(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2020/02/26 06:11:38

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: Canonのレンズ (4) 2: Vision3 映画用ネガフィルム (4) 3: T-Maxと現像液 (5) 4: カラー現像液の混合 (5) 5: ネガポジの条件 (4) 6: 第一現像の影響 (7) 7: 特別な反転操作なし (12) 8: 反転現像という言葉は無い (2) 9: お気に入りのTRIX 400 (3) 10: 反転液のこと (1) 11: 反転液の薬 (3) 12: ネガポジ現像 (5) 13: モノクロポジで反転液の失敗 (6) 14: エクタ100とリコーフレックス (4) 15: エクタクローム自家現像 U (7) 16: エクタクロームの自家現像 (5) 17: バッキングの外し方 (4) 18: 映画用ネガカラー (3) 19: 基本はネガカラー? (5) 20: たまにはモノクロ (4)

>>記事一覧 >>画像一覧



[16553/16552/16551/16546/16544]  
[331:5] リバーサル増感 投稿者:mglss 投稿日:2018/10/20(Sat) 23:29 No.16544  

ヒストグラム
1024 x 678 (187 kB)


ネガポジの研究がどんどん進んでいますね。
私の方はポジのISO100->400増感を試しています。

ご指摘の通り、発色が薄かったのは第一現像が長すぎたのが原因で、少し短縮でいつもどおりの色の濃いポジになりました。

発色現像でカラーバランスが崩れていたのは、NaOH量を変えながら何度か現像したところ、バランスが良いポイントが見つかりました。
どうやら第一現像で押すと、発色現像で必要となるpHが高くなるようです。
ちなみにKSCNを増やして露出を上げても同じ結果でした。

minolta AL-E, Velvia100 at ISO400.
1st: Papitol[1+1]+KSCN=0.5g 300ml 38℃ 10min.
CD: ORIENTAL CNL[1+4]+NaOH=0.4g 38℃ 6min.



[2] Re: リバーサル増感 通太郎爺さん - 2018/10/21(Sun) 06:45 No.16546  

ポジの増感は専門のラボでも引き受けてくれるところが少ないらしいので魅力的です。
38度で10分程度でこれだけいけますか。papitol 1:1とありますが保存液1を希釈する、つまり指定の使用液の濃度にするということでしょうか。

発色のNaOHは入れすぎると発色が黒くなりますが、一般的にはアルカリ強でグリーン傾向、少ないとマゼンタ傾向のようです。
私は現在、いい加減なCD3粉末(おそらく精製度が低い)で作った発色液を使っていますが発色が汚いのでボツにしようと思っています。

素晴らしい実験で参考になります。



[3] Re: リバーサル増感 mglss - 2018/10/22(Mon) 12:28 No.16551  

papitolは指定濃度です。
最初はネットで見つけたtetenal E-6のマニュアルを参考に、+2増感で第一現像を38℃で12:00くらいにしたのですが、これはオーバーだったようです。

>発色のNaOHは入れすぎると発色が黒くなりますが、一般的にはアルカリ強でグリーン傾向、少ないとマゼンタ傾向のようです。

発色のNaOHは、私の経験でもPROVIA100Fではそのようになりました。
Velvia100ではこれとは違い、アルカリ強で赤傾向、アルカリ弱で青傾向となりました。
PROVIAとVelviaで発色の性質が違うようです。

私はラボにポジ増感で出したことがないのですが、ラボでもカラーバランスをとるためにpH調整しているのでしょうか?
だとするとけっこうな手間がかかるでしょうね。



[4] Re: リバーサル増感 通太郎爺さん - 2018/10/22(Mon) 16:08 No.16552  

ヒストグラム
1172 x 900 (1,227 kB)


>Velvia100ではこれとは違い、アルカリ強で赤傾向

その通りの傾向です。一般論だけでベルビアのことを書き忘れました。すみません。
ベルビアは普通に現像しても赤が強く出ます。秋の紅葉などには向いていますが、一般の風景には少々使いづらいです。

私は普通に使うときはアルカリ弱で、赤にしたいときはアルカリを少し強めて・・というかネガ用の発色液にNaOHを2g/1リッター程度増やしてやります。
pH計で測ればよいのですが私のは安物のいい加減なものなのであてになりません。いつもヤマ勘です。

ここに貼った画像はベルビアですが、ごく普通のネガ用現像液を使ったので赤は目立ちません。

>ラボでもカラーバランスをとるためにpH調整しているのでしょうか

おそらく・・でしょう。化学的変化の問題ですからそれ以外にやりようはないと思います。



[5] Re: リバーサル増感 通太郎爺さん - 2018/10/22(Mon) 16:10 No.16553  

16552のデータです。

semi.ikonta tessar 70mm/3.5 (velvia 100)
papitol(95cc→280ccで作った液で一本目現像これに100t添加で二本目現像)さらに100t添加で全量480tとして現像 37度6分35秒 
C.D.(補充液230t+スターター9t+水=全量300tで作った液でネガフィルム一本現像後の液)+Re100t 450cc 37度6分



