(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/07/17 19:40:45

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 35mm ISO400 ネガカラーフィルムの反転現像 (4) NEW! 2: 戦時中の遺物? (1) NEW! 3: 絵描きモード・スイッチオン (1) 4: 今日は海の日 (1) 5: 絵を描かなきゃ!!!! (5) 6: 短時間現像 (7) 7: タングステン・ネガカラー (1) 8: 古い画像が山ほど・・ (1) 9: ネガポジはほぼ安定 (5) 10: されどアクロス (4) 11: ネガポジに最適 (5) 12: 銀塩雑感 (5) 13: いい加減な実験 (3) 14: Vision3とD76 (4) 15: ポジの低温実験 (4) 16: なぜ4x5? (4) 17: モノクロl短時間高温現像 (6) 18: 映画用Vision3の低温現像 (5) 19: ポジか?ネガか?悩ましい・・ (2) 20: 4x5での実験 (5)

>>記事一覧 >>画像一覧



[16676/16675/16670/16669/16668]  
[186:6] リバーサル増感 PROVIA 投稿者:mglss 投稿日:2018/11/11(Sun) 16:36 No.16667  

ヒストグラム
1024 x 683 (569 kB)


ネガポジが盛り上がっていて興味が惹かれますが、なかなか現像の時間が取れず、まだポジ増感が続いています。

今回はPROVIA100FをISO400にしてみました。
pHを変えながら何回か発色現像したところ、通常のISO100でのpHでもそれほどカラーバランスは崩れませんでした。
Velviaでは同じ+2増感で明らかにカラーバランスがおかしくなったので、PROVIAは増感で使いやすい印象です。

差は少ないとはいえ、比べてみると違いがありました。pHがISO100と同じpHだと青空が若干マゼンタに寄ります。
やはりPROVIAでも増感は少しだけpHを高めるのが良いようです。

minolta AL-E, PROVIA100F at +2:ISO400.
液量300ml.
FD:Papitol(1+1)+KSCN=0.5g 38℃ 10min.
CD:ORIENTAL CNL(1+4)+NaOH=0.38g pH=11.41 38℃ 6min
微妙に緑が強い?

私のpH計は千円台の安物で当てになりません。
しかしNaOHの添加に応じて一定の値を出すため、一応pH値を示しておきます。
ちなみに通常の増感しない場合の現像ではpH=11.0です。



[2] Re: リバーサル増感 PROVIA 通太郎爺さん - 2018/11/11(Sun) 21:47 No.16668  

ヒストグラム
1202 x 900 (345 kB)


きれいな現像ですね。十分ではないでしょうか。

リバーサルの増感は当然ながら一本まるまる増感することになります。
そのつもりで日の当たらないような日ばかりを選んで撮影しなければもったいない気がするので、なかなか手が出せません。

第一現像の時間を長くすると増感にはなりますが撮影時に光が十分にあると増感にはならず現像されすぎた粒子がカラーバランスを大幅に崩してしまうようです。

pHを高めるとグリーンが強くなりますが、増感になるとは知りませんでした。
その場合pHを13ぐらいにしないと効果はないと思いますがどうなんでしょうか。

これはベルビア(ブローニー)ですが曇り日の暗い風景では赤味の強いベルビアは丁度良い加減に思います。
増感するとどうなるのかやってみたいところです。

Union C-Uconoor 75mm/3.5 (velvia100)
papitol 500cc+KSCN 2cc(1g) 37-8d. 6min.30sec.
C.D. Re液125cc/500cc+CD-4 2g+NaOH 2g pH 9.7



[3] Re: リバーサル増感 PROVIA 通太郎爺さん - 2018/11/11(Sun) 21:58 No.16669  

ヒストグラム
1206 x 900 (238 kB)


上に同じデータですが、どんよりした重い天気に増感が出来ればありがたいです。

なおpH計のことですが、私のもさほど高価なものではなく5〜6千円だったと思います。
ヤフーではなく専門店で取り寄せました。
使う度に水道水で測定しますが、我が家の場合7.4〜6ぐらいです。
水道局のホームページには7.3前後とありますから、家の蛇口ならこんなものかと測定の基準にしています。

国の基準では8程度でもOKらしいのでアルカリイオン水なんて買う必要はないですね。



[4] Re: リバーサル増感 PROVIA 通太郎爺さん - 2018/11/11(Sun) 22:12 No.16670  

ヒストグラム
1191 x 900 (329 kB)


これも同じフィルムからのものですが、夕方の光で道路の部分など赤くなりがちなのを必死で引き止めているような感じです。

使っておられるオリエンタルのフジ用ネガカラー現像液だとAB1:1で混合した場合、pHが10.3〜5ぐらいあるようですから苛性ソーダを入れてそのぐらいなら妥当な線ではないでしょうか。

