナ 投稿日:2020/11/06(Fri) 16:42 No.494  
こんにちは。
河野様のご指摘に、なるほどと思い整形で診てもらいました。
どうやら筋の炎症のようです。
ただ、こんなに長くなるのは五十肩などの老化や
寒冷地である現住地の寒さ、冷えがあるので気を付けてくださいといわれました。

思い返せば・・・子どものころから捻挫をすると年単位で痛んだり、尾骨打撲で骨髄腫疑惑をかけられてきたことを思い出しました。

アトピーのお話をありがとうございます。
確かに小さな毛穴から出るのは大変ですよね。。。

それにしても・・・
闘病中の人のブログを見ると、食事は好きなものを食べている・・・と改めて気が付きました。
そして日本中が、美味しいもの万歳、肉や魚をいかに多く
美味しく食べるか、美味しいお酒を飲めるか、乳製品をたっぷり使ったデザートの美味しさをタレントを使って宣伝・・・これでは病気の人は減らないと改めて思いました。



[2] Re: 肩は炎症のようでした 通太郎爺さん - 2020/11/06(Fri) 19:07 No.496  

今晩は。
>闘病中の人のブログを見ると、食事は好きなものを食べている・・・

まさにおっしゃる通りで、何のための闘病なのか訳が分からない方々がおられます。
世の中からいろいろな病気がどんどん消えていくのなら今の食事で間違いないのでしょうが、現実はその逆です。

病院の食事ですら、とんでもない間違いをやらかしています。
民族固有の食事について学んだことすらないままの治療でガンを初めとする、色々な病気が治るはずもありません。

「食」は、気候風土に根差した民族固有の文化ですので、これに逆らえば体調が崩れて当然でしょう。
長い間、島国で暮らしてきた日本民族は他の民族との血の交流が少なく、特異とも言える食物反応があるように感じられます。

民族意識がどうこう言う前の段階で「体」そのものが海外の食べ物に順応出来ないのです。残念ですがこれが事実です。

おそらくこれからもガンをはじめとする「民族にとって不適切な食物由来の病気」が増えて人口は減り続けるでしょう。

いろいろ言ったところで信じない人達が多いので、諦めるしかないでしょう。
ただし、このコーナーにご縁のあった方々だけでも、健康な日々を過ごして頂きたいものだと願うばかりです。



[3] ありがとうございます。 メロンパンナ - 2020/11/06(Fri) 20:38 No.497  

早速のお返事をありがとうございます。
子どものころ、捻挫や尾てい骨打撲時のことを振り返ってみますと・・・甘いもの、西洋菓子が大好きで野菜果物が苦手、好き嫌いの多い子どもでした。なるほど、そういう食生活ではすべてに波及していたのですね。乗り物酔いがひどく10分でダメ、体力がなくて学内の体育大会で倒れる・・・ろくでもないエピソードが出てきます(笑)

長い間の民族固有の食生活に合わないもの、昔欧州人と結婚した日本女性が乳がんから安楽死を選んだドキュメンタリー番組がありました。。。。。
がんは、生活習慣病とも言えますね。

今日は多忙を極めヘトヘトですが、また明日から、身体の中がすっきりする純日本食ビーガンで過ごそうと思うと気持ちが安らぎます。



[495/436]  
[2:2] 食事と認知症 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/02/10(Sat) 09:40 No.436  
食事が認知症に影響するのかもしれないということは、以前から薄々感じていることです。
私は5人の老人を家内と二人で順次見送りましたが、叔父一人を除いて他の4人には程度の差こそあれ認知症が見られました。
必然的に老人ホームや医者の方々とも付き合っていたので有益な経験をさせていただきましたが、大きな目安は肉食系と水の摂取不足ではないかと思われます。

認知症の初期症状は、至近距離で面倒を見ているほど判別がしにくいものです。
変化が非常にゆっくりなので、少し意固地になったかな・・と思う程度で日々が過ぎて行ってしまいます。
何かを間違えても、言い訳がうまくなり、納得させられてしまったりします。

