(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺さんの健康談話室 ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2017/01/28 17:05:06

−スレッド一覧 (最新 50 件) −

1: 2017年、よろしくお願いいたします (4) 2: 塩分と高血圧 (9) 3: 魚を食べない人達??? (5) 4: 気になるデータ (4) 5: 血糖値スパイク (2) 6: 夏も終わって (4) 7: ご報告ー肌が変わった! (4) 8: 週刊誌の記事 (6) 9: 気になることがあります (3) 10: 病院が減ると病人も減る? (1) 11: 気になるコーヒーの話 (1) 12: 無題 (2) 13: 抗血液凝固剤ワーファリンについて (2) 14: STAP細胞は実在した (3) 15: 食後の水 (4) 16: 海藻類 (5) 17: サウナ (5) 18: 断食について (3) 19: 胃癌と白血病 (1) 20: ガンとコーヒー (1) 21: 戦前派 (1) 22: 風呂で亡くなる方が・・ (1) 23: 本年もよろしくお願い致します。 (2) 24: 今年はお世話になりました (3) 25: 関節炎について (7) 26: 儀式関連で (2) 27: おにぎりダイエット (8) 28: 手術と病院食について (3) 29: スポーツなのか? (1) 30: 無理をしない (1) 31: 乳がんも治ります (1) 32: 川島なお美さんに思う (3) 33: 調味料、パン、毎日の献立 (4) 34: 付き合いで外食が続くとき (7) 35: 舌の色について (5) 36: アレルギーの記事 (1) 37: ラーメンとアイスクリーム (3) 38: 金子様の質問 (8) 39: 外食したら (5) 40: これは凄いお話です (7) 41: 古くからあった少食主義 (7) 42: 癌の食事療法 糖質について (5) 43: 宣伝のようなもの (1) 44: 牛乳について (1) 45: 血液によるがんの診断 (1) 46: 生野菜と生ジュース (1) 47: 栄養素って何でしょう (1) 48: お答えします (1) 49: 使い回し (1) 50: 水中毒について (1)

>>記事一覧 >>画像一覧



[286/285/284/283/229]  
[41:7] 古くからあった少食主義 投稿者:爺さん 投稿日:2012/01/29(Sun) 21:14 No.227  
このページの管理人さんが以下のような記事をご紹介下さったので参考になさってください。
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/ContentViewServlet?METAID=10067311&TYPE=HTML_FILE&POS=1&LANG=JA

大正時代、すでに過食の戒めがあったにもかかわらず、その後の国家の食料戦略として選んだ欧米化の間違いが正されずに今日まで来てしまったことはまことに残念ですね。

とても参考になる記事をご紹介頂いた管理人さんに感謝します。



[2] Re: 古くからあった少食主義 爺さん - 2012/01/29(Sun) 21:15 No.228  

元の記事はこちらだそうです。
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/sinbun/index.html



[3] Re: 古くからあった少食主義 爺さん - 2012/01/29(Sun) 21:17 No.229  

ただし生食については、肝臓ガンなどの例がありますのであまりお勧めできませんが、、


[4] Re: 古くからあった少食主義 メロンパンナ - 2015/08/05(Wed) 06:43 No.283  

何度もすみません。
私の祖母はもうすぐ100歳ですが、祖母と同じ町内のおばあさんたちも全員長寿です。
亡くなる時も老衰がほとんどです。
祖母が若いころ、田舎ならではの「講」の集まりのときはいつも準備する食事から見ていましたが、地元の野菜中心でたらふく食べるおばあさんたちは皆無でした。
地元野菜料理と少食、味噌も醤油も自家製でした。
それが健康長寿の大きなヒントだと思っています。



[5] Re: 古くからあった少食主義 通太郎爺さん - 2015/08/05(Wed) 08:05 No.284  

メロンパンナさんのおっしゃる通り、現在長寿の人達は、40年ほど前までこういう食生活をしていた人たちなのです。
その人達の年齢を見て日本人が長寿になったなど勘違いも甚だしいと思います。

