(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/09/21 20:11:59

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 古いネガ (7) NEW! 2: 大失敗の巻 (4) 3: 徒然なるままに・・ (9) 4: ピント合わせの思い込み (4) 5: sigma と sonyの比較 (5) 6: 超広角のピント? (5) 7: Voigtlender 15mm/4.5 (7) 8: 昭和商店街・地元編 (10) 9: しつこく三和商店街 (9) 10: 昭和の雰囲気 (6) 11: 三和商店街 (11) 12: SIGMA DP1 & DP2x (8) 13: 散歩 (4) 14: 絵描きモードにON (1) 15: フォクトレンダー15mm (7) 16: 暑い〜〜〜 (7) 17: レンズの選択肢 (7) 18: SONY α7RU色々テスト (5) 19: くだらない話 (5) 20: Vision 3 よくできたフィルム (4)

>>記事一覧 >>画像一覧



[15687/15686/15685/15684/15683]  
[376:5] 最近のフィルムは??? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/04/17(Tue) 22:59 No.15683  

ヒストグラム
1600 x 948 (284 kB)


最近のフィルムの特徴は、ある程度現像が進むと、それ以上現像が深くならない感じがします。
バブルの時期だったか、そのすぐ後だったか、世界的な銀の高騰があり、そこで一気にフィルムの質が変わったように思います。

銀が少なくなったのだと思います。同じように現像しているはずなのに微妙に調子が変わりました。
フィルムが変っても、ほぼ同じように現像できるようにフィルム会社は研究したのでしょうね。
大したもんです。

Canon F-1 canon 50mm/1.4 指定通りに作ったD76(いわゆるstock)の150tに水を加え450t(1:2希釈液)

温度は室温の19度、時間30分、フィルムはイルフォードのFP-4(100f長巻) 125 をASA400で使用



[2] Re: 最近のフィルムは??? 通太郎爺さん - 2018/04/17(Tue) 23:06 No.15684  

ヒストグラム
1600 x 984 (317 kB)


銀不足以降のフィルムでは、昔のように増感が効きにくくなったようです。
その代わり少々長時間現像がずれても、真っ黒けなネガにはなりにくい特徴もあるようです。

温度を下げて、長時間現像すれば、光を受けた強さに従って自分勝手に現像がす進み、ある程度まで進むと、そこで止まってしまうようです。

今回も19度とほぼ20度に近い温度ですが、以前のフィルムならD76を1:3にしたところでもっと進んで真っ黒に近くなるはずですが、なりませんねぇ。



[3] Re: 最近のフィルムは??? 通太郎爺さん - 2018/04/17(Tue) 23:09 No.15685  

ヒストグラム
1600 x 994 (408 kB)


6分とか7分とかは最短時間の表示で、それ以上になっても心配無用ということのようです。



[4] Re: 最近のフィルムは??? 通太郎爺さん - 2018/04/17(Tue) 23:16 No.15686  

ヒストグラム
1600 x 1003 (257 kB)


銀が少ない分、何か別のもので代用しているのかもしれません。

現像に関して言えば、かなりいい加減でも大丈夫・・と言えそうです。
逆に、現像薬品などいじっても結果はほとんど変わらない、、、つまり微粒子にもならなければ荒れもしないと言うことでしょう。



[5] Re: 最近のフィルムは??? 通太郎爺さん - 2018/04/17(Tue) 23:25 No.15687  

ヒストグラム
1600 x 950 (412 kB)


ミクロファインなどと名前につられて使ってみても、単にメトールの単薬に過ぎないらしく、結果としてフィルムがミクロ的に現像されることなどありません。

ネガカラーの現像液なんて現像主薬といわれるようなメトールとかフェにドンとか全く入っていませんが銀塩が現像できます。

take it easy・・でしょうか、ま、 気楽にいきましょう。



[15682/15681]  
[377:2] テストの繰り返し 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/04/17(Tue) 05:43 No.15681  

ヒストグラム
1600 x 1205 (303 kB)