水道水自体が弱アルカリなのでD76とかだと水道水で薄めたぐらいではpHは下がりませんね。
Macchann式が水道水で薄めただけで行けるのも弱アルカリのおかげでしょう。苦も無く軟水を提供してくれる日本の水道に感謝ですね。



[5] Re: リバーサル増感 PROVIA mglss - 2018/11/13(Tue) 18:30 No.16675  

上げられた曇天の写真は発色がニュートラルでいいですね。
Velviaは赤っぽくなりやすい印象ですが、曇天下ではその赤がうまくホワイトバランスを補正するのでしょうね。


>リバーサルの増感は当然ながら一本まるまる増感することになります。

私もさすがにフィルム1本全部増感は厳しいです。
そのため1本のフィルムを3等分し、詰替えパトローネに入れて使っています。
だいたいパトローネ1つで11コマ撮りくらいになります。
数コマ無駄になりますが、1つのパトローネですぐ撮り切れるのでよくやっています。


>第一現像の時間を長くすると増感にはなりますが撮影時に光が十分にあると増感にはならず現像されすぎた粒子がカラーバランスを大幅に崩してしまうようです。

私の写真の増感も、やはり第一現像の延長で行っています。
+2増感はVelviaもPROVIAも第一現像10分で良いようです。

しかし発色現像で若干マゼンタ寄りになりました。
発色現像液のpHを少しだけ高めると、カラーバランスが正常になるようです。

pHについては自信がありません。
私のpH計はpH=7とpH=10は校正して正確ですが、pH=10以上は低めの値が出るようです。
しかもどれだけ苛性ソーダを入れてもpH=12.3あたりからは値が上がりません。
なので記載したpHは本来のpHではなく、あくまで「私のpH計での値」といったところです。


>使っておられるオリエンタルのフジ用ネガカラー現像液だとAB1:1で混合した場合、pHが10.3〜5ぐらいあるようですから苛性ソーダを入れてそのぐらいなら妥当な線ではないでしょうか。

ORIENTAL CNLをMacchann式で5倍に薄めるとpH=10.0くらいでした。
原液のAB1:1でpH=10.3〜5くらいということは、原液のアルカリ濃度はMacchann式希釈液の2〜3.2倍くらいでしょうか。
私は化学の知識が皆無なのでわからないのですが、pHは単純に現像液の濃度で決まるものではないようですね。





[6] Re: リバーサル増感 PROVIA 通太郎爺さん - 2018/11/13(Tue) 20:33 No.16676  

私も化学は専門外なので高校で習った程度。pHをペーハーとドイツ語読みしていたころです。今はピーエイチだそうですね。
(余談ですが車のBMWもべー・エム・ベーとドイツ読みで覚えていました。)

pHの件ですが、上にも書いたように水で薄めたからと言ってpHが単純に下がるわけではありません。
NaOHもいくら入れても13以上にはならないということらしいです。
pHを調整するには、それに見合った薬品を調合してバランスをとるしかないようです。

正式のE-6などでも、薬品のフィルムへの効果よりpHのバランスのために使っているとしか思えない薬が多いので、
一つずつ省いていったら代用品としてならパピトールでもいいや、、、ということになりました。

発色現像のアルカリを高めるとマゼンタは消えやすくなりますが、シアンがかって補正がやりにくくなるようです。

ポジカラーの像感は難関中の難関だと思っています。



[16666/16665/16664/16663/16662]  
[187:6] ド 派手ネガカラー続き 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/11/10(Sat) 05:33 No.16661  

ヒストグラム
1300 x 813 (1,079 kB)


下の、ド 派手発色の続きです。

光がそれなりにある部分では発色が何かに偏るということもありませんが、光量不足の暗い部分に偽色が出ます。
赤であったり、緑、黄色、シアンなど、ありとあらゆる色で出てきます。
スキャナーのソフトが対応しきれないような感じなので、構わずその部分の彩度も明度も下げてカットします。



[2] Re: ド 派手ネガカラー続き 通太郎爺さん - 2018/11/10(Sat) 05:45 No.16662  

ヒストグラム
1300 x 797 (1,168 kB)


ネガカラーなのでベースの色が抜けません。
取り込みには「退色補正」をかけていますが、その時点でド派手です。
フィルムそのままを見ると、右側のビルなどはもっとまともな色に出ていますが、スキャンすると、このビルの壁だけが真っ赤に出ます。
夕暮れの赤い色素だけを強く感じているのかもしれません。
赤の彩度を落しています。



[3] Re: ド 派手ネガカラー続き 通太郎爺さん - 2018/11/10(Sat) 05:50 No.16663  

ヒストグラム
1300 x 798 (812 kB)


このカットも暗い部分のすべてに偽色が出ていました。
それらを抑えるとほぼ見られるようになります。
とにかく訳の分からない、意味不明な現象ですので、さらに検証が必要でしょう。



