(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合がありますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ カ ラ ー 自 家 現 像 サ ロ ン ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2023/01/31 11:43:22

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: カメラ以外にも (1) NEW! 2: 戦争とカメラ (1) 3: カラープリント始動! (11) 4: 110展、本日閉幕。 (3) 5: Velvia50のSILVERCHROME第一現像 (10) 6: 今年もお世話になりました! (7) 7: 暇つぶし・・・ (7) 8: しばらくお休み (1) 9: E-100の安定性 (6) 10: ここから始まったカメラブーム (5) 11: カロフレックス (4) 12: 一浴ポジ現像 (2) 13: 時短現像のacrosU (11) 14: acrosの件ですが (1) 15: がっかりのACROSU (1) 16: 1時間でも1分30秒でも (4) 17: Fomapanの件ですが (9) 18: 時短の極致 (6) 19: カラー現像液 その2 (3) 20: 単浴ポジカラー (3)

>>記事一覧 >>画像一覧



[20191/20143/20142/20141/20140]  
[141:5] 期限切れ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2021/12/10(Fri) 22:18 No.20140  

ヒストグラム
1477 x 920 (867 kB)


昔あるところにお爺さんとお婆さんが・・に出てきそうなイントロで出てきそうな、コニカミノルタというフィルムメーカーがありましたとさ。
期限切れもいいところですが、しっかりしたケース(桃ではありません)に入っていたせいか発色は優秀です。

Nikon F 50mm/1.4 (konika minolta centuria400 S2) BAN-1R 現像



[2] Re: 期限切れ 通太郎爺さん - 2021/12/10(Fri) 22:26 No.20141  

ヒストグラム
1474 x 920 (706 kB)


事務所の机の引き出しに10本まとめて透明のビニールで梱包されたままであったそうです。
常温で、季節ごとの冷暖房はしていたそうですが、その他はごく普通の状態だったそうです。真夏の休日などはさぞかし暑かったのではないでしょうか。

経験上冷蔵庫に保管とかはだめですね。フィルムは湿度に弱いので冷蔵庫から出したとたんにケースの中のわずかな空気が急激に冷えてフィルム面に露が出るようです。



[3] Re: 期限切れ 通太郎爺さん - 2021/12/10(Fri) 22:28 No.20142  

ヒストグラム
1543 x 920 (748 kB)


温度管理より湿度の方が大切のようです。
密封して常温で置いておくほうが長持ちします。



[4] Re: 期限切れ 通太郎爺さん - 2021/12/10(Fri) 22:30 No.20143  

ヒストグラム
1442 x 920 (473 kB)


フィルム保存に冷蔵庫は禁物という話でした。



[5] Re: 期限切れ kazuleo - 2021/12/27(Mon) 22:24 No.20191  

すっかりご無沙汰しちゃってスミマセン。
ちょっとモノクロの方が忙しくなって、ポジの機会が減ってしまっていました。
気がつくと早年末。
どこから投稿して良いものやらと悩んだ結果、このあたりから。

フィルムの大敵は「湿度」なんですね。
私も含め周りでもほとんどの人が冷蔵庫保管してますが、ちょっと改めねば。
新しく仕入れたフィルムも冷蔵庫に入れずに冷暗所に密封保管します。



[20190/20189/20188]  
[142:3] まずはネガカラーで実験 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2021/12/26(Sun) 22:03 No.20188  

ヒストグラム
1433 x 896 (214 kB)


第一現像をSPDでやる実験の第二弾ですが、ネガ用の現像液そのままなので、やはり発色液のpHが低いようです。


contax G-1 (fuji 記録用 g100) 
SPD(stock)300cc 24-5度 3分30秒
拭き取りを兼ねて第二露光、約1分
CD 中外ネガ用(オリエンタルのBAN1Rなどと同等品)保存液50t+old250cc 30度6分



[2] Re: まずはネガカラーで実験 通太郎爺さん - 2021/12/26(Sun) 22:07 No.20189  

ヒストグラム
1664 x 1022 (344 kB)


