(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/03/29 11:34:59

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: アルカリか温度か (8) NEW! 2: 難関ベルビア (7) 3: 河野式ダイレクトポジ現像のU (7) 4: 河野式ダイレクトポジ現像 (12) 5: エクタクロームE100 反転露光なし (11) 6: 暗い画像 (5) 7: マゼンタ被り (2) 8: アルカリ剤の量 (1) 9: ダイレクトポジ現像 (11) 10: 反転操作無しでも反転 (6) 11: プロビア (7) 12: モノクロポジ失敗 (6) 13: 反転液なし (4) 14: エクタクロームE100 (4) 15: カラーフィルムの自家現像 (5) 16: 映画用Vision3とCanon (6) 17: Canonのレンズ (4) 18: Vision3 映画用ネガフィルム (4) 19: T-Maxと現像液 (5) 20: カラー現像液の混合 (5)

>>記事一覧 >>画像一覧



[14164/14163/14162/14161/14160]  
[726:6] フジ100を200で 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/06/17(Sat) 18:58 No.14159  

ヒストグラム
1250 x 808 (295 kB)


100(業務用ではない)を200で使ってみましたが、オーバーになり気味です。
現像液を少し弱くしたつもりですが、感度を上げたほうが効果的かもしれません。

canon F1 canon FD 50mm/1.4(fuji 100→200) 
papitol 保存原液150ccを450tに希釈 ロダンカリ 2cc(0.25g) 38度5分 
発色:ネガ用800t 50t入替 37度5分



[2] Re: フジ100を200で 通太郎爺さん - 2017/06/17(Sat) 19:02 No.14160  

ヒストグラム
1250 x 795 (572 kB)


露光や現像がオーバーになると、発色があっさりしてポジ風味が損なわれる感じです。



[3] Re: フジ100を200で 通太郎爺さん - 2017/06/17(Sat) 19:17 No.14161  

ヒストグラム
1250 x 786 (348 kB)


こちらは100を400で撮ったものですが現像を同じようにするとポジ風味のこってりした感じになります。



[4] Re: フジ100を200で 通太郎爺さん - 2017/06/17(Sat) 19:20 No.14162  

ヒストグラム
1250 x 785 (279 kB)


色の好みは夫々ですから、一概にどれが良い・・とは言いかねますが、風味というか発色のポジらしさというか、どこかが抜け落ちるような気もします。



[5] Re: フジ100を200で 通太郎爺さん - 2017/06/17(Sat) 19:24 No.14163  

ヒストグラム
1250 x 745 (289 kB)


ネガカラーでそのまま現像したものより粒状性が上がる感じはします。
カラーの場合、銀塩は最終的には抜け落ちて色素の粒子だけが残ることになっているので、金属粒子よりはるかに小さい色素の粒子で画像が形成されているせいかもしれません。



[6] Re: フジ100を200で 通太郎爺さん - 2017/06/17(Sat) 19:28 No.14164  

ヒストグラム
1250 x 795 (294 kB)


それならネガカラーも同じはずですが、銀塩現像の進行と同時に色素カプラーが変化して行くネガカラーではエッジがあいまいなまま画像が形成されて行ってしまうのではないかと思っています。

とにかく訳は分かりませんが、ネガポジ現像では粒状が鋭く細かくなるのは感じられます。



[14158/14157/14156/14155/14154]  
[727:5] フジ業務用400→800 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/06/16(Fri) 08:38 No.14154  

ヒストグラム
1200 x 780 (120 kB)


800での使用は全く問題なしと思います。
どのフィルムもネガポジでの現像の時は一段上げたほうがうまくいきます。

Nikon F2 nikkor 50mm/1.4 (fuji 業400→800) papitol 指定濃度300t+KSCN 2cc(0.25g) 38-9度7分
C.D. ポジ用800cc 50cc入替 pH12.5 37度5分



[2] Re: フジ業務用400→800 通太郎爺さん - 2017/06/16(Fri) 08:40 No.14155  

ヒストグラム
1200 x 825 (277 kB)


少し大きくしても荒れた感じはありません。



[3] Re: フジ業務用400→800 通太郎爺さん - 2017/06/16(Fri) 08:41 No.14156  

ヒストグラム
1200 x 827 (187 kB)


一般的には800で撮ると画面がザラつくのですが、そういう傾向はないようです。



[4] Re: フジ業務用400→800 通太郎爺さん - 2017/06/16(Fri) 08:43 No.14157  

ヒストグラム
1200 x 839 (139 kB)


