(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/09/17 06:21:30

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 大失敗の巻 (4) 2: 徒然なるままに・・ (9) 3: ピント合わせの思い込み (4) 4: sigma と sonyの比較 (5) 5: 超広角のピント? (5) 6: Voigtlender 15mm/4.5 (7) 7: 昭和商店街・地元編 (10) 8: しつこく三和商店街 (9) 9: 昭和の雰囲気 (6) 10: 三和商店街 (11) 11: SIGMA DP1 & DP2x (8) 12: 散歩 (4) 13: 絵描きモードにON (1) 14: フォクトレンダー15mm (7) 15: 暑い〜〜〜 (7) 16: レンズの選択肢 (7) 17: SONY α7RU色々テスト (5) 18: くだらない話 (5) 19: Vision 3 よくできたフィルム (4) 20: 手ぶれについて (3)

>>記事一覧 >>画像一覧



[16885/16884/16883/16882/16881]  
[191:8] 大移動 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/01/04(Fri) 21:36 No.16878  

ヒストグラム
833 x 850 (235 kB)


平成最後の正月ですね、だからというわけでもありませんが、以前から少し雑然として使い勝手が悪いと感じていたので部屋の模様替えをしました。
だんだん大袈裟になってしまい、丸二日そればかりに取り掛かっていたので、絵も写真もお留守になりました。

今回は現像時間を少し伸ばしてみました。

Rolleiflex 2.8E (velvia RVP) papitol 50ccを200ccに希釈 KSCN 0.5g 38d.5min.35sec.
キング・ステンレスタンク 蓋がゴムキャップ型 まだ少し現像不足か? C.D. 100cc+水100cc/600t 36d.6min.



[2] Re: 大移動 通太郎爺さん - 2019/01/04(Fri) 21:42 No.16879  

ヒストグラム
936 x 850 (256 kB)


やはり暗部が大きく落ち込むような感じですが、明暗のコントラストが強いので見栄えはよいかと思います。



[3] Re: 大移動 通太郎爺さん - 2019/01/04(Fri) 21:44 No.16880  

ヒストグラム
913 x 850 (200 kB)


画像を見ている内に、昔々のテテナールの現像液を思い出しました。
少し青が強くなる傾向もよく似ているように思います。



[4] Re: 大移動 通太郎爺さん - 2019/01/04(Fri) 21:50 No.16881  

ヒストグラム
925 x 850 (205 kB)


ネガカラーを見慣れていると画像の色コントラストが強すぎるような気もしますが、昔のリバーサルがこんなようだった気がしてきました。

フィルムを探し出して比較してみると面白いかもしれませんね。



[5] Re: 大移動 通太郎爺さん - 2019/01/04(Fri) 21:53 No.16882  

ヒストグラム
850 x 850 (261 kB)


リバーサルらしくて良いと思えば、これもそれなりによし・・・としましょうか。



[6] Re: 大移動 mglss - 2019/01/06(Sun) 08:32 No.16883  

ヒストグラム
1024 x 680 (443 kB)


おはようございます。
早くもPapitol[1:3]がほぼ出来上がったようですね。研究への意欲を見習いたいです。
画像はやはり少し青っぽくなるようですね。
ハイコントラストですが、暗部が落ち込んでいるだけで明部は正常で、増感時とはまた違った雰囲気だと感じます。

私の方は通太郎爺さんに最初におすすめ頂いた[1:1.5]を試しました。
Papitol原液が4Lの最後の残りで少し黄色くなっており、不安がありましたが、結果は正常でした。
[1:2]で見られた青みはありません。
早朝でコントラストが極端に強い場面ですが、影の部分もちゃんと描写されています。
[1:1]との違いはなく、常用して問題ない希釈率だと思いました。

今回は初めて漂白不足が発生しました。
定着、乾燥後のフィルムに薄茶色のモヤがあったので、定着不足かと思い新しい定着液で再定着、乾燥しましたが、症状は改善しません。
新しい漂白液で再漂白、定着することでモヤがなくなりました。
今回の現像で漂白2回、定着3回、乾燥3回行ったため、かなりの時間を取られてしまいました。
漂白不足はなかなか起こりませんが、当たってしまうと手間がかかることを学びました。



[7] Re: 大移動 mglss - 2019/01/06(Sun) 08:35 No.16884  

現像データを書き忘れました。

Pentax SV, SMC Takumar 35mm F3.5, PROVIA 100F.
FD: Papitol[1:1.5]+KSCN=0.3g 300ml 38℃ 6.5min.
CD: CNL[1:4]+NaOH=0.25g 38℃ 6min.



