(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合がありますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ カ ラ ー 自 家 現 像 サ ロ ン ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2024/02/23 21:22:15

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: やはり絵 (3) 2: ブギウギと写真機 (5) 3: 映画用フィルム (4) 4: 2つめの参加写真展終了 (4) 5: SPD現像液で・・・ (4) 6: カラー現像液でモノクロ (3) 7: 原点に戻って (13) 8: ネガカラーの進歩 (8) 9: おめでとうございます (5) 10: ポジカラーの薬品 (2) 11: 第一現像以外はネガカラーと同じ (10) 12: 昔の写真 (4) 13: 1965年頃 (2) 14: ウルトラC (4) 15: カラーフィルム現像の注意点 (2) 16: 素直にネガカラー (5) 17: fomapan R100 (3) 18: モノクロリバーサル (5) 19: 大失敗 (4) 20: 無理な現像 (4)

>>記事一覧 >>画像一覧



[20698/20696/20689/20686/20685]  
[206:8] 赤ワインをこぼしたかのように… 投稿者:kazuleo 投稿日:2022/06/14(Tue) 18:34 No.20682  

ヒストグラム
1500 x 1000 (148 kB)


前回のアナウンスより大幅遅れの投稿です。

PROVIAと同じタイミングで、こちらはRolleicor VbでVELVIA撮影です。
メトールをうっかりPROVIAの現像で切らしてしまい、やむなくフェニドンを使いました。

●VELVIA 100(120)
第一現像:Papitol 250cc+蒸留水250cc+フェニドン0.3g 39.0℃ pH10.0 5.5min.
第二露光:白色蛍光灯 1min.&拭き取り
発色現像:BAN-1R + リン酸3ナトリウム 10g+NaOH 3.5g pH12.0 6min.
漂白:BAN-2R 6min.
定着:スーパーフジフィックス 3min.

過去にないくらい派手にマゼンダに被り、まるで赤ワインをこぼしたかのように毒々しい色に。



[2] Re: 赤ワインをこぼしたかのように… kazuleo - 2022/06/14(Tue) 18:37 No.20683  

ヒストグラム
1500 x 1026 (279 kB)


何故か文字化けがでますねぇ。

今一度、現像データを載せ直します。

●VELVIA 100(120)
第一現像:Papitol 250cc+蒸留水250cc+フェニドン0.3g 39.0℃ pH10.0 5.5min.

第二露光:白色蛍光灯 1min.&拭き取り

発色現像:BAN-1R + リン酸3ナトリウム 10g+NaOH 3.5g pH12.0 6min.

漂白:BAN-2R 6min.

定着:スーパーフジフィックス 3min.

スキャナでの補正前後比較はこちら。
今回スキャニングした際のガラスの圧着が弱かったのか、フィルム上にはない光の入り込みができています。



[3] Re: 赤ワインをこぼしたかのように… kazuleo - 2022/06/14(Tue) 18:43 No.20684  

ヒストグラム
1500 x 1500 (228 kB)


Photoshopでカラーバランス等を少しいじれば、見られるようにはなります。

画像の右側にかぶったようなものが出ちゃってますね。



[4] Re: 赤ワインをこぼしたかのように… kazuleo - 2022/06/14(Tue) 18:44 No.20685  

ヒストグラム
1500 x 1500 (133 kB)


江の島の上で、昼ビールなんぞを傾けてリゾート気分を。



[5] Re: 赤ワインをこぼしたかのように… kazuleo - 2022/06/14(Tue) 18:50 No.20686  

ヒストグラム
1500 x 1500 (81 kB)


サンセットのマゼンダ被りは記憶色をさらに強めてくれます(爆)

スキャナーの取り込み方をも少し工夫して、手軽に安定したスキャニングをしたいものです。今は、ポジのスリーブをガラスキャリアに挟んでやっています。

メトールを買って、次のポジ現像に備えますが、富士のポジ現像が安定しないため悩ましい。そんなこんな状況に輪を掛けて、Kodakが7/1〜また値上げですね。



[6] Re: 赤ワインをこぼしたかのように… 通太郎爺さん - 2022/06/14(Tue) 19:33 No.20689  

これは見事にワインそのものですね。
メトールとフェニドンは全く組成が違うらしいのでマゼンタ防止の効果はないと聞きました。
やはりだめですか・・・
補整はこの色調の方がグリーンに傾くよりはやりやすく、第一、見た目が奇麗ですね。

proviaにはメトールは不要なようですね。VELVIA専用に残しておいた方が良いかもしれません。



[7] Re: 赤ワインをこぼしたかのように… kazuleo - 2022/06/16(Thu) 22:38 No.20696  

あちこち文字化けが出ていてスミマセン・・・

フェニドンは、あまり使い道がなさそうなので封印ですね。
メトールはVELVIA専用で良いのですね。PROVIAはメトール無しでやってみます。

毎度のアドバイスありがとうございます!



