(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/07/17 19:40:45

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 35mm ISO400 ネガカラーフィルムの反転現像 (4) NEW! 2: 戦時中の遺物? (1) NEW! 3: 絵描きモード・スイッチオン (1) 4: 今日は海の日 (1) 5: 絵を描かなきゃ!!!! (5) 6: 短時間現像 (7) 7: タングステン・ネガカラー (1) 8: 古い画像が山ほど・・ (1) 9: ネガポジはほぼ安定 (5) 10: されどアクロス (4) 11: ネガポジに最適 (5) 12: 銀塩雑感 (5) 13: いい加減な実験 (3) 14: Vision3とD76 (4) 15: ポジの低温実験 (4) 16: なぜ4x5? (4) 17: モノクロl短時間高温現像 (6) 18: 映画用Vision3の低温現像 (5) 19: ポジか?ネガか?悩ましい・・ (2) 20: 4x5での実験 (5)

>>記事一覧 >>画像一覧



[17044/17043/17042/17041/17040]  
[131:7] 四日市にて 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/18(Mon) 17:01 No.17038  

ヒストグラム
895 x 900 (267 kB)


この喫茶店は戦後すぐからあったようです。私が小学生の低学年だったころには見かけたような気がします。
「喫茶○○」ではなく「パーラー・・・」と付いているのがいいですね〜。
少なくとも50年以上のお店でしょう。
最初はアイスクリームやぜんざいなど、甘いもの中心の店だったようで、今も店先にアイスクリームのボックスがあり、冬限定のぜんざいは店主のお婆さんの「本仕込み」です。

Rolleiflex 3.5C/E xenotar 75mm/3.5 (provia 100F)
papitol 70cc/250cc(水)+KSCN 0.75g 最初40℃ぐらい最終36度 6分 C.D. Re70cc/700cc 33度 6分



[2] Re: 四日市にて 通太郎爺さん - 2019/02/18(Mon) 17:04 No.17039  

ヒストグラム
894 x 900 (320 kB)


この本屋も70年ぐらい前には見かけたような気がします。
大きくもならず、でも閉店せず元気です。



[3] Re: 四日市にて 通太郎爺さん - 2019/02/18(Mon) 17:07 No.17040  

ヒストグラム
904 x 900 (226 kB)


すぐ近くに今を時めく「イオン」発祥の地があります。この右側あたりにオカダヤという呉服屋があってそれがジャスコになり、全国展開のイオンになりました。



[4] Re: 四日市にて 通太郎爺さん - 2019/02/18(Mon) 17:10 No.17041  

ヒストグラム
861 x 900 (253 kB)


この食堂も古いですね〜。
改装はされていますが、うどんは今もほとんど昔のまま、素うどんを注文すると小鉢にご飯がサービスで付いてきます。
天丼もつゆだくで、ネギたっぷりの昔風味、懐かしい味です。



[5] Re: 四日市にて 通太郎爺さん - 2019/02/18(Mon) 17:23 No.17042  

ヒストグラム
1500 x 941 (2,467 kB)


JR四日市駅近くの「(明るい??)三和商店街」はWEB上ではかなりな商店街通には人気の場所ですが今や崩れかけて危険そのものです。

Topcon hoseman VH-R topcor 90mm/5.6 (provia 100F)
第一現像: papitol+KSCN 18度60分(低温実験)
 発色:30度6分



[6] Re: 四日市にて 通太郎爺さん - 2019/02/18(Mon) 17:26 No.17043  

ヒストグラム
1500 x 1006 (2,769 kB)


下手に「寄り道」なんかしてると生き埋めかもね。

データ17042に同じ



[7] Re: 四日市にて 通太郎爺さん - 2019/02/18(Mon) 17:31 No.17044  

ヒストグラム
1429 x 950 (2,284 kB)


ついでにパーラーイトウの店内もちょっとだけ。カーブした天井が優雅です。

Topcon horseman VH-R (provia 100F) papitol Re50cc+KSCN 0.7g+old 全量450-500t 18度 60分(低温現像) 
発色:800t(Re50cc+NaOH 0.6g)35度6分



[17037/17036/17035/17034]  
[132:4] カラー現像液でモノクロ現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/17(Sun) 11:37 No.17034  

