(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/09/17 06:21:30

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 大失敗の巻 (4) 2: 徒然なるままに・・ (9) 3: ピント合わせの思い込み (4) 4: sigma と sonyの比較 (5) 5: 超広角のピント? (5) 6: Voigtlender 15mm/4.5 (7) 7: 昭和商店街・地元編 (10) 8: しつこく三和商店街 (9) 9: 昭和の雰囲気 (6) 10: 三和商店街 (11) 11: SIGMA DP1 & DP2x (8) 12: 散歩 (4) 13: 絵描きモードにON (1) 14: フォクトレンダー15mm (7) 15: 暑い〜〜〜 (7) 16: レンズの選択肢 (7) 17: SONY α7RU色々テスト (5) 18: くだらない話 (5) 19: Vision 3 よくできたフィルム (4) 20: 手ぶれについて (3)

>>記事一覧 >>画像一覧



[15705/15704/15703/15702/15701]  
[371:6] ネガポジでの青染、漂白が原因ではない!? 投稿者:3ピン屋 投稿日:2018/04/21(Sat) 09:23 No.15700   HomePage

ヒストグラム
667 x 1000 (152 kB)


お世話になっております。劣化した漂白液を長く反応させたために上下端の青染が起きた、という
仮説を検証するため、発色現像までやったフィルムを2分割し、一方は漂白によって色調・トーンが
変わってきた直後(室温で2分)、片方は20分、漂白を行いました。タイミングをわかりやすくする
ため、フィルムを反転してリールに巻きました。

添付はそれを干しているところ、向かって左が漂白最低限、というか、不十分のもの。右が十分以上
にやったものです。右は、この状態でも両端が青白くなっているのがわかります。



[2] Re: ネガポジでの青染、漂白が原因ではない!? 3ピン屋 - 2018/04/21(Sat) 09:37 No.15701   HomePage

ヒストグラム
1000 x 684 (197 kB)


仮説が正しければ、左側の漂白時間の短いものでは青染が生じていないはずなの
ですが、スキャンしてみると、ちょっと濃度が高くてスキャンしづらいのですが、
十分にやったのと全く同じ青染が出現しております。

一昨日考えたのは、青染部位では赤と緑の色素が欠落して明るくなっている。表層
には青があるはずだから、この部分ではパピトールが乳剤の表面からでなく、横の
フィルム断端、とくにパーフォレーションのところから深部に侵入して色素を溶か
したのではないか、というものです。

そうだとすれば、第一現像の撹拌をやればやるほど青染部位が拡大したのも腑に
落ちます。

証明するにはパーフォレーションあたりをロウでふさいでみるのがいいかもしれま
せんが、さすがにそんな馬鹿はやってられないので、新たにコレクトールを溶かし
て、現像を昨日やってみました。

結果は完全に元に戻っておりました。3か月ぶりの汚い染まりのないきれいな色との
再会は感動的でした。

まだ1回だけなので、騙されてはいけませんが、第一現像のパピトールに問題があった
可能性が高いと、現時点では考えております。

おかしくなった時にパピトールも粉末の溶解からやり直したのですが、これも、その
前のも袋の中で期限切れ、おかしな反応物ができていたのかもしれません。



[3] Re: ネガポジでの青染、漂白が原因ではない!? 3ピン屋 - 2018/04/21(Sat) 09:48 No.15702   HomePage

ヒストグラム
1000 x 668 (166 kB)


昨日のコレクトールで第一現像やったものです。当地では今週から花が咲きだしま
した。

撮影はキヤノンAV-1、シグマ・マクロ180mm F5.6、ネガカラーISO100業務用(フジ)
ISO320で撮影、第一現像はコレクトール指定濃度、新品、ロダンカリ0.2g/500ml、
30℃4分40秒、発色現像はBAN1、CD4とニワルクをちょっと追加、ウナタレ式です。

