(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.18845] Ricoh flex再挑戦


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[18862/18861/18858/18857/18856]  
[9:11] Ricoh flex再挑戦 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2020/07/21(Tue) 10:00 No.18845  

ヒストグラム
1308 x 950 (376 kB)


前回はカメラのシャッタースピードが遅くなっていることを忘れて露光オーバーだったので、再挑戦です。
もう少し絞っても良いかなという感じですが、1/100で16がカメラの限界なので、これ以上は現像で調節するしかないでしょう。

Ricoh flex Z (velvia100 RVP)
papitol(stock)50cc+(old)350cc=400cc(pH10.8)+クエン酸 3g(pH10.2)+KSCN 0.5g 36d.5min.30sec.
発色: 中外AB200cc+水200cc=400cc+NaOH 1.5g+CD-3 3g pH11.4 37d.5min.



[2] Re: Ricoh flex再挑戦 通太郎爺さん - 2020/07/21(Tue) 10:03 No.18846  

ヒストグラム
1360 x 950 (328 kB)


曇り日なので、このあたりが精一杯・・といったところでしょう。
クエン酸をさらに多くすれば良いかもしれませんが、ひどいマゼンタでもないので良しとします。



[3] Re: Ricoh flex再挑戦 通太郎爺さん - 2020/07/21(Tue) 10:12 No.18847  

ヒストグラム
1308 x 950 (207 kB)


梅雨明け前は雲が奇麗です。

リコーフレックスは見かけは思いっきりチャチですが良い仕事をするので大好きなカメラです。
見かけも値段も大げさな割に、それに見合うほどずば抜けた性能とも思えないドイツのカメラ・・・少しは見習ったらどうかね〜。



[4] Re: Ricoh flex再挑戦 通太郎爺さん - 2020/07/21(Tue) 10:25 No.18848  

ヒストグラム
1306 x 900 (330 kB)


高田会館の前で移動販売のおにぎり屋が店を出していました。
若い人が頑張っているのを見かけると、自分の若い頃が重なって、つい買う気になります。
ミソとおかか2個ずつ、4個、最近粥食が続いているので普通のコメは久しぶり。



[5] Re: Ricoh flex再挑戦 通太郎爺さん - 2020/07/21(Tue) 10:30 No.18849  

ヒストグラム
1495 x 900 (380 kB)


クエン酸添加も少し慣れてきました。
これでベルビアも普通のフィルムとして使えます。mglssさんに感謝です。



[6] Re: Ricoh flex再挑戦 通太郎爺さん - 2020/07/21(Tue) 10:35 No.18850  

ヒストグラム
1308 x 950 (384 kB)


少しクセのある発色ですが、それを承知で使うつもりでいれば存在価値のあるフィルムだと思います。



[7] Re: Ricoh flex再挑戦 mglss - 2020/07/23(Thu) 16:47 No.18856  

ヒストグラム
2048 x 325 (310 kB)


こんにちは。
私の実験がお役に立てて光栄です。
地道に実験を繰り返してきたかいがありました。

Velvia100はうまくいくようになったので、同じクエン酸でPapitolのpHを下げる方法で、PROVIA100Fがどうなるか試してみました。
とりあえず6EXの短いストリップです。
さすがはPROVIAで、発色は相変わらずのニュートラルでびくともしませんでした。
このフィルムは2段くらい増感しても発色バランスが崩れませんが、この辺が関係しているのかもしれません。

minolta AL-E, PROVIA 100F.
第一現像: Papitol[stock=150, water=300になるまで] ロダンカリ=0.5g クエン酸20%=9.0ml pH=9.62 38℃ 6.5min.
第二露光: 白色蛍光灯 6EV 各面30sec.
発色現像: CNL-N1RN[補充液=100, water=300になるまで] 苛性ソーダ10%(酸化が進んでいる?)=5.7ml pH=11.82 38℃ 6min.
漂白: CNL-N2R 35℃ 6min.
定着: 中外マイフィクサー 常温28℃前後 5min.



