(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/09/17 06:21:30

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 大失敗の巻 (4) 2: 徒然なるままに・・ (9) 3: ピント合わせの思い込み (4) 4: sigma と sonyの比較 (5) 5: 超広角のピント? (5) 6: Voigtlender 15mm/4.5 (7) 7: 昭和商店街・地元編 (10) 8: しつこく三和商店街 (9) 9: 昭和の雰囲気 (6) 10: 三和商店街 (11) 11: SIGMA DP1 & DP2x (8) 12: 散歩 (4) 13: 絵描きモードにON (1) 14: フォクトレンダー15mm (7) 15: 暑い〜〜〜 (7) 16: レンズの選択肢 (7) 17: SONY α7RU色々テスト (5) 18: くだらない話 (5) 19: Vision 3 よくできたフィルム (4) 20: 手ぶれについて (3)

>>記事一覧 >>画像一覧



[17095/17094/17093/17092]  
[156:4] かなりうまくいきました 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/28(Thu) 16:46 No.17092  

ヒストグラム
1500 x 589 (130 kB)


過マンガン酸カリの漂白でほとんどうまくいくようになりました。
今回は第二現像が強すぎたようで、画像は真っ黒でした。
このままではスキャン不能なので仕上がったフィルムを再漂泊(減感現像に近い)して表面をはぎ取りました。

Nikon F2 (acros 100を150で露光)
@papitol 50cc/250cc(water)+KSCN 1cc(0.5g) 20-23d. 7min. 
A 水洗stop
B 漂白(強)23d.3min. (過マンガン酸カリ3g 濃硫酸 10tを1000tに溶かす)
C 水洗
D 清浄 2min.
E 水洗 
F 第二露光 3分(強い?)
G 第二現像 23d. 6min.(多い) 
H水洗 
I定着(ハイポ)3分 後 水洗

仕上がり後漂白液にて目視で減感



[2] Re: かなりうまくいきました 通太郎爺さん - 2019/02/28(Thu) 16:51 No.17093  

ヒストグラム
1250 x 787 (197 kB)


濃硫酸は少しずつ500t程度の水に入れてください。水が少ないと発熱して危険です。
過マンガン酸カリも500t程度の水によく溶かしてから両方を混ぜ合わせて1000tにします。
何度も使えます。



[3] Re: かなりうまくいきました 通太郎爺さん - 2019/02/28(Thu) 16:54 No.17094  

ヒストグラム
1250 x 830 (195 kB)


洗浄の前に何度も水洗した方が良いでしょう。強い酸の漂白液ですのでそのままフィルムをアルカリ液に入れるとムラの元ですしガスが発生する恐れもあるので危険です。



[4] Re: かなりうまくいきました 通太郎爺さん - 2019/02/28(Thu) 17:00 No.17095  

ヒストグラム
1250 x 789 (217 kB)


今回は、とりあえず・・と言ったところなので今後、完成に向けて挑戦です。



[17091/17090/17089/17088/17087]  
[157:8] 行き詰っております 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/26(Tue) 22:26 No.17084  
モノクロポジの現像には行き詰っています。
何か新しいことでも見つけたらご報告お願いいたします。

漂泊の前に第二露光するというのもやってみています。
色素による反応に関係あるようですが、理屈が分かればさらにうまい方法が見つかると思っています。



[2] Re: 行き詰っております rysk - 2019/02/27(Wed) 17:57 No.17085  

ヒストグラム
1024 x 1024 (109 kB)


こんにちは。
夜更しせぬようにぼちぼちやっております。

カラー用の漂白で漂白後に第二露光をしても反転するものもあるのですね。
その場合も第二現像はタンクに入れてやったほうがよさそうに思います。

カラー漂白でやる場合全体にボケた感じになるのは漂白のせいのような気がします。
或いは漂白前に第二露光をする場合、停止浴で現像液の影響をなくさないとよくならないのではないかと思いますが、まだ実験できていません。
第一現像後の停止浴で改善するならば希望はあるのですが…。

画像は過マンガン酸カリウムで溶解漂白をする、謂わば普通のモノクロリバーサル現像をしてみました。
で第二現像が過剰のようですが、比較のためにも投稿しておきます。
フィルムはコダックのT-MAX 100です。

第一現像:パピトール1:9 + KSCN 0.7g 20度 9分
水洗:2分
漂白:過マンガン酸カリウムと硫酸水素ナトリウム 20度 5分 (液投入後30秒ほどでタンクを開け、以下第二現像終了まで明室)
水洗:2分
洗浄:ピロ亜硫酸ナトリウム 20度 3分
水洗:2分
第二露光:蛍光灯から約20cmの距離で片面30秒、計1分
第二現像:パピトール1:1 20度 6分 (強すぎる)
水洗:5分
定着:コダック フィクサー 20度 10分