[16545/16543/16542/16541/16540]  
[332:6] 悪条件もクリア? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/20(Sat) 06:04 No.16539  

ヒストグラム
1300 x 848 (225 kB)


光の状態があまりよくない場面でもそれなりに行けます。
発色にCD3の粉1gを入れたらpHが下がったので苛性ソーダを入れてあげています。

Nikon Ftn(7426817) nikkor 50mm/1.4
papitol Re30/300cc用+KSCN 0.75g 30d.3min.
C.D. Re50cc/480cc(pH8.4)+CD-3 1g+NaOH 1g 添加(pH9.0)



[2] Re: 悪条件もクリア? 通太郎爺さん - 2018/10/20(Sat) 06:06 No.16540  

ヒストグラム
1300 x 844 (258 kB)


曇りの日陰でもそれなりに発色しますので、リバーサルフィルムより発色の幅があるのかもしれません。



[3] Re: 悪条件もクリア? 通太郎爺さん - 2018/10/20(Sat) 06:08 No.16541  

ヒストグラム
1300 x 792 (355 kB)


薄日でも差していればさらに良くなりますが・・・



[4] Re: 悪条件もクリア? 通太郎爺さん - 2018/10/20(Sat) 06:12 No.16542  

ヒストグラム
1300 x 814 (238 kB)


日が落ちてしまうと苦しいですね。
もともと銀塩が少ないので、リバーサルと比べてフィルム上の画像としては薄くしか出ませんが、何しろ代用品ですので我慢!



[5] Re: 悪条件もクリア? kan - 2018/10/20(Sat) 23:19 No.16543  

とっくにテストはクリアーで実用そのものですね。この方法は
発色現像がこの温度と時間で大丈夫なのかと思いますが、現実に
ちゃんと出ているから説得力があります。



[6] Re: 悪条件もクリア? 通太郎爺さん - 2018/10/21(Sun) 06:31 No.16545  

ヒストグラム
1300 x 818 (169 kB)


kanさんお早うございます。

>発色現像がこの温度と時間で大丈夫なのかと

私も初めは疑心暗鬼でしたが、mglssさんの実験で30度付近があったのでやってみました。
ネガポジではネガカラーフィルムの銀塩が極端に少ないためか第一現像も30度少しあれば銀塩の中まで浸透するようです。
銀塩が少ないということは発色カプラーも少ないということらしく発色も30〜35度の範囲で十分なようです。

何はともあれ、発色します。今後はいかに綺麗に出るかどうかだと思います。



[16538/16537/16536/16535/16534]  
[333:6] 第一現像は30度前後でも 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/19(Fri) 06:03 No.16533  

ヒストグラム
1300 x 808 (225 kB)


第一現像の温度はかなり低くても大丈夫なようで30度前後でも充分行けそうです。

Nikon F Ftn fuji G100を300で露光
papitol 30cc補充/300cc(ウナたれ)+KSCN 0.25g 32d.3min.
C.D. 50cc(入替)/480cc 37d.6min.



[2] Re: 第一現像は30度前後でも 通太郎爺さん - 2018/10/19(Fri) 06:05 No.16534  

ヒストグラム
1300 x 839 (359 kB)


黄色のフォグが少し気になるのですが、ソフトでもう少し何とかなりそうです。



[3] Re: 第一現像は30度前後でも 通太郎爺さん - 2018/10/19(Fri) 06:07 No.16535  

ヒストグラム
1300 x 840 (259 kB)


安物のフィルムでリバーサルの真似ですからこの程度なのかもしれませんね。



[4] Re: 第一現像は30度前後でも 通太郎爺さん - 2018/10/19(Fri) 06:08 No.16536  

ヒストグラム
1300 x 856 (241 kB)


発色現像にも問題がありそうなので、あれこれやってみる必要がありそうです。



[5] Re: 第一現像は30度前後でも 通太郎爺さん - 2018/10/19(Fri) 06:09 No.16537  

ヒストグラム
1300 x 772 (265 kB)


歩留まりも普通のリバーサルと変わらない程度になってきました。



[6] Re: 第一現像は30度前後でも 通太郎爺さん - 2018/10/19(Fri) 06:18 No.16538  

ヒストグラム
1300 x 826 (285 kB)


私の場合は風景のロングが多いのですが、近場の画像ならほとんど問題ない程度になったと思います。



[16532/16531/16530/16529/16528]  
[334:9] ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 投稿者:threepinner 投稿日:2018/10/17(Wed) 20:59 No.16524   HomePage

