(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.17238] Ilford FP-4 (120)での反転現像


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[17248/17247/17246/17245/17242]  
[22:9] Ilford FP-4 (120)での反転現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/03/25(Mon) 21:18 No.17238  

ヒストグラム
1047 x 797 (111 kB)


ヒストグラムを少しいじってやるとほぼまともになります。

全体が真っ黒になるのは第一現像のカブリで出ることがほとんどなので、露光を調整しました。
ASA125の指定ですが半分の50〜60で撮っています。
こうすることによって現像での黒のバランスをとれないかとの考えからです。

いまいちですが、ほぼ近いところまで行ったようです。



[2] Re: Ilford FP-4 (120)での反転現像 通太郎爺さん - 2019/03/25(Mon) 21:23 No.17239  

ヒストグラム
929 x 900 (204 kB)


イルフォードのフィルムベースは強いアルカリで現像するとチジレのような細かいザラザラが出て気分が悪い思いをします。
以前から何度やってもこのチジレ現象は収まりません。
ほとんど眼立ちませんが。フィルムがざらついている(指で触っても分からないぐらいですが・・)のは何とも気分が悪いです。

Yashica D (ilford FP4 125)ASA50-60で露光 
papitol Re50cc/550cc(old)+KSCN 2cc(1g) 19度 5分
bleach ニクロム酸カリ+濃硫酸 20度1分
清浄  亜硫酸ナトリウム液 3分
第二露光 裏面重点2分 
第二現像 Re50cc 3min.
super fuji fix 3min.

化学記号で書くと文字化けしますので日本語の表記にしました。
薬品名なども市販されているものばかりなので表記しても構わないそうです。
公序良俗に反するなような使い方を表示しているわけでもなく、いわば研究資料的な意味が強いので問題ないようです。



[3] Re: Ilford FP-4 (120)での反転現像 通太郎爺さん - 2019/03/25(Mon) 21:26 No.17240  

ヒストグラム
896 x 900 (202 kB)


子のざらつきのお陰???で直接スキャナーのガラス面に置いてもニュートンリング様がお出ましにならないのは怪我の功名でしょうか。



[4] Re: Ilford FP-4 (120)での反転現像 通太郎爺さん - 2019/03/25(Mon) 21:30 No.17241  

ヒストグラム
900 x 900 (281 kB)


フィルムが真っ黒になるのは、撮影時の光が暗い画像の部分にまで浸透しないので反転現像で残る銀塩が感光不足になるからだと思います。

反転現像では直接的に大量の光を受けた部分を流してしまいますので、暗部を中心に露光を決めたほうが無難のようです。



[5] Re: Ilford FP-4 (120)での反転現像 通太郎爺さん - 2019/03/25(Mon) 21:34 No.17242  

ヒストグラム
922 x 900 (220 kB)


私は公称感度の半分ぐらいを目安にしていますが、もっと暗いほうがヌケがよくなるようです。

イルフォードの第一現像はD76でじっくりやったほうが良いのかもしれません。



[6] Re: Ilford FP-4 (120)での反転現像 rysk - 2019/03/25(Mon) 23:26 No.17245  

ヒストグラム
1024 x 1024 (153 kB)


こんばんは。
アクロスの現像も見せていただきました。
早くもモノクロリバーサル現像の実用化も目前と言った感じですね。
アメリカかどこかのサイトで、普通に露光したものを増感現像する、とかいうようなことが書いてあったような気がします(英語が苦手でよくわかってません)が、今回のFP4のように露光時間を大くとってやってもよいのですね。

こちらはイルフォードのデルタに気をよくしてT-MAX100の120フィルムで同じような条件で試してみましたが、デルタ100に比べると黄色がすこし気になります。
コダックのT-MAXはウェブで見られる日本語の説明書にはリバーサルにもよい、と書かれているのですが、アメリカのコダックアラリスになってからの説明書には特にリバーサル現像について書かれていないようなので、今のものはリバーサル現像には向かないのかもしれません。