第二現像パピトール1:1は通常の反転現像でも強すぎるらしく、ぱっと見たところではフィルム全面が真っ黒で、光に透かしてなんとか像が見えるくらいです。
パピトールでの第二現像が強すぎると定着後や水洗促進浴後の水洗水に色がつかないことが気になっています。

酸素系漂白剤で過酸化水素を発生させて漂白出来ないものかと思い現像済みのネガで試してみましたが、2時間ほど漬けておいてようやく像が薄らいでくる程度なので、使いものにならなそうです。
定着液で硬膜化されて漂白が進みにくいのかもしれませんが。

コーヒー現像をしている人によると、800mlの9%過酸化水素水に200mlのライムジュース(クエン酸9相当らしいです)で38度11分30秒で漂白できるようです。

いずれにしても漂白剤の入手性が悪かったり、時間がかかりすぎたりで悩ましいですね。



[3] Re: 行き詰っております 通太郎爺さん - 2019/02/27(Wed) 20:16 No.17086  

詳しい実験結果をありがとうございます。
ところで、今までの結果を訂正しなければならない部分が出てきました。

探していた昔のレシピが出てきました。
失敗の結果や、大学の化学の先生に質問したりしたものもあり、かなり詳しく分かってきました。
ryskさんのご指摘のように、反転しにくい理由はほぼ100%漂白にあるようです。

強力な酸化剤を使わないと無理なようで、数十年前に使っていた漂白剤は二クロム酸カリと濃硫酸でした。
過マンガン酸カリを使う処方はイルフォードでの推奨処方にもありますが、これでも弱いようです。

その他農業用のEDTAとか赤血塩も使っていますが、いずれも弱くて難しいとあります。

銀の少ないのは画像の濃度に影響するらしいですが、第二現像などでカバーできる範囲のようです。
何度も読み返しいろいろな失敗のデータからしても漂白剤が弱いと全く無理なようです。
逆に言えば、漂白さえまともなら今のフィルムでも十分に反転させられることが分かりました。

漂泊の目安も書いてありましたが現像済みの真っ黒なフィルムが1分程度ですっこぬけになるような強さとあります。
そんな強力な漂白剤があれば全てOKなんでしょうね。



[4] Re: 行き詰っております rysk - 2019/02/27(Wed) 22:01 No.17087  

実験の結果はとても参考になります。
EDTAや赤血塩とロダンカリの組み合わせというのはよくわからず、漂白液も高価なので二の足三の足を踏んでいる状態ですが…。

フィルム乳剤への影響からしても重クロム酸カリと濃硫酸が漂白には適しているようです。
過マンガン酸カリウムでの漂白が多過ぎるとフィルム乳剤が溶けるらしいです。推奨された液、手順では得にそれも感じられませんでしたが。
過マンガン酸カリウムと濃硫酸(の替わりとしての硫酸水素ナトリウム)でも漂白力が弱いようには感じませんでした(重クロム酸カリウムに比して時間がかかりますが)。
漂白の段階では過マンガン酸カリウムの色が濃く(ステンレスも灼けたように黄色く色づきます)、漂白の進行度合いは目視ではわかりにくいですが、
ピロ亜硫酸ナトリウムでの洗浄により、わりあいすんなりとフィルムは乳白色になりました(ステンレスの色づきもすっと消えます)。
今回の失敗は第二現像が強すぎたことにあると思っています。

これに対してカラー用漂白液による反転では漂白効果が薄いというより、漂白による銀への働きが違うので、従来のモノクロ反転現像とは違った理屈があるのだと思います。
出来上がりのポジ画像のモヤモヤが漂白液によって引きおこされているようなので、実用にはならないかもしれませんが、今回通常のモノクロ反転現像をやってみて得る所もありましたので、もう少し実験をしてみようと思います。



[5] Re: 行き詰っております 通太郎爺さん - 2019/02/27(Wed) 22:46 No.17088  

過マンガン酸カリなら手に入りそうなのでやってみたいと思います。
重クロム酸カリと濃硫酸では1分もすると乳白色となり清浄した後ポジ画像がはっきりと見えたのを覚えています。
非常にすっきりとした画像で、当時のフィルムを見ても手間暇かけてもやって損はない感じでした。

安全面を考慮してEDTAを使ってみました。ブロムカリとロダンカリで銀が抜けないかと思ったのですが効果は薄いです。
光の弱い部分ではポジ化しますが明るい部分ではほとんど効果なしです。
赤血塩のほうが効果は大きいような感じですが・・・
ポジ化するには強力な酸化漂白が必要なようですがフォマパンの会社からキットが出ていたような気もします。

