(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.356] 断食について


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[358/357/356]  
[19:3] 断食について 投稿者:きたろう 投稿日:2016/02/15(Mon) 13:43 No.356  
いつもこのホームページで勉強させてもらっています。
質問があります。普段の食事は野菜と米の食事療法をしています。癌の自然治癒に断食やプチ断食は有効でしょうか?



[2] Re: 断食について 通太郎爺さん - 2016/02/15(Mon) 21:08 No.357  

>普段の食事は野菜と米の食事療法をしています

野菜は火を通したもの、米は白米ないし7分つき程度、必ず水(お茶などの色のついていないもの)、塩分も忘れないでください。

さて断食ですが、素人が自宅でやっても良いのは2日までです。戻し方も大事で8分粥から順次2日ぐらいかけて元のご飯に戻します。
一か月もかかるような断食は専門の道場や医師の指導でやらなければ命の危険すらあります。

癌はそのほとんどが食べすぎによる胃の障害(胃の休む暇が無い)から始まります。
断食が良いとされるのは、ひどく荒れた胃を修復するために胃を休める効果があって、1日から2日の断食はどんな薬よりも効果的です。

癌細胞を排除する方法として免疫療法と言うのがありますが、人間は腹の減った時の方が免疫が高くなるので、免疫を上げて癌を叩くと言う考えです。

免疫を消防士達と考えると分かりやすいでしょう。食事が入って来ると、胃や腸が活発に動いて熱を出します。この火消しの為に消防士たちが活躍します。
これに手間取っていると外敵が喉や鼻から入って来た時に消防士が足らなくなり、外敵の侵入を阻止できなくなります。

消化の良いものを食べて少ない消防士で事足りれば、手の空いた消防士は喉から入ってくる雑菌の消火に全力投球できるという訳です。
風邪などひきやすくなるのは食べすぎたり不消化なものを食べて消火に手間取っているからです。

免疫を高めることによって癌細胞が破壊され少なくなることは分かっていますので、危険のない程度の断食は癌に効果があると言えます。

食べすぎないことが第一す。又、肉や魚のような消化しにくいものを食べないに越したことはありませんが、せめて量を減らすことぐらいは実行した方が得策でしょう。



[3] Re: 断食について きたろう - 2016/02/15(Mon) 21:55 No.358  

詳しくわかりやすいアドバイスありがとうございます。まずは食べる量に注意することから始めたいと思います。
[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)