(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.266] 血液によるがんの診断


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
 
[46:1] 血液によるがんの診断 投稿者:爺さん 投稿日:2014/08/19(Tue) 21:32 No.266  
僅かの血液を採取するだけで各種のがんを早期発見できそうだという研究が進められているそうです。
ケチをつけるわけではありませんが早期発見されたばかりに、その後の抗がん剤治療によって亡くなる人の例を見てきました。

いくら早期発見しても、治療方法が間違っている限り治らないのは当然ではないでしょうか。
早期発見より、治療法を確立する方が先決だと思うのですが、いまだにこれと言った的確な治療法が見つからないのは不思議でなりません。
医学が向いている方向に間違いがあるのではないでしょうか。

どんな優秀な猟師でも方向を間違えれば弾は当たりません。
ガンはアルコール中毒に似て「油中毒」の一種だと思っています。「アル中」に対して5年たったから、もう酒を飲んでも大丈夫「アル中」にはならないという医者がいるでしょうか。
ガンは油を断ち切らない限り、何度でも出てきます。
転移するのではありません。「アル中」が転移したなんて言わないのと同じで、飲めば再び「アル中」がぶり返すのです。

食事で治っていく人がいるのに医者は知ってか知らずかそういう人の話を聞こうともしません。
癌が食事なんかで治ると困る人たちがいる限り難しいのかもしれませんね。

いやな言い方ですが、今の医療のある限り、早期発見などしない方が長生きできそうな気もします。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)