(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合がありますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.21483] モノクロポジ実験


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[21497/21495/21487/21486/21485]  
[42:7] モノクロポジ実験 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2023/09/07(Thu) 10:01 No.21483  

ヒストグラム
909 x 900 (354 kB)


カラーポジではモノクロの銀塩とカラーカプラーを入れ替えてポジ像を作ります。
モノクロの場合は露光され現像されて銀となった像(ネガ)を漂白で捨ててしまいます。
フィルム上に残るのは光を少ししか受けず現像しても像にはならない銀塩(潜像)しかありません。
この潜像に再度光を当てて現像すれば銀化したポジ画像が得られるという理論です。

カラーカプラーと銀塩を入れ替えればよいだけのカラーリバーサルと違って同じ銀の残った方を使うのですから、再度銀塩に光を当ててやらないと像が出ないのが当然かと思っていました。

違うんですね〜。



[2] Re: モノクロポジ実験 通太郎爺さん - 2023/09/07(Thu) 10:13 No.21484  

ヒストグラム
901 x 900 (228 kB)


第二露光無しでも問題なくポジ画像が得られます。
要するに、潜像という立派な像が第一露光と同時に裏側に出来ていたということでしょう。
普通のネガ現像では、裏にあるこの像(こちらが本物?かもしれない)を捨ててしまいます。
最初に出来たネガ像を漂白して捨てた後、再び現像してやると残った潜像がポジ画像となって出てきます。
第二露光は不要です。

Rocohflex dia (fuji prest400 2006.8期限切れ) papiyol(2倍濃度保存液)30t+古370t 28度2分30秒 水洗 
水で薄めたニクロム酸カリ液(テストで30秒で抜ける)1分30秒(多すぎ、強すぎで幕面溶け始める)水洗 
清浄液 1分30秒 水洗 
第二露光無し 第一現像液に保存液50t 28度3分 super fuji fix 3分



[3] Re: モノクロポジ実験 通太郎爺さん - 2023/09/07(Thu) 10:21 No.21485  

ヒストグラム
896 x 900 (234 kB)


大きい粒子は光に反応しやすいため先に像を作りやすいようで、こちら(大きい粒子)がネガ画像となります。
荒い方を捨てて細かい方を残すポジ現像では微粒子現像薬など使う必要もなく画像が綺麗です。
特に雲の表現は豊かで黒から白までのバランスが良いように感じます。
このフィルムは常温に放置され、期限切れから17年も経たものなのですが実験には惜しげなく使えるのでやってみました。



[4] Re: モノクロポジ実験 通太郎爺さん - 2023/09/07(Thu) 10:51 No.21486  

ヒストグラム
885 x 900 (236 kB)


何しろフィルムが古いのでシミやらゴミやらがうっとうしいです。
うっすらと白い円い像が見えますが、裏紙のマークがそのまま転写されたものです。

数十年前に世界的な銀の高騰があり、以来フィルムの銀の量がガクンと減ったので、第二露光無しでも潜像が出やすくなったのではないかと思っています。



[5] Re: モノクロポジ実験 通太郎爺さん - 2023/09/07(Thu) 10:55 No.21487  

ヒストグラム
875 x 900 (368 kB)


フィルムの未露光の部分が反転現像によってポジとなり、裏紙の文字がフィルムに転写されたものが現れなした。
長期間の密着によってあたかも撮影したかのように写ってしまっています。
人間も長い間同じものに巻かれていると、いつの間にか同じようになるのに似ていますね〜。フィルムよお前もか!!



[6] Re: モノクロポジ実験 mglss - 2023/09/09(Sat) 15:29 No.21495  

お久しぶりです。
暑い中も精力的な実験をされており、頭が下がる思いです。
私の方はこのところさぼり気味です。

モノクロポジも第二露光なしで可能というのは驚きです。
カラーポジの場合は、何らかの原因で、モノクロ現像液には反応しないものの、カラー現像液には反応する特殊な潜像状態になっているのではないかと想像していました。

モノクロポジでは当然モノクロ現像しかしませんので、なぜ第一現像では反応せず、第二現像で反応するのか不思議ですね。
理屈は分かりませんが、第二露光なしでできることが分かったのは大きな発見だと思います。



[7] Re: モノクロポジ実験 通太郎爺さん - 2023/09/09(Sat) 16:08 No.21497  

お久しぶりです。
実は私も不思議でならないのです。特にフジのアクロス系統は第二露光をやらない方が成功率が高いです。
やると、真っ黒にカブリが出てどうしようもないことになります。
第一現像でできた銀を漂白で流してしまうので、銀でできた像はなくなります。第二現像で出てくるのは、潜像となって残っていた銀コロイドだと思うのですが、光を当てないのに現像で銀化するのが分かりません。
コダック系はモノクロに関する限り、やってもやらなくてもそれなりに出来上がりますが、ネガカラーのネガポジに関しては赤くカブリが出るので第二露光はやらないようにしています。

モノクロにポジ仕上げは粒状性の美しさが魅力ですが、ネガカラーのポジでは効果のほどは不明です。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)