(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/10/16 09:04:37

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 海の博物館 (9) NEW! 2: 海辺の町 (9) 3: 夏の終わり (3) 4: モノクロフィルムの進化 (4) 5: 待ち遠しいアクロス (3) 6: 全画素超解像の威力 (2) 7: 固定焦点でズーム? (3) 8: 久しぶりにネガポジ (3) 9: ポツンと・・ (1) 10: フツーの彼岸花 (3) 11: 白い彼岸花 (6) 12: 古いネガ (7) 13: 大失敗の巻 (4) 14: 徒然なるままに・・ (9) 15: ピント合わせの思い込み (4) 16: sigma と sonyの比較 (5) 17: 超広角のピント? (5) 18: Voigtlender 15mm/4.5 (7) 19: 昭和商店街・地元編 (10) 20: しつこく三和商店街 (9)

>>記事一覧 >>画像一覧



[14032/14031/14030/14029/14028]  
[651:6] ネガポジ、もう一つの特徴 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/05/26(Fri) 09:14 No.14027  

ヒストグラム
1250 x 780 (302 kB)


ネガフィルムなのにポジ現像すると彩度がぐんと上がります。
派手になってポジ風味が出てきます。
理由は不明ですが、ネガカラーにはこういう要素も隠されていたのだと再発見しました。

これもDNP100で現像はいつもの河野式簡易ポジ現像です。



[2] Re: ネガポジ、もう一つの特徴 通太郎爺さん - 2017/05/26(Fri) 09:16 No.14028  

ヒストグラム
1250 x 754 (244 kB)


ネガカラーとは少々感じが違ってきます。



[3] Re: ネガポジ、もう一つの特徴 通太郎爺さん - 2017/05/26(Fri) 09:18 No.14029  

ヒストグラム
1250 x 767 (263 kB)


同じ発色のはずなのに風味というか色のコントラストが強くなるような感じです。



[4] Re: ネガポジ、もう一つの特徴 通太郎爺さん - 2017/05/26(Fri) 09:20 No.14030  

ヒストグラム
1200 x 768 (527 kB)


これも好き嫌いがありますから一概に良いとは言えませんが、ポジフィルムより安いという点で有利かもしれません。
ベースがオレンジにもかかわらずなんでこうなるの???



[5] Re: ネガポジ、もう一つの特徴 3ピン屋 - 2017/05/26(Fri) 15:03 No.14031   HomePage

私が仕事、散髪、ヨメさんの相手で時間がとれない間に師匠はどんどん先にやっちゃってますねー。
色彩コントラストが本物のポジなみに高いこと、私も気づいておりました。ポジフィルムの特性っ
てのは現像法によるもので、フィルム自体の特性ではなかったのですね。本日、昼休みの晴れた時
間にご近所に咲いている花々を撮影してきました。アップできるのはいつになるかなぁ。

それにしても、こんなフロンティアがまだフィルムに残されていたとはびっくりです。検索した限
りで、ネガカラーフィルムを反転現像して粒状性と解像度が飛躍的に向上するという話は、誰も指
摘していないようです。

スキャンでは、師匠はエプソンのソフトウェアをお使いですね?これだと赤、青、緑の1色ごとに
最大値、最小値を指定できるから、オレンジマスクがあっても簡単に補正できちゃいますね。私は
35mmで解像度求める場合はPlustek + VueScan でやってます。VueScanもけっこう賢い(Silverfast
はアホでした)んだけど、一発で後補正なしで、というのは無理ですね。 



[6] Re: ネガポジ、もう一つの特徴 通太郎爺さん - 2017/05/26(Fri) 18:08 No.14032  

ヒストグラム
1300 x 831 (242 kB)


仕事や奥さんその他モロモロで忙しいのは現役として世の中の役に立つという証拠です。
私なんぞは、世の中から「あっち向いてホイ!」のお払い箱なので、せめて好きな事でもやって人様のお邪魔にならないようにしておる次第です。

ネガカラーもポジカラーも現像方法が違うだけで基本的な構造に違いはないのでしょうね。
エプソンのソフトだとRGB別に決められるので何とかベースはごまかせるようです。

以前、ローライデジベースというマスキング無しのネガポジ両用フィルムを使いましたがポジ現像しても解像度が上がる感じはしませんでした。
画像を貼ります。感度は200ですがざらついた感じです。