日にちや曜日、時間などを間違えば一般社会では通用しなくなりますが、毎日が日曜日なので間違えた・・と言われれば、そんなもんかと納得してしまいます。

ところが注意してよく聞いてみると次の日も、また次の日も同じように間違えます。そのたびに言い訳が変わりうまく言い逃れます。

一番よく分かるのは「社会性を失った言動」です。社会的に少しおかしいのではないかなと思うことを言い張り、一方的に自分なりの理屈を言い張るようになります。

「社会性の喪失」は車の免許の返納時期などにも影響が出てきます。
ペーパーテストなどでは到底わからない部分で認知症は進行しますから要注意でしょう。
自分の危険な状態が車社会とどうかかわっているのかの判断が鈍った時点で怪しいとも言えます。

認知症の初期段階は目立たないものです。
誹謗中傷などではなく本人の気づかないような病的な症状ですから、風邪を引いたぐらいに考えて診察を受けるべきでしょう。
私も同じようにボケがやってくるでしょう。しかし「運転」しなければ少なくとも交通事故で他人に危害を加えることは防げます。
父との経験上、私は75歳直前で返納しました。
頭の体操も大切ですが、まずは食事から注意して、頭へ流れる血液をサラサラにしておくのが大切かと思います。

認知症は恥でも何でもありません。早めにそれなりの処置をして社会的に迷惑をかけない範囲で暮らす以外に今のところ方法はないようです。



[2] Re: 食事と認知症 メロンパンナ - 2020/11/06(Fri) 17:22 No.495  

身につまされる思いで読みました。
父親が認知症、軽度です。
本人も、何故自分はこんなにも頭が働かないのだと嘆いたりする姿は子どもとして悲しいものです。

食生活は、おっしゃる通り、毎晩晩酌とお刺身が習慣でした。
血圧が高いため、軽めの降圧剤を飲み続けていたことも認知症の大きな引き金になったのだと思います。

犬や猫の餌だって、疾病対策モノがあるのに、人間だけが野放しとは・・・という思いです。



[493/492/491/490/489]  
[3:8] 泣きたくなります 投稿者:メロンパンナ 投稿日:2020/10/31(Sat) 08:32 No.486  
おはようございます。
超音波検査で胆嚢ポリープの存在はかなり前から指摘されてきました。
先生によって大きさに微妙な違いはあるようですが、数ミリ単位のものが複数個あるのは間違いないようです。
排便時に、時々少し白っぽいモノがあり(汚い話ですみません)
これまで油断していたツケだと痛感しています。
去年、CTで腎臓と肝臓に嚢胞があるようだが治療対象ではないと言われていたことも思い出しました。
子どものことで自分の身体は二の次、常にマイナスの感情にとらわれてきた数年も身体にはよくなかったのだと改めて反省しています。
お水や白湯を飲むと身体がすっきりするーと子どもが言い出し改めてお爺様のおっしゃることを実感しています。
尿の量も増えて身体がすっきりするのは私も同様です。



[2] Re: 泣きたくなります 通太郎爺さん - 2020/10/31(Sat) 13:27 No.487  

私のような老人でさえ体重の半分は水です。
若いほど水の量は多く幼児などは8割ぐらいが水の重さだといわれています。
その水が濁れば体調に悪影響が出るのは当然でしょう。
ところが体の表面ばかり気にして顔に化粧をしてみたり、肌の手入れなど怠りなくやっているのが大半の人達ではないでしょうか。

子供の頃から水(水分という言い方ではなくではなく、生水や湯冷ましなど)をよく飲むように教えた結果、我が家の二人の男の子はニキビもできず肌がきれいと言われて育ちました。
生まれつきのアレルギーでもない限りニキビは水で治るようです。

治療対象ではない程度の疾患なら、水で体内をきれいにするだけで大丈夫だと思われます。

ガンで相談に見えた母親に付き添ってきた娘さんが、結婚して7年、子供が出来ず諦めていたそうですが、母親のガン治療の為の食事(肉食を控える)療法と水の話を聞いて、自分もやってみると夫婦で実行したところ、半年もしないうちに妊娠したと喜びの電話をいただいたことがあります。

水と食事が効いたのかどうかは知りませんが、その他にもう一件同じような例がありましたので、何か関係があるのかもしれません。

体内を流れる水が奇麗でないと毒素が溜まり、こらえ切れずに肌に出てきたり、臓器の疲労につながります。

膝や腰が痛くなるのもリンパ節にゴミが溜まって、これ以上動かさないでほしいという信号を送っていると思われます。
サプリなどで痛みだけを止めるより、水(適度な塩分も必要ですが)を飲んでリンパ節をキレイにしてみてはいかがでしょうか。



