(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合がありますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.20690] 動画を撮ってもらいました


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[20776/20775/20714/20712/20711]  
[38:18] 動画を撮ってもらいました 投稿者:まつむらかめら 投稿日:2022/06/15(Wed) 22:19 No.20690   HomePage
今回リバーサルフィルム現像動画を撮ってユーチューブに上げてもらいました。
第一現像をイルフォードのペーパー用に。
BAN-1Rでの発色現像です。
URL欄に於けば良いのかわからなかったので
ここにも
https://www.youtube.com/watch?v=RI5I4VpknNY



[2] Re: 動画を撮ってもらいました 通太郎爺さん - 2022/06/16(Thu) 08:03 No.20691  

ヒストグラム
1200 x 756 (248 kB)


広くご紹介いただきありがとうございます。丁寧な現像で分かりやすいと思います。
私の場合、ストップは水道水(湯)を入れてはタンクを回転しながら流しだすといった作業を4,5回繰り返すのみでおしまい、ストップ液までは作らずチョンボしています。
ここまで丁寧にストップすれば、第一現像の残差は残らないでしょう。
タンクの蓋を開けずにそのまま発色液を入れても大丈夫かもしれませんので次回やってみます。
第一現像の後、フィルムをリールから外す必要が無ければ、濡れると再度の巻き込みが厄介なパターソンのタンクが使えます。
漂白液や定着液などに直接触れるのが怖いのでステンレスの保持具をリールの中心に通してやっています。

これでリバーサル現像のファンが増えればフィルムの製造も増えるかもしれません。感謝感謝です。



[3] Re: 動画を撮ってもらいました 通太郎爺さん - 2022/06/16(Thu) 08:15 No.20692  

ヒストグラム
900 x 763 (108 kB)


自作したステンレスの保持具です。



[4] Re: 動画を撮ってもらいました まつむらかめら - 2022/06/16(Thu) 21:45 No.20693   HomePage

発色現像前にスポンジで拭くのが良いとはわかっていても傷が怖くてなんとなく停止浴を使いました。
動画では端折ってるのですが第一現像後に冷水で5回タンクの中の水を交換してから停止浴。また5回お湯でタンクの中のお湯を交換してから発色現像に行ってます。
BAN−1Rを売って欲しいと言う方は月に1〜2名ほどおられますのでこれからも増えていってほしいですね〜



[5] Re: 動画を撮ってもらいました 通太郎爺さん - 2022/06/16(Thu) 22:11 No.20694  

私のようなチャラポランな現像ではなく、全く丁寧な現像でタイムテーブルまで示していただいたのも分かりやすくて良いですね。

少しでもポジ現像のファンが増えてほしいですね。まつむらかめらさんの努力に大感謝です。
何とか簡易ポジ現像が出来るようになってから15〜6年たちますが、その間、このコーナーで紹介する以外に手立てもなく全くの独り相撲でした。
「今やひい爺ちゃん」などの出る幕ではなく、これからは若い方々の力でガンガン広めていっていただくことに期待しておりますのでよろしくお願いいたします。心から感謝です。



[6] Re: 動画を撮ってもらいました kazuleo - 2022/06/16(Thu) 22:35 No.20695  

先日、Twitterに流れてきたので早速拝見しました。
第一現像後の水洗が動画では端折られているのが気になりましたが、ポジ現像の魅力が良く伝わるものになっていましたね。

良い巡り合わせがあって良かったです!



[7] Re: 動画を撮ってもらいました 通太郎爺さん - 2022/06/17(Fri) 09:27 No.20697  

結論から言えば、まつっむらかめらさんのストップのやり方が正しいやり方です。
第一現像後のフィルムをスポンジなどで拭くという作業は、安易すぎるとも言えますし、あまり現像に慣れていない方にお勧めできるものではありません。
現像途中のフィルムの扱いは慎重であるべきで、感光幕面に触れないというのは鉄則です。

今後はまつむらかめらさんのストップをスタンダードにすることをお勧めします。



[8] Re: 動画を撮ってもらいました mglss - 2022/06/19(Sun) 11:15 No.20699  

こんにちは。
とても分かりやすい動画ですね。

カラーネガはまだ大丈夫ですが、ポジはフィルムそのものに加えて現像代も高額になってしまいました。富士フィルムも踏ん張ってくれていますが、更に需要が低くなると撤退せざるをえないでしょう。この動画は裾野を広げる、意義の大きいものだと思います。

以前からちょっと気になっているんですが、皆さん現像の際に手袋しないんですね? 私はニトリルゴム手袋で作業していますが、なくても大丈夫なんでしょうか?