[8] Re: 赤ワインをこぼしたかのように… 通太郎爺さん - 2022/06/17(Fri) 09:48 No.20698  

フェニドンはモノクロの現像液としては非常に優秀ですが、価格も高騰していますし入手もやや困難になりました。
昔に比べて最近のフィルムはカラーもモノクロも銀の量が少なくフェニドンの出る幕は亡くなったようにも感じます。

カラーフィルムの発色剤にはモノクロフィルムの現像主薬は全く入っていないのですが、そのまま使っても(時間は長いですが)モノクロが奇麗に現像できます。



[20688/20687/20681/20680/20679]  
[207:8] メニエルを引きずって 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2022/06/14(Tue) 13:19 No.20676  

ヒストグラム
1350 x 854 (199 kB)


鯉のぼりの頃、再発したメニエルがいまだに尾を引きずっています。
目まいやふらつきの原因は三半規管の異常だとわかっていても、なぜ三半規管の異常が発生するのかと言う根本原因が不明のようです。
ストレスや栄養失調、加齢などいろいろ言われていますが、これといった的確なものは無いようです。

Nikon S2 nikkor 35mm/2.5 (acros U期限切れ1.5年)
SPD(stock)70cc+(old)230cc 22度7分 中外Fix



[2] Re: メニエルを引きずって 通太郎爺さん - 2022/06/14(Tue) 13:26 No.20677  

ヒストグラム
1350 x 899 (254 kB)


加齢・・と言われれば防ぎようがありません。
栄養失調?・・一人で勝手なものばかり食っているのであり得ますが、ほとんど生き物系のものを食べないのが原因だとすれば、永平寺の坊さんや、ビーガンが全員なりそうなものですが聴いたことありませんね。
ストレス・・現像がうまくいかないことかなあ〜〜。(そんな馬鹿な、もともと遊びでしょうが・・)

何とも訳の分からん展示物ですが、これでメニエルが治せませんかね。



[3] Re: メニエルを引きずって 通太郎爺さん - 2022/06/14(Tue) 13:33 No.20678  

ヒストグラム
1350 x 899 (326 kB)


片目でファインダーをのぞいたり、二眼レフをのぞき込んだり、それだけでふらつくので始末に負えません。
ま、この歳まで充分すぎるほどカメラと付き合ったので、そろそろ年貢の納め時かもしれません。
不思議なことに、絵を描くのは細密画であれ何であれ平気なんですね。(片目で描いてませんからね)
絵を描けと言う天の声・・と、思いましょう。



[4] Re: メニエルを引きずって 通太郎爺さん - 2022/06/14(Tue) 13:39 No.20679  

ヒストグラム
1350 x 899 (320 kB)


ボチボチやりますので、このコーナー、ご遠慮なくお使いください。
83才も過ぎると、いろいろきつくなります。皆さん若いうちに遊んでおきましょう。(真面目に遊んだ?爺さんの忠告です。)



[5] Re: メニエルを引きずって T_Matsu - 2022/06/14(Tue) 16:14 No.20680  

>ストレス・・現像がうまくいかないことかなあ〜〜

それは絶対にありませんね、断言できます!



[6] Re: メニエルを引きずって kazuleo - 2022/06/14(Tue) 18:29 No.20681  

メニエルの気持ち悪さはかなりと聞いていますが、心配です。
お天気も不安定なのも影響しているのでしょうか?