[14026/14025/14024/14023/14022]  
[652:7] 古いフィルムの注意点 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/05/25(Thu) 23:06 No.14020  

ヒストグラム
1250 x 785 (219 kB)


期限切れから10年近くもたっているとフィルムの短辺方向の両端のほうが劣化していることがあります。

この画面でも上下に薄く変色した部分が見えます。



[2] Re: 古いフィルムの注意点 通太郎爺さん - 2017/05/25(Thu) 23:08 No.14021  

ヒストグラム
1250 x 777 (395 kB)


目立たない画面もありますが、大半の画面で盛大に出てきます。

Canon F-1 canon 50mm/1.4 (DNP100 2010.7) papitol KSCN 0.12g/250cc 38度6分35秒 水洗後中外の古そうな反転液(30%酢酸5t/700t添加)30秒 C.D. 中外Re30cc+K₂CO₃ 20g pH11.5



[3] Re: 古いフィルムの注意点 通太郎爺さん - 2017/05/25(Thu) 23:12 No.14022  

ヒストグラム
1250 x 782 (438 kB)


完璧に防ぐのは難しいですが、第一現像が終わった時点でスポンジなどでフィルムを挟んで、蛇口から湯を出しながら膜面に当ててふき取るようにするとほとんどなくなります。



[4] Re: 古いフィルムの注意点 通太郎爺さん - 2017/05/25(Thu) 23:16 No.14023  

ヒストグラム
1250 x 778 (370 kB)


第一現像のモノクロの薬品の影響が残るようですが、ネガ現像では殆ど出ないのが不思議です。
ポジ現像では風化の影響が大きいのでしょうか。



[5] Re: 古いフィルムの注意点 通太郎爺さん - 2017/05/25(Thu) 23:29 No.14024  

ヒストグラム
1250 x 775 (372 kB)


ネガポジ現像をやると確かに粒状性はアップします。
遠景の描写が良くなるので画面が引き締まるような感じです。
現像が面倒ですが、良いものを作るにはそれなりの努力が必要ということでしょうね・・・
ま、好きなことにくたびれなし・・・でいきましょう。



[6] Re: 古いフィルムの注意点 通太郎爺さん - 2017/05/25(Thu) 23:40 No.14025  

ヒストグラム
1250 x 785 (306 kB)


ネガポジ現像ではベースの色が抜けないので発色に難点がありますが、モノクロとして使うことに目を向ければおおいに見込みありだと感じます。
コントラストも粒状性も立派なものです。
これなら古いフィルムでも十分な実用価値がありそうです。



[7] Re: 古いフィルムの注意点 通太郎爺さん - 2017/05/25(Thu) 23:42 No.14026  

ヒストグラム
1250 x 751 (176 kB)


こちらも少しまじめにやってみようと思っています。



[14019/14018/14017/14016/14015]  
[653:13] やはり微粒子? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/05/24(Wed) 19:26 No.14007  

ヒストグラム
1200 x 850 (374 kB)


同じDNP100での結果です。
上がポジ現像したもの、したがネガ現像のものです。
拡大率は同じにしてありますが比較するとポジ現像のほうが粒状性が良いのがわかります。



[2] Re: やはり微粒子? 通太郎爺さん - 2017/05/24(Wed) 19:32 No.14008  

ヒストグラム
1600 x 1020 (252 kB)


画像がきりっとしますが、ベースが薄いオレンジなので発色がまともとは言えません。
画像の切れの良さを利用してモノクロで使うと効果は抜群です。
ネガカラーのモノクロは眠い感じでソフトで修正しても思い通りにはなりませんが、これなら使えそうです。

ポジ現像したものからのモノクロです。



[3] Re: やはり微粒子? 通太郎爺さん - 2017/05/24(Wed) 19:35 No.14009  

ヒストグラム
1300 x 829 (215 kB)


元の画像です。ネガポジ現像なのでベースの色に邪魔されて本来の色が出ません。



[4] Re: やはり微粒子? 通太郎爺さん - 2017/05/24(Wed) 19:42 No.14010  

ヒストグラム
1600 x 989 (440 kB)


ブローニーでいい加減な現像をするより良いかもしれませんが、余裕という点ではやはりブローニーに軍配が上がりそうです。
しかし〜〜〜、と迷うぐらい奇麗な粒状なので、小型で簡便、フィルムも安価でレンズやボデーの選択余地の豊富さも考慮に入れると・・・またしても迷っちゃうな〜。



