(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/02/16 19:41:10

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 特別な反転操作なし (12) 2: 反転現像という言葉は無い (2) 3: お気に入りのTRIX 400 (3) 4: 反転液のこと (1) 5: 反転液の薬 (3) 6: ネガポジ現像 (5) 7: モノクロポジで反転液の失敗 (6) 8: エクタ100とリコーフレックス (4) 9: エクタクローム自家現像 U (7) 10: エクタクロームの自家現像 (5) 11: バッキングの外し方 (4) 12: 映画用ネガカラー (3) 13: 基本はネガカラー? (5) 14: たまにはモノクロ (4) 15: リバーサル自家現像は簡単 (5) 16: ネガポジ現像と反転液 (6) 17: ネガポジ現像と反転液 (4) 18: やはりベルビア (5) 19: ベルビアの自家現像 (5) 20: バッキング解決! (5)

>>記事一覧 >>画像一覧



[17883/17882/17881/17880/17879]  
[81:6] 白い彼岸花 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/09/24(Tue) 10:53 No.17878  

ヒストグラム
1200 x 830 (266 kB)


白い彼岸花が庭に咲き始めました。
かれこれ50年にもなるでしょうか、亡き父が鎌倉の友人から頂いたと、花好きの家内のために球根を持って帰ったものです。
以来毎年、咲いています。

SONY α 7RUVoigtlender 15mm/4.5



[2] Re: 白い彼岸花 通太郎爺さん - 2019/09/24(Tue) 10:57 No.17879  

ヒストグラム
1200 x 823 (338 kB)


3日ほどしたら、かなり盛大に咲いてきました。
早朝に見ると朝陽のせいか少し黄色味をおびています。

SONY α 7RU canon 85mm/1.9



[3] Re: 白い彼岸花 通太郎爺さん - 2019/09/24(Tue) 11:00 No.17880  

ヒストグラム
1200 x 832 (241 kB)


初期には、まだ関西には珍しかったらしく、2年ほどNHKが取材に訪れたりしました。
家内があれこれ取材に応じていたのを思い出します。

SONY α 7RU canon 135mm/3.5



[4] Re: 白い彼岸花 通太郎爺さん - 2019/09/24(Tue) 11:07 No.17881  

ヒストグラム
1200 x 761 (268 kB)


長い間、父の思い出の花でしたが、今は、亡き妻の思い出も重なって、彼岸のかなたへ行ってしまった二人を偲ぶ花となりました。

SONY α 7RU canon 135mm/3.5



[5] Re: 白い彼岸花 T_Matsu - 2019/09/24(Tue) 11:27 No.17882  

今日は。

庭の白い彼岸花、、、良いですね〜  花は季節を知っていて勝手に咲きだしますが今年は少し遅れているのでしょうかね。



[6] Re: 白い彼岸花 通太郎爺さん - 2019/09/24(Tue) 18:44 No.17883  

>今年は少し遅れているのでしょうかね

紅い彼岸花も含めて秋の花が少し遅くなっているようですね。地中のマグマが上昇して地熱が上がっているせいだ、とかいう話もあります。
世界的に火山の爆発も多いし、全部の火山に蓋をすれば温暖化も一発で止まりそうですが・・
さて、何が原因なのか知りませんが、とにかく花は正直です。



[17877/17876/17875/17874/17873]  
[82:7] 古いネガ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/09/20(Fri) 18:55 No.17871  

ヒストグラム
1000 x 667 (133 kB)


暇を見つけて古い写真の整理をするのですが少しもはかどりません。
数千本に及ぶネガフィルムの棚を見ると、ま、今度にしよう・・・と思って何十年たったことか。
今や半分やけくそ気味でもあります。

1966年日本で初めての本格的レースの写真もあります。

カメラはおそらくミノルタSR-1 100mmぐらいのレンズをつけていたと思います。



[2] Re: 古いネガ 通太郎爺さん - 2019/09/20(Fri) 18:57 No.17872  

ヒストグラム
1000 x 678 (130 kB)


当時はカメラマンがレース場の中まで入って撮れたんですね〜。
よーいドンで走って車に乗り込むル・マン式出走前のひと時、芝生に座っているのはレーサーたちです。



[3] Re: 古いネガ 通太郎爺さん - 2019/09/20(Fri) 19:03 No.17873  

ヒストグラム
1000 x 648 (129 kB)


車の愛好家が「お宝映像」だと言ってました。

当時の私の仕事はTV用の16mmムービーでの撮影だったので、スチールは暇つぶし。
車に興味があればもっと丁寧にとったことでしょうね。



[4] Re: 古いネガ 通太郎爺さん - 2019/09/20(Fri) 19:05 No.17874  

ヒストグラム
1000 x 667 (134 kB)