外出時は特に気をつけてください。



[7] Re: メニエルを引きずって 通太郎爺さん - 2022/06/14(Tue) 19:20 No.20687  

病院へ連れてってもらった以外は外出する気になりません。
吐き気はほとんどなくなったので楽になりましたが、いつぶり返すやら・・
この病気はこんなもんでしょう。若い時の方がもっとひどかったように思いますが、加齢とともに長期間続くようです。



[8] Re: メニエルを引きずって 通太郎爺さん - 2022/06/14(Tue) 19:25 No.20688  

Matsuさんお久しぶりです。
歳には勝てませんね。現像はうまくいこうが行くまいがストレス解消になるようですが、暗室の暗闇が目まいを助長するようです。
倒れる隙間もないので大丈夫ですが・・・



[20674/20672/20651/20650/20649]  
[208:7] 第二露光は不要 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2022/05/26(Thu) 16:17 No.20647  

ヒストグラム
821 x 900 (211 kB)


画像を反転させるという意味では第二露光は不要で全く意味がありません。
但し、リールとフィルムとの間に第一現像液が残ってしまうので、これを清浄する為にリールから外してフィルムの幕面をスポンジで奇麗にしますが、大切なのはリールの方で、これを良く洗って薬液を流します。
フィルムを外す主目的はリールの方でフィルムはさっと拭いてやればOK です。
以前から何度も書いていますが、第二露光が絶対に必要と勘違いされるといけないので、今回、タンクの蓋を開けずにやっています。

Mamiya C330 mamiya 80mm/2.8 (provia100F)
papitol(stock)200cc+water 250cc 38度7分30秒 水洗ストップ後タンクの蓋開けずに発色液を注入。 
CNL-N1R 300cc+water 150cc+NaOH 1.2g (pH12.6) 36-7度5分



[2] Re: 第二露光は不要 通太郎爺さん - 2022/05/26(Thu) 16:21 No.20648  

ヒストグラム
904 x 900 (279 kB)


タンクを開けずにやると、第二露光の光源の影響を受けないので画像がスッキリします。

但し、かなりしつこい水洗にもかかわらず、リールの間に残った第一現像の液が悪さをします。

この画像では、空の部分に目立ったマゼンタのシミが見えます。



[3] Re: 第二露光は不要 通太郎爺さん - 2022/05/26(Thu) 16:24 No.20649  

ヒストグラム
936 x 900 (182 kB)


あまり目立たないものもありますが、、、



[4] Re: 第二露光は不要 通太郎爺さん - 2022/05/26(Thu) 16:30 No.20650  

ヒストグラム
908 x 900 (240 kB)


目立つものも出てきますので、洗ってやった方が安心です。

第二露光が目的ではなく、リールやフィルムの端に残った第一現像の薬品の清浄が目的だと理解していただければ、不必要な手間暇が省けると思います。

ネガポジの場合は、少ない銀塩に光を当てて蹴飛ばしてやるような感じでの第二露光が必要になります。



[5] Re: 第二露光は不要 通太郎爺さん - 2022/05/26(Thu) 16:38 No.20651  

ヒストグラム
926 x 900 (186 kB)


古くからあるテテナール式でも反転露光はやらずタンクは開けずにそのまま発色液を入れていますがコントラストの強めなポジに仕上がります。

第一現像液を何とかすればテテナール式のように出来るのかもしれません。

今回は第二露光は基本的にはいらないというお話でした。



[6] Re: 第二露光は不要 kazuleo - 2022/06/09(Thu) 23:37 No.20672  

ポジにおいては第二露光は不要で、第一現像の薬剤を残留させないようにすることが大切。

ネガポジは逆に必須ですね。



[7] Re: 第二露光は不要 通太郎爺さん - 2022/06/10(Fri) 12:31 No.20674  

基本が、フィルムやリールに残った第一現像の薬液を清浄することなので、第二露光の方にばかり気が向いていると、ムラが出てしまうことにもなりかねません。
特にリールの縁やフィルムのパーフォレーションの穴に残ることがあるので厄介です。



[20673/20600/20571/20560/20559]  
[209:10] SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 投稿者:mglss 投稿日:2022/04/24(Sun) 15:16 No.20545  

ヒストグラム
1200 x 800 (564 kB)


こんにちは。
前回引き続きILFORD SILVERCHROME現像液でのカラーポジ現像をやってみました。
今回はPROVIA100Fです。
この方法は以前にも試していたのですが、そのときは発色が青っぽく、赤が弱い結果でした。今回も同じです。
また僅かですが、暗部が明るく、コントラストが低く見えます。
強い光で透かすとパーフォレーション部が少しだけ透けて見えるので、カブリがあるのでしょう。
でもこのくらいなら許容範囲かもしれません。

SC = SILVERCHROME
液量:300ml.
第一現像: SC-FGD[1+9](指定濃度 stock=30) ロダンカリ10%=4ml 38℃ 6min.
停止: SC-SB 2min.
第二露光: LEDデスクライト(約10EV)を動かしながら 各面30sec.ずつ
発色現像: CNL-N1RN[1+2] 苛性ソーダ10%=7.5ml 38℃ 6min.
停止: 液再利用 2min.
漂白: CNL-N2R 6min.
定着: SC-RF 5min.



