(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/04/06 09:16:03

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 厄介なVELVIA (12) NEW! 2: モノクローム (2) 3: エクタクロームは? (6) 4: マゼンタは補正しやすい? (8) 5: アルカリか温度か (13) 6: 難関ベルビア (7) 7: 河野式ダイレクトポジ現像のU (7) 8: 河野式ダイレクトポジ現像 (12) 9: エクタクロームE100 反転露光なし (11) 10: 暗い画像 (5) 11: マゼンタ被り (2) 12: アルカリ剤の量 (1) 13: ダイレクトポジ現像 (11) 14: 反転操作無しでも反転 (6) 15: プロビア (7) 16: モノクロポジ失敗 (6) 17: 反転液なし (4) 18: エクタクロームE100 (4) 19: カラーフィルムの自家現像 (5) 20: 映画用Vision3とCanon (6)

>>記事一覧 >>画像一覧



[18103/18102/18101/18100/18099]  
[66:5] 富士のネガカラーで 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/12/12(Thu) 15:56 No.18099  

ヒストグラム
956 x 900 (277 kB)


少し季節外れとも思えるコスモス畑がありました。

久しぶりにネガカラーです。
カメラはRicoh Holidayですが、このカメラの発売当時ネガカラーはありませんからカメラもびっくりかも。
発色に問題はありません。むしろ素直な発色で3枚構成のすっきりした味が出ているのかと思ったりします。

Ricoh holiday (fuji 160NS)
中外AB液500t+CD4 4g 36度2分40秒 
白いゴミ多し、CD4多すぎか?



[2] Re: 富士のネガカラーで 通太郎爺さん - 2019/12/12(Thu) 16:03 No.18100  

ヒストグラム
895 x 900 (335 kB)


砂利道はさすがに自転車向きではありませんが、のんびりと写真を撮りながら行くには気持ちの良い道路です。



[3] Re: 富士のネガカラーで 通太郎爺さん - 2019/12/12(Thu) 16:05 No.18101  

ヒストグラム
944 x 900 (350 kB)


逆光に光るススキがきれいでした。
フードを付けていないので、陰の部分に入っての撮影です。



[4] Re: 富士のネガカラーで 通太郎爺さん - 2019/12/12(Thu) 16:12 No.18102  

ヒストグラム
918 x 900 (337 kB)


午後の時間が短くなった今日この頃ですが、日差しの弱さがいかにも冬の感じでネガカラー向きと言ったところでしょうか。



[5] Re: 富士のネガカラーで 通太郎爺さん - 2019/12/12(Thu) 16:24 No.18103  

ヒストグラム
897 x 900 (181 kB)


これから冬に向かうのですが、田んぼではすでに春の準備が始まっているようです。

先に35mmを発売したコダックのEktachrome E100ですが、いよいよ4x5とブローニーも発売されるそうで、Mtsuさんから情報をいただきました。

全くの遊びとしての銀塩が世界中で根付いてきたのかもしれませんね。
選択肢が広がるのはありがたいことです。



[18098/18097/18096/18095/18094]  
[67:5] まだ残っていたフィルム 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/12/10(Tue) 21:04 No.18094  

ヒストグラム
909 x 900 (172 kB)


全部スキャンし終えたと思っていたら、天井裏の物置にひと箱ごっそり残っていました。
ほとんどが家族などの人物ですが、旅行の途中で撮ったようなものもあります。

その内の数枚です。
1954年、岡山にあった親戚のうちへ行った折に近鉄から鶴橋を経て、梅田から国鉄(当時)に乗るために時間があったのでしょうね。
小学六年以来、いつも一人旅でした。乗り鉄だったようです。

カメラはリコーフレックスですが、フィルムに刻印がないので不明です。
おそらく小西六のサクラフィルムでしょう。



[2] Re: まだ残っていたフィルム 通太郎爺さん - 2019/12/10(Tue) 21:05 No.18095  

ヒストグラム
900 x 900 (152 kB)


別の一枚。
現像はカメラ屋に出しています。



[3] Re: まだ残っていたフィルム 通太郎爺さん - 2019/12/10(Tue) 21:07 No.18096  

ヒストグラム
890 x 900 (180 kB)