トヨタの2000GT?プロトタイプとか聞きました。



[5] Re: 古いネガ 通太郎爺さん - 2019/09/20(Fri) 19:11 No.17875  

ヒストグラム
1000 x 648 (137 kB)


その道のオタクでもないのでさっぱり分かりませんが、ヤフオクで誰かが出した当時の写真のネガに多くの入札があったのには驚きました。

汽車のネガなどもけっこう入札が多いようで、驚き桃ノ木・・・です。



[6] Re: 古いネガ Taki - 2019/09/21(Sat) 19:29 No.17876  

懐かしの鈴鹿サーキットでのオールドレース、、、

当時憧れの的でしたね!



[7] Re: 古いネガ 通太郎爺さん - 2019/09/21(Sat) 20:11 No.17877  

ヒストグラム
1240 x 806 (452 kB)


今晩は。今ならもう少しマシな写し方で車を狙ったと思いますが、日本では当時カーレースなど無かったので金持ちの息子たちの遊びぐらいにしか思っていませんでした。
大変な認識不足で恥ずかしい限りです。

とは言うものの見物客も現在のような満員の状態とは程遠く本番といえどもガランとしたものでした。
これが後に国際レースの会場になるなど思ってもいませんでした。



[17870/17869/17868/17867]  
[83:4] 大失敗の巻 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/09/17(Tue) 06:04 No.17867  

ヒストグラム
1200 x 730 (296 kB)


一か月以上もカメラに入れっぱなしのVision3(コダックの映画用ネガ)をネガポジ現像しました。

カメラを真夏の室内にそのまま忘れていたのでどうせロクなもんではないだろうとバッキング処理なしの実験に使いました。
第一現像液のアルカリ処理ののちに水洗すればバッキングが外れるはず・・との考えです。

Leica 3c sumicron 50mm/2 kodak 映画用ネガVision 3 
papitol 使用済み液270t+原液30t+KSCN 0.25g 31-2d. 3min. 消灯してスポンジ拭き 10秒ほどリールのまま点灯 バッキング処理なし 
発色 原液250t+水50t 31-2度 5分 アルカリ不足でマゼンタかぶり 
第二露光不足で反転不良 漂白 オリエンタル 4分 定着S.fujifix 3分



[2] Re: 大失敗の巻 通太郎爺さん - 2019/09/17(Tue) 06:09 No.17868  

ヒストグラム
1200 x 771 (241 kB)


スポンジでの拭き取りは消灯したままの台所でやりましたが見えないのでかなりいい加減。
バッキングが奇麗には取れていませんね。
リールに巻いたまま10秒ほど点灯しただけなので水滴の跡が残っています。



[3] Re: 大失敗の巻 通太郎爺さん - 2019/09/17(Tue) 06:15 No.17869  

ヒストグラム
1200 x 740 (218 kB)


リールのまま10秒点灯しただけで光の当たったところは反転しますので、明室での拭き取りで反転露光を兼ねた方が発色の点でもよいかと思います。
今回は発色液のアルカリ不足で全体にマゼンタがかぶり失敗です。
映画用のフィルムだけにかなりポジに近い感じの現像が良いのかもしれません。
次回、まじめにやります。



[4] Re: 大失敗の巻 通太郎爺さん - 2019/09/17(Tue) 06:21 No.17870  

ヒストグラム
1300 x 827 (263 kB)


ちなみにネガとしての発色は全く問題ありません。

Leica M6 canon 50mm/1.8 (Vision 3) バッキング処理 28度45秒 水洗3〜4回
発色:28度3分30秒 漂白 3分 super fuji fix 3分



[17866/17865/17864/17863/17862]  
[84:9] 徒然なるままに・・ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/09/11(Wed) 20:33 No.17858  

ヒストグラム
1200 x 640 (199 kB)


徒然なるままに・・・の「徒然草」は高校時代の古文の副読本にありましたが、中でも私の好きなのは第五十三段、「これも仁和寺の法師・・」で始まる一節です。
無駄もなく不足もなく、実に軽妙なタッチは今のお笑いにも十分通ずる傑作だと思います。

で、何が言いたいかといえば当時デジカメがあったなら兼好法師は使っただろうか・・という疑問です。
あれだけ無駄のない文章を書く人なので、何でもかんでもガチャガチャ撮りまくって、後で多すぎて始末に困っている私のような馬鹿な真似はしないだろうなと思ったりもします。
とにかく撮りすぎてイヤになってきました。