[5] Re: やはり微粒子? 通太郎爺さん - 2017/05/24(Wed) 19:58 No.14011  

ヒストグラム
1600 x 1009 (456 kB)


なんでこうなるの〜〜 と寝ずに考えましたが????(本日は寝不足なり)

ネガカラーは銀塩の周りにカラーカプラーという発色剤が取り巻いています。
現像されてゆく過程で光を受けた強さに比例して発色カプラーが開いてゆくらしいのですが、
粒子の中心部より外側が先に現像されてしまい、粒子のエッジ部分と中心部との現像の誤差がアヤフヤなまま現像が終わってしまうようです。

アヤフヤなまま漂泊、定着してしまう以外にないのでエッジ部分がぼやけて粒状性が落ちるのではないでしょうか。



[6] Re: やはり微粒子? 通太郎爺さん - 2017/05/24(Wed) 20:12 No.14012  

ヒストグラム
1600 x 1009 (489 kB)


ポジ現像では、第一現像で完全に銀塩をモノクロ化して確定します。
モノクロとしての銀塩が動かない固定した状態を作ってからカプラーを発色させるのでエッジから中心部まで均等に発色現像がなされます。
銀塩は中途半端なまま発色されることがないわけです。
下地のペンキがよく乾かないうちに上から塗ると下地がずれて色が混ざってしまうような感じでしょうか。
完全に乾いてから塗るのがポジ現像の気がします。



[7] Re: やはり微粒子? 通太郎爺さん - 2017/05/24(Wed) 20:30 No.14013  

ヒストグラム
1300 x 814 (322 kB)


データです。
Canon F-1 (DNPフォトルシオ発売 DNP centuria 100 2010.7期限切れ)
第一現像:papitol(指定濃度)250t+ロダンカリ 0.15g 38度6分35秒
1分〜2分水洗後
中外の反転液(かなり古い)に第二塩化スズ 2.4g/700cc に2分(効果は疑わしい)
このまま発色液へ(反転液を使う場合は発色液との間に水洗してはいけない)
発色液:中外のA,B液に50gのCD4/5Lを入れた液(頂き物がもったいないので自作している)36度6分
水洗の後EDTAを少しと酢酸(5t/600t)入れた薄い液でプレ漂白(無くても良く水洗すればよい)
漂白5分 スーパーフジフィックスで定着3分



[8] Re: やはり微粒子? 3ピン屋 - 2017/05/24(Wed) 22:39 No.14014   HomePage

3ピン屋、本日は当直で、現像ができません。師匠を眠れなくさせて申し訳なく思っております。
フジよりも粒子の出やすいDNPのフィルムでも良い結果が出たのを心強く思っております。私に
とって、この処理方法はけっこうなマイブームであります。

通常のネガ現像とネガポジ現像を同一画面に表示したのは説得力ありますねー。ずいぶん手間
がかかったと思います。

白黒への変換、たしかに、自分でもアクロスに匹敵する微細な粒子と先鋭度だと思っておりまし
た。しかも、ネガでは粒子が出て不明瞭となりやすい暗部がくっきり出るのにびっくりしており
ます。

ラティチュードは通常のポジより広いように思います。

本法が理想的にいったとして、中判とどちらを選ぶか、というと難しい選択ですね。直感的に
セミ判のネガカラーの普通現像したものをエプソンGT-X900で3200DPIで取り込んだものと、
35mm判の本法で処理したフジのネガをPlustek OpticFilm8100で取り込んで縮小したものが、
だいたい同じぐらいの画質になるかな、と感じております。

中判はスキャナをもっと高性能なものに取り換えれば少し限界が上がるかもしれません。でも
ニコンにしろ、Plustekにしろ、フレックスタイトやドラムスキャナにしろ、簡単に手を出せる
価格ではないし、それらからの情報を処理するにはPCも対応できる上位機種にしなければいけ
ません。また、ネガカラーではGT-X900の3200DPIで粒子が見えていることから、おそらく大きな
向上はないと思います。

現像はちょっと面倒になりますが、本法前提で35mmのネガカラーで撮影するのは、フィルムは
安いし、撮影機材はセミ判よりも軽いし、特に山岳写真では有効に使えそうに思っています。

もう一つ考えているのは、増感です。以前にポジの増感やった時に、思ったほど粒子の荒れが
無かったのに気づきました。また、ネガよりも素直に増感できたのに感心しました。本法でネ
ガカラーの増感をやれば、通常のネガ現像よりも強い増感ができるのでは、と妄想しています。