画像がシャキッとしないのはロダンカリがないからでしょう。
SPDならだれでも手に入れやすいので、これが使えれば手軽でハードルが下がると思います。

誰でも簡単に・・を目指しているので特別な薬とか、一般的ではない現像方法とかは、なるべく避けるようにしています。



[3] Re: まずはネガカラーで実験 通太郎爺さん - 2021/12/26(Sun) 22:13 No.20190  

ヒストグラム
1515 x 938 (392 kB)


第一現像はもう少し弱めた方がよいように感じます。
ネガポジフィルムで、ある程度の手ごたえを得たら、次は本命のリバーサルフィルムに移ります。

それにしても寒い〜。外へ出る気がしないので実験が遅れるでしょうね。



[20182/20181/20180/20179/20178]  
[143:6] 簡単が魅力のネガカラー 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2021/12/23(Thu) 10:26 No.20177  

ヒストグラム
997 x 950 (405 kB)


ネガカラーの魅力は現像が簡単なことではないでしょうか。温度は35度内外、時間も2分30秒〜3分と短時間で済みます。
漂白も時間や温度をさほど気にすることもなく3〜5分、定着もモノクロと併用できますし、温度は20〜30度(あまり高いと劣化する)で時間は3〜5分です。

Yashicaflex Tomioka Tri-Lausar 80mm/3.5 (fuji PRO400H) 中外ミニラボ用ネガカラー現像液N-1U 保存液50t+old 400cc 37d.2min.30sec.



[2] Re: 簡単が魅力のネガカラー 通太郎爺さん - 2021/12/23(Thu) 10:31 No.20178  

ヒストグラム
948 x 950 (509 kB)


欠点といえば現像時間が短いので空などにむらが出やすく目立ちやすいことでしょう。
これも空の部分にむらが出ています。むらというより漂白の温度や時間が不足したのかもしれません。



[3] Re: 簡単が魅力のネガカラー 通太郎爺さん - 2021/12/23(Thu) 10:48 No.20179  

ヒストグラム
994 x 950 (538 kB)


一般的に言えることですが空のブルーが浅い気がします。
全体的にもおとなしいと言うか静かな感じなので、これが好みだという人も多いようです。
デジカメとは少し違った感じが良いのかもしれません。



[4] Re: 簡単が魅力のネガカラー 通太郎爺さん - 2021/12/23(Thu) 10:57 No.20180  

ヒストグラム
860 x 850 (61 kB)


今回使ったカメラはYashicaflex、ヤシカとしては古いタイプのようです。
かなり前に「家に転がっていたので金属ゴミに出そうと思っていた」ということで頂いたものです。
外装が弱いのは当時のヤシカの特徴ですが写りは立派です。



[5] Re: 簡単が魅力のネガカラー 通太郎爺さん - 2021/12/23(Thu) 11:01 No.20181  

ヒストグラム
1020 x 916 (228 kB)


レンズが当時評判の良かったTomiokaのTri-Lausarなので当然なのかもしれません。



[6] Re: 簡単が魅力のネガカラー 通太郎爺さん - 2021/12/23(Thu) 11:09 No.20182  

ヒストグラム
676 x 850 (68 kB)


フィルム送りは赤窓式ですが、これが一番確実です。
技術もないのにオート巻き上げとか言ってスタートマーク式を採用、赤窓をなくしたカメラのコマずれには閉口します。
窓が菱形なのも数字を正確に合わせられるので便利です。

古いカメラは、その時代に見合った使い方をしてやれば愛着も沸くのではないでしょうか。



[20174/20173/20172]  
[144:3] 厄介でも魅力的なポジ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2021/12/20(Mon) 22:26 No.20172  

ヒストグラム
1920 x 1033 (352 kB)


ネガカラーの簡便さは魅力的ですが、現像の面白さで言えば、何といってもリバーサルではないでしょうか。
透明なフィルムの中にポジ画像が見えるという魅力は格別な気がします。

Ricohflex Z (velvia)
papitol(stock) 60ccを水で130tにする+KSCN 0.5g 36-8d. 3min.30sec.
発色 中外ABネガ用(stock60cc)130t+炭酸K 2g CD4 1.2g(pH9.2-3かなり低い)35-8d.3min.30sec.



