(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/10/19 22:19:48

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 一浴(単浴)現像失敗 (4) NEW! 2: 意外な実力 電動アシスト三輪車 (12) 3: 海の博物館 (10) 4: 海辺の町 (9) 5: 夏の終わり (3) 6: モノクロフィルムの進化 (4) 7: 待ち遠しいアクロス (3) 8: 全画素超解像の威力 (2) 9: 固定焦点でズーム? (3) 10: 久しぶりにネガポジ (3) 11: ポツンと・・ (1) 12: フツーの彼岸花 (3) 13: 白い彼岸花 (6) 14: 古いネガ (7) 15: 大失敗の巻 (4) 16: 徒然なるままに・・ (9) 17: ピント合わせの思い込み (4) 18: sigma と sonyの比較 (5) 19: 超広角のピント? (5) 20: Voigtlender 15mm/4.5 (7)

>>記事一覧 >>画像一覧



[17311/17310/17309/17308]  
[131:4] アクロスのあれこれ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/04/10(Wed) 12:59 No.17308  

ヒストグラム
1107 x 850 (167 kB)


ほかのフィルムでは見かけないのですがアクロスのポジ現像ではでは不思議な模様が出ます。

今回は第一現像に、いつも通りのパピトール補充液 50t/350tで20度12分と、少し現像時間を長めにしてみました。
予想通り画像は明るく真っ黒けとは縁遠いように透けて見えます。

が、ご覧のような模様が出てしまいました。



[2] Re: アクロスのあれこれ 通太郎爺さん - 2019/04/10(Wed) 13:18 No.17309  

ヒストグラム
1107 x 850 (167 kB)


ネガの場合はこの網模様は定着液で流れてしまうのかもしれません。
ポジでは流れてしまうべき薬品のほうが残ってしまうので妙な網模様が出てきてしまうのでしょうか。
網目模様のローラーか何かに薬品を付けてフィルムの上を転がしていくような感じです。
塗布面の一番外側にあって、ネガの場合は一番中側だけが残るので問題ないのかもしれません。

現像タンクもLPLのステンレスやパターソン、フォタックスなど変えても出ます。他のフィルムでは出ないのでアクロス独自の問題のようです。

semiikonta 521? (二重撮影防止装置あり) (acros100)
papitol Re50cc/350cc+KSCN 0.75g 21d. 12min.
漂白:ニクロム酸カリ+硫酸 21d.2min.
清浄:亜硫酸ナトリウム液 2min.
第二露光LED15センチほど前を片面ずつ5〜6秒ほど露光 第二現像は第一のままの液に3分



[3] Re: アクロスのあれこれ 通太郎爺さん - 2019/04/10(Wed) 13:21 No.17310  

ヒストグラム
1244 x 850 (158 kB)


とにかく12分現像すれば真っ黒はなくなります。
この模様が現像そのものに問題があるのかどうか不明なのでもう少しやってみる必要がありそうです。

目立たない画面もありますが、それでは解決したことになりません。



[4] Re: アクロスのあれこれ 通太郎爺さん - 2019/04/10(Wed) 13:28 No.17311  

ヒストグラム
1196 x 900 (179 kB)


厄介なフィルムには違いないのですが、これによって他のフィルムへの対処法が経験できるので面白半分にやっています。
暗部から明部への描写がネガには無い素直さがあるのではまってしまいます。



[17307/17306/17305/17304/17303]  
[132:5] 第二露光を短く 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/04/09(Tue) 22:54 No.17303  

ヒストグラム
925 x 900 (158 kB)


第二露光を極端に短くすることによってある程度画像を薄くすることができましたが、まだまだですね。

Mamiya 6 P型 sekor75mm/3.5 acros100
papitol Re50cc/280cc+KSCN 0.75g 21d. 8min.
漂白:ニクロム酸カリ+硫酸 21d. 2min.
清浄:亜硫酸ナトリウム液
第二露光:表裏各20秒弱
第二現像:第一現像のものをそのまま 3分 
定着 水洗は各工程の間



[2] Re: 第二露光を短く 通太郎爺さん - 2019/04/09(Tue) 22:57 No.17304  

ヒストグラム
972 x 900 (178 kB)


これでも画像が暗く、まともなポジとは言えません。



[3] Re: 第二露光を短く 通太郎爺さん - 2019/04/09(Tue) 22:59 No.17305  

ヒストグラム
937 x 900 (111 kB)