[3] ありがとうございます メロンパンナ - 2020/10/31(Sat) 16:39 No.488  

早速のあたたかいお返事に心から感謝いたします。
食事と水で、多くのことが改善できるお話を、お知らせくださる方はあまりいらっしゃらないのではないかと、改めてここに辿りつけたことに感謝です。

若いころから洋食中心、洋食信仰でした(笑)
安井かずみさんに憧れていました(苦笑)
身体が悲鳴を上げてSOSを発信していたのですね。
韓国料理は好きですが毎日食べることは不可能でした。
尿道あたりがヒリヒリして、腎機能の数値が悪くなったことを覚えています。
中華料理教室に通いたく、一時独学で作っていた時も途中で身体の具合が微妙におかしくなりやめました。

今は難病を治した、効果があった、克服したーとなると、すぐに商売したがる人が多いように思います。
体験談からサプリやなにやら高額で売るサイトがたくさんあります。
水で体内をきれいにすること、これを手帳に書き写して日々取り組みます。



[4] Re: 泣きたくなります 通太郎爺さん - 2020/11/01(Sun) 22:09 No.489  

日本中が「洋食一辺倒」なので仕方ないですね。そのためでしょうか、一般人も有名人も差別なくガンで亡くなられます。
「食と言語」は民族固有の文化なのでいきなり変えることは出来ません。
内臓も体形も肌の色も、顔つきさえも違う民族の真似をしても上手くいかないのは当たり前なのですが、外国の言語に慣れるのは努力が必要なので食べることだけマネするんですね。
冗談ですが・・もし、法律で、英語のしゃべれない人は洋食禁止・・とかになったら面白いでしょうね。
ガンが減るかもしれません。

体内に奇麗な水を流して侵入してきた害毒を流すことは免疫を上げることにもつながります。
適度な塩分とともに十分な水を飲んでいればコロナにも有効かもしれません。



[5] 笑ってしまいました メロンパンナ - 2020/11/02(Mon) 04:33 No.490  

通太郎爺様、おはようございます。

**冗談ですが・・もし、法律で、英語のしゃべれない人は洋食禁止・・とかになったら面白いでしょうね。
ガンが減るかもしれません。

笑ってしまいました。朝から爆笑です!

水分をとる、そして内臓が疲れるものは食べない、
これを離れて暮らす子どもにも伝えます。
都会で暮らす子どものアパートの水はまずいのです・・・。
3000円くらいの取り付ける浄水器をつけてますが、あああ・・・といった感じです。
湯冷ましにすれば少しはいいようですので、湯冷ましを薦めます。
貴重な情報をありがとうございます。





[6] Re: 泣きたくなります 通太郎爺さん - 2020/11/02(Mon) 09:15 No.491  

笑うことによって免疫が上がるのだそうで、大いに笑ってください。
知り合いの人が、店の入り口に「胴長短足センサー」をつけてピッ!と鳴ってバーが閉じるてえのはどうだとか、じゃあお前ならピッ!どころかブザーが鳴るぞ、いや、サイレンだろ・・とかで盛り上がっておりました。

漫才のネタになりそうですね。
大いに笑ってコロナに打ち勝てれば、それも健康談話の内でしょう。



[7] 笑! メロンパンナ - 2020/11/04(Wed) 06:11 No.492  

おはようございます。
落語のようで笑ってしまいました。
胴長短足、ワンコならダックスフント、可愛いですよね。
個人的には柴犬や秋田犬が大好きです。

ご報告と伺いたいことがあります。
この春に鉄棒の懸垂で肩を傷め、筋が炎症を起こしていると言われブロック注射や電気治療をしてもまだ痛む・・・
水、湯冷ましをよく飲むようにしたら痛みが薄れてきました!