2台のCrown Graphicの調整に手間取っています。
毎日のように撮っては現像撮っては現像の繰り返しですが、4x5の場合、一枚ずつ現像できるので便利な気もします。

常温静止現像 CROWN GRAPHIC Xenar 135mm/4.7 fomapan 100
16度、30〜40分
現像液はD76を1:3に希釈したものを500t作り、その後保存液50tを追加しながらやってみています。



[2] Re: テストの繰り返し 通太郎爺さん - 2018/04/17(Tue) 05:49 No.15682  

ヒストグラム
1600 x 1168 (271 kB)


遠景から近景に至るピントの様子なども知りたいので、どこでもよいというわけにはいきませんが、
幸いなことに我が家の軒下ぐらいの位置で二か所撮れます。

この画像はまさにシャッターを押した瞬間、途中にある道路を車が走って、遠景の一部が隠れてしまい失敗。
左上部に現像器具(JOBO タンク)の溝の影響も出てしまいました。



[15680/15679/15678/15677/15676]  
[378:8] やはり漂白のようです 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/04/15(Sun) 23:35 No.15672  

ヒストグラム
1200 x 377 (355 kB)


常温(室温)でネガポジでやってみました。
第一現像(250t+ロダンカリ0.25g ワンショット)は16度30分です。
漂白液はいつも使っている中外のミニラボ用ですが、3本程度使ったもの800tです。

シミのようなものは見られませんので、3ピン屋さんの推察通り、漂泊の不完全な結果とみるのがあたりだと思います。
あす、きちんとスキャンして出してみます。



[2] Re: やはり漂白のようです 通太郎爺さん - 2018/04/16(Mon) 05:41 No.15673  

ヒストグラム
1250 x 785 (219 kB)


おはようございます。
いろいろ古いネガを探してみた結果、それらしいものが見つかりました。

これの原因が、力が弱くなった漂白液だということが分かって大いに参考になりました。
ありがたいです。感謝します。

フィルムを使ったのが2017年5月、古いフィルムを反転液の実験に使ったものです。
反転だけの実験だったので、漂白液も気にせずやっていました。フィルムの古いせいではないのですね。、

Canon F-1 canon 50mm/1.4 (DNP100 2010.7) papitol KSCN 0.12g/250cc 38度6分35秒 
水洗後反転液(30%酢酸5t/700t)30秒 



[3] Re: やはり漂白のようです 通太郎爺さん - 2018/04/16(Mon) 08:22 No.15674  

ヒストグラム
1300 x 830 (710 kB)


15672のフィルムを全部スキャンしてみましたが、別段変わった様子はありませんでした。
上下の部分がわかりやすい画像を見ても特徴的な色の変化はありません。

発色現像液のpHが高過ぎたのか(12.7)色が偏っているようです。

フィルムはフジの業務用100 第一現像はパピトール250tにロダンカリ0.25gで16度30分ですがもう少し短時間のほうが良いかもしれません。



[4] Re: やはり漂白のようです 通太郎爺さん - 2018/04/16(Mon) 08:29 No.15676  

ヒストグラム
1300 x 862 (584 kB)


ネガポジ現像では、ネガカラーフィルム本来のベースの影響を受けてしまうので夕方や夜は出やすいですが真昼の光線には向いていないように思います。



[5] Re: やはり漂白のようです 通太郎爺さん - 2018/04/16(Mon) 08:53 No.15677  

ヒストグラム
1300 x 834 (618 kB)


常温(暗室の温度)で長時間の静止現像ですが、基本的にはできます。
第一現像の時間(温度はいじらないので)で調節してみます。



[6] Re: やはり漂白のようです 通太郎爺さん - 2018/04/16(Mon) 08:59 No.15678  

ヒストグラム
1300 x 849 (585 kB)


夕暮れの光ですが、かなり正直にとらえています。
ただし、発色液はポジ用に作ったpH高めのものより普通のネガカラー用のほうが向いている感じがします。



[7] Re: やはり漂白のようです 3ピン屋 - 2018/04/16(Mon) 21:22 No.15679   HomePage

ヒストグラム
1200 x 813 (332 kB)