[2] Re: 厄介でも魅力的なポジ 通太郎爺さん - 2021/12/20(Mon) 22:30 No.20173  

ヒストグラム
1553 x 1080 (1,243 kB)


EPSON GT-980に付属しているソフトの「退色復元」にチェックを入れるとかなりきれいな補正ができます。

赤の良く出るベルビアの特色を残したままのような気がするのですが、期限切れのフィルムなので現在ではエマルジョンが変わったような気もします。



[3] Re: 厄介でも魅力的なポジ 通太郎爺さん - 2021/12/20(Mon) 22:34 No.20174  

ヒストグラム
1300 x 850 (226 kB)


リバーサルで撮ると、いつもの散歩道も少しおしゃれに見えるような気がします。
リバーサルも風前の灯火でしょうかね〜。



[20171/20170/20169/20168/20167]  
[145:10] ネガカラーISO400反転現像 投稿者:3ピン屋 投稿日:2021/11/17(Wed) 11:05 No.20085   HomePage

ヒストグラム
1200 x 791 (302 kB)


ご近所の庭、もう花も終わりです。

Pentax Me Super Pentax-M 50mm F1.7、ISO800にて撮影
第1現像:H&W フェニドン2倍濃度 + ハイドロキノン0.3g/300ml、 20℃105分
第2現像:BAN1

タンクは金属のナイコール式、撹拌は適当、約10分ごとに思い出したら振り
ました。

今回はロダンカリ抜きです。ロダンカリは銀塩+カプラーをかなり溶かすらしく
第1現像後に銀が浮いていて、色素濃度も落ちています。抜いた分時間は長く
しています。まだかぶりは出ていません。今回の方が前のロダンカリ入りの短
時間より成功したのは多い、というかすべてのコマでまともになりました。

ISO800で十分使えます。もう少し現像時間を延長して感度上げられるかもしれ
ません。

各色の分離、粒状性、先鋭度、いずれも良好でISO100の反転現像よりちょっと
落ちるぐらいです。

画面下側に3mm分ぐらいシアンのまだらが出ます。前に教わった現象ですね。次
回は20分ごとに逆さまにしてみます。



[2] Re: ネガカラーISO400反転現像 通太郎爺さん - 2021/11/17(Wed) 11:45 No.20086  

ヒストグラム
1234 x 920 (658 kB)


3ピン屋さんの現像は、もう完成の域ではないでしょうか。
仰せの通り、KSCNはネガカラーフィルムには向きませんね。銀塩が少なすぎてほとんど溶けてしまい発色カプラーを残せないようです。
ネガカラーフィルムも入手困難となりEKTARだけのようですが、これがブローニーではリバーサルのE-100より高価なのでばかばかしくなってネガポジはやめました。
安いフィルムで高価なポジに似たものをという私なりの目論見は外れてしまいました。

しかし、3ピン屋さんのデータは大いに参考になりますね。
私のも載せておきますがKSCNが効きすぎて発色不良です。

semi IKONTA520 70mm/3.5 (fuji PRO160NS) papitol(stock)50cc+old450cc+KSCN 1.5g 30-32d度15分

第二露光充分(3-4分)

中外ネガ用液+(CD-4) 5g+ NaOH 1.5g (pH12.2) 36度5分 マゼンタ抜けず暗い



[3] ネガカラーISO400反転現像 3ピン屋 - 2021/12/18(Sat) 21:43 No.20164   HomePage

ヒストグラム
1024 x 679 (333 kB)


三笠市の老舗のお菓子屋さん、ロールケーキが有名です。
フィルムはフジの期限切れ、Canon AV-1、FDn50mm F1.8、ISO1600で露光
第1現像:H&W フェニドン2倍濃度 + ハイドロキノン0.3g/300ml、 20℃105分→125分に延長
第2現像:BAN1
増感はこのあたりが限界のようです。125分でややバックの持ち上がりが起きます。
F11で自動露光、メーターは1/125あたりを指していました。雪の粒が落ちてくる所を捉えてい
ます。ふんだんに使えるウクライナ製のフェニドンのおかげですね。