ガラスの外の風景が飛んでしまわないのがいいですね。



[4] Re: 第二露光を短く 通太郎爺さん - 2019/04/09(Tue) 23:01 No.17306  

ヒストグラム
931 x 900 (163 kB)


漂白で捨てるべき部分が残っているような感じなので、この部分を改良してみます。



[5] Re: 第二露光を短く 通太郎爺さん - 2019/04/09(Tue) 23:03 No.17307  

ヒストグラム
921 x 900 (172 kB)


銀塩の残留量が多すぎるのだと思います。
このあたりに見当をつけてやってみましょう。



[17302/17301/17300/17299/17298]  
[133:7] リバーサルカラーで 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/04/08(Mon) 16:46 No.17296  

ヒストグラム
1250 x 900 (389 kB)


厄介なモノクロポジもあと一息でものになりそうですが、それと比べればリバーサルカラーの方が数段楽な気がします。
工程も少なく、ほとんど失敗もありません。

Rolleicord Xb (16cut) (velvia100)
papitol 100cc/600cc(ウナたれ)+KSCN 2cc(1g) 35d.6min.(少し多い)
C.D. Re100cc/600cc 30. 6min.
漂白(オリエンタル)→定着(ミニラボ用)



[2] Re: リバーサルカラーで 通太郎爺さん - 2019/04/08(Mon) 16:50 No.17297  

ヒストグラム
1195 x 900 (239 kB)


最近はこの手の火の見やぐらを見かけなくなりました。
鉄塔だけはあっても肝心要の半鐘が外されているものが殆どなので、正式(?)な姿を見ると少し感動します。

椿神社付近で見かけました。



[3] Re: リバーサルカラーで 通太郎爺さん - 2019/04/08(Mon) 16:52 No.17298  

ヒストグラム
1212 x 900 (281 kB)


こちら津市の市街地ですが、「粋な黒塀、見越しの松・・」も遠い昔の話ですね〜。



[4] Re: リバーサルカラーで 通太郎爺さん - 2019/04/08(Mon) 16:56 No.17299  

ヒストグラム
1209 x 900 (295 kB)


歩道を赤く塗るとどういう効果があるのか知りませんが、カラー写真では設定を間違えたかとドッキリします。
現像爺さんへの嫌がらせかな〜〜。



[5] Re: リバーサルカラーで 通太郎爺さん - 2019/04/08(Mon) 16:59 No.17300  

ヒストグラム
1198 x 900 (347 kB)


ここの味噌カツも古くから有名ですが、ひょっとして名古屋より先かも?
味は良いのですが、たばこの煙が苦手なので一度か二度行ったきりです。



[6] Re: リバーサルカラーで taki - 2019/04/08(Mon) 19:20 No.17301  

今晩は。
昨日は偶然にも寺内町でお逢いし元気そうなので安心しました。

ココの味噌カツは、二代目(師匠の弟子)です。よく会社への出前で食しておりましたが又食べてみたい気分になりました。



[7] Re: リバーサルカラーで 通太郎爺さん - 2019/04/08(Mon) 19:50 No.17302  

打ち合わせたわけでもないのに、普通の日に寺内町でお会いするとは奇遇です。
フィルムのテストで毎日のように同じ場所を撮っています。(暇です)

津球場の南の津興にある「カトレア」が噌カツ発祥の店(だそうです)が、古くからあったのは知っていても食した経験はありません。

写真のこの店もコッテリしておいしいですね。昔、常連さんでしたか。
全く菜食ばかりでは老人ホームで困るぞ・・・と言われていますので勇気を出して再度挑戦してみます。

牛はダメですが豚ならなんとか行けそうです。



[17295/17294/17293/17292]  
[134:4] 解像度も上がるような 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/04/06(Sat) 23:04 No.17292  

ヒストグラム
726 x 900 (195 kB)


相変わらずモノクロポジです。
ネガフィルムでは、何らかの方法でポジ画像にしなければなりませんが、いきなりポジになる現像方法ではその必要がありません。
何がどう違うのかわかりませんがネガポジ現像と同じように解像力というか画像自体の尖鋭度も上がるような気がします。
しかも白飛びがほとんどないので撮影時にオーバー気味のほうがきれいです。
暗い部分もよく拾うようで、この画面でも室内の様子がかなりよく出ています。