[2] Re: SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 mglss - 2022/04/24(Sun) 15:17 No.20546  

ヒストグラム
1200 x 800 (288 kB)


で、青っぽさを改善するのにヨウ化カリを添加してみました。
去年、第一現像液の自家調合をやっていましたが、このとき、ヨウ化カリを使うと青の発色が弱くなることが経験上分かっていたからです。

結果、まだちょっと青の方が強いですが、添加なしと比べると赤側が強くなりました。
添加しすぎると画像が黄色くなるので、ベストを求めると微妙な調整が必要になりそうです。
ヨウ化カリの現像抑制効果のせいか、暗部がぐっと締まってコントラストが強くなりました。
スライドは一見してヨウ化カリを添加したほうが見栄えがいいのですが、添加なしでも別にいいのかな、と思っています。

第一現像: SC-FGD[1+9](指定濃度 stock=30) ロダンカリ10%=4ml ヨウ化カリ0.2%=0.3ml 38℃ 6min.
第一現像以外は上と同じ。



[3] Re: SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 通太郎爺さん - 2022/04/24(Sun) 20:32 No.20547  

発色はほぼ問題のない範囲ではないでしょうか。生のままのフィルムなら奇麗に見えると思います。

SILVERCHROMEも印画紙用なので、おそらくはパピトールと同じ作用かと思いますが、使ったことがないので分かりません。
パピトールが市場から姿を消した今となってはこれも有力候補だと思います。

ヨウ化カリも効果的なようですね。

最近のベルビアやプロビアのエマルジョンが変わったような気がするので、ベルビアでのメトールを抜いてみようかと思っています。
いずれは現在入手できる薬に変えていく必要があるのでいろいろな実験結果があるととても参考になります。



[4] Re: SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 通太郎爺さん - 2022/04/24(Sun) 20:49 No.20548  

20546の桜は八重桜の一種でしょうか、奇麗ですね。
高松由来の鬼無稚児桜(キナシチゴザクラ)にも似ているようですが、だとすれば珍しいほうでしょう。
その桜は家内が好きな桜でした。



[5] Re: SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 mglss - 2022/04/30(Sat) 08:27 No.20558  

ヒストグラム
1200 x 800 (341 kB)


おはようございます。
この八重桜の品種は・・・ネットで調べましたがよく分かりませんでした。
小ぶりで濃いピンク。花弁の枚数はそれほど多くなく、20〜30枚くらいかと思います。


さて、今回は更にヨウ化カリを増やしてみました。
薄曇り写真で少し黄味がかった仕上がりになりました。
ちょっとヨウ化カリを増やしすぎたようですが、これはこれで面白いです。
デジタルカメラのオートホワイトバランスが効いたような雰囲気です。

最近のPROVIAですが、ちょっと漂白・定着で抜けにくい印象があります。
今回、ちょっとベロににごりが残ったので、再漂白・再定着しています。

minolta AL-E, PROVIA100F (RDP3-004).
第一現像: SC-FGD[1+9](指定濃度 stock=30) ロダンカリ10%=4ml ヨウ化カリ0.1%=0.9ml 38℃ 6min.
第一現像以外は以前と同じ。
ベロににごりがあり、再漂白・再定着。



[6] Re: SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 mglss - 2022/04/30(Sat) 08:27 No.20559  

ヒストグラム
2048 x 465 (193 kB)


現像の際、カラーチェッカーを写した短いストリップも一緒にリールに巻いています。
左からヨウ化カリ=0mg(なし), 0.6mg, 0.9mgです。
ご参考になれば。



[7] Re: SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 通太郎爺さん - 2022/04/30(Sat) 13:04 No.20560  