日本中が、今のようになったのは30年ぐらい前からのことですから、西洋風の食生活を数十年続けた若い人の方がどんどん癌で死んでゆくのは当然でしょう。

100歳の人が若かった頃の食生活を良く見て、日本人の食を見直す時期に来ていると思います。
食習慣は自分で直せますが、麻薬と同じで意志が強くないと目の前にあふれた西洋風の食材の誘惑に負けてしまいます。

肉や魚を食べたいという欲望に正当性を持たせようとしての理屈は、タバコを吸う理屈ばかりを並べる人と同じではないでしょうか。

TVのグルメ志向の宣伝は「悪魔のささやき」だと気付いた人が一人勝ちすればよいだけの話だと思っています。
戦争で死ぬ前に食べすぎて癌で死なないことを考えた方が今は現実的でしょう。



[6] Re: 古くからあった少食主義 メロンパンナ - 2015/08/07(Fri) 07:11 No.285  

おはようございます。
「油中毒」という言葉に納得です。
横文字、カタカナ文字の食事は日本人には合わないものが多いでしょうね。

似た外見の隣国の人たち、韓国や中国でも料理には油を多用しますし、刺激物や息の臭くなる野菜も多食しますものね。

通太郎爺様の、天皇陛下のお話には目からウロコでした。
はい、スケジュールに従って西洋食をフルコースで食べなければならないとは大変なことです。
しかもガン治療、抗がん剤を使いながらの晩餐会での食事とは拷問です。
父親ががんで手術、抗がん剤使用後からは完全に食べるものが変わってしまいました。茹でた野菜数種類程度で、考えてみれば身体が治そうとしてそれしか口にできないのかもしれません。

油ものをなるべく摂らない、それだけで胃も肌も数日で変化がわかります。
この掲示板に出会えたことは本当にラッキーだと思っています。



[7] Re: 古くからあった少食主義 通太郎爺さん - 2015/08/07(Fri) 09:56 No.286  

>父親ががんで手術、抗がん剤使用後からは完全に食べるものが変わってしまいました・・

抗がん剤で胃壁の細胞がヤケド状態なので食べられなくて当然です。
そのままの食べ方で続けても健康上何のさしさわりはありません。
ところが数か月とか一年もすると胃が修復されてきます。この時が一番危険で、又元のようなものを食べ始めます。結果は癌の再発です。

三大栄養素と言うとんでもない説を信じ込まされた日本人は、これを頭から取り去るのが難しいのです。
戦争に突き進んでいった戦前の雰囲気は「鬼畜米英」と国民の殆どが信じて勝てると思っていたのに似ています。
だれも異論を唱えずこれ見よがしにTVで悪い食べ物(とは思っていない)を宣伝しています。

こういう雰囲気の下で国民がなだれ込むように戦争に突き進み、現代では病気になってゆきます。
誰もが騙されているとは感じていないのです。
世間では正しいと言われている食事をしているのになぜ病気が増えるのかについて疑わないのです。

NHKの朝ドラはチラッとしか見ていませんが、私の知り合いのお孫さんがパティシェになると言って修行中に23歳で肝臓がんで亡くなりました。
熱心な方こそ危険ですね。

>韓国や中国でも料理には油を多用しますし、刺激物や息の臭くなる野菜も多食しますものね。

民族によって生まれた時から体内に持っている消化酵素が違っています。例えば韓国人はピリ辛やニンニクなどの消化酵素を持っているので大丈夫ですが、日本人はダメです。

油中毒と甘いもの中毒は子供も摂取しますので、タバコや酒よりずっと危険ですが、国を挙げて給食で食べさせています。
軍国教育によく似ています。こうやって滲むように国民がダメになってゆき、気付いた人が少しだけ残ることになるのかもしれません。