ヒストグラム
906 x 900 (213 kB)


カラー現像をやった人なら、カラー現像液でモノクロが現像できれば、、、、と考えるのではないでしょうか。
結論としては「出来ます」

カラー現像を始めたころ、やってみましたが、カラー現像液そのままでは時間がかかります。
ネガはコントラストの少ない、いわゆるネムいものですが夏の日中などカリカリした光なら効果的かもしれません。

Beautyflex biokor 80mm/3.5 (acros100) 中外ネガカラー用AB液+CD-4粉末 2g/250cc 25d.30min. ネガ薄い



[2] Re: カラー現像液でモノクロ現像 通太郎爺さん - 2019/02/17(Sun) 11:43 No.17035  

ヒストグラム
915 x 900 (236 kB)


ここで使った現像液は、中外写真薬品の古い(10年以上か?)液でABのビニール袋に分けられて、本来はこれにC液の発色剤(おそらくCD-4)を混ぜて10Lとするものです。
C液が劣化していて使えそうにないので別途CD-4の粉末を添加しました。

30分も放って置いたので空の部分にむらが出ています。



[3] Re: カラー現像液でモノクロ現像 通太郎爺さん - 2019/02/17(Sun) 11:46 No.17036  

ヒストグラム
904 x 900 (187 kB)


粒状が荒れたりすることはありませんが、以前からの経験では温度を上げても時間を延長しても結果はあまり変わりません。
ただし、普通のモノクロ現像液のように10分程度では画像が見えにくく、最低でも20度〜30度で20分以上は必要なようです。



[4] Re: カラー現像液でモノクロ現像 通太郎爺さん - 2019/02/17(Sun) 11:55 No.17037  

ヒストグラム
886 x 900 (157 kB)


タンクを動かすなどして真面目に現像すればさらに良い結果が得られるとは思いますが、、、、20分以上もやってられない、という気があるのでこんな程度の仕上がりです。

何しろ10LのCD-4抜きの液がありますのでモッタイナイついでにメトールやフェニドン、ハドロキノンなどを混ぜて使えばどうなるのか、その内にやってみます。

とりあえずはカラー現像液でもモノクロ現像ができますよという実験でした。



[17033/17032/17031/17030/17029]  
[133:5] 夕暮れの街のリバーサル 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/15(Fri) 22:21 No.17029  

ヒストグラム
1231 x 900 (209 kB)


リバーサルが出始めた頃、色温度の範囲を守らないと全くものにならないといわれていました。
学生の身分では高価なフィルムなどに手を出す余裕はなく、高嶺の花、無縁の存在でしたが色温度のことだけは、その後も頭に染みついていたようです。

その後のフィルムの進歩もあり、さほど気にしなくても、それなりに発色するようになったようです。

Rolleicord Vb (provia100)
papitol Re50cc/250cc+KSCN 0.75g 36d.6min. 回転現像 
C.D.Re50cc/800cc 36d.6min.



[2] Re: 夕暮れの街のリバーサル 通太郎爺さん - 2019/02/15(Fri) 22:23 No.17030  

ヒストグラム
1196 x 900 (284 kB)


津の漁港にて。



[3] Re: 夕暮れの街のリバーサル 通太郎爺さん - 2019/02/15(Fri) 22:25 No.17031  

ヒストグラム
1195 x 900 (226 kB)


同じく



[4] Re: 夕暮れの街のリバーサル 通太郎爺さん - 2019/02/15(Fri) 22:27 No.17032  

ヒストグラム
1219 x 900 (243 kB)


なんとなく夕日・・・



[5] Re: 夕暮れの街のリバーサル 通太郎爺さん - 2019/02/15(Fri) 22:28 No.17033  

ヒストグラム
1211 x 900 (330 kB)


無題・・・



[17028/17027/17026/17025]  
[134:4] モノクロポジとネガポジ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/14(Thu) 22:02 No.17025  

ヒストグラム
1300 x 793 (185 kB)


イルフォードから出ているXP2というフィルムがあります。35mmもブローニーもありますので、これを根がポジ現像するのが今のところ安全で手っ取り早いかもしれません。
が、やってみてもあまり良い結果にはなりませんでした。