「ダンボ」の街頭宣伝カーです。懐かしい。



[4] Re: まだ残っていたフィルム 通太郎爺さん - 2019/12/10(Tue) 21:08 No.18097  

ヒストグラム
924 x 900 (222 kB)


65年前ということになりますね。フィルムはしっかりしていますがカビがひどい。



[5] Re: まだ残っていたフィルム 通太郎爺さん - 2019/12/10(Tue) 21:12 No.18098  

ヒストグラム
959 x 900 (178 kB)


車の形が面白い、、、市電もボンネットバスも丸みのある凝った形がいいですね。
パソコンに整理して、フィルムは捨てるしかないです。



[18093/18091/18090/18089/18088]  
[68:10] シャッターの位置 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/12/07(Sat) 10:05 No.18083  

ヒストグラム
1200 x 807 (308 kB)


ブレにくいシャッターがあるという話です。
左からZs、Vb、一番右がマミヤC型の初期のものですが、私の場合、シャッターを右手で上から下へ押すタイプが一番ブレにくいです。
RicohflexでいえばZ型までで、Zs以降になるとローライコードの真似をしたのか下のレバーを押したり引いたりするものになり俄然ブレが多くなりました。



[2] Re: シャッターの位置 通太郎爺さん - 2019/12/07(Sat) 10:14 No.18084  

ヒストグラム
1200 x 858 (321 kB)


リコーのミリオンで撮った写真ですがブレが激しいです。
Zs以降の機種で、シャッターはローライコードと同じ「行ってこい」式になっています。

最も嫌いなタイプのシャッターです。



[3] Re: シャッターの位置 通太郎爺さん - 2019/12/07(Sat) 10:16 No.18085  

ヒストグラム
1249 x 841 (157 kB)


地井さん画像の時はブローニーのサイズの大きさに助けられてはいますが、大伸ばしするとがっくりします。



[4] Re: シャッターの位置 通太郎爺さん - 2019/12/07(Sat) 10:20 No.18086  

ヒストグラム
936 x 900 (238 kB)


こちらは同じリコーのVbです。
ごく初期のリコー(リコーフレックスはZまで1/100)でシャッターが1/100までしかありませんが、上から下へ押すタイプなのでほとんどブラしません。



[5] Re: シャッターの位置 通太郎爺さん - 2019/12/07(Sat) 10:24 No.18087  

ヒストグラム
1214 x 664 (192 kB)


大きくしてもそれなりに写っています。
カメラの場合、レンズの良し悪しの前に、シャッターの押しやすさが画面の安定感を決めてしまうようなところがあります。
安物のリコーフレックスが会社を立て直すほど爆発的に売れたのも、1/100でもブレにくいシャッターが貢献した部分も多かったのではないかと思っています。

二眼レフのシャッターの切りやすさという点で見れば、最悪なのがローライコード型の「行って来い」式、次がローライフレックス型の前下部のボタンを押し込むものではないでしょうか。
慣れの部分もありますが、全くの初心者でも失敗が少ないことこそがカメラとして優れているのだと思います。



[6] Re: シャッターの位置 mglss - 2019/12/08(Sun) 14:38 No.18088  

ヒストグラム
1024 x 679 (290 kB)


こんにちは。
たまにしか投稿しませんが、私は元気にやっております。
こちらの掲示板は定期的に見て楽しませていただいています。
先月、PentaxSVのリボンが千切れてしまい、このところ週末の時間を修理に費やしていました。
この写真は動作確認の試写のものです。
幕速はけっこういい加減ですが、露出に問題ないようでホッとしています。

最近はフィルムのスキャンをCanoScan9000fM2ではなく、α7M3でのスライドコピーに変更しています。
1コマずつ撮影する手間はありますが、スキャナよりも圧倒的に高解像度なうえ、短時間で取り込みが完了するので便利です。


シャッターによる手ブレの話で、二眼レフではないのですが、手持ちのカメラではMamiya Super16が激しくブレます。
原因は、水平方向に平たい形状にも関わらず、レリーズボタンが上側の角にあるせいです。
片手で手軽に扱いたいくらい小さいカメラですが、両手でしっかりホールドして撮影する必要があります。

Pentax SV, SMC Takumar 35mm F3.5, フジ記録用100.
現像: CNL-N1R 60ml+水240ml 38℃ 3:15.
漂白: CNL-N2R 35℃くらい 6:00.
定着: Chugai MyFixer 35℃くらい 5:00.