[8] Re: 大移動 通太郎爺さん - 2019/01/06(Sun) 09:40 No.16885  

おはようございます。
16883の画像は朝の雰囲気がよく出ていて気分の良い発色ですね。全く問題なしと言ってよいかと思います。
パピトールの保存液は2倍の濃度で溶かしてありますから、私のやっている50tを200tに希釈は、パピトール指定の使用濃度でいえば100tを200tとなります。
仕上がりの安定度もよく経済的にもワンショットが気にならない程度ではないかと思っています。

フィルム現像で大切なのは意外にも漂白とか定着で、モノクロの場合も定着が弱くなっていると年数を経てからの酸化が激しく、20年程度で強い「酸っぱ臭い」においと共にフィルムがカーリングして使えなくなります。

漂白は銀の影響をなくすために大切な工程なので、これをおろそかにすると画像そのものが汚れて、現像直後以外は取り返しがつきません。

それはさておき、とりあえず、この処方あたりを標準としてよいかと思っています。

Pentax SV, SMC Takumar 35mm F3.5 懐かしいカメラですね。形も大きさもよく出来たカメラで長く使った覚えがあります。
フィルムカメラの完成形でしょうね。



[16877/16873/16872/16871/16870]  
[192:6] 現像不足? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/01/02(Wed) 19:14 No.16869  

ヒストグラム
1140 x 850 (202 kB)


50tを水で単純に200tに希釈しただけでは液が弱すぎるようです。
夕方の撮影ではありますが、暗すぎです。

Rolleicord Vb (Provia 100 RDPV)
papitol 50cc/200cc KSCN 0.5g 39d.4min.40sec. LPLステンレスタンクにて回転現像 現像不足の感じ 
C.D. Re50cc/300cc 36d.6min. 第一現像不足で暗く青強し



[2] Re: 現像不足? 通太郎爺さん - 2019/01/02(Wed) 19:18 No.16870  

ヒストグラム
1175 x 850 (268 kB)


もう少し暗部が出るとよいのですが現像液の力不足のようで回転現像でも救われませんでした。



[3] Re: 現像不足? 通太郎爺さん - 2019/01/02(Wed) 19:28 No.16871  

ヒストグラム
1132 x 850 (200 kB)


曇り日の夕方なので、どう見てもリバーサル向きの色温度とはかけ離れていますが、それなりの雰囲気は出るようです。



[4] Re: 現像不足? 通太郎爺さん - 2019/01/02(Wed) 19:30 No.16872  

ヒストグラム
1104 x 850 (173 kB)


明るい空だけが妙に現実味を帯びて写っています。



[5] Re: 現像不足? 通太郎爺さん - 2019/01/02(Wed) 19:31 No.16873  

ヒストグラム
1112 x 850 (206 kB)


あまり効果は期待できませんが、次回はもう少し時間延長してやってみます。



[6] Re: 現像不足? 通太郎爺さん - 2019/01/03(Thu) 13:04 No.16877  

ヒストグラム
1139 x 850 (234 kB)


明るい光が十分にあっても暗部が落ちすぎるので違和感はぬぐえません。
もう一段露光を上げるか、現像時間を長くするか・・・悩ましいところです。



[16876/16874/16868/16867/16866]  
[193:9] 謹賀新年 投稿者:T_Matsu 投稿日:2019/01/01(Tue) 09:39 No.16862  

ヒストグラム
1600 x 1068 (1,321 kB)


本年も宜しくお願いいたします

デジ画像ですがお許しください



[2] Re: 謹賀新年 通太郎爺さん - 2019/01/01(Tue) 10:19 No.16863  

ヒストグラム
1300 x 852 (269 kB)


おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
新年早々昨日(昨年)のスキャンが忙しく、Matsuさんのページへのご挨拶が遅れてすみません。