長らく忘れていましたがモノクロポジはその魅力にはまると厄介なことになると思います。
でも、やってみたいですね。以前の画像が残っているだけに「夢よもう一度」という気分です。

引き続きよろしくお願いいたします。



[6] Re: 行き詰っております rysk - 2019/02/28(Thu) 00:12 No.17089  

こちらこそよろしくお願いします。
過マンガン酸カリの漂白や洗浄のレシピなどもし必要でしたら参考にしたサイトのURLなど貼ります。

せっかくフィルムで写真を撮ってるのでモノクロもポジ現像できると楽しみも2倍ですね。



[7] Re: 行き詰っております 通太郎爺さん - 2019/02/28(Thu) 08:09 No.17090  

ryskさんお早うございます。

>過マンガン酸カリの漂白や洗浄のレシピなどもし必要でしたら

ありがとうございます。
古いレシピですが数十年前(おそらく40年ぐらい前)に先輩から教えていただいたものがあります。
とりあえずはそれでやってみます。

今朝になって暗室用品のある場所を探したら過マンガン酸カリも出てきました。
現像の大先輩からの頂き物です。古いですが何とかなるかもしれません。
とりあえずはこれでやってみます。
いろいろありがとうございます。今後とももよろしく。



[8] Re: 行き詰っております 通太郎爺さん - 2019/02/28(Thu) 08:57 No.17091  

ピロ亜硫酸ナトリウムが無かったので、清浄前の水洗は特に念入りに長時間かけてやります。


[17083/17082/17081/17080/17079]  
[158:5] これぞテクノロじ〜 なのだ。 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/26(Tue) 21:16 No.17079  

ヒストグラム
885 x 900 (242 kB)


旧道をテクテク行くと古い作りの板塀などがあります。
子供のころは塀といえばどこでも全部がこれでしたが、今見ると何となくおしゃれな感じもしますね。

千里と磯山の間です。



[2] Re: これぞテクノロじ〜 なのだ。 通太郎爺さん - 2019/02/26(Tue) 21:26 No.17080  

ヒストグラム
905 x 900 (267 kB)


和風洋風の入れ混じった街道筋ですが、車もほとんど通らず爺さんがゆっくり歩くには向いています。
アルペンフレックスという八陽光学の二眼レフカメラです。
日本光学といえばニコンですが戦時中の疎開先が八陽光学で戦後分離してアルペン名のカメラを作っていました。

Alpenflex T型 (provia 100F) papitol 60cc/250cc(水) KSCN 1.5cc(0.75g) 37-8d. 6min. C.D. Re50cc/700cc(old) 36d.6min.



[3] Re: これぞテクノロじ〜 なのだ。 通太郎爺さん - 2019/02/26(Tue) 21:33 No.17081  

ヒストグラム
918 x 900 (208 kB)


さすがにレンズは超一流、素晴らしい性能です。
これで機械部分が一流ならローラーイなんかやめてこれ一台にしてもよいと思います。
残念ながらシャッターやボデーなどが少々貧弱。
もし、ローライと同じ値段で売れるんならさらに優れたカメラになっていたでしょう。

旧道も時々車の多い本通りに繋がっていて、雰囲気ぶち壊し〜。



[4] Re: これぞテクノロじ〜 なのだ。 通太郎爺さん - 2019/02/26(Tue) 21:37 No.17082  

ヒストグラム
894 x 900 (223 kB)


旧道に「甕冠地蔵」というのがありましたが、まさに甕(かめ)を冠(かぶり)そのものですね。
折々の祭りもあるようで、どんな祭りなのか気になります。



[5] Re: これぞテクノロじ〜 なのだ。 通太郎爺さん - 2019/02/26(Tue) 21:42 No.17083  

ヒストグラム
891 x 900 (243 kB)


磯山駅に着きました。本日はこれまで。ここから電車で四日市へ・・
テクテク、ノロノロ、爺さんが行く。これぞ「テクノロ爺」なのだ〜〜。

時間を気にしないということは、ありがたいことです。感謝!