漂白液全く新しいものにして、室温で5分の処理にとどめたものをやってみました。
今回もブクブクはなし、いつものISO100→400ではなく、ISO400→1600です。久し
ぶりのネガポジでの増感です。

写っているのは栗山町の老舗まつりでの出店でのもの、雨の下での撮影です。
第一現像は
Part1:ロダンカリ3.0g/500ml入りパピトール指定濃度ウナタレ、37℃7分
Part2:ロダンカリ0.3g/500ml入りパピトール指定濃度ウナタレ、37℃4分
発色現像はBANでニワルクとCD4を少々追加しています。

ここでも下部に漂白の行き過ぎによる青いムラが出ていますし、パーフォレーション
に一致しています。ただ、これまでよりはるかに軽度です。おそらく5分でなく4分と
すれば見えなくなると思います。

これまで漂白はやりきればよいのだから、長くても構わないだろうと思っていました
が、120やポジにくらべて、135のネガカラーでは短くしないといけないのがわかりま
した。それと、漂白液の原液の寿命は無限と思っていたのも、考えを変えないとい
けないようです。

ISO400→1600の増感ですが、フィルムの視認では赤紫に偏っているのですが、エプソン
スキャナのソフトで見ると、各色ともしっかり分布幅大きく出ており、退色の自動補正
一発でちゃんと見られる色にしてくれます。

粒状性はISO100→1600とたいしてかわりません。第一現像を簡便にする方法も検討中
ですが、今回のトラブルで遅れてしまいました。



[8] Re: やはり漂白のようです 通太郎爺さん - 2018/04/16(Mon) 22:03 No.15680  

ヒストグラム
1300 x 861 (587 kB)


良い結果ですね。

>長くても構わないだろうと・・・

新しい液なら行き着くところでストップしますが、古いと中に溶け込んだ銀のコロイドが再度付着すると聞いたことがあります。

パーフォレーション部分は取れ切れていない発色液の残渣(カス)が沁みだしたものだと思うので、発色の後しっかり水洗すれば(水を流しながら拭いてもよい)大丈夫と思います。
たいていは漂白に入れた直後からリールごと上下に休まず1分ぐらい動かしてやればよいようです。

EDTAによるカラーの漂白は一般の漂白作用とは全く違いますから、漂白で色が抜けるということはないと思いますが・・・

漂泊液のブクブクはほとんど効果はありません。何処かの誰かがエアレーションなどというもっともらしいことを言い出したのが始まりでしょう。
回復などしません。劣化を遅延させるならブロムカリ添加のほうが効果大です。

ためしに新しい液でしっかり5〜6分漂泊してみてください。発色はよくなると思います。
カラーの場合、定着は劣化がさらに激しいですからどんどん新液にしたほうが安全だと思います。

3ピン屋さんの画像、雨の日でこれなら、もうほとんど完成ですね。

第一現像の常温(低温)長時間現像ですが、今回は16度で30分でした。その間にいろいろ仕事ができます。



[15671/15670/15669/15668/15656]  
[379:12] Help !! 投稿者:3ピン屋 投稿日:2018/04/10(Tue) 20:30 No.15645   HomePage

ヒストグラム
1200 x 797 (385 kB)


お助け願います。この2ヶ月ほど35mmのネガカラー現像がうまく行かないのです。真正ポジも120や
35mmの真正ネガカラーもこの間はやっていないのですが、シネとネガポジで同じような色ムラが出て
おります。添付はシネ(F64D)の、BANに適当にCD3を入れたもの、それ以前とやってることは同じなん
だけど、どぎつい黄色の汚染が上下に出ます。



[2] Help !! 3ピン屋 - 2018/04/10(Tue) 20:38 No.15646   HomePage

ヒストグラム
1200 x 809 (232 kB)


