(累計) (本日) (昨日)

ここは「河野爺さん」のパステル、水彩、鉛筆などによる絵を中心に展示するコーナーです。
【スレッド一覧 】右下の「画像一覧」をクリックしていただくと画像がまとめて表示されますので見たい画像をそこでクリックしてください、大きく表示されます。
なお、画像が大き過ぎるときは画面下の「表示切替」をクリックしてください、お使いの画面サイズに切り替わります。
それでは、ごゆっくりお楽しみください。

爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り】 【ステレオ(3D)写真

★★ 2 4 時 間 の 画 廊 ★★


[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [認証]

最終更新時刻: 2016/03/31 19:36:00

−スレッド一覧 (最新 20 件) −

1: 街の風景 (1) 2: たまにはジョークで (1) 3: 陽の当たる窓 (1) 4: 病室にて (1) 5: 冬の道 (1) 6: 苫屋の見える浜 (1) 7: 昼下がり (1) 8: 安乗灯台 (1) 9: 海の見えるデッキ (1) 10: 秋葉ダム湖にて (1) 11: 諏訪湖風景 (1) 12: 田植風景 (1) 13: バラ (1) 14: 収穫 (1) 15: 小さい花瓶とバラ (1) 16: 夕日 (1) 17: 果物 (1) 18: 頂き物 (1) 19: 海 (1) 20: 梨 (1)

>>記事一覧 >>画像一覧



 
[6:1] 苫屋の見える浜 投稿者:爺さん 投稿日:2014/07/18(Fri) 23:43 No.4489  

ヒストグラム
1200 x 829 (242 kB)


小魚をゆでて煮干しなどを作っているのでしょうか、苫屋(とまや)の煙が見えます。
「我は海の子・・」の歌の中の「煙たなびく苫屋こそ、我が懐かしき住家なれ」とありますが、あの歌は津海岸へ海水浴に来ていた第三高等学校(現京大)の先生が津の海を詠ったものとの説があります。
作詞は鹿児島出身の宮原と言う人だとの説もありますが、三高の生徒たちが戦後も津の海へ来ていたことは確かです。

今、苫屋があるのは白塚海岸から北の一部ですが、歌を思い出しながら歩いてみるのも風情があるかもしれません。



 
[7:1] 昼下がり 投稿者:爺さん 投稿日:2014/06/08(Sun) 08:18 No.4488  

ヒストグラム
1200 x 831 (286 kB)


どこにでもあって、いつも見かける、ごくありきたりの風景、なのに、
その時々によって変わって見えるのは自分の中にある気分のせいなのでしょうね。

風景が変わるのではなく自分が変わるたびに同じものが違って見えるようです。

A4スケッチブックに鉛筆



 
[8:1] 安乗灯台 投稿者:爺さん 投稿日:2014/05/27(Tue) 20:49 No.4487  

ヒストグラム
1087 x 850 (591 kB)


こちらへ引っ越ししました。
今後は鉛筆細密に限らず、何でもありで貼ってゆきたいと思いますので、よろしくご高覧のほどお願いいたします。



 
[9:1] 海の見えるデッキ 投稿者:爺さん 投稿日:2012/12/09(Sun) 16:45 No.4485  

ヒストグラム
1200 x 838 (313 kB)


海を眺めながらの語らいがあったのでしょうか。
影は長くなって日暮れが近付いています。

ケント紙 28x42cm 鉛筆



 
[10:1] 秋葉ダム湖にて 投稿者:爺さん 投稿日:2012/09/25(Tue) 21:57 No.4484  

ヒストグラム
582 x 840 (152 kB)


少し小雨の降っている日でした。
小船で材木を曳いて行く影が見えます。音のない世界が目の前にありました。

24.5cx17.5c ケント紙 鉛筆

[ページトップ]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)