[275/274/273/269/268]  
[42:5] 癌の食事療法 糖質について 投稿者:伊藤 投稿日:2015/02/18(Wed) 12:24 No.268  
父が皮膚癌のメリノーマと言われ、足の裏に出来た腫瘍を取り、
2週間後の生検検査の結果待ちです。
術前の説明では、再発しない様に、先ず3年間は月に1度
インターフェロんの注射を打っていく事に…と言われ、
熱が出たりします。っと。
抗がん剤などの薬物は、身体へのダメージが怖いので、食事を改めるのは先決と考えてはいますが、それだけでいいのか不安もあります。
インターフェロんの注射を打ちながら、食事療法を併用した方がいいものなのか、誰に相談したらいいのかも分かりません。

次に、食事療法についてですが、癌はブドウ糖を餌にして、増殖すると読んだので、糖質を完全にカットしようと白米→玄米にと考えておりましたが、記事を読むと玄米は止めた方がいい!っと…
糖質が餌とならない様な食事を目指そうと考えてましたが、
少しなら白米を食べでも大丈夫でしょうか?
朝も青汁ぐらいの野菜ジュースにしようと考えていたんですが、
野菜ジュースも良くないんですか?




[2] Re: 癌の食事療法 糖質について 爺さん - 2015/02/19(Thu) 23:56 No.269  

メラノーマとかメリノーマとか言われるやつですね。
悪性の腫瘍と言われていますが、これが皮膚近くに出来るということは体の内部にも癌の要素が沢山あることが予想されるらしいです。

インターフェロンを打ちながら食事療法をやっても、残念ながら効果はありません。
治療の方向性が真逆だからです。
免疫を高めて癌細胞を消すのが食事療法ですが、体質改善が基本なので効果が出るには数か月から一年以上かかることもあります。
インターフェロンや抗がん剤は免疫を下げますが、この効き目は劇的です。
皮膚病を治そうと熱湯をかけて、後で水に浸けてもヤケドは治りません。
食事療法は体内の悪性物質を水で少しずつ洗って治すようなものなので熱湯で一気に焼き尽くしてしまうやり方と同時にやっても効果が無いのです。

>癌はブドウ糖を餌にして、増殖すると読んだので

白米は体内で単純に糖質にはならないようです。研究室のビーカーやシャーレの中での実験では糖質かもしれませんが、日本人の体内では米に対する特別な酵素が働くらしくそのまま糖質になったりはしないようです。
体内でどう変化するのか生きたまま体内を調べた実験データなどないので不明です。

私は数十年、白米を一日に2合以上食べ続けていますが全く肥満とは関係ありませんし、お仲間も同じです。
ただし、肉、魚、卵、乳製品などは食べませんが。

生ジュースが日本人の肝臓に良くないらしいことは多くの方の肝臓がんから知ったことで、医学的にどうかは知りません。
玄米は、ヌカの油が酸化しているのでやはり肝臓をやられます。これもなった方の例で知ったまでです。

私の療法は、自分を含めて実際にやってみた人達や癌の少ない又はならないグループの人達の食べ方を参考にしているだけです。

御父上の食べ方(食べ物の種類)がどのようなものかを調べて、戦後に食べるようになったものを全部やめてみるのが一番手っ取り早いかもしれません。

現在の日本人の食べ方(栄養の考え方を含めた)が大きく間違っていることを納得するのには時間がかかると思います。

私が自信を持って言えることは、動物質の物を一切摂らなくても何の差しさわりもなく、血液検査などの健康診断でも医者に「何も言うことが無く張り合いの無い人」と太鼓判を押される程度の生き方は出来ます。

自分の体は自分で決めて維持するしかないということだけは確かです。



[3] 糖質について 金子 - 2015/07/12(Sun) 20:15 No.273  

コメントが大変参考になります。ありがとうございます。

血糖が高く、流行りの糖質制限食にすべきか悩んでいます。このような体質の場合は、白米を中心とした食事は無理なのでしょうか。

また、おすすめのお食事法は、3食とも同じような献立(お米を中心とした菜食)でよいのでしょうか。

アドバイス頂けると助かります。宜しくお願いします。



[4] Re: 癌の食事療法 糖質について 爺さん - 2015/07/14(Tue) 22:07 No.274  

金子様、今晩は。
私の処へ来られた方々で血糖値が高かったり、高脂血症とかの診断を受けておられた方の殆どが米の制限を医者から言われるようです。

私の知る限りの実際の食事では、米の制限はせず、軽く満腹感のあるまで食べて大丈夫ですが、油物と糖分を完全にカットします。
天ぷらや刺身はダメ、肉もやめます。ヨーグルトを初め、バターやチーズも、つまり乳製品は全てダメです。
こうやって2〜3か月して測定すると下がっていることがほとんどです。

