(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.19043] 時短でもダメ


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[19047/19046/19045/19044/19043]  
[7:5] 時短でもダメ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/11/05(Thu) 05:23 No.19043  

ヒストグラム
1400 x 813 (399 kB)


下の19040以下、第一現像液の強すぎによる発色不良と思われるので、現像時間を1分短縮してみました。
少々マシになったというだけで基本的には変わらないようです。

36コマのフィルムを半分に切って18コマで現像しています。
フィルムが36コマ分の面積ではないので、少し強すぎたのかもしれません。

Contax G-1 biogon 28mm/2.8 (provia 100F) 2010-15と同じ液での二回目papitol(二倍濃度)150cc+old 150cc=300cc+KSCN 1cc(0.5g) pH10.3 37-8度5分30秒 
第一現像強すぎによる現像オーバー 
水洗ストップのみ 第二露光なし 
C.D. 中外AB(二倍濃度)50t+old 250cc =300cc+CD4 3g+NaOH 1g pH12.4 36-7度5分



[2] Re: 時短でもダメ 通太郎爺さん - 2020/11/05(Thu) 05:36 No.19044  

ヒストグラム
1400 x 879 (295 kB)


パピトールの保存液は二倍濃度ですので150tだと指定の使用濃度は、これを水で希釈して300tとなります。
この時水を使わず使いまわしの液150tで希釈したのでpH10.3と少し高めです。
しかも発色現像との間に反転浴やストップ液のような酸化液を使っていませんのでこれの影響もあるかもしれません。

E-6の仕様では第一現像の後水洗、この後反転浴をしますが、この後水洗はせず、直接発色液に入れます。
反転液がかなり強い酸性なので発色液の疲労が考えられますが、このことが発色に影響しているのかもしれません。



[3] Re: 時短でもダメ 通太郎爺さん - 2020/11/05(Thu) 05:42 No.19045  

ヒストグラム
1400 x 868 (429 kB)


ペンキで描いた看板のようなギタギタした発色ですが、好みの範囲といえるかどうか自信はありません。
第一現像の濃度を強くした結果だとすれば、ギタギタ発色の条件として利用できるかもしれません。



[4] Re: 時短でもダメ 通太郎爺さん - 2020/11/05(Thu) 05:46 No.19046  

ヒストグラム
1400 x 888 (501 kB)


なんとも現実離れした感じがしますが、これがフィルムの失敗?の面白さなのかもしれません。



[5] Re: 時短でもダメ 通太郎爺さん - 2020/11/05(Thu) 05:48 No.19047  

ヒストグラム
1400 x 826 (293 kB)


オマケ・・

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)