ヒストグラム
1000 x 750 (206 kB)


すこし希望が出てきました。添付は。マミヤM645、80mm F2.8 にて撮影したフジのものです。
露出はISO200程度(山勘)。

前浴:37℃でコダルク10分
第一現像:ロダンカリ0.2g/500ml入りコレクトール・うなたれ10分
二次露光:1分ぐらい軽く
発色現像:BANかなり弱っています。40℃7分ぐらい

色彩特性は135とは全く異なります。華やかでなくむしろ彩度控えめのどっしりした感じだが悪くありません。
感度はISO120ぐらい出ていると思います。

16452ではかなり第一現像が不足でした。供覧しませんが今回のと他は同じ条件で第一現像を15分やったもの
は現像オーバーで像が暗部のみ残り、かなり青紫に寄りました。

今回のも緑が弱いようですが、スキャン後の処理で見られるものになりました。

次回は第一現像少し伸ばし、発色現像を強めてみるつもりです。



[2] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 22:12 No.16525  

ヒストグラム
1169 x 900 (250 kB)


ブローニーをやってますね。
コダルクなんて今頃売ってますかね。コダックの専用語で私が昔使ったのは富士のナボックスでした。
メタホウ酸Naだとは後で知りましたので以後は硼砂で代用した覚えがあります。
懐かしいですが、単なるアルカリ調整材ですので映画用フィルムのバッキング外しぐらいの効果しかないと思います。
バッキング外しとして使っても現像に影響がないので使うぐらいですから効果のほどはわかりません。

久しぶりにブローニーをやったらフィルムがゆる巻きで光が漏れました。

Union Uconoor 75mm/3.5 (fuji 160NS)
papitol (160ccを500ccに希釈 KSCN 0.75g)で一回現像後に50cc入替 33度5分30秒 
C.D. 中外のAB液にCD4 20g添加で作った500ccを800ccに希釈したもので二本現像後粉末cd-4 10g添加pH7.1 にNaOH 4g添加 pH8.9 35度6分



[3] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 22:29 No.16526  

ヒストグラム
1206 x 900 (378 kB)


次回はまともなカメラで注意してやってみます。オールドカメラは時々チョンボがあるので要注意です。

私は第二露光もやりません。第二露光は第一現像の後、漂白して清浄液での浄化を終えたフィルムにしか効果はないと思います。
モノクロ反転のため、第一現像で現像し終わった光の当たった部分を漂白と清浄液で洗い流し、残った銀塩に対して二度目の露光で感光させるのですからネガカラーでは余計な色被りが出るかもしれません。
カブリ効果を利用するとしたら現像されてしまった銀塩は全く動きませんし、それ以外の臭化銀が感光し始めるのでコントラストが落ちるのではないでしょうか。



[4] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 22:37 No.16527  

ヒストグラム
1334 x 900 (225 kB)


とにかくひどい画像ですがthreepinnerさんの綺麗な画像を見て、またもやブローニーのポジ化をやってみたくなってきました。



[5] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 threepinner - 2018/10/17(Wed) 23:04 No.16528   HomePage

ヒストグラム
1000 x 745 (317 kB)


師匠のも同じような色彩とトーンの傾向ですね。135のような華やかなものではなく、
彩度控えめで、それでいてカツンとくる絵です。やったことないけど銀残しって
こんな風なんでしょうか。

対象によっては好ましいかもしれません。このフィルム、半分に切って前半の処理
を終え、残り半分は明日にでも現像いたします。



[6] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 通太郎爺さん - 2018/10/18(Thu) 07:58 No.16529  

お早うございます。
もう少しで完成のような画面で、次回が楽しみです。
現像もさることながら、ブローニーを半切しての現像とは素晴らしい。方法を教えてください、ぜひやってみたいです。

最近、歳のせいか夜更かしが出来なくなったようで11時前には寝てしまいます。
一時間おきに目が覚めてまた眠って、赤ん坊に戻りました。人間、これでよいのだと思っていますので、気にもしていませんが、同輩たちは睡眠導入剤など飲んでいるんですね〜。
暇なんだから、昼でもなんでも寝れば済むことです。



[7] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 三ピン屋 - 2018/10/18(Thu) 22:34 No.16530   HomePage

ヒストグラム
1272 x 1005 (396 kB)


同一フィルムの後半を処理しました。
前浴:37℃でコダルク10分→12分
第一現像:ロダンカリ0.2g/500ml入りコレクトール・うなたれ10分→12分
二次露光:1分ぐらい軽く
発色現像:BANかなり弱っています→CD3と炭酸ナトリウム少し追加。37℃7分ぐらい。
昨日より少しよいかも。
Epson GT-X900 + Epson Softwareでスキャン、退色補正オプション有りと無しです。