数種類のフィルムを試した結果ですが、感度を一段上げて撮って現像をじっくりやるときれいに上がるようです。



[5] Re: フジ業務用400→800 通太郎爺さん - 2017/06/16(Fri) 08:46 No.14158  

ヒストグラム
1200 x 734 (148 kB)


普通にネガフィルムとして撮る場合はオーバー気味に撮ったほうが安全ですが、ネガポジではオーバーは致命傷です。

さらに確実なやり方を追求してみます。



[14153/14152/14151/14150]  
[728:4] ASA400を800で使う 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/06/15(Thu) 10:17 No.14150  

ヒストグラム
1250 x 785 (218 kB)


フジの業務用400を800で使用、ネガポジ現像したものです。
粒状の荒れたような感じはないように見えます。

Leica Vc summicron 50mm/2 fuji記録用400を800で使用
パピトール100tを430tに希釈+ロダンカリ0.125g の液の日本目補充なし



[2] Re: ASA400を800で使う 通太郎爺さん - 2017/06/15(Thu) 10:21 No.14151  

ヒストグラム
1196 x 771 (356 kB)


上の画像を横幅約 2m15c、つまり畳より30センチほど大きく伸ばした時の中心部の画像ですが、十分見られる感じです。
粒子は見えていますが文字のエッジが崩れるような荒れた感じではありません。



[3] Re: ASA400を800で使う 通太郎爺さん - 2017/06/15(Thu) 10:26 No.14152  

ヒストグラム
866 x 577 (159 kB)


なにしろ35mmのネガを畳より大きく伸ばしているのですからこの程度の画質になっても許せるところではないでしょうか。

ここまでくるとレンズ性能がもろに出てきますし手ブレも丸見えになります。
レンズ性能が精一杯なのかもしれませんが、とにかく800で撮っても畳程度には伸ばせるということかもしれません。



[4] Re: ASA400を800で使う 通太郎爺さん - 2017/06/15(Thu) 10:31 No.14153  

ヒストグラム
1250 x 758 (303 kB)


手ブレさえ気を付ければ、ブローニーをもしのぐかもしれません。
何でこうなるのか!!不思議です。



[14149/14148/14147/14146/14145]  
[729:11] ロダンカリ抜き 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/06/12(Mon) 10:41 No.14139  

ヒストグラム
1250 x 803 (232 kB)


ロダンカリが入ると金属リールが溶け出してフィルムにシミが出やすくなるのでできれば使いたくはないのですが、画像のスッキリ感が違ってくるようです。

Nikon F4(fuji 100→400) ロダンカリ無し実験 papitol (原液100cc→430t) 39度5分5秒 C.D. ネガ用 Re50cc 36度6分



[2] Re: ロダンカリ抜き 通太郎爺さん - 2017/06/12(Mon) 10:44 No.14140  

ヒストグラム
1250 x 771 (186 kB)


原版を透かして見ても全体にもやっとして薄暗くなっています。発色もマゼンタに傾き、、、どころか、ぶっ倒れています。



[3] Re: ロダンカリ抜き 通太郎爺さん - 2017/06/12(Mon) 10:46 No.14141  

ヒストグラム
1250 x 754 (286 kB)


画面がスッキリしないのでピントも悪く見えるようですが、コントラストを無理に上げているせいでしょうか。



[4] Re: ロダンカリ抜き 通太郎爺さん - 2017/06/12(Mon) 10:51 No.14142  

ヒストグラム
1250 x 783 (303 kB)


少年時代に住んでいた家によく似た作りで懐かしい感じです。もちろん借家だったのですが・・・

やはりポジ現像にロダンカリは必須なようですね。



[5] Re: ロダンカリ抜き 通太郎爺さん - 2017/06/12(Mon) 10:57 No.14143  

ヒストグラム
1250 x 800 (238 kB)


暑い時、老人は外出をひかえて、俺みたいに日陰で昼寝でもしたらどうじゃ・・熱中症でひっくり返っても知らんぞ〜
と言ってるような。



[6] ISO 100での増感 3ピン屋 - 2017/06/13(Tue) 09:01 No.14144   HomePage

ヒストグラム
1260 x 873 (673 kB)


フジの記録用ISO100をISO400で撮影、ISO100だと5分の第一現像(ロダンカリ0.6g/500ml、ウナタレ)の
ところ8分やって何度か処理しています。たぶん7分ぐらいが適正だろうと思います。

ご指摘のとおり、画面の上端下端でロダンカリのステンレス溶解のためらしい緑色が出ることもありま
すが、すべてのコマで出るわけでもないようです。気にならないだけかもしれませんが。