もうひとつはアトピーのことです。
大人になってもどうもよくならないアトピーにはどう対処すべきなのだろうかと。
最近のお薬は、ステロイドではありませんが、効く人と効かない人がいるようです。
ご意見をいただければ嬉しいです。
新期投稿にしようとしましたが、なぜかパスワードがエラーになってしまい、長々としたものにしてすみません。



[8] Re: 泣きたくなります 通太郎爺さん - 2020/11/04(Wed) 09:25 No.493  

>鉄棒の懸垂で肩を傷め

ブロック注射をしなければならないほどの筋肉の痛みが長期間続くとは・・炎症だけなのかどうか気になります。
セカンドオピニオンも考えてみてはいかがでしょうか。

アトピーの件ですが、子供の時にひどかったものが大人になると治るのは、毛穴が大きくなることや、膀胱が大きくなり小便の量も増えて代謝がよくなることなどの効果が大きいといわれています。
水を飲んで体内の細胞水をキレイにすると必然的に小便の量も増えますので、体内の不純物を小便で出してしまうという効果のほうはある程度解消できそうです。

もう一方の生まれつき小さい毛穴を大きくするのはほとんど不可能に近いでしょう。
風呂で冷水と温水に交互に入って毛穴を半強制的に広げてやる・・などの方法もあるようですがやりかたが難しいようで一般的ではありません。

1分ずつ交互に冷水と温水に浸かるという冷温法は心臓に欠陥があったり血圧が高かったりすると危険を伴います。

乾布摩擦は昔からある方法ですがある程度の効果はあるようです。
冷温方法の簡易型で冬に素裸になって1分、そのまま布団をかぶって2分というのがあります。
これを一日一回10分から20分毎日繰り返すのですが、血行が良くなるせいか色々な不快感がなくなる効果があります。
体のアトピーの場合、汗より辛い目の塩水(温水)に浸かるという方法を聞いたことがあります。
海水浴で治ったなども、この効果なのかもしれません。

浴槽全部を塩水にするのは難しいので自分の体がスッポリ入る程度のビニール袋に足のくるぶし程度の塩水を入れ、その中に入って湯船にに浸かると全体に塩水が回って塩水の湯舟と同じ効果があるという話も聞いたことがあります。

要は、体内の不純物が毛穴から出にくい、又は毛穴が詰まっている状態ですから、皮膚の外に体液より濃い塩水を直接当てて浸透圧を利用して体内から不純物を出してやることが良いのだと思います。

生まれてすぐ保育器に入ったとか、子供の頃、親がエアコンを強くしすぎるクセがあったとかの人に多いようです。



[485/484/483/482]  
[4:4] お久しぶりです。当然の報いです・・・ 投稿者:メロンパンナ 投稿日:2020/10/24(Sat) 08:48 No.482  
河野様、随分とご無沙汰しております。
子どもの進学あれこれであれよあれよと時間が過ぎ、いつの間にか、お酒やたばこは一切やりませんが、現代人の食生活に少し気を付けた程度のものになっておりました。
そして・・・当然のことですが先日は新たな腫瘍らしきものがCTに写り3か月後に再度CT撮影ということになりました・・・。

以前、MASA様から、そんなに緩い気持ちでいてはダメではないかと愛あるコメントいただいたことも思い出し、不肖の息子ならぬオバサンですが、どうしてもこちらの掲示板が気になって参りました。馬鹿がいくつついても表現できないほどの自分です。

医者からは、比較的おとなしめの腫瘍である可能性が高いこと、自分の何人かの患者も同様に数年経過観察をしていることなどーを聞かされましたが、すっかり夜は眠れなくなり昼は物事に手が付かず時間が過ぎて行っています。
現時点ではエックス線には映らないもので、手術をしてもどこかわからないほどの大きさなのだそうです。
さらにはこの春に鉄棒で懸垂をして右肩を痛め、整形外科で治療を受けていますが夜も痛んで鎮痛剤を飲んで、薬が切れるとまた痛むーという有様です。
書きながら自分の愚かさに情けなさしかありません。



[2] Re: お久しぶりです。当然の報いです・・・ 通太郎爺さん - 2020/10/24(Sat) 22:58 No.483  

その程度ならあまり気にすることもないのかもしれませんが、そのままの食生活を続けていると後戻りできなくなります。
明日、ゆっくり書きますね。
今なら戻れますからゆっくりお休みください。



[3] Re: お久しぶりです。当然の報いです・・・ 通太郎爺さん - 2020/10/25(Sun) 06:06 No.484  

お早うございます。ご心配なことでしょう、お察しいたします。
ご相談に見えた方々の経過から見ると、一度、がん細胞を作ってしまうと、腫瘍を手術で取り去ったとしても体内にガン細胞へ移行しやすい組織が出来てしまい、二度目は早いです。
癌になる組織は誰にでもあるのだそうですが、一度でも完成されたガンになった組織があると、それを学習したDNAが体内に残っていて、二度目はわずかな食事の後戻りでもガンが発生するようです。

