(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/09/17 06:21:30

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 大失敗の巻 (4) 2: 徒然なるままに・・ (9) 3: ピント合わせの思い込み (4) 4: sigma と sonyの比較 (5) 5: 超広角のピント? (5) 6: Voigtlender 15mm/4.5 (7) 7: 昭和商店街・地元編 (10) 8: しつこく三和商店街 (9) 9: 昭和の雰囲気 (6) 10: 三和商店街 (11) 11: SIGMA DP1 & DP2x (8) 12: 散歩 (4) 13: 絵描きモードにON (1) 14: フォクトレンダー15mm (7) 15: 暑い〜〜〜 (7) 16: レンズの選択肢 (7) 17: SONY α7RU色々テスト (5) 18: くだらない話 (5) 19: Vision 3 よくできたフィルム (4) 20: 手ぶれについて (3)

>>記事一覧 >>画像一覧



[17574/17573/17572/17571]  
[66:4] ミニコピーフィルムHR-U 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/06/10(Mon) 08:55 No.17571  

ヒストグラム
1300 x 764 (216 kB)


昔々、コピー機がない頃、大切な書類などのコピーには写真が使われていました。
現在でも世界中の多くの博物館や図書館、美術館ではデジカメではなく銀塩で記録が残されているそうですが・・
それはさておき、今やミニコピーフィルムそのものが市販されていません。ここで使ったフィルムも2008年に期限が切れたものです。

Minolta SRT 101 (ミニコピー HR−U2008.10切れ) 
papitol Re40cc/300cc+KSCN 0.75g 26度5分30秒 
漂白:1分30秒 清浄:2分30秒 
第二露光:巻取りに手間取り1分50秒 
第二現像:5分 Made in EC プラスチックタンク(赤蓋) 一本用 
画像ス抜けで薄くスキャン困難



[2] Re: ミニコピーフィルムHR-U 通太郎爺さん - 2019/06/10(Mon) 09:18 No.17572  

ヒストグラム
1300 x 808 (236 kB)


このフィルムの感度は電灯光でASA25ですが、ここでは今までの経験上外光で50〜100で使っています。
粒状は極端に細かくなめらかですが、元来が印刷物などの文字に対応している為、極端にハイコントラストで中間調がないに等しいフィルムでもあります。



[3] Re: ミニコピーフィルムHR-U 通太郎爺さん - 2019/06/10(Mon) 09:22 No.17573  

ヒストグラム
1300 x 792 (245 kB)


このフィルムをポタなどで軟調現像してやると、うまくいけば4x5と同程度かそれ以上にもなり得るフィルムでした。

ここではパピトールで無理やり現像していますが線画ではないのでダメでした。



[4] Re: ミニコピーフィルムHR-U 通太郎爺さん - 2019/06/10(Mon) 09:25 No.17574  

ヒストグラム
1300 x 837 (182 kB)


手持ちの残りは一本しかないので最後をどう使うか悩ましいところです。



[17570/17569/17568/17567]  
[67:4] そろそろ卒業か? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/06/08(Sat) 21:22 No.17567  

ヒストグラム
1300 x 827 (205 kB)


この静けさ・・これがかっての繁華街だったとは想像もできませんね。
賑やかだった頃をよく知っているだけに何ともやるせない気持ちです。

モノクロポジも何とかなって道筋はついたようです。
後は近道をするなり少々隠し味をつけるなりすればその人なりのやり方が完成すると思います。
これも毎度同じ現像方法です。いちいち表記するのがおっくうになってきましたので適当に前のを検索してみてください。
薬の詳しい調合なども、このコーナーのどこかにあるはずですので・・・

Minolta SRTsuper 28mm 50mm (seagull 100)
papitol Re40cc/300cc+KSCN 1.5cc 26度5分 
漂白:ニクロム酸系 1分30秒 
清浄:2分30秒 
第二露光 各面20秒 
第二現像 5分 
スーパー富士フィックス 3分



[2] Re: そろそろ卒業か? 通太郎爺さん - 2019/06/08(Sat) 21:25 No.17568  

ヒストグラム
1300 x 824 (233 kB)