[8] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 三ピン屋 - 2018/10/18(Thu) 22:37 No.16531   HomePage

ヒストグラム
1200 x 908 (432 kB)


3200DPIでスキャンしてトーン調整、見栄えよくして縮小したもの。
かなり自然になっています。ISO120ぐらいの露出が適正と思います。
アンダーだと偽色出まくりです。

120フィルムの半切は難しいことやったわけでなく、現像タンクのロ
ールに巻きながら、4巻したところでハサミで切断、のこりは135用の
タンクに放り込んでおきました。



[9] Re: ブローニーネガカラーフィルムISO160の反転現像 通太郎爺さん - 2018/10/18(Thu) 23:02 No.16532  

ほぼ完成でしょう。いいですね〜。
ASA120ですか、大いに参考になります。貴重なデータをありがとうございました。
あとはお天気待ちですが、秋の空は変わりやすいので気分も落ち着きません。

半切はやってみます。



[16523/16522/16521/16520/16519]  
[335:8] 秋深し、隣は・・ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/16(Tue) 20:11 No.16516  

ヒストグラム
1300 x 853 (379 kB)


暑い暑い!と言っている内にススキが大きくなっています。
涼しくなるのは歓迎ですが、高温での現像がやりにくくなる時期がやってきます。

Nikon F2 (fuji G100を300で使用)
papitol (原液100ccを200tにすべきところを350ccとしました) 33d. 3min.
C.D.(CD3液で作った補充液)Re50cc捨60t入 全量400t 37d.7min.(pH8.5) パターソン やりにくくカブリあり、水洗がうまくいかない様子。



[2] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/16(Tue) 20:15 No.16517  

ヒストグラム
1300 x 808 (274 kB)


この様子では、今年中はネガポジ三昧・・となりそうな気配です。
黄色いカブリ状態の色はネガカラーのベースの色でもあるようなので完全に抜けることは難しいかもしれません。

ただ、もう少し何とかならないか・・・と、もどかしい思いは残ります。



[3] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/16(Tue) 20:20 No.16518  

ヒストグラム
1300 x 830 (244 kB)


厄介な現像に首を突っ込んでいますが、ネガカラーとは一味違った彩度の高い画像は魅力的でもありますね。



[4] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/16(Tue) 20:23 No.16519  

ヒストグラム
1300 x 780 (241 kB)


もう少し安定すると良いのですが、第一現像が原因の不安定さがネックのようで、これを安定させる方法を模索中です。



[5] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/16(Tue) 20:28 No.16520  

ヒストグラム
1300 x 746 (192 kB)


無責任時代に流行した「そのうち何とかなるだろぉ〜〜」と思ってのんびりやっていきます。



[6] Re: 秋深し、隣は・・ threepinner - 2018/10/16(Tue) 23:02 No.16521   HomePage

ヒストグラム
1000 x 677 (95 kB)


16520、16518、16517については、暗部は偽色にやられていませんか? Epson Scanは
退色フィルムを補正のオプションつけると暗くてよみきれないところに無理やり色彩
を割り当てるようです。スキャン後にGIMP上で、トーンカーブ調整にて暗部の、この
場合だと緑色のトーンを落としたりして処理しています。

VueScanだとそのような無理はしませんから暗部の偽色は出づらいようです。

添付は北海道神宮、以前に出した画像とデータは同じです。



[7] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 08:26 No.16522  

ヒストグラム
1300 x 746 (233 kB)


お早うございます。

>暗部は偽色にやられていませんか・・

偽色とも言えます。これが今気になっているベースの色と思われる黄色〜緑のカブリだと思います。
エプソンスキャンの退色復元を使うと暗い部分を無理に持ち上げようとするようですが、
フィルム自体に色が無い(暗くて判別できない?)に近い状態なのでカブリの色のままで出てしまうのではないかと思っています。

暗部の偽色はマゼンタや青が多いようですが、いずれにせよ人間の目では自然に補正するので、それに合わせてソフトを作るのが難しいのでしょうね。

こうなると手作業での補正しか今のところ手がありません。

目で見た感じとは違いますが、黄色〜緑の部分をほかの部分の輝度に合わせるとこんな感じになります。

気の付いたこと、どんどん指摘してください。とても参考になります。



[8] Re: 秋深し、隣は・・ 通太郎爺さん - 2018/10/17(Wed) 08:35 No.16523  

ヒストグラム
1300 x 870 (179 kB)


こちらは撮影時に暗部に配慮した露光で、明るい部分を後で修正するつもりで撮っています。
ネガカラーフィルムでは一見飛んでしまったように見える明るい部分にもデータがほぼ残っているのでこれが出来ます。

現像データは上に同じです。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)