長いトンネルでしたが、花のシーズンに間に合いました。でも、まだ騙されている
かもしれないなぁ・・



[4] Re: ネガポジでの青染、漂白が原因ではない!? 通太郎爺さん - 2018/04/21(Sat) 09:55 No.15703  

ヒストグラム
785 x 950 (226 kB)


画像15700を見ると、第一現像が少しオーバー気味の感じがします。
攪拌が強すぎるのでしょうか。パピトールは袋の中でも(わずかに穴でもあるのか)酸化しますので固まっていたらアウトです。

現像オーバー気味が左、右は逆にアンダーです(静止現像実験のため16度で30分やりました)。パーフォレーション横の数字とかドットのようなしるしはフィルムの現像が正常に行われたかどうかを判定するための刻印ですが、これの網目が見えていれば正常、暗くて見えなければアンダー飛びすぎて見えなければオーバーです。

第一現像が原因かもしれませんね。
私は最初30秒ほど動かして1分おきに5秒ほど反転する程度でやっています。
あまり動かさない方だと思います。



[5] Re: ネガポジでの青染、漂白が原因ではない!? 通太郎爺さん - 2018/04/21(Sat) 09:58 No.15704  

かぶりましたが、コレクトールとは新発見です。この画像良いですね。
パピトールは安いので使ったまでですが、印画紙用ならどれでもよいのかもしれません。



[6] Re: ネガポジでの青染、漂白が原因ではない!? 3ピン屋 - 2018/04/21(Sat) 10:43 No.15705   HomePage

ヒストグラム
1200 x 810 (356 kB)


画像15700は、吊り下げているのをデジカメで撮影したものの、そのままだと
暗い左側の画像が出ているのがわからないので、PC上でトーンを持ち上げて
表示させたもので、元のフィルム上では現像オーバーではありません。

最近は第一現像を控えめ、それにあわせてISO設定も200〜240ぐらいにして
おります。こうすることで明部、とくに背景の空に粒子が現れるのを防ぐこ
とができます。

ちゃんと現像できたフィルムでは、昼光の元でもVueScanが当たり前に自動的
にトーンと色を設定してくれます。一般ネガとくらべて色彩は濃厚です。気
に食わなければ後処理で彩度を下げられます。スキャナはPlusek OpticFilm
8100を使っています。色のおかしいのはEpsonほど自由に矯正ができません。

添付は、北国の春の代名詞、フキノトウですが、これだけ大きくなっては
食べられません。



[15699/15698/15697/15696]  
[372:4] 静止現像での4x5リバーサル 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/04/20(Fri) 23:02 No.15696  

ヒストグラム
1199 x 950 (241 kB)


4x5のモノクロは静止現像が完成の域に入ったと言えそうですが、リバーサルとなると、少し難渋しております。

第一現像だけの静止現像ですが、これがうまくいかないと発色もうまくいきません。

Crown Graphic Xenar 135mm/4.7 fuji Velvia 100F(4x5)

第一現像:papitol1500ccにウナたれで Re 100cc ロダンカリは1g〜2g(ウナたれで前から混入しているロダンカリの影響が不明です)19度40分
発色は今までのポジ用にアルカリ強めにしたもの(pH 12.3〜7)25度5分



[2] Re: 静止現像での4x5リバーサル 通太郎爺さん - 2018/04/20(Fri) 23:12 No.15697  

ヒストグラム
1402 x 950 (604 kB)


4x5で静止現像をやる場合、現像液も1500t程度は必要なのでウナたれでやらないと実用的ではありません。
タンクもJOBOを使ったり、Yankeeを引っ張り出してみたり、一枚二枚を細々やっていたころと違って大げさになっています。

漂白も定着もすべてが大掛かりなので容器の置き場所にも困るほどです。



[3] Re: 静止現像での4x5リバーサル 通太郎爺さん - 2018/04/20(Fri) 23:23 No.15698  

ヒストグラム
1199 x 950 (205 kB)


一枚一枚をじっくり撮るという風景写真の基本に立ち返ったような気がします。

しかし重い〜〜〜!
フィルムホルダーを10個も入れるとリュックが8〜10Kgになります。
背負って5〜6km歩くとさすがに足がくたびれます。
80歳にあと一年、いつまでやれることやら。