デジカメもカメラの内、確実性に優れた実用機としてはこれ以上のものはないでしょう。
フィルムカメラは、完全な遊び道具となったので今年も遊びまくります。

まずは我が家の日の出直前です。もちろんデジカメですが、富士のX10は自動で撮ると、どうやっても空はすっ飛びますのでマニュアルです。



[3] Re: 謹賀新年 M.Tanaka - 2019/01/01(Tue) 17:31 No.16864  

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
この年がすべての人にとって少しでも前年より一層良くなりますよう祈ります。



[4] Re: 謹賀新年 通太郎爺さん - 2019/01/01(Tue) 19:20 No.16865  

Tanakaさん、新年おめでとうございます。
旧年中はいろいろとありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

世の中が平穏無事であることを願うばかりです。



[5] Re: 謹賀新年 mglss - 2019/01/01(Tue) 23:08 No.16866  

ヒストグラム
1024 x 672 (293 kB)


みなさま、明けましておめでとうございます。
昨年は様々なアドバイスを頂くことができ、大変感謝しております。
私は自家現像を初めてちょうど1年で、まだまだ分からないことが多いですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、新年早々現像しました。
No.16834No.16861で通太郎爺さんにPapitolの[1:1.5]と[1:3]をおすすめしてもらい、どちらにしようと考えていたのですが、間を取って[1:2]で現像しました。

見たところ、ちょっと青が強いですが、ちゃんと現像できました。
青が強いのは曇天のせいかもしれません。
[1:3]だともっと液が節約できるので、次回はこちらでやってみたいです。
液が薄いので、現像時間を若干長めにしたほうが良さそうですね。

今回は家族写真も含まれるフィルムで失敗したくなかったので、普通に300mlで現像しました。
回転現像は実験用のテスト写真のみの際に試してみます。
しかしタンクを斜めににして攪拌棒を回し続けるとはよく思いつかれましたね。

FD: Papitol[1+2]+KSCN=0.3g 300ml 38℃ 6.5min.
CD: CNL[1+4]+NaOH=0.25g 38℃ 6min.



[6] Re: 謹賀新年 mglss - 2019/01/01(Tue) 23:12 No.16867  

カメラとフィルムの記述を忘れていました。
いつもの
minolta AL-E, PROVIA 100F.
です。



[7] Re: 謹賀新年 通太郎爺さん - 2019/01/02(Wed) 06:32 No.16868  

ヒストグラム
1230 x 704 (128 kB)


mglssさんおはようございます。

>見たところ、ちょっと青が強いですが・・

第一現像の液の希釈が多めで液が薄いためにフィルムの表面に近い青の部分が強く現像されるようで、時間を長めにしても解決しないようです。
回転現像だともう少し現像が進むようですが、、、
フィルムを生で見た感じでは、さほど気にならない程度だと思います。

で、マゼンタを下げた上で、青の部分の色調をシアンに傾け、彩度を上げて、暗くしてみましたがどうでしょうか。



[8] Re: 謹賀新年 mglss - 2019/01/03(Thu) 10:24 No.16874  

おはようございます。
編集された画像で発色が自然になりますね。
第一現像で液が薄い場合、各層のバランスが崩れ、表層側の青の反応が強く、奥側の赤の反応が悪くなるということでしょうか。

しかしスライドを投影して見ている限りでは青っぽさは分かりません。
特に適正露出のものは違和感がないようです。
暗部が画面に占める割合が多いものや、アンダーで撮影してしまったものは若干気になります。
次は[1:3]を試そうかと思いましたが、No.16869からの一連の写真を見ていると難しそうですね。



[9] Re: 謹賀新年 通太郎爺さん - 2019/01/03(Thu) 13:00 No.16876  

>表層側の青の反応が強く、奥側の赤の反応が悪くなるということでしょうか。

そのような感じですが投影機にかけてみる場合、光源の発色にも左右されるので、学術的な資料でもない限り気にすることはないと思っています。
道具が何もいらなず光に透かしただけでフィルム一本分のポジ画像が一気に見えるのは何とも言えない気分の良さがありますね。

>特に適正露出のものは違和感がないようです。

そのまま見ると目が勝手に補正するのかも知れません。
デジタルでの補正はWEBに載せたり、デジタルのプロジェクターに合わせる為で、ポジ現像の楽しみは何と言ってもフィルムをマナまで透かして見ることでしょう。

