(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

★★ 爺 さ ん の お 気 楽 B B S ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/09/17 06:21:30

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 大失敗の巻 (4) 2: 徒然なるままに・・ (9) 3: ピント合わせの思い込み (4) 4: sigma と sonyの比較 (5) 5: 超広角のピント? (5) 6: Voigtlender 15mm/4.5 (7) 7: 昭和商店街・地元編 (10) 8: しつこく三和商店街 (9) 9: 昭和の雰囲気 (6) 10: 三和商店街 (11) 11: SIGMA DP1 & DP2x (8) 12: 散歩 (4) 13: 絵描きモードにON (1) 14: フォクトレンダー15mm (7) 15: 暑い〜〜〜 (7) 16: レンズの選択肢 (7) 17: SONY α7RU色々テスト (5) 18: くだらない話 (5) 19: Vision 3 よくできたフィルム (4) 20: 手ぶれについて (3)

>>記事一覧 >>画像一覧



[16504/16503/16502/16501/16500]  
[251:6] ロダンカリ少し多め 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/13(Sat) 18:15 No.16499  

ヒストグラム
1300 x 804 (248 kB)


画像が薄くなるのを覚悟でロダンカリを300tに対して0.6g入れてみました。
温度31〜2度、時間を3分で切り上げたので画像もさほど薄くはならずに済みました。
調子はかなり良くなったようです。

Nikon F nikkor 24mm/2.8 (fuji G100-300)
papitol Re30cc/300cc KSCN 0.6g 32-1d.3min.
C.D. Re50cc/400cc(CD3) 35d.6min. パターソンタンク



[2] Re: ロダンカリ少し多め 通太郎爺さん - 2018/10/13(Sat) 18:37 No.16500  

ヒストグラム
1300 x 828 (225 kB)


暗部の発色も悪くはないようですが、フォグが完全に抜けたわけではないので、さらに一歩前進する必要があります。



[3] Re: ロダンカリ少し多め 通太郎爺さん - 2018/10/13(Sat) 18:40 No.16501  

ヒストグラム
1300 x 806 (395 kB)


光や色温度が合えばかなりリバーサルに近くなったと思います。



[4] Re: ロダンカリ少し多め 通太郎爺さん - 2018/10/13(Sat) 18:44 No.16502  

ヒストグラム
1300 x 825 (435 kB)


歩留まりも良いようで・・・



[5] Re: ロダンカリ少し多め 通太郎爺さん - 2018/10/13(Sat) 18:45 No.16503  

ヒストグラム
1300 x 850 (202 kB)


安物のフィルムにしては上出来だと思います。



[6] Re: ロダンカリ少し多め 通太郎爺さん - 2018/10/13(Sat) 18:51 No.16504  

ヒストグラム
1300 x 816 (329 kB)


あと少し発色が安定すれば完成といえそうです。

水にぬれた手でフィルムを巻き込んだりする必要があるので、自動で(手を動かすだけで)巻き込めるパターソンのタンクを使いましたが、第一現像の後の水洗がうまくいきません。



[16498/16497/16473/16472/16466]  
[252:10] 私の青空 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/07(Sun) 06:22 No.16461  

ヒストグラム
1300 x 817 (325 kB)


年配の方ならご存知「My Blue Heaven」言わずと知れたビングクロスビーのヒット曲ですが、ネガポジでは少々厄介な青空の話です。

第一現像の温度を低めにして時間を長めにしてみました。かなり良い感じです。
発色液はいつも通り、中外の古いAB液にCD4の粉末を10g/1000tで作ったのですが、CD4の能力不足の感じなので後に10g追加しました。
この液500tを800tに水で薄めたものを現像液としていますが現像するたびにCD4を5gぐらい追加したりしています。
補充液(Re)として加えているのは最初に作った20g/1000tです。

Nikon Ftn nikkor 50mm/1.4 (fuji G100-400) papitol(old)250cc Re40cc+KSCN 0.5g 33d.6min.30sec.
C.D.CD-4 5g追加 pH 8.4 33d.6min.



[2] Re: 私の青空 通太郎爺さん - 2018/10/07(Sun) 06:25 No.16462  

ヒストグラム
1300 x 793 (277 kB)


原版ではシアン被りしていますがソフトでシアンを少しブルー側へシフトすると修正できます。



[3] Re: 私の青空 通太郎爺さん - 2018/10/07(Sun) 06:31 No.16463  

ヒストグラム
1300 x 678 (274 kB)


画質調整→カラーを選択、ここでシアンを少し右にシフトします。



[4] Re: 私の青空 通太郎爺さん - 2018/10/07(Sun) 06:34 No.16464  

ヒストグラム
1300 x 815 (300 kB)


原版の元となる色がない場合はソフトでも修正できませんが、発色が傾いているだけなら簡単に補正できます。



[5] Re: 私の青空 通太郎爺さん - 2018/10/07(Sun) 06:39 No.16465  

ヒストグラム
1300 x 812 (270 kB)