桜の件わざわざ調べていただき恐縮です。

ヨウ化カリについてはやったことがないのでこのデータを残しておくことにします。
さいきんのベルビアやプロビアは、以前のものより素直になった・・・といか、自家現像がやりやすくなったような気がします。
徐々にテストしてみるつもりですが、そうだとすればありがたいことです。
そうは言うものの、最近は気候不順でなかなか撮影に出て行けません。
アクロスUの件もあるしボケている暇がないのはありがたいことですね。(気が付いていないだけかも・・)



[8] Re: SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 kazuleo - 2022/05/04(Wed) 21:24 No.20571  

>>20559
>現像の際、カラーチェッカーを写した短いストリップも一緒にリールに巻いています。
>左からヨウ化カリ=0mg(なし), 0.6mg, 0.9mgです。

mglssさん、お久しぶりです。
PROVIAでのヨウ化カリの検証ありがとうございます。

チェッカーを踏まえると、ヨウ化カリの添加により温黒調風になりますね。
個人的な色の好みではセンターの0.6mgが良いかな。




[9] Re: SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 mglss - 2022/05/14(Sat) 08:03 No.20600  

>kazuleoさん

こちらこそお久しぶりです。

私も好みは0.6mgのものです。
曇天や陰の写真が多い場合は少し増やすといい感じになるかもしれません。
この辺は自家現像の強みですね。

ちなみに、先日PROVIAをヨドバシから富士フィルムに現像に出したのですが(1500円弱もしました・・・)、それに1コマだけ入れていたカラーチェッカーを見ると、上記の中では0.6mgが一番近い発色バランスでした。

以前はヨドバシに行くと「提携している現像所に出す」と言われましたが、今回は「富士フィルムに送る」とのことでした。もうメーカーが直で現像サービスをやっているのでしょうかね?



[10] Re: SILVERCHROMEでPROVIA第一現像 kazuleo - 2022/06/09(Thu) 23:47 No.20673  

anglesさん

私の方もブランクができてしまい失礼しました。
PROVIAにはPapitolよりSILVERCHROMEの方が合うのでしょうか?
このフィルムをあまり使いこなせてないので、次に使う時にどちらにしようかと迷っています。

自家現像だけだはなく外注することもあるんですね、
お恥ずかしながらポジは、まだ一度も現像所に出したことがありませんが、リファレンスとして使ってみる価値はありそうですね。
フィルムの現像は、ネガも含め出せるところが限られて納期も延びていると聞きます。やはり、需要がないからでしょう。



[20664/20663/20662/20661]  
[210:4] 反転現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2022/06/06(Mon) 09:33 No.20661  

ヒストグラム
1300 x 884 (160 kB)


Kalloflexのシャッタースピードが不調なのでテストしました。
全体に遅いようで表示の半分以下のようです。

Kalloflex prominar 75mm/3.5 (ektachrome E-100)
papitol(2x濃度 stock)100t+old350(KSCNなしpH10.3) 37度7分30秒 
発色:CNL-N1R(A,B各500cc+スターター10cc)の内450cc+NaOH 0.8g pH11.0 37度5分



[2] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2022/06/06(Mon) 09:41 No.20662  

ヒストグラム
886 x 900 (209 kB)


いつもは使わない16や22などに絞り込んでも大丈夫なようです。RlleiのTssarにも引けを取らないというテスト結果が売りだけに解像力の高さはさすがなものです。



[3] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2022/06/06(Mon) 09:55 No.20663  

ヒストグラム
921 x 900 (226 kB)


同じフィルムをKoniflexに入れ替えてのテストですが、こちらのレンズも似たり寄ったり、シャッターの遅れも同じようなものでした。
このカメラの特徴は何といっても85mmのレンズでしょう。ボデーとのマッチングを図るために、クリックストップの位置までレンズを繰り出さないとシャッターが切れなくなっています。

Koniflex hexanon 85mm/3.5



[4] Re: 反転現像 通太郎爺さん - 2022/06/06(Mon) 10:43 No.20664  

ヒストグラム
926 x 900 (222 kB)


やはり同じフィルムでRollei 2.8Eです。こちらのシャッターは全く問題なしなので、比較のために使いました。

二眼レフの場合はフィルムの入替テストがやりやすいので便利です。
暗箱などでフィルムを外して最初まで巻き戻し、そのまま詰め替えて所定の位置までレンズに蓋をして巻き上げればOKです。
35mmも同様にやれますが、コマ数が多いのが欠点に思います。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)