[4] Re: ド 派手ネガカラー続き 通太郎爺さん - 2018/11/10(Sat) 06:00 No.16664  

ヒストグラム
1300 x 795 (1,257 kB)


おまけ。
津発祥の「天むす」です。名古屋のように言われていますが、この店が元祖です。
スーパーで売っているようなものとは全く違って、一個ずつが小ぶりで中に入っているエビもシバエビ。
塩加減もよくて数十個を持ち帰る客がほとんど。持ち帰って食べる時間に合わせて塩加減してくれます。
カウンターに五、六人しか入れない店なのにスタッフが五、六人もいます。

「天むす」食べるなら津へ来て、元祖、本物を一度は食べてみてください。



[5] Re: ド 派手ネガカラー続き threepinner - 2018/11/10(Sat) 09:22 No.16665   HomePage

ヒストグラム
1200 x 812 (339 kB)


おはようございます。本日は当直上番中です。

>38度で2分30秒とかなり短くしてみました。結果は意外や意外、発色が ド・・派手〜〜!

私のやってるのがそれに近いかもしれません。うまく行くと「退色補正」のオプションを外して
ホワイトバランスとその他の色彩調整だけでやっちゃうこともあります。

添付は三笠市内のクロフォード公園、日本で何番目かの古い駅舎の記念公園です。キヤノンAV-1
タムロン35-135mm、フジの記録用ISO100、240で露光し、第一現像いつものウナタレ、32℃3分で
した。たぶん暗部の偽色はGIMP上で取り除いたはず。

ネガポジの欠点の一つに、明部で粒子荒れがでることがあります。バックの空なんかで顕著です。、
第一現像を控えめにするとそれを抑えることができます。





[6] Re: ド 派手ネガカラー続き 通太郎爺さん - 2018/11/10(Sat) 21:29 No.16666  

ヒストグラム
1300 x 792 (1,291 kB)


3分に近い2分50秒でやってみましたが、少しオーバーでした。
撮影時の露光の正確さも必要なようですが、とりあえず2分40秒もやってみました。
2分30秒と40秒とでは現像の進行に差がないように思うのですが、やはり2分30秒が良いようです。
たかが20秒や30秒の間の差は何なんでしょうね。

Nikon Ftn (G100-200) papitol 30cc/300cc KSCN 0.5g 38d.2min.50sec.
C.D. Re30cc/300cc 36d.5min.



[16660/16659/16658/16657/16656]  
[188:7] 時短現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/11/09(Fri) 21:17 No.16654  

ヒストグラム
1300 x 799 (1,681 kB)


第一現像を38度で2分30秒とかなり短くしてみました。ミニラボの仕様では3分内外の現像なので、
その程度で銀塩が色素のカプラーと入れ替わってしまうのだとしたら2分半でも効果はあるはず・・との当てずっぽうです。
結果は意外や意外、発色が ド・・派手〜〜!

Minolta CLE rokkor 40mm/2 (fuji G100-200)
papitol Re50cc/300cc KSCN 0.5g 38d.2min.30sec.
C.D. Re50cc/300cc 39d.3min.



[2] Re: 時短現像 通太郎爺さん - 2018/11/09(Fri) 21:20 No.16655  

ヒストグラム
1300 x 815 (1,034 kB)


夕暮れ時で、かなり日が傾いているのですが赤も青も、しっかり色の信号を含んでいます。



[3] Re: 時短現像 通太郎爺さん - 2018/11/09(Fri) 21:23 No.16656  

ヒストグラム
1300 x 774 (1,188 kB)


なんじゃこれ???と言いたいような発色です。

発色現像も3分と、いつもの6分からすればかなり短めです。
温度が少し高めだからでしょうか。

勿論、いつも通り彩度などいじってはいません。むしろ抑えているぐらいです。



[4] Re: 時短現像 通太郎爺さん - 2018/11/09(Fri) 21:25 No.16657  

ヒストグラム
1300 x 834 (1,349 kB)


少し色が渋めの場所でも、それなりに彩度が高いです。



[5] Re: 時短現像 通太郎爺さん - 2018/11/09(Fri) 21:26 No.16658  

ヒストグラム
1300 x 834 (1,222 kB)


レンズやその他のテストに使う定点もかくの通り。



[6] Re: 時短現像 通太郎爺さん - 2018/11/09(Fri) 21:28 No.16659  

ヒストグラム
1300 x 792 (1,280 kB)


出遅れながら我が家のツワブキも咲き始めました。
これがネガカラーの実力だった???のだ〜〜〜。



[7] Re: 時短現像 通太郎爺さん - 2018/11/09(Fri) 21:31 No.16660  

ヒストグラム
1300 x 801 (1,112 kB)