CD4やCD3などいろいろな薬が手元に残っているのでモッタイナイ精神で使っていますが、出来合いの市販薬を使うのが一番でしょう。
ビックカメラなどでもコダックの現像液を扱っていますが、こんなところでも売っています。http://www.s-souko.com/



[6] Re: 私の青空 通太郎爺さん - 2018/10/07(Sun) 06:44 No.16466  

ヒストグラム
1300 x 847 (330 kB)


たとえフィルム上といえど青空が出るとすっきりしますね〜。
これぞ「My Blue Heaven」天国へ上った気分です。



[7] Re: 私の青空 mglss - 2018/10/08(Mon) 14:02 No.16472  

ヒストグラム
1024 x 687 (159 kB)


こんにちは。私も第一現像はこのくらいの温度と時間が良いように思いました。私が現像したものは、フィルムを見るとオーバーに見えましたが、オレンジ色で失われる暗部階調を考慮すると若干オーバーが向いているのではないでしょうか。逆に明部の階調が犠牲になるのが難点です。

私の方はVelviaの増感を試している途中です。NaOHの分量を通常のままにすると、青が強く、緑が弱くなりました。通太郎爺さんが以前に掲示板で書かれていたとおり、NaOHを増やしたほうが良さそうです。あと、そもそもの発色が薄いのですが、こちらは対策が思いつきません。

minolta AL-E, Velvia100 at ISO400.
1st:Papitol(1:1)+KSCN=0.5g 300ml 38℃ 11min.
CD:ORIENTAL CNL(1:4)+NaOH=0.25g 38℃ 6.5min.



[8] Re: 私の青空 通太郎爺さん - 2018/10/08(Mon) 19:47 No.16473  

今晩は、頑張ってますね。見習います。

>そもそもの発色が薄いのですが、こちらは対策が思いつきません。

データを見ると第一現像の時間が長すぎるように思います。ポジの場合は第一現像が薄いと(時間が短いと)反転現像するので仕上がりは暗く、濃いと仕上がりが薄くなります。
限度は38度で6分〜6分30秒が良いようです。

確実とは言えませんが実験してみてください。



[9] Re: 私の青空 mglss - 2018/10/13(Sat) 07:22 No.16497  

第一現像はISO100->400の増感のため11分まで延長しました。
スキャンすると勝手に補正されるのでPCでは分かりませんが、スライドにして見ると少し発色が薄いという状態です。
第一現像が濃いと仕上がりが薄くなるということで、ご指摘のとおり長過ぎたのかもしれません。
次回は第一現像を少し短縮してみます。



[10] Re: 私の青空 通太郎爺さん - 2018/10/13(Sat) 09:17 No.16498  

私は、30〜35度で3〜3.5分でやってみていますが、あまり短いとfogというかカブリ(全体にモヤッとする)が出ます。
第一現像でロダンカリの増量か、ブロムカリでも入れてみようかと悩んでいます。

ネガカラーフィルムでは極端に銀塩が少ないので増感は効果が無いと思います。



[16496/16495/16494/16493/16492]  
[253:7] CD-3液による発色 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/12(Fri) 09:27 No.16490  

ヒストグラム
1300 x 822 (178 kB)


CD3の粉末がモッタイナイので使っていますが、100歳になっても現像やらねば無くなりそうにないです。
頂き物なので素性は不明ですが、見た目の判断ではCD-3のようです。

発色が派手目ですが、暗部などいま一つ納得のいかない仕上がりです。
CD-3の量が不足しているのかもしれません。

CD-3粉末10gを中外写真薬品のA、B液1000tに溶かした物を補充液として使いました。

Nikon F 24mm/2.8 (fuji G100を300で使用)
第一現像:papitol(2本使用後) Re40cc/250cc+KSCN 0.3g 35d.4min.30sec
C.D. (CD-3液 10g/1000ccの液を補充液とし100t/300tに希釈したものを使っています) Re(CD-3液10g/1000tの液) 30cc/300t 35d.6min.



[2] Re: CD-3液による発色 通太郎爺さん - 2018/10/12(Fri) 09:34 No.16491  

ヒストグラム
1300 x 829 (310 kB)


全体的にもう少し落ち着いた発色が欲しいところですが発色剤の量とのバランスが悪いのかもしれません。



[3] Re: CD-3液による発色 通太郎爺さん - 2018/10/12(Fri) 09:38 No.16492  

ヒストグラム
1300 x 819 (301 kB)


派手目、、というより色が固い感じで気に入りません。



[4] Re: CD-3液による発色 通太郎爺さん - 2018/10/12(Fri) 09:47 No.16493  

ヒストグラム
1300 x 828 (313 kB)


発色は、第一現像との関係も大きいので、これも調整が必要でしょう。
何にせよ、安物の業務用フィルムでリバーサルフィルムの真似をしようというのですからズーズーしいことです。

論文や書いてあることを鵜呑みにするな・・・とはノーベル賞の本庶氏のご宣託ですが、簡易ポジ現像もまさにコダックの仕様書を無視し続けた結果なので頭を固くしないという意味でノーヘル(メット)賞はないもんですかね〜。