古くからあってかなり以前に閉鎖してしまった喫茶店です。15mmだと全体が入ります。
フィルムならせいぜい2枚のところ10枚ぐらい撮りました。つい多すぎてあとで困っています。

SONY α 7RU Voigtlender 15mm/4.5



[2] Re: 徒然なるままに・・ 通太郎爺さん - 2019/09/11(Wed) 20:47 No.17859  

ヒストグラム
860 x 850 (191 kB)


こちらは市内中心部にあって「オーデンビル」と言います。私が中学生の頃(70年近く前か)はNHKの支局があり狭いながらもスタジオもありました。
コーラス部の録音に行ったことがあります。

その後「オーデン」と言う毛糸などを扱う店になったと思います。
横田さんというオーナーでそのままオーデンと読んだようです。
石橋さんをひっくり返して「ブリジストン」とか鳥居さんの「サントリー」とか、社長の名前がミノルだったのでミノルタになったというのはどうもいい加減なようですが、善三郎が「ゼンザブロニカ」は本当のようです。
ま、どうでもいいことですが・・・



[3] Re: 徒然なるままに・・ 通太郎爺さん - 2019/09/11(Wed) 20:55 No.17860  

ヒストグラム
1200 x 800 (223 kB)


この近くにある百五銀行の支店も古い凝った建物です。
この辺りは戦前は日本三大観音で知られた津観音の門前町として賑わいました。
戦後はまったくの焼け野原から、いち早く復興して中心街となりましたが、今やどこから見ても中心街とは言い難い風情です。



[4] Re: 徒然なるままに・・ 通太郎爺さん - 2019/09/11(Wed) 21:13 No.17861  

ヒストグラム
1200 x 688 (210 kB)


平治煎餅もこの地にある老舗です。
「せんべい」といえば一般的には醤油味ですがこのせんべいはなんと、「甘い」のです。
遠くの人に贈ると甘いことを珍しがって評判が良いようです。
名前の「平治」はアコギ平治の平治です。彼が浜辺に忘れて行った編み笠がゆえに捕らえられ簀巻きにされて海に投げ込まれた伝説から来ています。
母親の病を治したいばかりに禁漁のヤガラを密漁して捕らえられたのだそうですが、親孝行な息子をす巻きで殺すとはなんとひどいことを・・・というところから「アコギ」なことをするというようになったと言う説もあります。

何度もの密猟を指して「アコギ」なやり方・・と言うようになったとの説もありますが・・・
阿漕は地名です。



[5] Re: 徒然なるままに・・ 通太郎爺さん - 2019/09/11(Wed) 21:20 No.17862  

ヒストグラム
1067 x 850 (242 kB)


ここも老舗です。
ここの「カキフライ」は家内の好みでしたが、時期にならないとメニューにありません。
私は「ハヤシライス」が好きです。ほとんどの店のハヤシは「ハッシュドビーブ」でハヤシライスではありません。
本格的なハヤシは伊勢の開福亭だと思いますが、店が新しくなって今もやってるかどうか・・

とにかく暑いので、写真やる気は全くなしです。
終日エアコンのある場所で絵を描いています。



[6] Re: 徒然なるままに・・ taki - 2019/09/13(Fri) 09:03 No.17863  

やっと涼しさを感じるようになってホットしております。

中津軒ですが懐かしいですね。私はハヤシライスは甘いのであまり好きではありませんが老舗も頑張っていますね。



[7] Re: 徒然なるままに・・ 通太郎爺さん - 2019/09/13(Fri) 10:04 No.17864  

おはようございます。少し涼しくなりました。
写真もやりたいですが、絵のスイッチが入ったのでどうなることやら・・

「味と色では言い争うな」という格言があるぐらいで、好き好きなので何とも言えませんね。
ハヤシライスとハッシュドビーフもかなり曖昧なようで、店によって色々です。

林さんという社長さんが会社の女工たちに食べさせるのに素早くできて洗い物も皿一枚で済むように考えたものという説もありますが、かなり怪しい。
子供を産む若い女性にとってピリ辛が良くないとかで昭和初期までカレーは男しか食べなかった・・というのは本当らしいです。

東洋軒の二階はダンスホールだったと聞きましたが事実は知りません。
大きな蓄音機があってシャンデリアのような照明があったような気もしますがあいまいです。

お互い、ボチボチいきましょう。



[8] Re: 徒然なるままに・・ mglss - 2019/09/14(Sat) 20:20 No.17865  

ヒストグラム
1024 x 683 (313 kB)