[17078/17077/17076/17075]  
[159:4] フィルムの違い 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/26(Tue) 12:39 No.17075  

ヒストグラム
1200 x 668 (154 kB)


この実験を通じてわかったことといえば、最近のフィルムの作り方が、観光地の土産物のような底上げ品だということでした。
銀そのものを少なくする工夫が、見えない部分で進んでいてポジ画像を作るための原料そのものが極端に少ないということでした。

これはエフケというクロアチアで作られていたフィルムによるものですが、何の苦もなく反転ポジになっています。

Nikon F2 nikkor 50mm/1.4 (efke25)前浴充分にすること papitol 100cc/300cc ロダンカリ 0.145g 26度7分15秒 漂白1分15秒 露光1分30秒  第二 papitol 180cc/300cc 1分30秒



[2] Re: フィルムの違い 通太郎爺さん - 2019/02/26(Tue) 12:44 No.17076  

ヒストグラム
1200 x 760 (147 kB)


真面目に銀を使って今まで通りに作ることしかできなかった・・・というのが実情のようでしたが、残念なことに製造する機械の故障から立ち上がれず、製造中止となってしまいました。
実にきれいな昔風の画像を作るフィルムでした。



[3] Re: フィルムの違い 通太郎爺さん - 2019/02/26(Tue) 12:51 No.17077  

ヒストグラム
1200 x 767 (174 kB)


つぶれそうでつぶれない黒の表現が見事で、買い込んでは使っていました。
市販のフィルム全部がアクロス風になってしまった中で、これだけは別口、大好きなフィルムでした。



[4] Re: フィルムの違い 通太郎爺さん - 2019/02/26(Tue) 13:05 No.17078  

ヒストグラム
1200 x 760 (117 kB)


ポジ反転がうまくいかないのは、フィルムのせいだと思います。
エフケで簡単にきれいに行くのに、どうやってもうまくいかないのはフィルムの中に肝心かなめの銀がまばらにしか入っていないからでしょう。

見かけは同じでも中味が違うのですね。
砂糖と思って入れたのが塩だったらぜんざいは食えません。

懐かしのエフケ、幻となったエフケ、、、
「いくら好きでも あなたは遠い 波の彼方へ行ったきり・・・」
都はるみも遠くなりました。(エフケとは関係ありませんね)



[17074/17073/17072/17071]  
[160:4] 今のフィルムで反転は無理か? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/25(Mon) 08:16 No.17071  

ヒストグラム
1557 x 1023 (628 kB)


モノクロ現像液のパピトールを使った実験ですが、銀の代わりに黒い色素で代用しているらしい痕跡です。
ポジにした場合、銀であれば「暗い部分」はしっかり銀が残って黒く表現されます。

ところがこのネガでは社内の暗い部分が白く抜けています。まるでソラリゼーションそっくりです。
光の少ない部分は銀も少ししか現像されず少ない(ネガではすっこぬけになる)のですが、反転の場合、この部分の銀が残って画像を作る・・・はず。
ところが銀が少ない部分は色素も抜けるように作られているので色素チャンが全員どこかへ行ってしまった・・・ような感じです。

よく分かりませんが、本質的にモノクロ現像しても無理なのかもしれません。



[2] Re: 今のフィルムで反転は無理か? 通太郎爺さん - 2019/02/25(Mon) 08:34 No.17072  

ヒストグラム
1300 x 840 (214 kB)


専門家ではないので理論的には間違っているかもしれませんが、黒い色素? がまだらに残ってエッジがぼやけてしまいます。
以前と同じ方法でも漂白液が弱いとこうなるのかもしれませんが、第二現像で全部が真っ黒になるのは抜けるはずの銀が色素と入れ替わってしまうのではないでしょうか。

全くの素人考えなので信じるには及びません。

フィルムはイルフォード FP4 125
第一現像:パピトール50t/350t(水で希釈)28度 2分
水洗の後漂白(オリエンタル250t+KBr5g)目視で幕面が白くなってきたら止める。約2分
水洗2〜3分
清浄液 2分 この時点ではネガ状態
水洗
第二露光:150w30秒で電灯切れる。あとはLED60wタイプで2分 ポジになって来るが薄い
第二現像:第一のを使いまわし 目視で黒くなったらやめる(薄い、もう少し時間をかけるべきか?)
水洗ののちハイポ定着、これも目視でフィルムの乳白色が消えたら上げる。約2分
あとは水洗乾燥



[3] Re: 今のフィルムで反転は無理か? 通太郎爺さん - 2019/02/25(Mon) 08:39 No.17073  

ヒストグラム
1300 x 851 (163 kB)


こちらは第一現像(パピトール)の後と第二現像にカラー現像液を使っています。
黒いカラー「色素?」を正常に反応させるため(あてずっぽうです)ですがかなりきれいにいっています。

やはり今のフィルムでは昔のレシピそのままでは無理なようですね〜。

フィルムはオリエンタルのシーガル100



[4] Re: 今のフィルムで反転は無理か? 通太郎爺さん - 2019/02/25(Mon) 08:43 No.17074  

ヒストグラム
1300 x 877 (282 kB)


銀が極端に少ない(と思われる)今のフィルムでは反転現像そのものが無理なのかもしれませんが、無理を承知でやってみるのもアマチュアの特権かもしれません。

データは17072に同じ

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)