ポジ現像すると、なぜか少し粒状性が良くなります。そう見えるだけかもしれませんがシャキッとした見え方になるような気がします。



[3] Re: そろそろ卒業か? 通太郎爺さん - 2019/06/08(Sat) 21:27 No.17569  

ヒストグラム
1300 x 851 (221 kB)


安価なフィルムほどその差が大きいようですが、気のせいでしょうか。
これもオリエンタルから発売されているシーガルの100というフィルムです。
現在一番安いようですが・・



[4] Re: そろそろ卒業か? 通太郎爺さん - 2019/06/08(Sat) 21:35 No.17570  

ヒストグラム
1300 x 810 (229 kB)


ネガカラーやモノクロ現像はもとより、簡易リバーサル現像に始まって、ネガポジ、モノクロポジと一通りの現像が、何とかなりました。

あまり気張らずのんびり行くことにしましょう、、、と言いつつ今日も二本ほど現像しました。(ほとんどビョーキですね)



[17566/17565/17564/17563/17562]  
[68:7] 何でもかんでもポジに 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/06/06(Thu) 19:00 No.17560  

ヒストグラム
1300 x 838 (358 kB)


なんでもポジにしてみると粒状性がよくなる利点もある代わりに昔のレンズの欠点も見えてくるようです。

レチナ119のXenar50mm/3.5も少し描写が甘い感じが見えて来るような気がします。

Retina 119 Xenar 50mm/3.5 (fuji記録用 G100)
papitol Re50cc/300cc+KSCN 7.5g 23度5分30-45秒 
拭取り 2分 
発色 Re50t/300t 30度5-6分 
EDTA漂白 5分
定着:superfujifix 3分



[2] Re: 何でもかんでもポジに 通太郎爺さん - 2019/06/06(Thu) 19:04 No.17561  

ヒストグラム
1300 x 831 (347 kB)


この程度の大きさではあまり気づきませんが、原寸になると、、、少し気になります。
まあ、それはそれで「味のある・・」ということで良いのではないでしょうか。



[3] Re: 何でもかんでもポジに 通太郎爺さん - 2019/06/06(Thu) 19:22 No.17562  

ヒストグラム
1300 x 829 (396 kB)


赤系統の発色が良くなる?といえば聞こえが良いですが、見た目は派手になります。
ネガポジの色・・として定着してしまえばよいのかもしれません。



[4] Re: 何でもかんでもポジに 通太郎爺さん - 2019/06/06(Thu) 19:25 No.17563  

ヒストグラム
1300 x 828 (161 kB)


慣れてしまえばさほど難しい現像方法でもないと思えますので解像力向上を目指すのもよいかと思います。



[5] Re: 何でもかんでもポジに 通太郎爺さん - 2019/06/06(Thu) 19:29 No.17564  

ヒストグラム
1300 x 839 (271 kB)


第一現像終了後の拭き取りは60w相当のLEDから1mぐらい離して比較的のんびりやっています。
第二露光の代わりになっているのでしょう。

あえて第二露光をやらない方が色が安定するような感じですが・・・



[6] Re: 何でもかんでもポジに 通太郎爺さん - 2019/06/06(Thu) 19:33 No.17565  

ヒストグラム
1300 x 822 (239 kB)


第二露光は迷うところですが、強すぎると青かぶりが出てくすんだ発色になるようです。
これは第二露光まがいに、わざとLEDに近づけてみたものです。



[7] Re: 何でもかんでもポジに 通太郎爺さん - 2019/06/06(Thu) 19:34 No.17566  

ヒストグラム
1300 x 796 (244 kB)


試行錯誤が続きますが、少々安定してきたような気もします。



[17559/17558/17557/17556/17555]  
[69:5] 解像感が上がる?? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/06/05(Wed) 09:33 No.17555  

ヒストグラム
1300 x 773 (288 kB)


ネガポジでカラーネガフィルムを現像した場合に粒状が細かくなるのは目で見てわかります。
銀塩粒子の周りにあるカプラーだけで画像を作っているからだと言われれば「そだね〜」という感じなのですが、モノクロの場合も同様に粒状性がよくなるような感じがするのは不思議です。

Minolta SRTsuper rokkor 28mm/3.5 50mm/1.4 (seagull 100)
papitol Re40cc/300cc(ウナたれ)+KSCN 0.75g 26度6分 
ニクロム酸系漂白 2分 
清浄 2分30秒 
第二露光 表裏全 50秒 
第二現像 5分 
定着:S.富士フィックス 3分



