(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/02/21 06:13:04

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: カラー現像液の混合 (5) NEW! 2: ネガポジの条件 (4) 3: 第一現像の影響 (7) 4: 特別な反転操作なし (12) 5: 反転現像という言葉は無い (2) 6: お気に入りのTRIX 400 (3) 7: 反転液のこと (1) 8: 反転液の薬 (3) 9: ネガポジ現像 (5) 10: モノクロポジで反転液の失敗 (6) 11: エクタ100とリコーフレックス (4) 12: エクタクローム自家現像 U (7) 13: エクタクロームの自家現像 (5) 14: バッキングの外し方 (4) 15: 映画用ネガカラー (3) 16: 基本はネガカラー? (5) 17: たまにはモノクロ (4) 18: リバーサル自家現像は簡単 (5) 19: ネガポジ現像と反転液 (6) 20: ネガポジ現像と反転液 (4)

>>記事一覧 >>画像一覧



[15093/15092/15091/15090]  
[561:4] super IKONTA 530/2 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/12/24(Sun) 07:02 No.15090  

ヒストグラム
1300 x 841 (224 kB)


古来、登山家に愛されてきたカメラですが6x9としてはコンパクトに折りたためて便利、写りが抜群です。
私は山登りなどやったことはないので、高いところと言えばビルの上程度ですが・・

1712-24 super IKONTA tessar 105mm/4.5 (PRO160NS)
中外写真薬品ミニラボ用ABC液(新)1本目 35度3分 
オリエンタル漂白液にEDTA液混合 33度5分 
ミニラボ用定着液(新) 4分



[2] Re: super IKONTA 530/2 通太郎爺さん - 2017/12/24(Sun) 07:05 No.15091  

ヒストグラム
1300 x 781 (253 kB)


津駅の前にある「アスト津」と言うビルに併設されている駐車場の屋上からの風景です。
たまにはこういうものも撮っておくと後で貴重な記録となります。
意識して撮る人が少ないからでしょう。



[3] Re: super IKONTA 530/2 通太郎爺さん - 2017/12/24(Sun) 07:27 No.15092  

ヒストグラム
1093 x 850 (172 kB)


右が以前から使っていたものですが蛇腹の補修をしたので少ししまりが悪くなりました。
左側は蛇腹が新しい感じですが本来のものかどうか不明です。
今回は左のものを使いましたが、どちらにせよよく写ります。



[4] Re: super IKONTA 530/2 通太郎爺さん - 2017/12/24(Sun) 07:30 No.15093  

ヒストグラム
1300 x 862 (247 kB)


高所は大の苦手なので早々に引き上げました。
風の弱い日でないと蛇腹がへこむのがこのカメラの欠点です。



[15089/15088/15087/15086]  
[562:4] ゼノビアその後 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/12/23(Sat) 10:56 No.15086  

ヒストグラム
1194 x 900 (226 kB)


フィルムの」圧板を正常に嵌めてのテスト撮影ですが、少し不安定なのか右側が流れる感じです。

ZENOBIA hesper 75mm/3.5 Acros100 SPD 1:1(3本目) 22度 5分 芽だ少しオーバーな感じでコントラストが強いです。



[2] Re: ゼノビアその後 通太郎爺さん - 2017/12/23(Sat) 11:00 No.15087  

ヒストグラム
1228 x 900 (271 kB)


画面の左側はシャキッとするのですが右1/4ぐらいからが怪しげに流れてきます。



[3] Re: ゼノビアその後 通太郎爺さん - 2017/12/23(Sat) 11:10 No.15088  

ヒストグラム
1241 x 900 (242 kB)


至近距離の場合はほとんど目立たないのですが、蛇腹カメラの弱点が出ているのかもしれません。
人物撮影がほとんどで風景など撮るのはもったいない時代ですからこれで良かったのかもしれませんね〜。

ボデーの調整で何とかなるのかもしれませんし、もう少し使い込んでみます。



[4] Re: ゼノビアその後 通太郎爺さん - 2017/12/23(Sat) 11:28 No.15089  

ヒストグラム
1247 x 900 (246 kB)


流れると言っても、全紙とか全倍とか展示会用に大きく伸ばしたばあいに目立つ程度のことなので、WEBで見る場合にはほとんど問題はありません。
カメラそのものがハイアマチュア向きには作られていないでしょうから値段の面からもあまり文句を言えた義理でないのでしょうね。



[15085/15084/15083/15082/15081]  
[563:6] ZENOBIA 二台目 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/12/22(Fri) 05:18 No.15080  

ヒストグラム
1254 x 900 (238 kB)