これは35mmのネガポジ、シネ・ネガとは反対に、上下に青い汚染が出ます。第一現像:パピトール
+ロダンカリ0.2g/500ml、30℃5分。ウナタレだけど、ほとんど新品。第二現像:BANほとんど新品
です。

これまでパピトールの交換、BANの交換、漂泊液の交換、撹拌を連続でやる、第一現像と第二現像の
間の水洗をブクブクで5分間徹底的にやる、第二現像を30℃以下の低温でやる、いろいろやったんだけ
ど解決できません。

色ムラにパーフォレーションがまったく関わっていないことから、乾燥の時にできるか、とも考えて
いますが、これ以上、解決法が思い浮かびません・・・。



[3] Re: Help !! 通太郎爺さん - 2018/04/10(Tue) 21:01 No.15647  

F64Dはフィルムが古いせいもあります。裸で長時間巻かれたままだとフィルムの上下からわずかの湿度が入り込み酸化した銀の影響で黄色くなることがあります。

もう一つは現像から漂白に移るときにリールに巻いたままだと現像液のアルカリから漂白液の酸に急激に変化するので上下がムラになります。
古いフィルムでは特になりやすいです。現像から漂白に移行するとき洗浄を長くやる方法もありますが、私は面倒なのでフィルムをスポンジで挟んで湯をかけながら幕面を拭いています。
アルカリから酸に入れる時が要注意です。
かなり古いフィルムだと現像ムラも考えられますがこの出方は違うでしょう。



[4] Re: Help !! 通太郎爺さん - 2018/04/10(Tue) 21:14 No.15648  

二枚目、ネガポジでは色が反転しますから色は違えど現象は同じです。
これを防ぐためにコダックは反転液なるものを考えて第一現像液の影響を完全に消したかったようです。
私はこれを使いませんから第一現像が終わりストップしたらタンクから取り出してスポンジ(台所用の中央を縦に切ってフィルムを挟み込む)を使って湯を流しながら一二回幕面を洗っています。
これでほぼ完全になくなります。



[5] Re: Help !! 通太郎爺さん - 2018/04/10(Tue) 21:58 No.15649  

言い忘れましたが、リールに巻いたままでの処理では水洗(湯での洗い)を長くやっても無理があります。
第一現像と発色現像の間でリールから一旦外してスポンジなどで洗浄することが必要です。



[6] ご助言ありがとうございます。 3ピン屋 - 2018/04/11(Wed) 21:14 No.15650   HomePage

ヒストグラム
1200 x 860 (298 kB)


本日、35mmネガカラーISO100フジの業務用、ちょっと期限切れでやってみました。現像は同じで、
発色現像の前後にスポンジつかってお湯での拭き取りをかなりしつこくやりました。残念ながら
結果は同じで、上下に青い染まりができます。

そもそも、上下の青いのがいけないのか、中央の茶色いのがいけないのか、なんともな所です。
フィルムが古いのがいけないのか、と新品でも2回やりましたがおなじでした。ステンレスの影響
を避けるためプラスティックの方溝式でもやりましたが、同じ。

前回と今回、乾燥中に気づいたのですが、水洗直後の湿った状態でライトに透かしてみると、それ
ほどこうした色の偏りはないように見えます。フィルムは、3回ほど指でワイプして、合成洗剤を
垂らした水にひたし、それを上から流してから、部屋のしかるべき所に引っ掛けて干しているので
すが、水が下に下がってポタポタ落ちると同時に、両端から水分がなくなっていきます。この時に
水分の残った真ん中部分が赤くなっているように見えるのです。

次回はエプソンスキャナのガラス面に、乾燥前の状態でスキャンしてみます。まぁ、それよりも
まずは、水洗の温度(通常、たぶん40℃ぐらい)を下げて、長く洗う事をやってみる必要があり
そうです。水洗は水の交換は1回だけ、ブクブクをつかって撹拌しております。