「記録用カラーフィルム」ですが、ネットではなぜかみなさん「業務用フィルム」と呼んでいるようです。



[7] Re: シャッターの位置 通太郎爺さん - 2019/12/08(Sun) 18:11 No.18089  

リボンの修理とはすごい。M6のリボンは買ったものの結局外注した私とは大違いですね。

スライドコピーの件、検討の余地ありです。
家内の注文で花の接写をやっていた頃の大袈裟な道具がゴロゴロしていますが、最近は簡単な道具があるようですので。

最初にこの手のフィルムを売り出したのがコニカの「業務用フィルム」だったのでその呼び名のほうが通りがよいのでしょうね、
フジが慌てて後追いしましたが「記録用フィルム」という呼び名が「フィルムって記録用に決まってるじゃん」「馬から落馬」とか「海で海水用」とかみたいな雰囲気だなぁ・・というので何となく最初の「業務用」が定着したみたいです。

名前はむつかしいですね。



[8] Re: シャッターの位置 通太郎爺さん - 2019/12/08(Sun) 19:54 No.18090  

ヒストグラム
865 x 800 (170 kB)


KONICA MINOLTAの 業務用カラーフィルムの抜け殻がありました。
10年ほど前に市場から消えたような気がします。

こんなものまで残していると、今に「ゴミ屋敷」の主になりますね。



[9] Re: シャッターの位置 mglss - 2019/12/08(Sun) 21:48 No.18091  

そんな理由があったんですね。
最近、このフィルムの存在に気づいてフジカラー100から切り替えたのですが、なぜかネットでは商品名と違う名前で呼ばれているので不思議に思っていました。
コニカのフィルムの箱を残されているとは凄いですね。
貴重なものを見せていただきありがとうございます。

幕の修理に関しては、私の腕は大したものではないです。
自己流で数台しか修理していないので、経験のある方が見たらメチャクチャなことをやっているかもしれません。

スライドコピーは、最近、焦点工房から数種類発売されたようです。中判に対応したものもあるようで注目していますが、α7M3では画素数が足りないのが悩みどころです。



[10] Re: シャッターの位置 通太郎爺さん - 2019/12/08(Sun) 22:48 No.18093  

ヒストグラム
1300 x 836 (361 kB)


「記録用ネガカラー」はコストパフォーマンスに優れたフィルムです。
発色も良く、ポジでは無理な色温度でも綺麗に収まります。
ロダンカリを入れたらどうなるかのテストをしました。
わずかに解像感がよくなったような気もしますが、劇的な変化は見られませんでした。

Minolta SRTsuper rokkor 50mm/1.4 & 28mm/3.5 (fuji G100を200で使用)
中外のABC液を混合したものを原液としています。Re30cc/250cc(ウナタレ)+KSCN 1cc(0.5g) 35d.2min.30sec.



[18082/18081/18080/18079/18078]  
[69:5] acros100 U35oを使ってみました 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/12/04(Wed) 21:30 No.18078  

ヒストグラム
1300 x 804 (405 kB)


35mmのアクロスUを使ってみました。
二、三日前に使ったブローニーと同じで、とにかく凄いフィルムです。
昔のネオパンFとSSを足して2で割ったような・・・というより両方の良いとこ取りといえるような出来栄えです。

粒子は丸くてかなりな微粒子。
画像はヌメッとしていながら、解像力の良さが目立ちます。
ぎくしゃくした解像感でないのが素晴らしい。

Leica M3 summilux 50mm/1.4 (acros100 U)
D76 Re50cc/600cc 21d.13min.30sec. s.fujifix 5min.