最初にやって来たゼノビアの白内障はかなり良くなったのですが完治できそうにないので二台目に来てもらいました。
今度は全くのスッキリ目、おめめパッチリの可愛い子・・・です。
やはり写りは抜群です。

ZENOBIA hesper 75mm/3.5 acros100 SPD 1:1 日本目補充無し 22ど5分30秒 少しオーバー気味



[2] Re: ZENOBIA 二台目 通太郎爺さん - 2017/12/22(Fri) 05:25 No.15081  

ヒストグラム
1314 x 900 (274 kB)


しかし画面右側1/4ぐらいに流れがあるのでボデーを調べたらフィルム圧板の片側のピンが外れていました。
これははめれば良いだけなので修理の内には入りません。次回は大丈夫でしょう。

アクロスの現像もSPDの二本目なので時間延長のつもりで5分30秒としましたが少し過度でした。



[3] Re: ZENOBIA 二台目 通太郎爺さん - 2017/12/22(Fri) 05:38 No.15082  

ヒストグラム
1148 x 850 (184 kB)


左が新入りですが、ボデーが新品同様、レンズは曇りがなく撮影には全く何の影響もありません。
問題は圧板だけなので嵌めなおします。圧力も一般的なものと比べて適当ですので次回は大丈夫でしょう

そもそも日本の蛇腹カメラはイコンタのコピーなので、プレッシャー・プレートの作りも全く同じです。治すのも簡単そのもの心配ご無用、引っかけるて押し込むだけ。



[4] Re: ZENOBIA 二台目 通太郎爺さん - 2017/12/22(Fri) 05:47 No.15083  

ヒストグラム
1174 x 900 (203 kB)


それにしてもすごいレンズです。
戦時中に軍の命令で各メーカーからレンズの技術屋が一堂に集められ、研究し合っていたそうで、戦後、蓋を開けてみたら世界一になっていた・・
とは当時、東芝(トプコンやフジの元祖らしい)に居て若手のレンズガラスの技術者だった父から聞いた話です。

そういう人達が戦後になって各地に散っていったのでしょう。
レンズだけは何処が作っても同じ品質だったような気がします。



[5] Re: ZENOBIA 二台目 通太郎爺さん - 2017/12/22(Fri) 05:53 No.15084  

ヒストグラム
1251 x 900 (309 kB)


次回は圧板を直し、現像に気を付けて再挑戦してみます。
歳をとると軽くてよく写る蛇腹カメラ(フィールドカメラ)が便利になります。



[6] Re: ZENOBIA 二台目 通太郎爺さん - 2017/12/22(Fri) 05:59 No.15085  

ヒストグラム
1218 x 900 (279 kB)


オマケ



[15079/15078/15058/15057/15056]  
[564:7] プリモの光漏れ解決 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/12/19(Tue) 23:46 No.15054  

ヒストグラム
1100 x 767 (193 kB)


15026のプリモの光漏れですが、カウンターの赤窓の周辺からと判明・・と言ってもほとんど定番の様な欠陥なのですが。
周囲に黒いスポンジを切って貼ったら止まりました。

最終的にはボデーの背中に穴をあけてセミ版のナンバーが直接読み取れるように工作するつもりです。



[2] Re: プリモの光漏れ解決 通太郎爺さん - 2017/12/19(Tue) 23:49 No.15055  

ヒストグラム
1191 x 900 (247 kB)


結果は上々、問題無しになりました。

PRIMOFLEX V型? ACROS100 D23現像(難聴になりすぎのようです)



[3] Re: プリモの光漏れ解決 通太郎爺さん - 2017/12/19(Tue) 23:52 No.15056  

ヒストグラム
1168 x 900 (273 kB)


さすがTOKOのレンズ、いいですね〜。



[4] Re: プリモの光漏れ解決 通太郎爺さん - 2017/12/19(Tue) 23:53 No.15057  

ヒストグラム
1205 x 900 (292 kB)


言うことなしです。
ファインダーが暗いのが難点で、フレネルを入れるかどうか悩んでいます。



[5] Re: プリモの光漏れ解決 通太郎爺さん - 2017/12/19(Tue) 23:55 No.15058  

ヒストグラム
1231 x 900 (272 kB)


66のカメラで6x4.5・・・やってみると撮りやすいので、
当分遊べそうです。



[6] Re: プリモの光漏れ解決 ラムネ - 2017/12/21(Thu) 19:28 No.15078  

この写真はとてもよいと思います。何か芸術的な面持ちもあると感じます。ここまでくるのにお疲れ様でした。


[7] Re: プリモの光漏れ解決 通太郎爺さん - 2017/12/21(Thu) 21:45 No.15079  

ラムネさんこんばんは。

>何か芸術的な面持ちもあると感じます。

おほめに預かり恐縮です。木村伊兵衛にあこがれ、少しだけ報道写真も経験した私としては、いまだに記録写真の感覚から抜けきれません。
大げさかもしれませんが、その時の街の「雰囲気」をあるがままに捉え、出来る限りその時にしか撮れない写真を目指しています。
同時にカメラテストもあるのでボケや全体の解像力なども分かればいいな・・と欲張っているのです。
やりたいことの一環をとらえていただけて嬉しいです。