ASA400ということもありますが粒状性が今一つ納得いきません。

環境問題に厳しくなったご時世で数十年前に自由に使えた薬が今は御法度となり、赤血塩すら危険とか環境にどうとか言われると、やはり引いてしまいますね。



[2] Re: モノクロポジとネガポジ 通太郎爺さん - 2019/02/14(Thu) 22:09 No.17026  

ヒストグラム
1300 x 811 (168 kB)


モノクロポジ現像で一番の主役(主薬)となる漂白液として昔のままのものが使えないので、到底まともな画像はできないようです。
何か特別な方法でもあれば教えていただきたいものです。

Leica Vb elmar 50mm/2.8 ILFRD XP-2(400)をネガポジ現像
papitol(new)250cc+KSCN 0.5g 37d.4min. C.D. Re30cc/250t 37-6d. 6min.



[3] Re: モノクロポジとネガポジ 通太郎爺さん - 2019/02/14(Thu) 22:15 No.17027  

ヒストグラム
1300 x 769 (193 kB)


このフィルムは元来がC-41現像でモノクロになるというものですが、色素としてモノクロの薬が使われているらしく反転現像してもカラーのネガポジのような微粒子効果が鈍い感じです。
やり方が悪いのかもしれません。



[4] Re: モノクロポジとネガポジ 通太郎爺さん - 2019/02/14(Thu) 22:24 No.17028  

ヒストグラム
1350 x 849 (375 kB)


このフィルムは素直にネガカラー現像したほうが断然きれいなようです。

canon FT (ilford XP-2 400) CD4液Re30cc/250t 37-8d. 2min.40sec.



[17024/17023/17022/17021/17020]  
[135:15] 反転現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/02/11(Mon) 16:56 No.17010  

ヒストグラム
986 x 800 (131 kB)


Made in Germany のORWO(オルボ)というフィルムですが、映
画用だそうで、今も元気いっぱいの会社のようです。

便利に使っていたEFKE(エフケ)が製造機械の故障で(修理するメリットはないとか)製造中止になってしまったのは残念無念。

オルボを反転に使ってみましたが、やはり漂白液が問題のようです。

konirette (olwo 100) @papitol 100cc/250cc+KSCN 1cc(0.5g) 20~22d. 6min. Astop 水洗Bbleach (new+KBr20g) 26d. 8min. C清浄(Na2SO3 50g/800cc) D第二露光 150w 15cm 30sec両面 ポジ画像見えてくる E第二現像(50cc/250cc) 30d.3min.(すこし少ないか?)ポジ画像見える F水洗 定着 



[2] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/11(Mon) 17:01 No.17011  

ヒストグラム
1100 x 690 (213 kB)


使ったカメラがコニレットなる玩具に近いものなのでピンとその他は参考にはなりませんが、かぶりもひどくスキャンも難しいものでした。



[3] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/11(Mon) 17:03 No.17012  

ヒストグラム
953 x 800 (124 kB)


何はともあれこのままの漂白液では実用価値は限りなくゼロに近い感じです。



[4] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/11(Mon) 17:07 No.17013  

ヒストグラム
1100 x 655 (257 kB)


漂白が弱いせいか一部しか反転していない部分も出てきました。
引き続き実験が必要だと思います。



[5] Re: 反転現像 mglss - 2019/02/11(Mon) 18:48 No.17014  

通太郎爺さんこんばんは。
ryskさんはじめまして。

とても興味深い議論が続いていますね。
私もとりあえず手元にある薬品で実験してみました。
第二露光を漂白後に行う方法は以前に試したことがあるので(ス抜けになりました)、今回はryskさんの方法でやりました。

しかし結果はフィルムがほぼ真っ黒になり、反転しませんでした。
明るい光で透かすとなんとか像が見えますが、完全なネガでした。

手順は次のようにしました。各工程の間には水洗いをしています。

第一現像:papitol[1:3] 300ml 30℃ 3min.
第二露光:曇天の窓際で各面2minずつ両面。
漂白(赤血塩+ブロムカリ):35℃ 5min.
第二現像:第一現像の液の再利用 30℃ 3min.
定着:30℃5min.

