(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.17653] 銀塩雑感


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[17657/17656/17655/17654/17653]  
[12:5] 銀塩雑感 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/07/03(Wed) 10:35 No.17653  

ヒストグラム
1724 x 850 (361 kB)


空は曇ったり雨だったりで、現像実験のための撮影もままならず、といったところです。
コアな現像の話が続いたので一休みせよという神仏の計らいかもしれません。

ローライコードXbに24コマ撮りのアタッチメントを付けてみました。
ひと昔流行したパノラマ写真のようで面白い感じです。

フィルムはアクロス、D76によるごく普通の現像です。



[2] Re: 銀塩雑感 通太郎爺さん - 2019/07/03(Wed) 10:43 No.17654  

ヒストグラム
1803 x 850 (480 kB)


35mmの上下を切って無理やり作る画像と違って、ブローニーの横幅いっぱいを使うので、画像に余裕がある感じです。

アクロスでのポジ現像は難しいので諦めました。
コダックやイルフォードなど海外のフィルムとは感光膜に塗ってある薬品が違うようです。

他のフィルムも銀の世界的高騰以来、大きく変わっているのも感じますが、富士の変化は劇的だと思います。



[3] Re: 銀塩雑感 通太郎爺さん - 2019/07/03(Wed) 10:53 No.17655  

ヒストグラム
1697 x 850 (308 kB)


必然的に現像のやり方も薬品をはじめ時間や温度など、かなり大幅に変えても結果は大差ないものになってきています。

感光材粒子の製造方法の進化は驚くばかりで、かなりハードな現像をやっても粒状性に変化は見られないようです。
つまり微粒子現像などの必要はなくなったといってもよいと思います。



[4] Re: 銀塩雑感 通太郎爺さん - 2019/07/03(Wed) 10:58 No.17656  

ヒストグラム
1700 x 850 (209 kB)


一口で言えば、粒子の形も大きさも見事にそろって微粒子な上に、互いに干渉されにくい形状であったり、
そのための薬品が混入されていたりするようで、現像液などで微粒子になったりする範囲は限りなくゼロに近いようです。



[5] Re: 銀塩雑感 通太郎爺さん - 2019/07/03(Wed) 11:08 No.17657  

ヒストグラム
1731 x 850 (295 kB)


反転現像すると感光しやすい大きい粒子が第一露光(撮影時)先に感光されて、この大きな粒子でできた画像を漂白で流して、
残った細かい粒子を再度感光させてやるので微粒子感が出る、、、という説があるようですが、安物のフィルム以外には、この条件を満たすフィルムはないようです。

アクロスをはじめとする今どきのブローニーフィルムは最初から微粒子で粒状もそろっていますので、微粒子感がUPするという面では、さほどの効果はないように思います。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)