[2] Re: acros100 U35oを使ってみました 通太郎爺さん - 2019/12/04(Wed) 21:33 No.18079  

ヒストグラム
3300 x 2048 (1,386 kB)


少し大き目で貼ってみます。
一昔前のブローニーと見まがうような滑らかさです。



[3] Re: acros100 U35oを使ってみました 通太郎爺さん - 2019/12/04(Wed) 21:38 No.18080  

ヒストグラム
1300 x 811 (271 kB)


他にも長巻が何缶かあるのですが、これを見てしまうと他の物を使う気が????

ASA100とありますが、ぎりぎりなので200では無理なようです。



[4] Re: acros100 U35oを使ってみました 通太郎爺さん - 2019/12/04(Wed) 21:53 No.18081  

ヒストグラム
1300 x 807 (165 kB)


文句なしキレイです。これならコダックより高くても許せますね。
「驚き桃ノ木、山椒の木」こんな技術があったとは・・「畏れ入谷の鬼子母神」「びっくり下谷の豪徳寺(今は下谷にありませんね)」「見上げたもんだよ屋根屋のフンドシ」「たいしたもんだよカエルのしょんべん」・・
もう何でもありでしょう。

出す出す・・と言いつつなかなか出なかったので、「菜っ葉の肥やしでかけごえばかり」かと思っていましたが、世界の最高峰といってもよい性能で大満足です。



[5] Re: acros100 U35oを使ってみました 通太郎爺さん - 2019/12/04(Wed) 21:59 No.18082  

ヒストグラム
1300 x 752 (269 kB)


SSだと粒状性がいまいち、FだとASA30でしかも白トビが気になるし・・だったのですが、これだと白い砂の部分も出るし、100だし、粒状もFクラス。
ほかのフィルムを早く消化することに努力しましょうかね。

現像時間はもう少し押し気味でも良いようですので、13〜15分ぐらいでしょうか。短いと薄すぎるかもしれません。



[18077/18076/18075/18074]  
[70:4] Ricoh Y 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/12/03(Tue) 08:27 No.18074  

ヒストグラム
1075 x 900 (230 kB)


前玉回転式のリコーフレックスはVに始まってZ(ZsやZMもある)までありますが、ミリオンとかホリデーなども含めて台数としては世界で一二を争うほど売れたそうです。
これほどの人気は何かといえば、それまでの常識を覆す廉価であったと思います。

しかも、レンズを含めてアマチュアが使うには十分な性能を持っていたことも否定はできません。

6x4.5用のレンズをそのまま移行したようで、隅っこがひどい光量落ちになりますが、
「安いが一番」「少々のことは気にしない」の気持ちが、素人のそれに一致したのでしょう。



[2] Re: Ricoh Y 通太郎爺さん - 2019/12/03(Tue) 08:32 No.18075  

ヒストグラム
976 x 900 (218 kB)


引き伸ばしも料金が高く、ほとんどは密着焼きで6x6センチの大きさで見ていた時代なので、これだけ写れば、全く問題なし、むしろオーバースペックかもしれません。

Ricohflex Y acros100(旧)
D76 Re70cc/600cc 20d.10min. s.fujifix 5min.



[3] Re: Ricoh Y 通太郎爺さん - 2019/12/03(Tue) 08:45 No.18076  

ヒストグラム
938 x 900 (266 kB)


リコーY型ですがV〜Z、どれを使ってもほとんど同じです。
二眼レフは構造が簡単ですが、それだけにボデーとフィルムの安定度が難しく、ローライといえども完璧ではありません。
アイレスフレックスという二眼レフがありましたが、ニッコール付きで有名でした。
ニコンが渋々提供したもののボデーが気に入らず出荷停止したという話もあります。
ニッコール付きといって珍重されがちですが、二眼レフの場合レンズよりボデーが重要、
有名なレンズを付けたものの、その割に長続きしなかった二眼レフのほとんどはレンズとボデーのマッチングが出来ていなかった感じがします。



[4] Re: Ricoh Y 通太郎爺さん - 2019/12/03(Tue) 09:02 No.18077  

ヒストグラム
998 x 900 (396 kB)


ボデーがそこそこならレンズもそこそこで良い、と考え廉価に徹底したリコーのやり方は商売的に正しかったと言えるようです。
何事もバランス感覚が大切なんですね。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)