普通に考えると真っ黒になりそうなものですが、わずかにネガ像が残ったのが不思議です。
現像の理屈は勉強を始めたところなので詳しいことは分かりませんが、想像するに漂白不足だったのでしょうか。
漂白液はまだ新しく、カラーリバーサルを2本処理しただけです。

次回は漂白液をCNL-N2Rに変更して実験してみます。



[6] Re: 反転現像 mglss - 2019/02/11(Mon) 19:01 No.17015  

ヒストグラム
800 x 704 (95 kB)


反転しなかったので意味はないかもしれませんが、一応「モノクロポジ」設定でスキャンした画像を上げておきます。

ところで

> 清浄(Na2SO3 50g/800cc)

この工程なのですが、未露光の臭化銀には影響なく、漂白で再ハロゲン化した銀を洗い流す工程ということでしょうか?



[7] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/11(Mon) 19:44 No.17016  

ヒストグラム
800 x 704 (100 kB)


>未露光の臭化銀には影響なく、漂白で再ハロゲン化した銀を洗い流す工程ということでしょうか

私も詳しい理論は知りませんが、そのようです。この後で膜面に残った未露光の臭化銀に対して第二露光をして現像するので逆転するという論法のようです。

mglssさんの画像を明るくしてみましたが、やはりネガのようです。
第一現像でできたネガの上にすぐに第二露光をしたので未露光の臭化銀までも真っ黒に露光されたということではないでしょうか。
つまり、撮影の途中で裏蓋が開いてしまった状態なのでしょうね。



[8] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/11(Mon) 19:50 No.17017  

私もこの方法をやってみましたが、真っ黒で強い光に透かすとわずかにネガ画像が見えました。
漂白がしっかりしていれば反転するのは以前に数十本やった経験から確かめてあるのですが、この漂白剤では、何か添加しないと無理なようです。
ロダンカリで銀を吸着できないかと考えています。



[9] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/11(Mon) 20:00 No.17018  

ヒストグラム
1092 x 900 (261 kB)


この方法で反転したとなると、考えられるのは第一現像が弱くそのまま第二露光をしたのでフィルム上にソラリゼーション(印画紙現像で現像中に光を当てて半分反転させる手法)効果が出たのではないかと思います。
エッジがすべてぼやけるのもソラリゼーションのエッジの部分だけが弱い漂白で溶けているのではないでしょうか。

ここにUPした画像は完全なネガ(上)と半分ポジ(空、電柱、右の方の物干し竿など)になったフィルムです。
なぜこうなるのか今のところ不明です。



[10] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/11(Mon) 22:28 No.17019  

ヒストグラム
1200 x 729 (246 kB)


1718の画像では空が明るく抜けていますが、これは漂白にブロムカリを添加した結果のようです。
試しにKBr無しでやってみましたが、強い光の当たっている空は抜けず、光の弱い部分が反転しています。

光の弱い部分はネガではス抜けに近い状態ですので、簡単に漂白されたのではないでしょうか。
光がたっぷり当たってネガで黒くなっている部分(空など)では漂白が浸透していないと考えられませんかね。

赤血塩もどの程度の濃度か知りませんが、かなり濃くないとだめなのかも・・・

2019.2.10 CLE (ilford FP-4 125 ASA150-160) @papitol 50cc/250cc+KSCN 0.5g 20d. 6min. A 水洗でストップ B 漂白 26d.8min.C 清浄(無水亜硫Na添加液)2分→水洗 26d.D 第二露光 150w 20cmで両面30秒〜1分 E第二現像 25度6分 水洗 F Fix 25度5分 水洗 乾燥



[11] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/12(Tue) 06:52 No.17020  

17019の漂白はオリエンタルCNL N2R の10本以上使ったものです。


[12] Re: 反転現像 rysk - 2019/02/12(Tue) 23:10 No.17021  

ヒストグラム
1024 x 1024 (118 kB)


こんばんは。
mglssさん初めまして。実用できるか怪しい方法ですが、試していただいてありがとうございます。
カラーリバーサルの増感現像について参考にさせていただいてます。

