(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.17391] モノクロポジ失敗


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[17397/17396/17395/17394/17393]  
[68:7] モノクロポジ失敗 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/04/27(Sat) 06:40 No.17391  

ヒストグラム
1285 x 900 (337 kB)


相変わらずモノクロポジに挑戦していますが、、、強烈な失敗です。
清浄液にピロ亜硫酸ナトリウム(25g/1000t)を使ったのですがニクロム酸系の漂白との相性は最悪のようです。

konicaThexar 75mm/4.5 konirapid -s付 (acros100) papitol Re50cc/450cc+KSCN 1g 20d.7min.
漂白:ニクロム酸カリ+硫酸 1min.30sec.
清浄:ピロ亜硫酸Na(new) 3min.  
第二露光 10秒程度
第二現像 5min. 
定着→水洗乾燥



[2] Re: モノクロポジ失敗 通太郎爺さん - 2019/04/27(Sat) 06:43 No.17392  

ヒストグラム
1186 x 900 (236 kB)


LPLのステンレス・タンクを使っていますがリールに巻き込みの最初の方は、半分反転すらしていません。
これは別の原因らしいので検討します。



[3] Re: モノクロポジ失敗 通太郎爺さん - 2019/04/27(Sat) 06:49 No.17393  

ヒストグラム
1125 x 900 (292 kB)


終わりの方では反転はしていますが、みじめ〜!
水玉模様のムラは第二露光でフィルムに水滴がついていたからでしょう。
漂白液も新品にして4本目なので少し強い感じです。

ピロ亜硫酸Naの清浄液はpHが5.3〜4とかなり強い酸性なので第二現像液のアルカリとガチンコした感じです。



[4] Re: モノクロポジ失敗 通太郎爺さん - 2019/04/27(Sat) 06:51 No.17394  

ヒストグラム
1186 x 900 (356 kB)


仕切り直しですね〜。
亜硫酸ナトリウムの清浄液に逆戻りしてみます。
オソマツでした。



[5] Re: モノクロポジ失敗 mglss - 2019/04/27(Sat) 07:09 No.17395  

ヒストグラム
1024 x 351 (147 kB)


おはようございます。
またえらく画像が崩れてしまっていますね。
pHの振り幅が大きいと乳剤に悪いということでしょうか。

私の方はまだ問題があるものの、かなり良くなりました。
頂いたアドバイスそのままで、過マンガン酸カリの濃度を0.3%に上げ、時間を2minと短縮しました。
第二露光は100W電球相当のLEDで、20cmの距離から各面を上から下までサーッと動かしながら照らした程度です。

フレーム内に限ると、ポジ写真としては見た目では問題ないように見えます。
プロジェクターでも使えそうな濃度とコントラストです。
短時間の第二露光が大きなポイントなんですね。

問題はご覧の通りパーフォレーション部分の銀の剥がれ。
どうもパターソンリールのボールが当たる部分が剥がれているようです。
銀が剥がれたのはやはり定着時で、定着後の水洗いで黒いカスがたくさん出てきました。

最後の水洗いが甘かったのか、剥がれたカスが一部フィルムに張り付いてしまいました。
右側のコマはフレーム内の銀がわずかに剥がれていますが、これは張り付いたカスを取ろうとして膜面を爪で引っ掻いたためです。

NewSeagull 100. 液温=21〜23℃.
第一現像: papitol(1+5) 7min.
漂白: 過マンガン酸カリ0.3%, 硫酸1% 2min.
清浄: ピロ亜硫酸ナトリウム2.5% 2min.
第二露光: 100W電球相当LED 20cm 各面5秒程度
第二現像: 第一現像の液 6min.
定着: 中外マイフィクサー+マイハーデナー 5min.



[6] Re: モノクロポジ失敗 mglss - 2019/04/27(Sat) 07:13 No.17396  

ヒストグラム
1024 x 683 (309 kB)


気になるのは、一部で銀が溶解途中で止まったようなコマがあったことです。
写真の中央少しか右に、黒が溶け出す途中で止まったようになった部分があります。
同じものが右下にもたくさん見えます。
漂白不足かと思ったのですが、第二現像で濃くなった部分に発生しているようで、よく分かりません。



[7] Re: モノクロポジ失敗 通太郎爺さん - 2019/04/27(Sat) 09:37 No.17397  

お早うございます。色々ご苦労なさっておられるようで、私も同様です。
pHの幅が大きいことも影響するようですが、何よりもアルカリ系から酸化への変化より、その逆がダメなようです。

フィルムにもよります。私の失敗例も、アクロスに限ったことで同じことをやってもT-Maxでは問題は出ません。
シーガルもフィルムベースが薄く材質も乳剤もpHの変化に脆弱な感じです。

17395を見た限りでは過マンガン酸カリの強酸が次の第二現像のアルカリとのガチンコでベースや乳剤がゆるんでしまったような気がします。
思い切って漂白液を倍に希釈して(水で薄める)2分やってみてはどうでしょうか。
シーガルが手元にあるので、今から撮影に出かけますのでそのフィルムでやってみます。

>黒が溶け出す途中で止まったようになった

これも、漂白と第二現像の途中で生成されたものではないでしょうか。

とにかく確実にポジフィルムに近づいていますね。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)