自分でやるより、師匠の方が先にやってしまうかもしれませんね(笑)。

自家現像する写真家が増えることへの期待、まさしくそのとおりで、「フィルム派」を名乗る
なら、せめて白黒ぐらいは自分で現像しろよ、と思っております。



[9] Re: やはり微粒子? 通太郎爺さん - 2017/05/24(Wed) 23:05 No.14015  

>本日は当直で、現像ができません

まだまだ世の中で役に立つ証拠ですね。私なんぞは、毎日自宅待機で当直ばかりやっております。
つまり世の中で相手にされないということなんで・・ハイ

ところで増感の件ですが、実は、このDNPは200で使っています。一般のポジフィルムも、この現像法の場合100を200で切ってよいと思います。
キャノンのF−1やM6を使うのも露光を正確に確かめたいからです。
第一現像の時間を一定にするためには増感より露光時間の短縮のほうが安全策だと思ってやっていますが、400や800まではやってみていませんので、ぜひやってみてください。



[10] Re: やはり微粒子? 通太郎爺さん - 2017/05/24(Wed) 23:19 No.14016  

ヒストグラム
1102 x 860 (220 kB)


中判のスキャンについてですが、スキャナーの熱によるフィルムのカーリングを防ぐのが難しくナングレアガラスのゴミにも悩まされます。

カメラの平面性が保たれてもスキャナーでカーリングしたのでは台無しなので35mmより、はるかに気を使います。

horseman VH-R (provia 100F RDP B 2006.6切れ) papitol 500cc+NSCN 0.5g 37-8度 6分30秒 
C.D. Re100cc/500cc 36度5分 第一現像の後にフィルム両面をスポンジで挟んで水洗しながら拭き取っています。



[11] スキャナのフィルムホルダ 3ピン屋 - 2017/05/25(Thu) 18:01 No.14017  

ヒストグラム
1000 x 667 (88 kB)


師匠もGT-X900をお使いと記憶してますが、間違いなかったでしょうか。ガラス面にじか置きだと
フィルムの平坦性がよさそうだな、と思っていたのですが、熱の問題があったとは知りませんで
した。私は35mmもブローニーもフィルムホルダを使っています。ただ、ご存知のとおり純正のもの
はペラペラでとてもまともにピントが出るものではありません。

ブローニーでは Betterscanning.comのホルダを購入しました。1万円ぐらいしたかな、単純なも
のですけどしかたないですね。無反射ガラスも付属しています。細かいピント調整も可能です。



[12] スキャナのフィルムホルダ 3ピン屋 - 2017/05/25(Thu) 18:06 No.14018  

ヒストグラム
1000 x 667 (113 kB)


35m用はA2対応のEPSONのES-7000用のフィルムホルダが、入手出来たので、これを使っています。GT-X900のものよりかなりしっかりしており、真ん中でフィルムを抑える部分もあります。ピントはホルダの裏にガムテープを張ってベストの位置にしてあります。



[13] Re: やはり微粒子? 通太郎爺さん - 2017/05/25(Thu) 19:12 No.14019  

ヒストグラム
1218 x 850 (185 kB)


スキャナーは現在GT−X980を使っています。
使いすぎの感もあり、そろそろ二代目が必要かなと感じています。
付属のホルダーは無反射ガラスならぬプラスティックなので静電気による細かいゴミの付着が多く、全くと言ってよいほど使い物になりません。
熱も吸収しやすく何枚も立て続けにやれません。
エプソンも実際にフィルム現像などやってみる社員はいないんでしょうかね。

一番下が4x5用で額縁用の無反射ガラスを切って使っています。
中がブローニーです。
黒いボール紙も2mm厚の額縁用マットの切れ端です。この高さが35mmにピントぴったしなので便利です。
ブローニー用はもう一枚薄いのを張り足して3.4oにしてあります。
抑えに隙間テープのスポンジを張ってあります。
35mm用は横からスライド式に差し込むのですが、相手が少しけば立った紙なので傷は付きません。

エプソンの付属品は一見よさそうに見えますが、肝心な所で間が抜けていますね。



[14006/14005/14004/14003/14002]  
[654:10] ネガポジ現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2017/05/23(Tue) 09:06 No.13997  

ヒストグラム
395 x 750 (50 kB)