[2] Re: 解像度も上がるような 通太郎爺さん - 2019/04/06(Sat) 23:10 No.17293  

ヒストグラム
1297 x 837 (321 kB)


17292を見ると、外の風景の映り込みと同時に中も出るという今までにあまり経験がない写り方が見られ、理解できません。
逆に中から外ならどうなるのかやってみたいと思います。

今回はマミヤ6のKU型でセミ版16枚撮りを使いました。
現像は、ほぼ前のものと同じです。



[3] Re: 解像度も上がるような 通太郎爺さん - 2019/04/06(Sat) 23:13 No.17294  

ヒストグラム
1270 x 900 (405 kB)


少しカリカリした感じもしますが第二露光の手際が悪く30秒以上かかったからかもしれません。



[4] Re: 解像度も上がるような 通太郎爺さん - 2019/04/06(Sat) 23:15 No.17295  

ヒストグラム
1142 x 900 (306 kB)


白トビがなく影の部分もそれなりに出てくれるので絵の資料としては都合の良いことばかりです。
現像がもう少し慣れてくれば良いのですが・・・



[17291/17290/17289/17288/17287]  
[135:5] モノクロポジは癖になる 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/04/06(Sat) 08:19 No.17287  

ヒストグラム
918 x 900 (211 kB)


数十年前に学会用にと頼まれてやったものや面白半分にやってみたモノクロポジと違って、今回は少し真剣にやってみました。

ブローニーのフィルム上に現れたモノクロ画像は、今まで見たこともないモノクロの色です。
大げさに言えば「目の覚めるような」「こんな色があったのか」という画像です。
長年写真をやっていたのに恥ずかしながら気が付きませんでした。目からウロコ・・・です。



[2] Re: モノクロポジは癖になる 通太郎爺さん - 2019/04/06(Sat) 08:24 No.17288  

ヒストグラム
897 x 900 (177 kB)


薄暗い路地の風景も白飛びや黒つぶれが救われて見やすく雰囲気が写せる感じです。

温度を20度にしたのは使用する液が多く、各液の交換時の感光幕へのショックを和らげる意味です。
ショックが大きいと幕面(空など)にモアレ模様が出ることがあります。
アクロスというモノクロポジに向いていそうもないフィルムでさえこの程度に出ますから、ポジに向いているフィルムを使えば作業も楽になり表現も豊かになる気がします。

Mamiya6 P型 (acros100)
papitol Re50cc/300cc(ウナたれ)+KSCN 1g 20d. 8min.
漂白:ニクロム酸カリ+硫酸 20d. 2min.
清浄:亜硫酸ナトリウム液 20d.2min.
第二露光 LED(60w相当) 15-20c離して両面計30秒 
第二現像 第一現像液そのまま 20d.3min.30sec.
定着 スーパー・富士フィックス



[3] Re: モノクロポジは癖になる 通太郎爺さん - 2019/04/06(Sat) 08:32 No.17289  

ヒストグラム
887 x 900 (203 kB)


太陽光が当たっているにもかかわらず、トロリとした画面は、ただ単にソフトで光の量を調節しただけでは表せないような微妙なバランスを保っています。

発光している部分以外は必ず色(鉛筆の)を乗せる鉛筆画によく似ています。
ただし、スキャナーの能力が追い付いていない感じもしますが・・・



[4] Re: モノクロポジは癖になる 通太郎爺さん - 2019/04/06(Sat) 08:41 No.17290  

ヒストグラム
889 x 900 (196 kB)


たまやまれにモノクロの夢を見るときの感じにも似て、「けだるい」ような「春の縁側で見るうたたねの夢」のような・・・
「アンニュイ」というフランス語がありますが、倦怠感のない{アンニュイ}かも知れません。
鈴木清純の映画「ツィゴインネルワイゼン」を思い浮かべました。



[5] Re: モノクロポジは癖になる 通太郎爺さん - 2019/04/06(Sat) 08:46 No.17291  

ヒストグラム
918 x 900 (191 kB)


普通にモノクロフィルムとして扱ってきたフィルムの裏側に、こんな世界が隠されていたのかと思うと、不思議な気もします。

モノクロネガの反対側の、一般的には定着液で捨ててしまう方の画像を使うのですから、まさに隠れていた画像でしょうね。
もう少しやりやすいフィルムで、さらにやってみたいと思います。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)