早速ですが画像はACROS100です。
今回はパターソンタンクを使用しています。

第一現像:D-76 1:1 500cc + KSCN 1.2g 20度 9分
水洗:4、5回水を替えてタンクのまましっかりやる。
第二露光:一旦リールからフィルムをとりはずしてスポンジで洗うついでに露光。3分くらい。天井の蛍光灯が光源です。
漂白:オリエンタル BAN-N2R (カラーリバーサルなどで3回ほど使用。35度に温めて投入。)31度 7分
水洗:5分(以前のテストでも同じくらい水洗しています。)
第二現像:パピトール 1:1 500cc + KSCN 0.6g (カブリ防止を期待して。) 20度 8分
水洗
(フィルムの端のスぬけのところ、オリエンタルBAN-N2R 35度 で端から 30秒、20秒、10秒で段々に漬けた。つもりですが、よくわかりませんね。)
水洗
定着:KODAK Fixer 20度 10分
水洗促進浴、水洗、乾燥

第二現像にロダンカリを入れるとカブリ防止になるのでは?と思い入れてみましたが、イマイチ効果がわかりません。
過去のデータの漂白ですが、冷たいタンクに漂白液を入れていたので大分液温が下っていたと思います。漂白前に35、6度でタンクを温めてやらないといけないようです。
漂白30度で投入したフィルムではネガで現像された黒いところが反転していないような感じでした。
フィルムは光を透かして見ないと一見真っ黒に見えます。これは以前のものも同じです。
カラー用漂白ではここらが限界かもしれません…。



[13] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/13(Wed) 09:47 No.17022  

ryskさんお早うございます。
ところでフィルムはブローニーでしょうか。35mmとブローニーとでは、背面のコーティングや乳剤が違うので第二露光の効果も違ってくると思われます。
天井の蛍光灯程度では反転しないはずなんですが・・・
第二露光している最中に、画像が反転してくるのが素通しで見えますでしょうか?

しかし面白い実験ですね。
今までの常識にこだわってしまうと、この方法での反転の理屈が合いません。
やってみましたがパピトールでの第一現像ではフィルムがほぼ真っ黒になるのでダメなようでした。

かぶりの防止にロダンカリ?というのも初耳です。一般的にはブロムカリなのですが・・

私なりに不思議と感じることは何でもやってみたくなる性分なので、この方法も再度検証してみます。

詳しいデータをありがとうございます。大変参考になります。



[14] Re: 反転現像 rysk - 2019/02/13(Wed) 22:54 No.17023  

こんばんは。
今までのフィルムは全てブローニー判です。書き忘れていました。すいません。
135フィルムと120フィルムでの違いは正直全く考えていませんでした。
アクロスのような新しいタイプの銀の少ないフィルムと、昔のものに近いようなフィルムとで違うのではないか、とは考えていましたが…。

第二露光している最中に画像が反転してくるようには見えませんが、フィルムの裏と表でネガに見えたりポジの用に見えたりするような気がします(あまりよく見てないのでなんとも言えませんが)。
しかし裏表で見え方が違うのはフィルムの反射防止層か何かが濃い色をしているのでそのせいかと思います。
次回からはもう少しよく見てみます。

かぶり防止はブロムカリでしたか。おはずかしい…。
今のところ第一現像はD-76のようなフィルム用の現像液にロダンカリを入れるやり方がいいのではないかと思っています。
パピトール1:1で30度2分30秒ではネガが濃すぎるように見えました。
もっと薄く希釈するなり、温度を冷すなりするならD-76でやるのとそう時間もかわりませんので(D-76があまってるのもありますが)。
ロダンカリを入れないか第二現像にもロダンカリが有効ならパピトールだけで現像するのはとても魅力的なのですが。

豊富な経験となにより実験第一主義、と言ってしまっていいのでしょうか、いつも勉強させてもらってます。



[15] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2019/02/13(Wed) 23:11 No.17024  

ブローニーでしたか。
ブローニーの場合は裏紙があるのでフィルム裏面の反射防止コーティングがほとんどされていないようです。
35oではフィルムそのものがグレーベースなので何か違いがあるのかもしれません。

それとD-76での現像に要素が隠されたいるのかもしれません。
薄くあっさりした現像でないと漂白が効かないのかもしれませんね。
35mmではうまくいきませんが、漂白が原因のようです。

レスが長くなったので次回投稿には新規でお願いします。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)