No.16869からの一連の写真を見ていると難しそうですね。

時間延長でいくらかは救われそうなので、暗部を救うという意味で露光を標準的にすることをお勧めします。



[16859/16858/16857/16856/16855]  
[194:9] 少量の液での現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/12/29(Sat) 20:46 No.16851  

ヒストグラム
1300 x 855 (261 kB)


ネガポジ現像も少量現像で大丈夫です。
今回は補充原液50tを水で薄めず、現像の終わるたびに捨てずに保存してある液、つまりウナたれの元になる液で希釈しました。

Canon 4sb elmar 50mm/3.5 (fuji G100-200)
papitol 50cc/125cc(ウナたれ用液) KSCN 0.5g  38度2min.30sec.
発色: Re50cc/300cc(ウナたれ液で希釈) 36d.6min.



[2] Re: 少量の液での現像 通太郎爺さん - 2018/12/29(Sat) 20:58 No.16852  

ヒストグラム
1300 x 839 (309 kB)


古くからのモノクロ現像の場合、一度現像した液は捨てずに保存しておいて次回の現像では、新しい液を継ぎ足す分だけを捨てて新液(補充液)を継ぎ足して使うのが常識です。
500tの古い液があったらそのうちの50tを捨てて、新しい液を50t追加します。

一回ずつ捨ててしまうのは、いかにももったいないし、むしろウナたれのほうが画像が落ち着いてきれいです。

リバーサル現像の場合も似たようなところがありますが、第一現像命!なので発色はかなりいい加減でも第一現像だけはワンショットが効果的に思えます。



[3] Re: 少量の液での現像 通太郎爺さん - 2018/12/29(Sat) 21:05 No.16853  

ヒストグラム
1300 x 825 (284 kB)


今回も第一現像を2分30秒やっていますが、原液50tに対してウナたれ液で希釈したので少し早めに切り上げました。
ロダンカリの効力がどの程度残っているやら分からないので全くの山勘です。



[4] Re: 少量の液での現像 通太郎爺さん - 2018/12/29(Sat) 21:07 No.16854  

ヒストグラム
1300 x 782 (307 kB)


パピトール50tとロダンカリ0.5g程度ならワンショットのほうが安全です。
リバーサルやネガポジでは少量現像でのワンショットをお勧めします。



[5] Re: 少量の液での現像 通太郎爺さん - 2018/12/29(Sat) 21:21 No.16855  

ヒストグラム
1300 x 788 (253 kB)


第一現像を安定させれば発色はまあまあでもなんとかなります。
安定させる為にワンショットでやりたいところですが、液を一回ずつ捨てて許せるのは50tぐらいでしょう。
少量現像で安定させる為には横にしても液がこぼれない構造のタンクがやりやすいでしょう。

パターソンでタンクを45度に傾けて中蓋を閉めた状態で攪拌棒を使ってリールを回転させてもできますが、ブローニーもできる一般的なタンクで約200tは必要です。
50tを200tに希釈、ロダンカリ0.5gでやったことがないので分かりませんが、そのうちにやってみます。



[6] Re: 少量の液での現像 rysk - 2018/12/30(Sun) 18:39 No.16856  

ヒストグラム
3648 x 3648 (5,180 kB)


はじめまして。
タイトルとは関係ないので申し訳ないですが、こちらに書かせてもらいます。
こちらの簡易リバーサル現像のページでリバーサルフィルムを自家現像できると知り、初めてフィルムカメラを買ってリバーサルフィルムの現像にまでこぎつけたので、この場をお借りしましてお礼を申し上げます。
画像のフィルムはベルビア100です。
ライトボックスに置いたフィルムをルーペで覗いてコンデジで撮った画像なので粗があるかと思いますが、一応載せておきます。



[7] Re: 少量の液での現像 通太郎爺さん - 2018/12/30(Sun) 20:54 No.16857  

ヒストグラム
1300 x 1300 (714 kB)


