(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.264] 生野菜と生ジュース


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
 
[46:1] 生野菜と生ジュース 投稿者:爺さん 投稿日:2014/05/27(Tue) 15:17 No.264  
私はこちらと同じ食事療法なのですが、ナチュラルハイジーンという果物菜食の提唱者は神経症を発症したとのことです。
著書では問題ないとしていながらご本人が末端のしびれを発症しB12サプリを勧めることにしたとブログで読みました。違う療法ですが私もだしで動物性を摂ることにしようと思います。本当にありがとうございました。

[2] Re: 柊様への返信 爺さん - 2014/05/26(Mon) 13:40 No.265
ナチュラルハイジーンを実行されていて肝臓がんを発症、脳にまでガンに侵された方にもお会いしました。

生食は日本人の肝臓には不向きです。
強いお酒やビールを大ジョッキで何杯も飲めるような白人系の肝臓は日本人よりずっと強いのです。

日本人は古来、この島国で採れる植物を、どこにでもある清水と里山にふんだんにある薪を使って火を焚き、これも海からとれる塩で味付けして食べてきました。
木の無い砂漠の民と違って、煮たものを食べるのが食習慣なのです。

その方はB12不足ではなく肝臓に障害を起こし血液とリンパ液の不全から末梢神経症になったのです。
日本人の食事に直し血液とリンパ液をサラサラにすれば簡単に治ります。

ご相談を受けた方の中に日本人本来の食事療法によりリュウマチ、痛風(末梢神経の激痛)が嘘のように治った方々もありますので、お知らせしておきます。

[3] Re: 柊様の御返信 爺さん - 2014/05/26(Mon) 14:05 No.266
補足ですが、サプリメントはそのまますんなり体が受け入れるのではなく、食事以外の薬物、異物として一旦は肝臓で浄化分解されますので、期待通りの効果は全くと言ってよいほどありません。
ビタミンC剤なども小便になって出てしまいます。つまり薬物としての反応をするわけです。

ダシに含まれる動物質のものも体が不要と判断すれば出してしまいますので、これで動物質のものがとれると思うのは間違いです。

我々の臓器は食べたものをビタミンとか窒素とか酸素とかで吸収するのではなく元素のレベルの細密さで反応しています。
植物の中に含まれる元素が動物質のものであればそれで充分なのです。

海から3000キロ以上も離れた山中の木に、魚の成分が含まれている理由が最近の研究で解明されています。
マスが川をさかのぼり、クマがそれを食べて身を土に捨てたり、死んだ魚の成分が水に溶け込んで木が吸収したりして、魚の成分と同じ元素が木に含まれているという事実です。

これと同じ理由で、野菜にも(元素レベルで)動物質は含まれており、しかも日本人が吸収しやすい形にしてくれてあります。
全く動物質を食べなくとも野菜から吸収しているので心配無用です。胃腸に負担をかけてまで食べる必要はありません。

ただしハウス物よりは露地物のほうが圧倒的に有利だとは言えます。
雨にも土にも、そういう同位元素ともいえる元素が含まれているからです。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)