[15077/15076/15075/15074/15073]  
[565:9] 第一現像液の交換時期 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/12/21(Thu) 13:37 No.15069  

ヒストグラム
1094 x 850 (239 kB)


リバーサル現像で、パピトールを第一現像に使う、私式の方法ではウナたれで50t/500tの補充でやってみましたが5〜6本が限度のようです。

これは一本目ですが、それなりにポジとして出ています。
液の濃度は指定されたまま薄めてはいません。ロダンカリ0.5g添加 温度38度 時間6分30秒です。
フィルムはベルビア100(ブローニー)勿論、期限内の新品です。



[2] Re: 第一現像液の交換時期 通太郎爺さん - 2017/12/21(Thu) 13:39 No.15070  

ヒストグラム
960 x 900 (286 kB)


二本目。
あまり変化はなしでしょう。ロダンカリはその都度0.5gを追加しています。



[3] Re: 第一現像液の交換時期 通太郎爺さん - 2017/12/21(Thu) 13:42 No.15071  

ヒストグラム
940 x 900 (238 kB)


3本目ぐらいから少し青っぽくなってきますが、現像時間を7分ぐらいにすれば防げるのかもしれません。
この画面に限って言えば白とび分にピンクのような色が乗っています。
原因は不明です。白とびさせたのが悪いのでしょう。



[4] Re: 第一現像液の交換時期 通太郎爺さん - 2017/12/21(Thu) 13:47 No.15072  

ヒストグラム
1038 x 900 (225 kB)


ポジ用の現像液と言っても基本的にはネガ用にNaOHを添加してpHを12.3ぐらいにしたものです。
これが多いとこの画面のようにグリーンに傾いてきます。



[5] Re: 第一現像液の交換時期 通太郎爺さん - 2017/12/21(Thu) 13:49 No.15073  

ヒストグラム
1242 x 900 (300 kB)


5本目。少し青が強くなってきますが、何とか見られます。



[6] Re: 第一現像液の交換時期 通太郎爺さん - 2017/12/21(Thu) 13:51 No.15074  

ヒストグラム
1197 x 855 (290 kB)


6本目、NaOHの添加無しで使っていると、今度はマゼンタに傾いてきます。



[7] Re: 第一現像液の交換時期 通太郎爺さん - 2017/12/21(Thu) 14:01 No.15075  

ヒストグラム
1042 x 900 (305 kB)


発色の基本はpHを整えることでしょう。
根業の現像液は10.2〜10.4ぐらいですので、そのままではポジの場合はマゼンタに転んでしまいます。
ポジの場合はpH12.3程度は必要なようです。

ポジ撮影の基本としては露光は一絞りぐらい絞る方が綺麗です。白とびしそうなときも暗い部分はあっさり犠牲にするつもりでやらないと画面全体が中途半端になってしまいます。

第一現像が終わった時点で湯でストップします。停止液などは使わない方がムラになりません。
ストップが終わったら幕面をスポンジなどで軽くぬぐいながら湯で洗います。こうすることで反転液を使わなくて済みます。

この後、発色、漂白、定着ですが定着液はケチせず取り換えないと画面に黒い点々が出たりするようです。

今回は全部ブローニーを使いましたが、35mmでも沿うような傾向です。



[8] Re: 第一現像液の交換時期 M.Tanaka - 2017/12/21(Thu) 15:58 No.15076  

このUnion CU というカメラは掛け値なしに「ひろいもの」だと思います。ヌケの良い澄んだ色をしていますね!
しかし、レンズがHesperとなっていますが、もう一台手に入れられたのですか?



[9] Re: 第一現像液の交換時期 通太郎爺さん - 2017/12/21(Thu) 17:39 No.15077  

ヒストグラム
1128 x 900 (268 kB)


Tanakaさん、ご指摘ありがとうございます。
間違いです。ユニオンのレンズはCNOOR(コノールとでも読むのでしょうか)でHesperはゼノビアのレンズです。

仰せの通り抜けの良い素晴らしいレンズだと思います。
Tanakaさんの真似をして、展示用と実用と2台ずつ揃えることにしていますがゼノビアは沢山ありますがユニオンは台数が少なく程度の良いのを探すのに苦労しました。
良いのに当たって幸運でした。
文句なしにすがすがしいレンズです。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)