明日は当直なので、報告はちょっと遅れます。
状態で



[7] Re: Help !! 通太郎爺さん - 2018/04/11(Wed) 22:04 No.15651  

こんばんは。
う〜ん!こうなると分かりません。私の経験にはない状態だと思います。

第一現像の薬品を完全に拭き取らずに発色現像に入れてシミが出た経験しかありません。
64Dでは同じような状態になりましたが、これは古いせいだと思いました。
新品でも出るとなると・・・まったくお手上げです。

>上下の青いのがいけないのか

上下も真ん中も純粋の発色をしていない感じです。漂泊か定着のヘタリのようにも見えるし・・
すみません、解決にはなりませんね。



[8] まさかとは思いますが 通太郎爺さん - 2018/04/12(Thu) 17:18 No.15656  

何年か前のことですが、石油ストーブを焚いている部屋で乾燥させたとき、これに似た状態を経験しました。

北海道は暖房完備と聞いているので、まさか、、ですが石油ストーブ(ファンヒーターとかも同じ)を室内で焚くと、僅かな亜硫酸ガスがフィルム面の水分と反応して希硫酸として作用するらしく、色が飛んでしまうことがありました。

まさかですが・・・



[9] 気にかけていただき恐縮です。 3ピン屋 - 2018/04/15(Sun) 09:46 No.15668   HomePage

ヒストグラム
2621 x 936 (677 kB)


4月に入ってさすがに石油ストーブは使っておらず、エアコンばかりです。その後もうまくいって
おりません。やってみたのは
1.定着液を古いスーパーフジフィックスの濁ったやつからBAN3に変更。
2.水洗を湯で2時間以上おこなう。
3.発色現像を弱めにする。
4.真ん中の褐色は漂白不足と仮定して、できたフィルムをもう一回漂白・定着する。
いずれも変化なしです。

ひとつ奇妙な、というか、腹が立つことは、水洗上がった状態では色ムラが目立たず、乾燥してい
くにつれて出現することです。あたかも、フィルム面を落ちていく合成洗剤を含んだ洗い液が上下
端の色素を溶かして、真ん中に集まるように見えてしまいます。

しかも、一旦乾燥したフィルムも、もう一度水没させると色ムラが目立たなくなります。添付が
それで、下が干したまま、上がもう一度濡らして、スキャナのガラス面に貼り付けました。ただ、
水没させたのを一こまずつ拡大してスキャンすると、上下は青く染まっていますので、濡れて目
立たないだけ、のようです。

現在、
1.漂白の強度が高すぎる、という可能性を検討するため、視認下で最低限の漂白に留める
2.合成洗剤が悪さしているという可能性を考えて、使用せず、タオルでワイプして乾燥する
というのをやっています。

まっとうな解決ではないですが、乾燥を現像リールにまいたまま、リールを横倒しでやって、端っこ
の乾燥がゆっくり起きるように仕向ければ、軽減するのでは、とも考えています。



[10] 漂白液か!? 3ピン屋 - 2018/04/15(Sun) 16:15 No.15669   HomePage

ヒストグラム
900 x 620 (130 kB)


漂白が強すぎるか弱すぎるかではないか、との仮説をたてて、検証するために、弱い漂白を
やってみました。通常はウナタレ方式、35℃くらいでブクブク使って7分ぐらいやるところ、
今回は同じ液で20℃くらい、ブクブク使わず3分半ぐらいです。

意図に反して、全体の青染と黄染は変わりないのですが、フィルムのパーフォレーションに
一致した青染が現れました。



[11] Re: 漂白液か!? 3ピン屋 - 2018/04/15(Sun) 16:26 No.15670   HomePage

ヒストグラム
1200 x 856 (237 kB)


本日、栗山町の老舗祭り、無料試飲コーナーには雨にもかかわらずたくさんの(のんべぇ)が
来ていましたが、そこでの撮影です。前回まではBAN3のウナタレでしたが、3週ほど前に、肥料用
EDTA、ロダンカリ、クエン酸で作成した漂白液がありましたので、これを使いました。