今日の万歩計(携帯に付属している)では7キロ、約1万2千歩でした。
テレビで歩く健康法などやっていますが、杖ついたり、何も持っていないのだから参考にはなりませんね。



[4] Re: 静止現像での4x5リバーサル 通太郎爺さん - 2018/04/20(Fri) 23:32 No.15699  

ヒストグラム
1327 x 950 (297 kB)


歩きすぎで逆に不健康・・・と言われそう。
どこも痛くもならないので、つい毎日のようにやり過ぎてしまいます。
米と草しか食べないのによく体がもつなぁ・・と言われますが、
生き物を食わないので、溶かす時間が短くて体の負担が少ないのではないでしょうか。

でも、そろそろブローニーの蛇腹カメラぐらいにしないと・・とも思ってはいるのですが。



[15695/15694/15693]  
[373:3] ネガカラーの低温現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/04/19(Thu) 05:20 No.15693  

ヒストグラム
1095 x 900 (526 kB)


ネガカラーの低温現像に挑戦です。
新しい液を1500t作りました。補充材1150t、スターター50t、水を加えて1500tです。

温度は室温の18度、時間は40分、問題なしでした。

フィルムはフジのネガカラー(ブローニー)PRO 160 NS
カメラはCENTURY GRAPHIC Yamasaki C-congo 105mm/4.5 です。



[2] Re: ネガカラーの低温現像 通太郎爺さん - 2018/04/19(Thu) 05:23 No.15694  

ヒストグラム
1138 x 900 (671 kB)


低温でもカラーカプラーが正直に反応します。
温度管理が難しいといわれますが、ミニラボ用の常識であって、自家現像では無視できます。



[3] Re: ネガカラーの低温現像 通太郎爺さん - 2018/04/19(Thu) 05:26 No.15695  

ヒストグラム
1197 x 900 (870 kB)


今回は、キングのベルト式のテストも兼ねてやりましたが、やはり静止現像ではベルトのムラが出ます。
全部に出るわけではありませんが、ベルトはやめておいたほうが無難です。

低温でもできることが分かったのでこれもデータに残しておきます。



[15692/15691/15690/15689/15688]  
[374:5] 感度が変わったのか? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/04/18(Wed) 06:45 No.15688  

ヒストグラム
1300 x 798 (268 kB)


使っているカメラが古いものばかりなのでシャッタースピードが狂っているのかもしれませんが、感度100なら300〜400で撮っても充分に使えます。
ネガカラーは言うまでもなくモノクロでもリバーサルでも感度が上がっているような感じです。

Nokon F4 nikkor 24-85/2.8-4 (velvia100を300〜400で使用)papitol+KSCN(0.3g) 250cc 37d.7min. 発色:NaOH添加によりpH12.5のネガ用発色液由来の発色現像液 35度6分



[2] Re: 感度が変わったのか? 通太郎爺さん - 2018/04/18(Wed) 06:51 No.15689  

ヒストグラム
1300 x 821 (213 kB)


夕暮れの、以前なら暗すぎてあきらめるような光でも見かけ通りの発色をしてくれます。
以前は400などの高感度フィルムはコダックやフジの独壇場といった感がありましたが、今や海外の中小メーカー(とおぼしき)も余裕で400を作っています。
中には1600とか3200とか、挙句の果ては3200までなら何でもよい・・・と思しき表示すらあります。
明らかに感光薬剤の何かが大幅に変わったのだと思います。



[3] Re: 感度が変わったのか? 通太郎爺さん - 2018/04/18(Wed) 06:57 No.15690  

ヒストグラム
1300 x 845 (263 kB)


何がどう変わったのか専門的なことはわかりませんが、長年にわたって使っているとそのフィルムの変化が、
以前とは大きく違っていることに気づきます。

以前なら到底無理と思われたことが可能になってきているのです。
言われたとおりに正直に使っているとフィルムの持っている性能を十分に発揮できないような気がします。



[4] Re: 感度が変わったのか? 通太郎爺さん - 2018/04/18(Wed) 07:07 No.15691  

ヒストグラム
1300 x 807 (350 kB)