早速やってみましたが、失敗。ネガフィルムなのにロダンカリを入れすぎて画像そのものがスッコ抜けてしまいました。



[2] Re: ネガポジ現像 通太郎爺さん - 2017/05/23(Tue) 09:09 No.13998  

ヒストグラム
3253 x 1926 (673 kB)


ネガカラーの場合は銀塩が少ないのでロダンカリが入ると全部溶けてしまうようです。
それでも一部のものを見る限り画像のエッジが際立つのでピントはよくなっています。

画像も薄いためにゴミだらけですが特長は見ていただけるかもしれません。
ほぼA3ノビ程度の大きさですが、画像がまともに出ればさらに良くなると思います。



[3] Re: ネガポジ現像 通太郎爺さん - 2017/05/23(Tue) 09:16 No.13999  

ヒストグラム
963 x 850 (217 kB)


フィルムはフジの100、新品です。

ポジ現像するとピントがぐんとよくなる理由がわかってきたような気がします。



[4] Re: ネガポジ現像 通太郎爺さん - 2017/05/23(Tue) 09:28 No.14000  

ヒストグラム
3333 x 2033 (1,142 kB)


同じフジの100、こちらは普通にネガ現像したものですが、小さな文字など見るとエッジがあいまいです。
このあいまいさが大きいと画像がぼやけて見えますが、かといってデジカメのように電気的にあいまいさを修正してゼロにしてしまうと、切り絵細工のように立体感がなくなり貼り付けたような画面になってしまいます。

気にしなければ綺麗に見えますが切り絵は切り絵、実際の画面の見え方でそのようなエッジのない風景はありません。



[5] Re: ネガポジ現像 3ピン屋 - 2017/05/23(Tue) 10:29 No.14001   HomePage

ヒストグラム
995 x 990 (224 kB)


本方法による処理の名称は、「ネガポジ現像」でいいですね? Flickrには Michitaro Kohno
が考案、と記載しています。

今回の添付は 7360x5006にスキャンしたものの部分です。前回と同じく背景の空に細かい粒子
が出て、その限界まで画像が出ているのが了解いただけると思います。デジだと解像限界近辺
だとベタっとして切り絵細工になりますね。

この実験でネガカラーフィルムの可能性が広がってきました。でも、なぜ、がわからないので
すが、通常のネガ現像が、本来フィルムがもっている先鋭度にかかわる性能をかなりスポイル
しているのだろうと思います。

ラティチュードについては、私の実験ではまったく問題ないようでした。通常のポジより広い
ようです。

ネガポジ現像で、フィルム上の画像はオレンジマスクのせいで、見た目にはきれいではありま
せん。デジタル処理で無理やり見えるようにしているだけで、通常の引伸機にはかけられず、
意味はないではないか、という批判もあると思います。でも、登山で最新式のDSLRや、フィル
ムのセミ判機材をもっていくかわりに軽くて安いフィルム一眼で十分な画像が得られる、とい
うのは魅力です。



[6] 今度はコダックのネガで 3ピン屋 - 2017/05/23(Tue) 20:33 No.14002   HomePage

ヒストグラム
1100 x 743 (267 kB)


Kodak Gold 100の期限切れでやってみました。



[7] Re: ネガポジ現像 3ピン屋 - 2017/05/23(Tue) 20:36 No.14003   HomePage

ヒストグラム
997 x 927 (245 kB)


フジフィルムの記録用に比べて、明部だけでなくハーフトーン、暗部でも粒子が出やすいようです。またその粒子もフジより大粒のようです。



[8] Re: ネガポジ現像 3ピン屋 - 2017/05/23(Tue) 20:39 No.14004   HomePage

ヒストグラム
988 x 1011 (262 kB)


フィルムがよほど古かったのか、ゴミも出ていますね。それほど汚い処理をしたわけではないのですが。



[9] Re: ネガポジ現像 3ピン屋 - 2017/05/23(Tue) 21:05 No.14005   HomePage

ヒストグラム
955 x 2734 (917 kB)


フィルムの見たままも貼っておきます。



[10] Re: ネガポジ現像 通太郎爺さん - 2017/05/23(Tue) 22:09 No.14006  

>Flickrには Michitaro Kohnoが考案、と記載しています。

ご紹介いただき光栄です。どこへでもどうぞ出していただいて結構です。
銀塩のネックは現像ですのでプロラボが減ってゆく中での自家現像は避けて通れない道でもあると思います。
世界中で簡便な方法が広まれば銀塩もすたれることはないと考えております。