お気づきかもしれませんが、粒状性がかなり良くなって、解像力がUPしています。
いいとこづくめですが、ラチチュードがかなり狭いのが欠点のようです。

ブローニーでもやってみましょうかね。



[16653/16652/16651/16650/16649]  
[189:5] フィルムの透明度 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/11/08(Thu) 22:48 No.16649  

ヒストグラム
1231 x 900 (1,412 kB)


富士のネガカラーPRO160NSでのネガポジ現像で、何となく抜けが悪いので酸性液を使っての解決を考えましたが、工程と薬品が増えるのは簡易現像の基本に反するので止めました。

数本やってみましたが、第一現像と発色現像の兼ね合いのようなものが解決の糸口になりそうです。

Zenobia R neo-hesper 75mm/3.5(fuji PRO160NS 100で使用)
papitol Re50cc/500cc KSCN 0.75g 36d.3min.45sec.(over)
C.D. Re50cc/500cc 35d.6min.



[2] Re: フィルムの透明度 通太郎爺さん - 2018/11/08(Thu) 22:51 No.16650  

ヒストグラム
1240 x 900 (1,205 kB)


先ずは、今までの基本的な現像でやってみましたが、少々くすんだ感じがします。
空とその他の部分のメリハリが今一つの感があります。



[3] Re: フィルムの透明度 通太郎爺さん - 2018/11/08(Thu) 22:53 No.16651  

ヒストグラム
1206 x 900 (1,755 kB)


ネガカラーフィルムなのでベースの色が抜けない限り無理なのかもしれませんが・・・



[4] Re: フィルムの透明度 通太郎爺さん - 2018/11/08(Thu) 22:55 No.16652  

ヒストグラム
1206 x 900 (986 kB)


左隅の影の部分がスキッとしませんねぇ。



[5] Re: フィルムの透明度 通太郎爺さん - 2018/11/08(Thu) 22:58 No.16653  

ヒストグラム
1264 x 900 (907 kB)


どうせ遊びなので、これで良い・・とすることも出来ますが、遊びだからこそ無駄を承知でやってみるという考えもあるわけで・・・
そのうち何とか・・ですね。



[16648/16647/16646/16645/16644]  
[190:5] 反転液??を使ってみる 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/11/07(Wed) 06:20 No.16644  

ヒストグラム
1238 x 900 (612 kB)


16643の画像はすっきりしていますが、16コマの内、助かったのはこの一枚だけ、他は画像にムラがひどく出て使い物になりません。
モノクロ用のストップバス液を使ったのがよくなかったのか原因不明です。

で、暗室に残っていた中外写真薬品のリバーサル用反転液の上澄みだけを使ってみました。
この薬品は購入時のポリ袋のまま10年以上経ているらしい貰い物で、羽毛のような沈殿物があったので上澄みだけ使いました。

pHが6.6ぐらいで反転液なのだから問題あるまい・・・といういい加減な考えです。

結果は、かなり歩留まりはよくなりましたが、やはりムラが出ます。

参考にはなりませんが一応失敗のデータとして出します。
Minolta Autocord RA 18枚撮り (fuji PRO160NS-100で使用)
papitol Re50cc/500cc KSCN 1.5cc(0.75g)36d.3min.30sec.
第一現像の薬液をスポンジでの拭取り、その後古い反転液(pH6.5〜6)の上澄に1分30秒漬け水洗なしでそのまま発色液へ
C.D. Re50cc/500cc 36d.6min.



[2] Re: 反転液??を使ってみる 通太郎爺さん - 2018/11/07(Wed) 06:30 No.16645  

ヒストグラム
1143 x 900 (1,588 kB)


反転液(酸性)から水洗なしでそのまま発色液に入れるのは、通常のE-6の正式なリバーサル現像のやり方です。

画像はきれいになりますが、フィルムやリールに付着した酸性の液がキャリーオーバーされるので発色液も疲労が大きいと思われます。



[3] Re: 反転液??を使ってみる 通太郎爺さん - 2018/11/07(Wed) 06:34 No.16646  

ヒストグラム
1152 x 900 (1,013 kB)


空の部分にひどいムラが見えます。ほとんどの画面で少なからずあります。



[4] Re: 反転液??を使ってみる 通太郎爺さん - 2018/11/07(Wed) 06:36 No.16647  

ヒストグラム
1165 x 900 (1,245 kB)


空の無い画像では目立ちませんが、目立たないだけで全体にあると思って間違いないでしょう。



[5] Re: 反転液??を使ってみる 通太郎爺さん - 2018/11/07(Wed) 06:44 No.16648  

ヒストグラム
1264 x 900 (1,087 kB)


空の部分だけ??なのが不思議です。
画像がすっきりするらしいことだけは確かめられたようなので弱酸性液の効果はあるようですが、
この反転液は一般的ではないので、これ一回でやめておきます。

次回は誰でも手に入れやすい富士の酢酸液を使ってみます。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)