私がプロだったとしたら標準的な指示通りに撮って、決してこのような無理な使い方はしないし、プロラボへ出して安全を確保すると思います。
今やフィルムで仕事をするプロもいないでしょうから、性能がどうなったかなんてプロ達には関係なくなっていると思われます。

今や、フィルムの世界はアマチュアの独壇場・・ともいえると思います。

感度の件も、現像の方法も、以前の常識では通用しないことが次々と出てきます。



[5] Re: 感度が変わったのか? 通太郎爺さん - 2018/04/18(Wed) 07:12 No.15692  

ヒストグラム
1300 x 808 (176 kB)


撮るだけならデジカメのほうがはるかに便利ですが、撮ってから後も十分に遊べるのがフィルムではないかと思っています。
所詮は遊びですから、手間暇かけてじっくりと楽しむ「道楽」の醍醐味を味わうこともよいかと思います。



[15687/15686/15685/15684/15683]  
[375:5] 最近のフィルムは??? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/04/17(Tue) 22:59 No.15683  

ヒストグラム
1600 x 948 (284 kB)


最近のフィルムの特徴は、ある程度現像が進むと、それ以上現像が深くならない感じがします。
バブルの時期だったか、そのすぐ後だったか、世界的な銀の高騰があり、そこで一気にフィルムの質が変わったように思います。

銀が少なくなったのだと思います。同じように現像しているはずなのに微妙に調子が変わりました。
フィルムが変っても、ほぼ同じように現像できるようにフィルム会社は研究したのでしょうね。
大したもんです。

Canon F-1 canon 50mm/1.4 指定通りに作ったD76(いわゆるstock)の150tに水を加え450t(1:2希釈液)

温度は室温の19度、時間30分、フィルムはイルフォードのFP-4(100f長巻) 125 をASA400で使用



[2] Re: 最近のフィルムは??? 通太郎爺さん - 2018/04/17(Tue) 23:06 No.15684  

ヒストグラム
1600 x 984 (317 kB)


銀不足以降のフィルムでは、昔のように増感が効きにくくなったようです。
その代わり少々長時間現像がずれても、真っ黒けなネガにはなりにくい特徴もあるようです。

温度を下げて、長時間現像すれば、光を受けた強さに従って自分勝手に現像がす進み、ある程度まで進むと、そこで止まってしまうようです。

今回も19度とほぼ20度に近い温度ですが、以前のフィルムならD76を1:3にしたところでもっと進んで真っ黒に近くなるはずですが、なりませんねぇ。



[3] Re: 最近のフィルムは??? 通太郎爺さん - 2018/04/17(Tue) 23:09 No.15685  

ヒストグラム
1600 x 994 (408 kB)


6分とか7分とかは最短時間の表示で、それ以上になっても心配無用ということのようです。



[4] Re: 最近のフィルムは??? 通太郎爺さん - 2018/04/17(Tue) 23:16 No.15686  

ヒストグラム
1600 x 1003 (257 kB)


銀が少ない分、何か別のもので代用しているのかもしれません。

現像に関して言えば、かなりいい加減でも大丈夫・・と言えそうです。
逆に、現像薬品などいじっても結果はほとんど変わらない、、、つまり微粒子にもならなければ荒れもしないと言うことでしょう。



[5] Re: 最近のフィルムは??? 通太郎爺さん - 2018/04/17(Tue) 23:25 No.15687  

ヒストグラム
1600 x 950 (412 kB)


ミクロファインなどと名前につられて使ってみても、単にメトールの単薬に過ぎないらしく、結果としてフィルムがミクロ的に現像されることなどありません。

ネガカラーの現像液なんて現像主薬といわれるようなメトールとかフェにドンとか全く入っていませんが銀塩が現像できます。

take it easy・・でしょうか、ま、 気楽にいきましょう。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)