添付は三笠市の廃屋、過疎地域で高齢者の多い町ですので、こういう絵や写真の対象には事欠きません。

機材はペンタックスME、Pentax-M 50mm F1.7、フィルムは2004年期限切れ、Epson GT-X900とエプソン
スキャンで取り込み(退色補正)、GIMPで色調補正。



[7] ISO 100での増感 3ピン屋 - 2017/06/13(Tue) 09:09 No.14145   HomePage

ヒストグラム
1324 x 1257 (736 kB)


部分拡大です。この部位では粒状性悪化はなさそうです。暗部では少し粒が出ています。かぶり
はロダンカリ入れない時には強く出てこなかったけど、入れるとはっきりでてきますね。

現在、スキャン用のPCと編集用のPCが相次いで不調で、もう少し大きい拡大像や、ストリップ
フィルム状態での比較ができていません。

ISO400で撮影して、実際の現像時間が8分ちょっと越えちゃったフィルムではISO800で撮影すべ
きだった、と思われるものが乾燥状態でぶら下がっています。色調やトーン、先鋭度、粒状性
がどうなっているか、早く確かめたいのですが。

今週末は自宅から20Kmの当別町で夏至祭をやります。うまくいきそうならデジタルでなく、ネ
ガポジ法で撮影したいと思っています。



[8] Re: ロダンカリ抜き 通太郎爺さん - 2017/06/13(Tue) 18:19 No.14146  

ヒストグラム
1250 x 810 (252 kB)


今のところ確実にはフジしか分かりませんが、100のフィルムを400で撮っても増感なしで十分に使えますね。
粒状が目に見えて悪くなるという現象もなく、モノクロフィルムとは別の考え方をする必要があることがよくわかります。

ネガカラーの増感に関しては時間延長よりロダンカリの増量のほうが効果が大きいように感じます。

これは100を400で撮っていますが時間は4分(38度)パピトールの濃度は100tの保存用原液を(200tとすべきところ)430tに希釈しています。
その代わりロダンカリは1t(0.125g/1cc)以下でもよいところを1.5t入れました。
ポジ風味の発色だと思います。

私はウナタレの要領が下手で勘所がいまだにつかめずにいます。
で、面倒なので相変わらずワンショットでやっているのですが、ロダンカリ抜きだと画像全体がモヤッとしてコントラストが悪く、カブリではないかと思っているのですが、、、



[9] Re: ロダンカリ抜き 3ピン屋 - 2017/06/14(Wed) 11:02 No.14147   HomePage

ヒストグラム
1260 x 846 (369 kB)


> ロダンカリ無しだとモヤッと
そのとおりでポジよりネガっぽくなりますね。晴れていても曇っているように写ります。カブリ
いわゆるBack ground fog ではなく、細部・全体ののコントラストのないためと思います。2ペ
ージ前の幾春別川の写真が良い(悪い)例かと思います。

私はポジフィルムの現像でも、度胸がなくてロダンカリ入れていませんでした。ウナタレの中に
突っ込むのはこれまでのデータからはずれちゃうので。ポジでも色彩にインパクトがないのは気
づいておりましたが、まぁこんなものかとあきらめてました。コントラスト低いのはスキャンで
はむしろ楽ですし。

私は貧乏性なのでワンショットでなくウナタレやってますが、データをきっちりとるにはワンシ
ョットでしょう。そちらは師匠にお願いいたします(笑)。私は漂白液も定着液もウナタレ、2
倍濃度保存液からつぎたしをしています。前にお話のあった停止液には、薄まっていく定着液を
ほんの少し水道水に垂らして代用しています。ただの水道水での洗浄だけでは漂白液が早くへた
ってしまうみたいです。

札幌のよさこいソーランをISO100のフィルムを400で撮影、ネガポジで現像したのですが、今回は
現像過多、ISO1600が適正と思われます。バックグラウンドもかなり上がってしまい、薄いフィル
ムをむりやりスキャンしたので、色調もトーンもひどいものです。



[10] Re: ロダンカリ抜き 3ピン屋 - 2017/06/14(Wed) 11:09 No.14148   HomePage

ヒストグラム
929 x 1084 (366 kB)


部分拡大です。粒子が派手に出ています。実際に現像過多で粒子が荒れたのか、薄い
画像のコントラストの低いところをむりやりスキャンするから荒れて見えるのかは、
まだわかりません。

増感前のと今回のをストリップフィルム状態でならべてスキャンしたいのですが、
自宅のパソコンがバタバタ状態、本日はまた当直で、思うようにいきません。

増感にはロダンカリ添加が良いか、時間延長が良いか、まだまだ試行が必要ですね。
でも、その前にブローニーフィルムでどうか、もみたいですね。ネガポジ法は、真
正ポジに比べて細部の先鋭度は優れているのでは、とも感じています。ネガフィル
ムの方が乳剤面がうすいのでは? そういえば、真正ポジフィルムよりネガフィル
ムのほうが、漂白・定着の時間が短くてすみますよね。