[9] Re: 動画を撮ってもらいました 通太郎爺さん - 2022/06/19(Sun) 12:39 No.20701  

mglssさんこんにちは。
私と友人たちとの経験しかありませんが、現像液その他が何の影響もないとは言い切れません。
70年近くもやってきた私の場合も、影響があったのか無かったのか全く不明としか言いようがありません。

若い頃は友人と展覧会用のプリントなど(印画紙が1m以上もあるので)の現像では、直接現像液に素手を入れて一部分だけ温めて黒くしたりやりましたね〜。
酒で肝臓を傷めた人は居ますが、私は飲まないので今のところ現像の影響はないのかもしれません。
いずれにせよ素手は気持ち悪いので手作りの用具でカバーしています。

定着液などもビール飲んで小便した方が自然環境に悪いそうですよ。



[10] Re: 動画を撮ってもらいました kazuleo - 2022/06/20(Mon) 18:54 No.20703  

mglssさん

実は私も素手で、都度水洗いで薬液等を落としています。
ウチも子供は既に成人していて、動物もいないため、同じですね。

大四切りの印画紙などを扱うときは、竹ピンより間違いなく素手の方が確実ですね。

通太郎さんの手技は、まるでユージン・スミスですね。
今時の印画紙は銀の含有量が大幅に少ないので、どれほど効果があるのか分かりませんが、今度試してみます。



[11] Re: 動画を撮ってもらいました 通太郎爺さん - 2022/06/20(Mon) 19:38 No.20705  

実際は水道の前での作業の為、速攻で手を洗いますね。
多くの女性が使用するヘアカラーなどは、そのほとんどが成分的に発色液と同じものが入っています。
その証拠に毛染め液でカラー現像が出来ることは私も実験したので知っています。
頭の地肌に塗り付けるのですから現像どころの話ではないですね。それを知っていた家内は終生毛染めをしませんでした。



[12] Re: 動画を撮ってもらいました mglss - 2022/06/21(Tue) 18:41 No.20706  

皆さん素手なんですね。
ネットで調べると現像液の経皮毒について書かれているので、手袋必須だと思っていました。
今回の動画で「気になる方は」手袋で作業をして、というようなお話があったので、毒性と言ってもその程度の話なのかな?と分からなくなった次第です。
夏場はいつも手袋内が汗でビショビショになって気持ち悪いので、次は素手でやってみます。
皆さん、教えていただいてありがとうございます。

ちなみに古い定着液は、以前教えて頂いた通り気にしないようにしました。
私は多少お酒を飲むので、そっちの方が環境に悪いかもしれません(笑



[13] Re: 動画を撮ってもらいました 通太郎爺さん - 2022/06/21(Tue) 19:31 No.20709  

薬が手に付くと気にする方なので、すぐ水で洗いますが、若い頃はかなり無頓着でした。
現像する頻度は普通ではないの思うのですが83才までは保証できそうです。



[14] Re: 動画を撮ってもらいました まつむらかめら - 2022/06/23(Thu) 16:15 No.20711  

薄手バライタの時代は現像を押したい部分に手のひらを当てて温めることなどよくやっていましたがマルチグレードになりますと温度変化による濃度も変わりません。17度以下になるとまったく画像が出てこないなど新しい印画紙はまったく違いますね。
といったように素手で薬液を処理する事がとても多かったですが特に現在は支障がありません。ただ薬品がついたまま印画紙に触るなどのトラブルを避けるためにすぐに洗う癖はついていますね。現像タンクもLPLなので必ず漏れますので撹拌が終わったら手洗いをして雑巾で拭う。の繰り返しなので台所でやることになりますね。



[15] Re: 動画を撮ってもらいました 通太郎爺さん - 2022/06/23(Thu) 18:50 No.20712  

実際の作業では手に液が着くと酸性ならピリピリ痛いし、アルカリならヌルヌルして物がつかめません。
痛かったりヌルヌルして気分が悪いので、その場ですぐ洗いますね。



[16] Re: 動画を撮ってもらいました kazuleo - 2022/06/24(Fri) 23:04 No.20714  

ヒストグラム
640 x 427 (118 kB)


>>20711
>薄手バライタの時代は現像を押したい部分に手のひらを当てて温めることなどよくやっていましたがマルチグレードになりますと温度変化による濃度も変わりません。17度以下になるとまったく画像が出てこないなど新しい印画紙はまったく違いますね。

昔話(失礼)ではよく聞く手法ですが、やはり今のマルチグレードではダメですかぁ。温度変化にもあまり影響を受けないということは、夏場の温度管理も程々で良いのでしょうか?

コメントとは関係ありませんが、今日の暑さを憂いて、涼しげな湧水の写真を貼っておきます。



[17] Re: 動画を撮ってもらいました mglss - 2022/07/13(Wed) 17:31 No.20775  

ヒストグラム
1200 x 781 (589 kB)


こんにちは。素手で現像やってみましたのでご報告です。

パターソンタンクなので液漏れがなく、薬品が手につくという点では問題なかったのですが、タンクが滑りやすくなるのはちょっと困りました。
ステンレスタンクだと大丈夫だと思いますが、パターソンは径が大きいので、濡れた素手ではツルツル滑って片手で掴むのは厳しい感じです。

ということで、やっぱりゴム手袋をした方がよさそうです。

Leotax T, Canon S 50mm F1.8, FUJIFILM 記録用カラー100.
CNL-N1R[1+2](A=10, B=5, C=5, 水300になるまで) 38℃ 3m30s.
CNL-N2R 38℃ 3m.
ILFORD SC-RF 38℃ 3m.



[18] Re: 動画を撮ってもらいました 通太郎爺さん - 2022/07/14(Thu) 06:50 No.20776  

素手だと現像液が手に付きやすく、ヌルヌルするので滑りやすいですね。
ステンレスのタンクはパターソンより径も高さも小さい(35oの2本入り)ので握りやすいですが滑るのは同じです。

Leotaxとは懐かしいですね。エリートとかメリットとかあって、バルナックライカのコピーでしたが両方使いやすかったです。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)