今、本日テスト撮影したフィルム二本を別々にポジ現像しておりました。
今回はうまくいっていますので乾燥が済みましたら明日にでもスキャンして載せてみます。

いろいろ貴重なデータをありがとうございます。
コダックはフジより粒子は荒い感じです。ただし粒子が角張っているのでエッジが立って疑似的にコントラストやピントが良く見えます。
デジカメのドットと同じで街のビル風景など角張ったものが多いものには向いていますが、曲線の多い木や花などでは大きくすると不自然さが目立ちます。
大きく伸ばすとフジの方が空や樹木などは奇麗になりますね。



[13996/13995/13994/13993/13992]  
[655:5] ネガカラーフィルムの反転現像、C41で 投稿者:3ピン屋 投稿日:2017/05/22(Mon) 12:44 No.13992   HomePage
お世話になっております。以前、ネガカラーの反転現像、この場合はやりの
クロスプロセスのE6でなく、ネガ用のC41ですが、通常の処理よりも粒状性がよ
くなる、と報告あり、私もその時にシネフィルムをパピトールとペーパー用現
像液で処理して、良さそうだと報告しました。

今回、富士フィルムの記録用ISO100のネガカラー、期限切れでやってみて、か
なり粒状性、先鋭度が向上するのを確認できました。

画像へのリンクをここで記述すと拒否されるので、サンプルは Flickrの
threepinnerの写真を検索願います。

方法は
1.ISO 100 で撮影
2.パピトール通常濃度(+2倍濃度補充液ウナタレ)37℃8分で第一現像
3.水洗
4.BAN1(ふだんネガカラーで使っているウナタレ)で第二現像、約35℃7分
5.水洗
6.漂白(BAN2)
7.水洗
8.スーパーフジフィックスで定着
9.水洗
10.乾燥

スキャンはPlustek OpticFilm 8100 + VueScanで72000DPIで行いました。オレ
ンジマスクのために補正が必要ですが、VueScanがそれほど苦労せずに補正かけ
てくれます。肉眼でも柔らかめの画像に見えます。取り込み後、GIMPで横幅が
10,000ピクセル以上あるのを7360ピクセルに縮め、色補正後にアンシャープマ
スクを軽くかけております。

7360は、友人から借りて使った事のあるNikon D800の画素数に合わせて、比較
しやすくするためです。これまでも135サイズのポジフィルムからだと全く遜色
ないなぁ、と思っておりましたが、ネガカラーフィルムでも同等の解像度が得
られるようです。とくに、ポジと同じく、暗部、ハーフトーン部ではまったく
粒が見えず明快な描写です。逆に背景の空で粒子が出ますが、ネガ現像のよう
な大きいものではありません。

撮影時にISO50、100、200に設定して同一場所で撮影したところ、ISO100が最適
のようです。

安価な記録用フィルムでデジ一のフラッグシップ機に劣らぬ画像ができるとは
楽しいです。



[2] Re: ネガカラーフィルムの反転現像、C41で threepinner - 2017/05/22(Mon) 17:52 No.13993   HomePage

ヒストグラム
1000 x 678 (220 kB)


ツィッターに載せたサンプルを転載します。これは全体像。135からのスキャンです。



[3] Re: ネガカラーフィルムの反転現像、C41で threepinner - 2017/05/22(Mon) 18:44 No.13994   HomePage

ヒストグラム
1054 x 919 (228 kB)


部分拡大です。



[4] Re: ネガカラーフィルムの反転現像、C41で threepinner - 2017/05/22(Mon) 18:58 No.13995   HomePage

ヒストグラム
656 x 573 (67 kB)


空の部分です。通常のネガ現像では明るい部分ではツブツブが見えないのですが、ここでは逆に明るい部分で粒が出ます。といってもかなり小さくて、解像限界ぎりぎりです。ネガでは粒の出る暗部やハーフトーンでは全く出ません。



[5] Re: ネガカラーフィルムの反転現像、C41で 通太郎爺さん - 2017/05/22(Mon) 19:31 No.13996  

詳しい情報、ありがたい限り、特に画像の情報はありがたいです。
ポジ現像すると解像度が上がる・・というか解像感が鋭くなるというか・・不思議です。
詳細にメモしながら再度挑戦してみます。

それにしてもきれいな反転ですね。ゾクゾクしてやる気満々です。
いくぞ〜!

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)