[11] Re: ロダンカリ抜き 通太郎爺さん - 2017/06/14(Wed) 21:38 No.14149  

ヒストグラム
1250 x 840 (246 kB)


まだ道半ばなので色々やって見たい実験ばかりが山積みです。
今、フジの業務用(記録用)400を800にして使う実験に取りかかっています。
現像のどこかが引っ掛かってうまくいきません。

出るには出ますが、もっとスンナリいかないと気分が悪いのです。
これはフジ記録用400を800で使っていますがパピトールを100tで430tに希釈したのが悪かったような気がします。
ロダンカリは0.25g/430tです。38度6分25秒ですが現像不足の感じです。



[14138/14137/14136/14135/14134]  
[730:7] 真昼の露光 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/06/11(Sun) 09:38 No.14132  

ヒストグラム
1250 x 761 (321 kB)


夜景での感度増はありがたいですが、真昼には戸惑うこともあります。

同じように100を400で使った結果露光と現像のミスマッチでトンだ画像に・・・
強い光を受けた銀塩が全部抜け落ちてベースに近い色だけが残った結果のように思われます。
モノクロネガフィルムなら真っ黒に見えている部分ですが反転しますので、この部分が大きく影響を受けて抜けてしまいます。

Nikon F-4 AF nikkor 24-85/2.8-4 fuji color100を400で使用
papitol 二本現像後の液に保存原液30t補充 KSCN 0.125g 38度4分33秒
発色:二十本程度使ったポジ用に作った液に50t補充 NaOH 3g 36度6分 漂白→定着



[2] Re: 真昼の露光 通太郎爺さん - 2017/06/11(Sun) 09:48 No.14133  

ヒストグラム
1200 x 746 (322 kB)


上ではカメラがスポット測光になっていたので暗いほうへ振れたようです。
この画面でもまだ明るすぎます。
ネガポジの場合は普通のポジ現像とは現像液の濃度や強度を違ったものにしないとダメなようです。

しかし、、、粒状性が良くなるのが不思議です。



[3] Re: 真昼の露光 通太郎爺さん - 2017/06/11(Sun) 09:52 No.14134  

ヒストグラム
1250 x 820 (227 kB)


粒状性は大幅に改善されるので今までの取り込ドットでは間に合いません。
これは今まで通りに縮小したものですが、それでもネガにしてはピントが向上しているように思えます。



[4] Re: 真昼の露光 通太郎爺さん - 2017/06/11(Sun) 09:55 No.14135  

ヒストグラム
1164 x 699 (145 kB)


2800万画素程度に取り込んだ画像の中心部ですが、なぜか粒子が判別できません。
ということはさらにドットを上げてもよいのでしょうね。



[5] Re: 真昼の露光 通太郎爺さん - 2017/06/11(Sun) 10:00 No.14136  

ヒストグラム
1250 x 801 (267 kB)


ハイスピードで使うと粒状が悪くなるいう常識が通用しないような気がします。
銀塩の粒子は漂白と定着で抜け落ちて色素だけ残るのがカラーフィルムの特色です。
これが粒状に関係しているのかもしれません。



[6] Re: 真昼の露光 通太郎爺さん - 2017/06/11(Sun) 10:20 No.14137  

ヒストグラム
1200 x 761 (420 kB)


モノクロ変換してみました。

銀塩の場合の粒子の最小は理論的にですが金属銀の粒子の大きさだと思います。
ところがカラーカプラーはこれよりはるかに小さいのでしょうね。
ネガカラーでの銀塩は光の変化をとらえる仲介役しかしておらず現像が進んだ部分から順次カプラーに置き換わってゆきます。
エッジの部分がキチッと決まらないまま、カプラーと入れ替わってしまうのでアヤフヤになってしまい、これが脇の甘い画像となっているのではないでしょうか。



[7] Re: 真昼の露光 通太郎爺さん - 2017/06/11(Sun) 10:25 No.14138  

ヒストグラム
1200 x 722 (151 kB)


ネガポジ現像では、まず銀塩のエッジまでキチッと現像で固定します。
その後、カプラーを働かせて色を付けてゆき、御用済みとなった銀塩は漂白、定着で取り除かれます。
フィルムに残っているのは色素の粒子のみなので銀塩のような見慣れた粒子が見えない(無いから?)のかもしれません。

いろいろやってみることは山積みですね。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)