ようこそ、いらっしゃいませ。
タイトルと関係なくとも問題ありません。リバーサル現像のデータも貼って頂ければさらに感謝です。

大きいままでもかなり良い結果が見て取れます。勝手に少し小さくしてみましたが、十分な画像だと思います。

リバーサルは自家現像が難しすぎてほとんど不可能・・のように言われていますが、決してそんなことはありません。
どんどん挑戦して、ここへ貼ってください。

今、さらに簡素で確実な第一現像のワンショット現像を開発中ですので、請うご期待です。よろしく。



[8] Re: 少量の液での現像 rysk - 2018/12/30(Sun) 22:43 No.16858  

お褒めいただきありがとうございます。
世間で言われているほどリバーサル現像は難しくないというお言葉が背中を押してくれました。
投稿後に画像確認してサイズが大きいことに気づきましたが後の祭り。今後投稿する時はあらかじめ小さくしておきます。

最初の現像で記録を取るのを忘れてたので正確ではないかもしれませんが、
第一現像 パピトール原液250cc+水250cc+KSCN0.5g 38度 6分
発色現像 オリエンタル薬品 CNL-N1R A液125cc+B液125cc+水250cc NaOH0.5g入れたような気がします。 38度 6分
です。発色現像の濃度を間違えて1:1にしていたせいで、その後プロビア100Fを現像した時に緑色が強くなったりしましたが、これは見られるものになりました。
120フィルムをLPLのステンレスタンクでやっているので液量は500ccです。

第一現像の廃液が毎回500cc出るのが悩みのタネでしたので、回転現像は試してみたいと思っています。うちは浄化槽なもので現像液を流すとヤバいらしいので、廃液処理費用をなるべく安くしたいので…。

新たな第一現像液期待しております。



[9] Re: 少量の液での現像 通太郎爺さん - 2018/12/31(Mon) 09:03 No.16859  

ヒストグラム
1200 x 726 (311 kB)


おはようございます。

>プロビア100Fを現像した時に緑色が強くなったりしましたが・・

いろいろ失敗はあるかもしれませんが、気長にやってください。不明な点があれば、どんなことでも分かる限りで答えますので遠慮なく質問をどうぞ。

>発色現像の濃度を間違えて1:1にしていたせいで・・

この濃度と液量でNaOH 0.5gだとアルカリが強くなってグリーンに傾くかもしれません。

現在、少量現像液をテストしていますがパピトール原液(保存液)50tを200tに希釈しても回転現像ならいけそうです。

ここに貼ったものは
パピトール原液50tを水で200tに希釈、ロダンカリ0.5gで38度4分30秒ですが時間が長すぎました。
撮影時の露光不足で何とか見られますが、標準露光なら現像時間は3分程度かと思われます。
200tあれば、120のタンクでブローニーが現像できますので捨てる液も少なくなると思います。
現在の現像液はフィルムの銀が(以前のものより)かなり少ないので現像液も定着液もほとんど害はないようです。
以前にも書きましたが、ビールを飲んで小便するほうが定着液より悪いそうです。
私はアルコール類は一滴も飲まないし、タバコもやらない、生き物も卵、牛乳に至るまでほとんど食べないので、現像ぐらいは許されるのでは、、、ハハハ!

なお、フィルムは富士の記録用100を200で使用、カメラはレチナTa、上の200t液でパターソンタンクを45度に傾けて攪拌棒でリールを回しながら現像しました。



[16861/16860/16850/16849/16848]  
[195:12] 原液50ccの現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/12/25(Tue) 08:47 No.16841  

ヒストグラム
417 x 749 (82 kB)


16834にあるステンレスの一本用タンクで現像したものを載せておきます。

papitol 50cc(原液)を125tに希釈、タンクを回転させながら現像しますが、液が動き続けるので現像が早く進みます。
現像時間は5分〜5分30秒が適当です。
温度は38度内外、液はワンショットです。

発色は何度も使うので補充液50tで古い液250tを追加して使いました。
問題なく発色しています。



[2] Re: 原液50ccの現像 通太郎爺さん - 2018/12/25(Tue) 08:48 No.16842  

ヒストグラム
1300 x 764 (264 kB)


50cc程度ならワンショットで使ったほうが安定していて良いかと思います。



[3] Re: 原液50ccの現像 通太郎爺さん - 2018/12/25(Tue) 08:50 No.16843  

ヒストグラム
1300 x 801 (308 kB)