[8] Re: Ricoh flex再挑戦 mglss - 2020/07/23(Thu) 16:53 No.18857  

ヒストグラム
1024 x 685 (296 kB)


そういえば、少し前にご指摘いただいた定着不足っぽいフィルムはまだ再定着していません。
今回、目視で定着し、抜けるのに大体1分強〜1分30秒かかりました。定着液が新鮮なときは30秒もかからず抜けていました。
中外マイフィクサーを1L作成し、ポジやネガで135-36EXを20本定着した液です。
このあたりが限界かもしれません。

中外写真薬品は個人向けの薬品販売をやめたそうですね。
私は水洗促進浴をスキップするため無硬膜タイプでやっているので、ILFORDに移行するしかなさそうです。



[9] Re: Ricoh flex再挑戦 通太郎爺さん - 2020/07/23(Thu) 20:34 No.18858  

ヒストグラム
1381 x 950 (374 kB)


プロビアはE-100と共に非常に安定したフィルムだと思います。
プロビアではクエン酸なしでやっていますがクエン酸は大助かりです。
pHが高すぎるためと分かったので10付近に持ってくることを目標にしました。

中外が個人向けをやめましたか、ま、仕方ないでしょうね。

>水洗促進浴をスキップするため・・

とありますが、マイフィクサーはRCペーパーやバライタペーパー用だと思いましたが、違っていたらごめんなさい。
フィルムの場合は普通に硬膜剤入りの酸性系のフィクサーでよいと思います。

印画紙の場合は紙に薬品が浸み込みますので水洗促進剤(といっても単に亜硫酸Naの希釈液ですが)によって酸化した紙を中和させることによって水洗を短時間で終わらせる効果があります。
フィルムでは硬膜剤を使わないと長期間の保存やほこりの処理の時傷がつきやすく元も子もなくす気がするので私はもっぱら酸性硬膜処理剤入りのスーパー富士フィックスを使っています。
水洗は流水なら2〜3分、せいぜい5〜6分でOKですが私はザボンと水につけてピンク色が取れるまで5〜6回取り換えておしまいです。

第二露光の件ですが、ネガポジ現像以外では私はやっていません。
第一現像終了後、2〜3分水洗してそのままカラー現像しています。
ポジフィルムではこれできれいに反転しますが、ネガフィルムの場合は極端に銀塩が少ないようで、カラーカプラーとベースの着色の影響を減少させる必要から僅かでも第二露光が必要のようです。



[10] Re: Ricoh flex再挑戦 mglss - 2020/07/24(Fri) 21:09 No.18861  

中外マイフィクサーはフィルム・ペーパー兼用の定着液です。
私がこれを選んだのは、最初に自家現像の参考にしたサイトで勧められていたためです。
そのサイトには、フィルムでも硬膜タイプの場合は水洗促進剤浴を追加するか、水洗を長時間(30分程度)行うかのどちらかが必要と書かれていたので、最初の選択として硬膜タイプは避けました。
現像後に乳剤面を触ることはないので無硬膜でいいと思っていたというのもありますが、後々のホコリの除去は考えたことがありませんでした。
今はまだマイフィクサーの原液が残っていますが、次は硬膜タイプにしたほうが良さそうですね。

第二露光は、確かにしなくても反転はしますが、暗部の締りが甘いように感じます。
第一現像後にフィルムの状態を確認したいのもあり、私は第二露光を行っています。
以前の実験で、EV6の照明下で、露光時間10秒と20秒では結果が大きく違いますが、20秒から後は30秒でも1分でもほとんど結果が変わらないので、EV6、20秒を基準に第二露光しています。



[11] Re: Ricoh flex再挑戦 通太郎爺さん - 2020/07/24(Fri) 21:52 No.18862  

こんばんは。マイフィクサーはフィルムの場合2倍濃度で使うタイプですね。
モノクロにも使うことがなければ硬膜でなくてもよいかもしれません。カラーの場合は幕面がモノクロより強いと思います。
水洗は1時間程度が普通の時代の老人なので10〜30分なら短いと感じてしまうようで、すみません。
モノクロの場合はフィルムの上に銀が薄く乗っているだけの状態にも近く硬膜処理がないと傷がつきやすいです。
水洗も大切ですが、定着液の劣化はフィルムの保存に大きく影響しますので35枚撮りなら15本/1Lが限界でしょう。
できれば10本ぐらいで廃棄したほうが安心です。意外に見過ごされがちですが定着は「後の祭り」にならないためにも思い切りが肝心です。

第二露光はどちらでもよいと思いますが、モノクロ現像の後でフィルムを確認するのも、けっこう楽しみなんですよね。
趣味なので、楽しみは多いほうが良いに決まってます。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)