[2] Re: 解像感が上がる?? 通太郎爺さん - 2019/06/05(Wed) 09:36 No.17556  

ヒストグラム
1300 x 819 (232 kB)


画像のエッジを取り巻く粒子が尖鋭度を増しているような感じで、いわゆるエッジが立つ・・状態です。



[3] Re: 解像感が上がる?? 通太郎爺さん - 2019/06/05(Wed) 09:42 No.17557  

ヒストグラム
1300 x 814 (262 kB)


撮影時の露光で真っ先に感光するのは大きい粒子なので、これが一般的なネガ画像を作りますが、大きい粒子を漂白で流してしまうので、残るのは感光度の鈍い細かい方の粒子しかありません。
これを再度露光、現像して画像を作らせるので粒状性が良くなる(細かくなる)という説もあります。



[4] Re: 解像感が上がる?? 通太郎爺さん - 2019/06/05(Wed) 09:55 No.17558  

ヒストグラム
1300 x 818 (230 kB)


理屈はよくわかりませんが、モノクロでもそれなりの効果があるのは確かです。
ブローニーと同じとは言いませんが6x4.5なら同等かポジ現像の35oのほうが少し上か・・という感じです。

ブローニーでのポジ現像はどうかというと今のところ差がわかりません。
ブローニーフィルムの感光材は35mmのそれとは違っているような気がします。
大きくしてみると粒子の密度が荒っぽい感じで、隙間が大きいので第一露光された大きい粒子を流してしまうと隙間だらけになってぼやけてしまうような感じなのですが・・・・。



[5] Re: 解像感が上がる?? 通太郎爺さん - 2019/06/05(Wed) 10:47 No.17559  

ヒストグラム
1343 x 960 (222 kB)


ネガカラーフィルムでモノクロポジ現像もできますがベースの色が付きまとうのでモノクロフィルムのように見た目「スッキリ」とはいきません。
やはりモノクロポジにはモノクロフィルムがお似合いのようです。



[17554/17553/17552/17551/17550]  
[70:5] ド派手なネガポジ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/06/03(Mon) 21:26 No.17550  

ヒストグラム
1300 x 824 (348 kB)


ネガポジ現像の特徴というか、気になるところといえば発色が派手になりがちなことでしょう。
ソフトで抑えてはいるものの・・・やはりド派手!!!

Nikon F2 nikkor 50mm/1.4 (fuji記録用 G100)
Papitol Re50cc/320cc(ウナたれ)+KSCN 0.7g 23度5分30秒
拭取り2-3分 
発色Re50t/300t(ウナたれ) 30度5-6分 
EDTA漂白30度5分 
Superfujifix 23度3分
水洗乾燥



[2] Re: ド派手なネガポジ 通太郎爺さん - 2019/06/03(Mon) 21:27 No.17551  

ヒストグラム
1300 x 846 (375 kB)


赤も青も、やりすぎですね〜。



[3] Re: ド派手なネガポジ 通太郎爺さん - 2019/06/03(Mon) 21:30 No.17552  

ヒストグラム
1300 x 815 (355 kB)


空の色はシアンを少し青に寄せていますが、それもほんの少しで、全体にグリーンも派手目です。
ネガカラーフィルムの色とは感じが違ってくるので面喰いますね。



[4] Re: ド派手なネガポジ 通太郎爺さん - 2019/06/03(Mon) 21:35 No.17553  

ヒストグラム
1300 x 822 (334 kB)


わざとらしい感じすらしますが、これはこれでネガポジの特徴ということにしておきましょう。



[5] Re: ド派手なネガポジ 通太郎爺さん - 2019/06/03(Mon) 21:46 No.17554  

ヒストグラム
1300 x 828 (393 kB)


解像感が良くなるのは確かなので、メリットはあると思います。

現像してくれるラボはますます少なくなり、自家現像しか手がなくなりつつあります。
そんな中、ヨーロッパのフィルムメーカーの多くが健在なのは心強い限りです。
絶滅危惧種と見られていたレコード盤が静かに復活しているように、銀塩は大人の遊びになってゆくのかもしれません。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)