第一現像の終わった時点ではネガポジより画像が薄く出ますが発色に影響はないようです。



[4] Re: 原液50ccの現像 通太郎爺さん - 2018/12/25(Tue) 08:51 No.16844  

ヒストグラム
1300 x 817 (257 kB)


実験的に現像することが多いので、リバーサル現像ではウナたれはあまりやりません。



[5] Re: 原液50ccの現像 通太郎爺さん - 2018/12/25(Tue) 08:53 No.16845  

ヒストグラム
1300 x 834 (241 kB)


原液50tでも第一現像はできますので、いろいろの実験には十分使えると思います。



[6] Re: 原液50ccの現像 通太郎爺さん - 2018/12/25(Tue) 08:54 No.16846  

ヒストグラム
1300 x 814 (381 kB)


フィルムはベルビア、カメラはミノルタCLEです。



[7] Re: 原液50ccの現像 mglss - 2018/12/25(Tue) 18:32 No.16847  

見事な発色ですね。[1:1.5]はぜひとも年末年始の休みに試したいです。
ところで

> papitol 50cc(原液)を125tに希釈、タンクを回転させながら現像しますが、液が動き続けるので現像が早く進みます。

この「タンクを回転させながら現像」とはどういった手法でしょう?
No.16834でも「回転現像」と書かれていますね。
倒立撹拌を休まずにやり続けるような感じでしょうか。
質問ばかりですいません。


No16836からの一連の投稿へのお返事もこちらに書かせていただきます。

ブロムカリはまだ手元にあるので、それで漂白液が回復するのはありがたい情報です。
ブロムカリ追加でも回復しなくなったら作り直すことにします。
定着も抜けなくなってきたら作り直します。
あと廃液はそれほど気にせずに捨てても良いようですね。

ネットでは自家現像の導入部分の情報は豊富なのですが、そこから先の話になると途端に断片的になります。
なので、こちらの掲示板で直接教えていただけるのはとてもありがたいです。




[8] Re: 原液50ccの現像 通太郎爺さん - 2018/12/25(Tue) 19:48 No.16848  

>「タンクを回転させながら現像」・・・

タンクのふたを閉めて、タンクを横にして、タイヤを転がすようにクルクル回すだけです。
このためには蓋の部分から液がこぼれない構造のタンクでないと不可能です。
パターソンも蓋を閉めるとこぼれませんが125t程度では横にした場合液が足りませんね。

動画がUPできないのでうまく説明ができませんがタンクを横にすることが肝心です。

何なりと遠慮なしに質問してください。

余談ですが、現像の手順を本の通りにやったがフィルムも印画も真っ黒で大失敗、、、原因は、「暗室でやること」と本に書いてなかったことだとか、笑い話のような本当の話だそうです。



[9] Re: 原液50ccの現像 通太郎爺さん - 2018/12/25(Tue) 20:44 No.16849  

ヒストグラム
1200 x 802 (199 kB)


タンクを横にして・・・の部分ですが、動画ではありませんが、こういう状態でクルクル回し続けます。
約250tで満タン近いタンクなので、125tの現像液は半分しかありません。
こうやって回せば中のリールに巻かれたフィルムの全部が液に浸せるということになります。



[10] Re: 原液50ccの現像 通太郎爺さん - 2018/12/28(Fri) 21:17 No.16850  

上の状態(16849)で、タイヤを回すようにタンクを回します。そうすれば少ない液でもフィルム全体を浸すことができます。


[11] Re: 原液50ccの現像 mglss - 2018/12/31(Mon) 16:15 No.16860  

横にして回すとはトリッキーな方法ですね。
自分ではちょっと思いつかない方法です。
確かにノンストップで回し続ければフィルム全体を現像させることができますね。
教えていただきありがとうございます。
LPLのタンクを入手したら試してみます。



[12] Re: 原液50ccの現像 通太郎爺さん - 2018/12/31(Mon) 17:07 No.16861  

16859のアロエの花の写真はパターソンタンクを45度に傾け攪拌棒を使って中のリールを回しながら現像しています。
35mmで200t(パピトール原液50t)あれば現像できますので試してみてはいかがでしょうか。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)