今回は漂白不足を避けるため、20分間、ブクブクなしでやりました。また、高温でおかしなことが
起きないよう、温度は室温です。やはりパーフォレーションに一致した青染はありますが、程度は
かるく、コマによっては全く問題ないところもあります。

現在の結論としては、
ウナタレで使っている漂白液(BAN3)の原液が劣化して画面中央では漂白が不十分となると同時に、
上下端では過剰な高温のために色素(赤・緑)を溶解した、というものです。

次回は新規の肥料由来の漂白液を室温で7分程度の時間にとどめてやってみようと思います。



[12] Re: Help !! 通太郎爺さん - 2018/04/15(Sun) 19:46 No.15671  

漂白が一番怪しいですね。私は1分半〜2分で裏へ画像が青く抜けて来なくなったら新品と取り換えてしまいますので見たことのない現象なのですね。

ブロムカリを50g/500cc程度に添加するとネガカラーの場合なら復活しますがポジでは難しいでしょう。

漂白は一般的に言う漂白ではなく定着液で銀を流しやすくするための準備段階ですから、忘れて20分ぐらい入れておいてもあまり変化はないようです。

今、ひたすら室温または常温現像の実験を繰り返しています。モノクロもポジも簡単でしたが、ネガポジで難渋しております。



[15667/15666/15665/15664/15663]  
[380:7] 駅前開発・・今頃〜 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/04/14(Sat) 21:52 No.15661  

ヒストグラム
1229 x 900 (650 kB)


遅ればせながら、と、言いたいところですが遅れすぎて周回遅れの感じです。
戦後の都市開発として狭い23号線を広げる計画が作られたのは40年以上前だとか聞きました。
23号線は旧伊勢街道の外側に新設されたので、津駅付近のこの道路は狭いままで残されました。

右奥の高い建物は駅に隣接したホテル兼商業施設です。一応の県都としての対面もあるのでしょうね。

今頃になって思い出したように昔の計画のままやってますね〜。土建屋の都合のようにも思えますが、、

pearl 1 (acros 100-400) D76 約3倍希釈(150cc→450t Re50cc 全500t) ブローニー2本用ステンレスタンクの上下に35o用リールを入れブローニーリールを挟む 室温19度30分



[2] Re: 駅前開発・・今頃〜 通太郎爺さん - 2018/04/14(Sat) 21:57 No.15662  

ヒストグラム
1152 x 900 (722 kB)


どこかの住宅団地のような気配もありますね。

自転車さえそのままでは通れないような細い路地の連なるごちゃごちゃした場所でしたが、絵描きとしては好きな雰囲気でした。



[3] Re: 駅前開発・・今頃〜 通太郎爺さん - 2018/04/14(Sat) 22:02 No.15663  

ヒストグラム
1200 x 848 (557 kB)


当時のスケッチの一部です。



[4] Re: 駅前開発・・今頃〜 通太郎爺さん - 2018/04/14(Sat) 22:05 No.15664  

ヒストグラム
685 x 850 (219 kB)


こんな路地が駅の周りにたくさんあったんですが・・



[5] Re: 駅前開発・・今頃〜 通太郎爺さん - 2018/04/14(Sat) 22:09 No.15665  

ヒストグラム
1147 x 900 (624 kB)


駅から2〜3百メートルで計画はおしまい。
突然「幅員減少」でその先は旧道のまま。ま、ここが残っただけでもいいか・・・



[6] Re: 駅前開発・・今頃〜 通太郎爺さん - 2018/04/14(Sat) 22:10 No.15666  

ヒストグラム
1274 x 900 (762 kB)


広い道だと思ってスイスイ入って来たら、ハイおしま〜い。
この先の拡幅計画は、、、無いそうです。



[7] Re: 駅前開発・・今頃〜 通太郎爺さん - 2018/04/14(Sat) 22:14 No.15667  

ヒストグラム
1173 x 900 (757 kB)


今は珍しい旧道のコンクリート舗装。そのうちに文化遺産になるかもね〜。
何日も通行止めにしてやってたっけ、懐かしいなぁ。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)