ガンを避けるやり方がわかっているのですから、サボらずに続けてください。
今なら十分に間に合うと思います。頑張ってください。

世間ではGo-To○○とやらで、見ただけでガンになりそうな食べ物の広告ばかりが目につきますが、これが普通と思っている限り日本からガンはなくならないでしょう。

何を言っても、多くの人々が信じませんから、老若男女構わずガンになって死んでゆきます。残念ですが自然淘汰としか思えません。

戦争反対も原爆反対も意義あることですが、まずは自分の健康、自分がガンで今すぐ死なないことの方が大切です。
世の中の栄養伝説にダマされずガンにならない、なりにくい食事を心がけましょう。



[4] Re: お久しぶりです。当然の報いです・・・ メロンパンナ - 2020/10/26(Mon) 05:25 No.485  

河野様、おはようございます。
せっかく一昨日そして昨日とお返事をくださっておりましたのに、すぐにお礼もできず申し訳ありませんでした。

まずは取り組みます。

世の中は食べることと、吐き気を催すような異常な性欲を刺激する広告だらけで、特にスマホはひどすぎます。
GO-TO○○、おっしゃる通りです。
どんなものを食べているのかーはその人を見る大きな材料となるように思います。
食べることをタレント活動にされている芸能人をみると、まさに命がけとはこのことだ、月日と共に崩れていく体系や実際に会ったことのある人によれば酷い口臭だったとか・・・お金と引き換えにするにはあまりに恐ろしいと思いました。

ネット社会は実に玉石混交、数か月前には一種のネット詐欺に引っかかったり(愚かです・・・)本当に情けなさ最大値のような私ですが、こちらで河野様に出会えたことはまさに神仏様のお導きであり、現代の水野南北の河野様に深く感謝しております。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。



[481/480]  
[5:2] 逆襲 投稿者:侘助 投稿日:2020/07/07(Tue) 20:22 No.480  
お元気ですか。お久しぶりです。

前回の血液検査でマーカーが500程下がったのにいい気になり、たまに味醂を使って調理したり、飲む水の量が減ったり、頂きもののクッキーを食べたりと緩んだ生活をしていたら、案の定今回の血液検査で、マーカーが500程上昇してしまいました。

マーカーがたった一度下がったくらいで癌を甘くみて全てを無駄にしてしまいました。

また一からやり直しです。
命懸けのはずが自分への甘さが恥かしい限りです。

次回はいい報告が出来るよう努力します。

コロナに大雨にと大変なご時世ですが、どうかお元気でお過ごし下さい。



[2] Re: 逆襲 通太郎爺さん - 2020/07/08(Wed) 09:23 No.481  

身体に合わない食事でなった病気ですから、食が元に戻れば元の木阿弥は当然で、身体が正直に反応している証拠でしょう。
反応がある内に治してしまわないと元に戻らなくなります。今のうちに癌から抜け出してください。

テレビをはじめ世の中の全てが朝から晩までどこかで肉料理番組をやり、旅といえば食べることが主体で品数だけ多くて不健康な食い物を並べるものばかり。

私の子供のころ「鬼畜米英」と言って戦争に勝つことばかりを世の中が本気で信じていたのによく似ています。
肉食も甘いものも悪いことではないと信じ切っていて、そういう報道をすることに何の罪悪感も感じていないのです。
「鬼畜米英」を良いことと報道して日本中を信じさせた人達とどこが違うのでしょうね。

今や、何が多くの日本人を殺しているのか、何が目の前の敵なのかを見据えて御自分が助かってください。

今のところ、コロナも自分の免疫で戦う以外に方法はないようです。
免疫を下げない方法の一つに「胃に負担をかけない食事」があります。
老人が重症化しやすいのは、若者と同じような食事をして長時間胃に負担をかけてしまうことがあります。
若者なら短時間で消化しきれるものも、年齢に伴う胃腸の老化に気づかずにいると急激に免疫が下がってしまうようです。

肉食で元気になるなら肉食動物のほうがずっと長生きのはずですが、事実は全く逆です。
動物と人間とは違うと思うほうが変だと思うのですが・・・

食の本質は「命を保つため」です。「命を縮めるため」ではありませんので美味しいとか不味いとかでの判断には注意が必要です。

桜も見られたし、夏を乗り切って、もうひと頑張りしてください。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)