(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合がありますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.20785] シネフィルム(ネガ)での反転現像


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[20786/20785]  
[35:2] シネフィルム(ネガ)での反転現像 投稿者:3ピン屋 投稿日:2022/07/25(Mon) 15:38 No.20785   HomePage

ヒストグラム
1260 x 901 (437 kB)


富士フィルムの映画用ネガカラーフィルムのF64Dの400フィート巻が2缶あり、なんとか
使えないか、もう何年もやっています。やっと反転現像での使用が実用になりました。

添付はご近所の庭、キヤノンAV-1、FDn50mm、ISO50に設定しています。

第一現像:ファインドール(ラボ用の白黒現像液)+ ロダンカリ 0.3g/500ml 26℃ 65分
     時々撹拌、たぶんロダンカリは不要。
発色現像:ECN-2 だけどいい加減な作りでアルカリは亜硫酸ソーダ、炭酸ソーダ、水酸化
ナトリウムで適当にpH12.0に調整。

CD-3はいただき物でやり取りから中国製のバルクのお流れのようでした。ECN-2は処方では
pH10.4に調整、なんだけどこのpHでは弱くてしっかり色がつかない上についてもやたら赤褐
色になってしまいます。

pH12ではかなり緑が強くて明るいんだけど、補正可能です。

通常ネガISO100の反転現像に比べるとコッテリした色合いになります。粒状性はISO100に
迫ります。

BAN1での発色現像だとやはり色は赤褐色、あたかもフィルムベースがその色のように仕上がり
暗部もストンとおちます。



[2] Re: シネフィルム(ネガ)での反転現像 通太郎爺さん - 2022/07/25(Mon) 21:08 No.20786  

ヒストグラム
1300 x 830 (181 kB)


3ピン屋さんの画像はずいぶん奇麗でほぼ問題なしですね。

私も頂き物のF64Dを使い切るのに結構時間がかかりました。
薬品によるバッキングの外し方を見つけるまでに1年以上かかっていたのでネガポジとして使ったことは記憶にありません。

コダックのVision3も同系統の映画用フィルムですが、ネガポジにすると素直な発色が得られました。コダック指定の反転液を自作して(反転するわけではなく第一現像を洗うだけ)使いました。

バッキング処理が面倒で二度と使う気になりません。

Nikon F2 50mm/1.4 (vision3) papitol 140cc+KSCN 1cc(0.5g) 37度3分30秒(少ないので4-5分必要) 
反転液(古いものの上澄み)200cc+富士酢酸3t+塩化錫(温度計の頭に付いた程度) 36度2分30秒(pH5.6) 
発色:中外AB+CD4 1g+炭酸K 3g pH9.2(低い) 36度4分 漂白3分30秒 定着:ラボ用20度4分

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)