[5] Re: CD-3液による発色 通太郎爺さん - 2018/10/12(Fri) 09:59 No.16494  

ヒストグラム
1300 x 829 (362 kB)


かなり歩留まりがよくなってきましたので、本格的な使用に耐える程度まであと少しでしょう。

抗がん剤「オプジーボ」は効果アリは三割程度の歩留まり、副作用も強いとか聞きました。
簡易現像は7割以上の歩留まりではありますが、役立たずの遊びに使う財布への副作用が大きいです。

そのかわり貧乏になって米と野菜しか食えないのでガンとは縁遠くなりそうで、こちらの副作用のほうが役に立ちそうですね。



[6] Re: CD-3液による発色 threepinner - 2018/10/12(Fri) 11:34 No.16495   HomePage

ヒストグラム
1200 x 836 (240 kB)


>ノーヘル(メット)賞は
狙うならイグノーベル賞ではないでしょうか。

当地は昨日、雪虫の大発生、口閉じて歩いてても鼻から入ってきます。

添付はご近所でのもの、Pentax MZ-60、35-80mm F4.0-5.6
フィルムと反転現像法はいつもと同じです。

反転現像の場合、うまくいったときにはEpson GT-X900 + Epson Software
ではシアンがかったり不自然になります。Plustek + VueScanの方が自然
です。それも退色復元のオプション付けない方がよくなります。




[7] Re: CD-3液による発色 通太郎爺さん - 2018/10/12(Fri) 13:54 No.16496  

ヒストグラム
1300 x 830 (385 kB)


>イグノーベル賞ではないでしょうか・・

イグノーベル賞としてはユーモアのセンスが不足しているのでノミネートされにくいのではと思っています。
美人の鼻の油で現像する、、、ぐらいの発明でないと貰えそうにないですね。

エプソンのソフトはいまいちな感じですが、他と比較したことがないのでシアンが強くなるというご指摘は参考になります。
ソフトを変えることも視野に入れながら現像でカバーすることの実験をやってみます。

データ:16490に同じ



[16489/16488/16487/16486]  
[254:4] NaOHの多用 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/11(Thu) 19:13 No.16486  

ヒストグラム
1300 x 888 (220 kB)


根がポジ現像の発色現像でNaOHをどんどん加えてアルカリを調節しようとしても、発色が鈍くなりドロッとした汚い色になります。
これは一般のリバーサルフィルム現像にも同じことが言えます。

Nikon Ftn nikkor 50mm/1.4 (fuji G100-300)
papitol 80cc→250cc+KSCN 1cc 33d.5min.
C.D. 数本使用後の液(NaOHでpHを上げてある)にCD-4 4g添加、pHが下がったためにさらにNaOH 2gを追加(pH8.4) 35d.6min.



[2] Re: NaOHの多用 通太郎爺さん - 2018/10/11(Thu) 19:14 No.16487  

ヒストグラム
1300 x 801 (242 kB)


こういう被写体では分かりにくいですが・・



[3] Re: NaOHの多用 通太郎爺さん - 2018/10/11(Thu) 19:15 No.16488  

ヒストグラム
1300 x 813 (231 kB)


明らかに発色が鈍い感じです。
NaOHに頼るのも限度があるようです。



[4] Re: NaOHの多用 通太郎爺さん - 2018/10/11(Thu) 19:19 No.16489  

ヒストグラム
1300 x 856 (124 kB)


人工的な光ではさほど目立ちませんが・・



[16485/16484/16483/16482]  
[255:4] CD-3粉末使用の液 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/10/10(Wed) 19:30 No.16482  

ヒストグラム
1300 x 866 (252 kB)


今ひとつ効果の定かでないCD−4を諦めて、CD−3の粉末の本格的?テストに取り掛かります。

CD−3粉末10g/1000tでのテストです。
少し多かったかもしれませんが、CD−3は本来リバーサル用と言われているだけに画像の色も重い曇り日にしてはシャキッとした感じです。

Nikon F4 AF-nikkor 24-85 (fuji G100-300)
papitol (old) Re40cc+KSCN 0.35ℊ 33d.6min.(少々時間overでした)
C.D.(CD-3液 10g/1000cc)150ccを水で250ccに希釈 35d.6min.



[2] Re: CD-3粉末使用の液 通太郎爺さん - 2018/10/10(Wed) 19:33 No.16483  

ヒストグラム
1300 x 853 (256 kB)


発色は派手目になります。
リバーサルに一層近づく感じとも言えます。



[3] Re: CD-3粉末使用の液 通太郎爺さん - 2018/10/10(Wed) 19:38 No.16484  

ヒストグラム
1300 x 797 (211 kB)


雨がパラパラするような天気でしたが、派手な感じといえばそう言えなくもないですね。



[4] Re: CD-3粉末使用の液 通太郎爺さん - 2018/10/10(Wed) 19:41 No.16485  

ヒストグラム
1300 x 821 (217 kB)


暗部の出方もCD−4とは違っているようです。
第一現像を押しすぎた感じもするので次回修正してみますが、とりあえずは天気の良い日でテストしなきゃあ駄目でしょう。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)