これは、ご夫婦のどちらかが癌治療の為に同じ食事をなさった結果、片方の方の血圧や高脂血症、血糖値などが下がった例が多くあって気付きました。

年齢と共に油脂系統の消化不良が起きやすくなるようですが、今の常識では青魚を食えとか、肉を食えとか言われます。
それらに栄養はあるのかもしれませんが、肝心の体の臓器が年齢と共に中古品になっていては、栄養を摂りこむだけの能力が無いので無駄になるようです。

入れる方の研究は盛んですが、取り込んだ後、体がどう吸収するか、個人差を含めた研究は全くなされていないまま食え食えの大合唱をしているようです。

一度2〜3カ月、米を中心に植物性の物だけでやってみてはいかがでしょう。
但し生野菜はダメで肝臓を痛めますので必ず煮て食べてください。
天ぷらや油いためもダメです。

ちなみに私が10年来やってみても検査結果は全て正常です。



[5] 糖質について 金子 - 2015/07/15(Wed) 18:00 No.275  

アドバイスとても有り難いです。頭でっかちになっている自分と自分の直感での葛藤がありましたが、やっと前へ進めそうです。私にとっては、貴重な情報ばかりでした。ありがとうございました。


 
[43:1] 宣伝のようなもの 投稿者:爺さん 投稿日:2015/05/18(Mon) 23:40 No.272  
サプリメントの宣伝のようなものが入っていたので削除しました。
沢山の相談者の中から、効果があったものだけに絞って書いています。
売買されるような薬品やそれに類する特定の補助食品まがいの物の宣伝には使わないでください。

このページでは、普通に市販されていて普通に一般の人が食べているもの、どこでも誰でも、手に入るもので癌が治ると言っている訳で、「食べない方が良いもの」はありますが「これを食べたら治る」などと言う物を紹介したことはありませんし、そんなものは無いと思っています。

ガンはお金持ちしか治らないような病気ではないと思います。



 
[44:1] 牛乳について 投稿者:爺さん 投稿日:2015/01/03(Sat) 10:08 No.267  
ライブドア-ニュースにこんな話が出ていましたが、すぐ見えなくなってしまいました。
何処かからの圧力でもあったのでしょうか。

http://news.livedoor.com/article/detail/9636068/



 
[45:1] 血液によるがんの診断 投稿者:爺さん 投稿日:2014/08/19(Tue) 21:32 No.266  
僅かの血液を採取するだけで各種のがんを早期発見できそうだという研究が進められているそうです。
ケチをつけるわけではありませんが早期発見されたばかりに、その後の抗がん剤治療によって亡くなる人の例を見てきました。

いくら早期発見しても、治療方法が間違っている限り治らないのは当然ではないでしょうか。
早期発見より、治療法を確立する方が先決だと思うのですが、いまだにこれと言った的確な治療法が見つからないのは不思議でなりません。
医学が向いている方向に間違いがあるのではないでしょうか。

どんな優秀な猟師でも方向を間違えれば弾は当たりません。
ガンはアルコール中毒に似て「油中毒」の一種だと思っています。「アル中」に対して5年たったから、もう酒を飲んでも大丈夫「アル中」にはならないという医者がいるでしょうか。
ガンは油を断ち切らない限り、何度でも出てきます。
転移するのではありません。「アル中」が転移したなんて言わないのと同じで、飲めば再び「アル中」がぶり返すのです。

食事で治っていく人がいるのに医者は知ってか知らずかそういう人の話を聞こうともしません。
癌が食事なんかで治ると困る人たちがいる限り難しいのかもしれませんね。

いやな言い方ですが、今の医療のある限り、早期発見などしない方が長生きできそうな気もします。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)