こんばんは。
古い建物は洋の東西を問わず良い被写体になりますね。
うちの近所にはほとんどありませんが、大阪市内に出るとたくさん見かけます。
とはいってもこの時期、昼間はまだ日差しが厳しいので、このところカメラを触っていません。

撮影に出かける気にならないので、印画紙を買ってきて家でコンタクトプリントというのをやってみました。
暗室である風呂場の照明でカラーネガを2秒露光し、ちょっと黒っぽく仕上がりました。
1秒だと薄かったので、調整が難しそうです。モノクロネガは露光1秒でも真っ黒になりました。
サイズは小さいですが、中判なのでギリギリ写真として楽しめる大きさかなあと感じています。



[9] Re: 徒然なるままに・・ 通太郎爺さん - 2019/09/14(Sat) 21:51 No.17866  

いやぁ立派立派!2秒で黒くなるなら風呂の照明がかなり明るいのでしょうね。
コツさえ掴めば簡単です。

私が写真を始めたころは名刺判と言って名刺の大きさに焼くのが精いっぱいでした。金銭的な問題があってのことです。

当時2眼レフが流行したのはコンタクトプリントで写真らしくポジになり安上がりでもあったからです。
中判なら豪華なものでした。

私も久しぶりに現像しましたが(ネガポジのVision3)発色液のアルカリが弱すぎたのとスポンジでふく時の光が弱すぎて失敗。
しばらくやらなかったので勘が狂いました。

少し涼しくなったら、頑張りましょう。



[17857/17856/17855/17854]  
[85:4] ピント合わせの思い込み 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/09/08(Sun) 09:25 No.17854  

ヒストグラム
3000 x 2001 (905 kB)


今まで長い間、レンジファインダーをはじめ、一眼レフや二眼レフのピント合わせに馴染んできました。
いずれも画像そのものを直接的に見たピント合わせです。

デジカメになって電気的に作られた画像でのピント合わせには戸惑いもありましたが、
やってみて今までのピント合わせがかなりいい加減なことを思い知らされた気がしています。
実際に写真として表現する場合、学術的なものでもない限り、そこまでの精密さは銀塩の粒状性の元では意味がないことも確かです。

で、実験の結果です。
この画像では一番手前右のアルミフェンス(下に白いハツユキカズラが見える)にピントを合わせてあります。
ここまで約15m、中間の松の枝(約30m)や遠くの鉄塔(200m強)はf8ですが完全にピントがずれています。
小さい画像ではその差は判別できません。

SONY α 7RUとCanon FL 50mm/1.8(旧タイプのレンズです)との組み合わせで実験しています。



[2] Re: ピント合わせの思い込み 通太郎爺さん - 2019/09/08(Sun) 09:29 No.17855  

ヒストグラム
7952 x 5304 (4,205 kB)


次に松の枝に合わせてみます。
枝あたりはしっかりピントが来ていますが手前のフェンスあたりが怪しくなってきました。
鉄塔はかなり良くなっています。



[3] Re: ピント合わせの思い込み 通太郎爺さん - 2019/09/08(Sun) 09:52 No.17856  

ヒストグラム
7952 x 5304 (3,308 kB)


奥の鉄塔にピントを合わせます。

レンズに刻印された表示ではf8に絞れば無限大から7m辺りまでがピントの許容範囲です。
デジタルファインダーの拡大画像で見る限りこの表示は誇大広告ということになりますが、
あくまでも銀塩を意識しての表示なのでドット表現のデジタル画像ではこのぐらい厳しくしないとボケが目立ってしょうがないのかもしれません。

事実、デジタルでは大きくしすぎるとボケがモヤモヤと目立ちやすく、さらに大きいとドットが見え始めるので、もはや画像としての価値が失われるような気がします。

フルサイズでも畳一畳ぐらいに伸ばすと銀塩ならボケが平均的に分散されるので近づくと画像そのものがぼやけて見えるだけですが、
デジタルの場合はドットがはっきり見えるので画像の連続性が失われてみずらくなってしまいます。

デジタルでは銀塩よりさらにピントはしっかり合わせるという当たり前のことを再認識させられました。



[4] Re: ピント合わせの思い込み 通太郎爺さん - 2019/09/08(Sun) 10:09 No.17857  

ヒストグラム
1200 x 867 (233 kB)


余談ですが、私の持っているSONY α 7RU用のアダプターはキャノンのFD用なので、そのままではFLレンズははまらないものがあります。

その場合、レンズの一番後ろのカバーを外すとはまります。
慣れないとはめ方が厄介ですが、たまに使うだけなので・・・

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)