[4] Re: ネガカラーISO400反転現像 通太郎爺さん - 2021/12/19(Sun) 08:50 No.20165  

ヒストグラム
1700 x 1087 (1,005 kB)


ネガポジも安定してきたようで順調ですね。
ネガカラーはラチチュードが広いので2倍とか4倍とかいけますが、ネガポジでもやれるんですね。

色コントラストの強いリバーサルの発色でもなく、電気的に作られたデジの模擬色の派手さでもなく、色の丸みというか立体感というか、見た目に近い表現はネガカラー独自のもののような気がします。
早々に市場から消える感じもありますが、もう一度ネガカラーのおもしろさを振り返ってみたいと思っています。

Leica M3 canon50mm/1.8(LマウントにMアダプター) KonicaMinolta CENTURIA 100 BAN-1R 34 4分45秒



[5] Re: ネガカラーISO400反転現像 3ピン屋 - 2021/12/19(Sun) 22:26 No.20166   HomePage

ヒストグラム
1024 x 678 (360 kB)


ISO400のネガポジもISO100と同じくダイナミックレンジは広いですね。フェニドンたっぷりの
現像液のおかげでしょう。コントラストあげたいときはハイドロキノンを増やせばよいのだろ
うと思います。トーンや色調は、バックがオレンジマスクだけでなくややシアンかかっている
のを(自動)補正する必要はあるけど、いたって普通でリアルです。粒状性もISO100に比べて
非常に劣っているわけではありません。これでISO800ですから10年前に公開すれば大騒ぎに
なったかもしれません。

添付は先回と同じフィルムでのもの。釣具店、そろそろシーズン終了ですが、ワカサギ釣りで
商売やっています。「ホームページ」をクリックすればFlickrに出した5300dpiでとりこんだ
オリジナルが見えます。



[6] Re: ネガカラーISO400反転現像 通太郎爺さん - 2021/12/20(Mon) 09:43 No.20167  

ヒストグラム
1300 x 966 (443 kB)


お早うございます。
ネガカラーをポジに現像する実験も、ここまでくると大成功でしょうね。元がネガ用なのでベースの色が抜けずもどかしい感じはありますが、画像がポジで見えるという魅力は大きいと思います。

現在古い画像を整理しているのですが、ネガカラーフィルムの多彩な能力を改めて再認識しています。
ネガカラーだけでなくモノクロ現像もポジカラーとしての現像も出来てしまうので現像マニアにとっては万能フィルムのような気さえしてきます。
最近になって、ネガカラーフィルムの本領を発揮できる現像とは何か少し考えるようになりました。

Topcon hoseman VH-R (fuji 160NS 2007.5期限切れ2016.1年現像) 中外500t Re100cc 36度5分15秒 期限切れでも出るもんですね。



[7] Re: ネガカラーISO400反転現像 通太郎爺さん - 2021/12/20(Mon) 09:48 No.20168  

ヒストグラム
1619 x 811 (69 kB)


ところで、3ピン屋さんのホームページをクリックしても出ません。
以前からなのですがどうしてでしょう。
現在、Win.10と11を使っていますが両方出ません。



[8] Re: ネガカラーISO400反転現像 通太郎爺さん - 2021/12/20(Mon) 11:24 No.20169  

20085と20164が出ません。


[9] Re: ネガカラーISO400反転現像 Sol - 2021/12/20(Mon) 20:52 No.20170  

こんばんは
しばらく自家現像から遠ざかっていますが、こちらは覗かせてもらってます。

リンクが開けないのは https の後に : が抜けているからだと思われます。
手打ちで書き足してあげるときちんと開けました。



[10] Re: ネガカラーISO400反転現像 通太郎爺さん - 2021/12/20(Mon) 21:14 No.20171  

Solさんありがとうございます、見えました。
「コロン」と落ちてしまっていたのですね・・・失礼!

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)