(累計) (本日) (昨日)

ここは「河野爺さん」のパステル、水彩、鉛筆などによる絵を中心に展示するコーナーです。
【スレッド一覧 】右下の「画像一覧」をクリックしていただくと画像がまとめて表示されますので見たい画像をそこでクリックしてください、大きく表示されます。
なお、画像が大き過ぎるときは画面下の「表示切替」をクリックしてください、お使いの画面サイズに切り替わります。
それでは、ごゆっくりお楽しみください。

爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り】 【ステレオ(3D)写真

★★ 2 4 時 間 の 画 廊 ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2019/02/16 09:19:34

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 絵を描く人 (1) 2: 港にて (1) 3: ランプのある静物 (1) 4: 川沿いの家 (1) 5: 夜の街 (1) 6: 大王埼灯台 (1) 7: 試行錯誤 (2) 8: 懐かしい道 (3) 9: クリスマスローズ (1) 10: 高田本山・山門の柱 (1) 11: ニリンソウ (1) 12: 月夜に・・・ (1) 13: 安乗灯台 (1) 14: 海の見えるデッキ (1) 15: 秋葉ダム湖にて (1) 16: 諏訪湖風景 (1) 17: 田植風景 (1) 18: バラ (1) 19: 収穫 (1) 20: 小さい花瓶とバラ (1)

>>記事一覧 >>画像一覧



 
[141:1] 煙突の見える風景 投稿者:爺さん 投稿日:2007/04/28(Sat) 21:49 No.3986  

ヒストグラム
566 x 850 (304 kB)


川向こうの工場の煙突です。
足元まで延びる反映を見ていると、まるで煙突に登っているような気になります。

ケント紙 35x25cm 鉛筆



 
[142:1] 踏み石 投稿者:爺さん 投稿日:2007/04/26(Thu) 21:18 No.3982  

ヒストグラム
1087 x 850 (500 kB)


苔むした石を踏んで奥へ進むと、古い茶室があります。

木も草も、夫々に気配を消して、静けさが粉となって降りかかるような、
そんな踏み石の道です。

ケント紙 40x52cm 鉛筆



 
[143:1] パステル 投稿者:爺さん 投稿日:2007/04/25(Wed) 17:26 No.3981  

ヒストグラム
1110 x 850 (458 kB)


日本では、ヨーロッパに比べて、パステルがあまり一般的では無いような気がします。
顔料を油に溶かしたものが油絵具ですが、顔料の粉末を少量のアラビアゴムなどで固めたものがパステルです。
チョーク状に成型するのにペーストにして乾燥させるので、これが語源になったと言われています。

顔料をそのまま塗りつけているようなものなので、色の変化には、めっぽう強いようです。
こってりと油彩のようにも描けるし、さらっと水彩の真似も出来ます。

波切灯台 パステル 40x52cm



 
[144:1] テディベア 投稿者:爺さん 投稿日:2007/04/23(Mon) 21:54 No.3979  

ヒストグラム
602 x 850 (334 kB)


可愛らしいものを、可愛く描くのは結構難しいですね。
我が家には、男の子しか居なかったので、こういう人形にはお目にかかることはありませんでした。

スケッチブック 20X15cm 色鉛筆(Holbein Artists'150色セット)



 
[145:1] レインボーブリッジ 投稿者:爺さん 投稿日:2007/04/23(Mon) 00:11 No.3977  

ヒストグラム
1240 x 977 (420 kB)


レインボーブリッジそのままの風景ではありませんが、ほぼそれに近い心の中の風景を描いたつもりです。

絵の主題とは心理的、心情的なもので、映像そのものではないと教えられました。

この場合、「夕暮れ時に人が感じる気分」が主題(モティーフ)であってレインボーブリッジは主題ではありません。

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)