第一現像:パピトール1:5+KSCN 1g 24度(硬調になるかと思って少し高めにしてますが、まずネガ現像で実験すべきですね。)6分
漂白:過マンガン酸カリのもの。新液。5分(30秒ごとに攪拌)
洗浄:2分(15秒ごとに攪拌)
第二露光:リールからといて水中で1分
第二現像:パピトール(使い回しではない)1:5 20度 6分
定着:KODAK FIXER 20度 7分
各工程間に水洗約2分
最終水洗後フジのAgガード1:4の液に1分漬け込み

今までは現像後にティッシュで拭っていたのですが、どうも定着で硬膜化されてもまだ乳剤が柔らかいようなので水切り効果もあるというフジのAgガードを使いました。
フィルムの上下(画像の左右)にはムラが出ていますが、以前のようなムラは出ていないようなので、過マンガン酸カリでの漂白後には極力乳剤には触れないほうが良いようです。



[7] Re: Ilford FP-4 (120)での反転現像 通太郎爺さん - 2019/03/26(Tue) 08:40 No.17246  

お早うございます。だんだん良くなりますね。
フィルム上下のムラは現像タンクによっても違うようです。
私は練習がてらパターソンを使っていますが、少し斜めにして静かに回転させるようにすると綺麗に上がるようです。
35mmではあまり感じませんが、ブローニーでは幅が広いのでフィルムの中間まで平均した液が行きにくくムラになりやすいようです。
縦にしたままの回転では平均的に薬剤をいきわたらせるのは無理なようです。

過マンガン酸カリのブドウ色がフィルムを染めてしまうのでニクロム酸カリを使っています。
あのブドウ色はオキシフルの5%程度の液で一瞬にして抜けるのですがフィルムに対する影響が不明で本格的なテストはやっていません。
過マンガン酸カリと合わせる硫酸水素Naの手持ちがないので濃硫酸を10t/500tでやっていますが(抜けは早いですが)それで色が取れにくいのかもしれません。

第二露光の水中で1分というのも興味がありますしAgガードもよさそうですね。昔は漬物用の「ミョウバン」を溶かして2〜3分漬けていました。効果があるのかないのか・・・

コダックの件参考になります。

薬品の件ですが、大手のチェーン店などは工業的な薬品会社との取引が全くないらしく会社の名前すら知らないことが多いです。
風邪か腹痛以外は苦手なようで・・・
昔からやっている町の薬局のほうがその手の問屋との取引もあるようで取り寄せてくれます。



[8] Re: Ilford FP-4 (120)での反転現像 rysk - 2019/03/26(Tue) 23:15 No.17247  

こんばんは。
ブローニーでは回転現像したほうがムラにならなくてよさそうですね。
パターソンはフィルムが巻きこみにくいのと、ステンレスタンクで白黒の漂白をしても問題なさそうなので、売り払ってしまいました。
モノクロなら回転現像でもカラーバランスがくずれるようなこともないので、現像時間等の調整で綺麗にできそうですね。

硫酸水素ナトリウムは濃硫酸の代替のようです。イルフォードやコダックの推奨処方では濃硫酸になっているので、問題ないのではないかと思います。
オキシフルというのはオキシドールと同じものでしょうか?
5%ということは水950ccにオキシフル50ccの割合でよいのでしょうか。
色が抜けるというのは魅力的ですがムラが出ておられたようなので、過マンガン酸カリで柔らかくなった乳剤が過酸化水素で溶けているのかもしれませんね。
ちょっと買って試してみます。漂白、洗浄後に漬けたのでよいのでしょうか?

以前薬局に過マンガン酸カリを探しに行ったのですが、一見の客には売りたくなさそうでした。
苛性ソーダを買うときも一苦労でしたので、馴染の薬局が無いと苦労します。
化学薬品を悪用する人間がちょくちょく出てくるので警戒しているのでしょう。
平和で結構ですが個人で日常の狭い範囲から少しでも外れると、とたんに自由が制限されているように感じ窮屈でもありますね。



[9] Re: Ilford FP-4 (120)での反転現像 通太郎爺さん - 2019/03/27(Wed) 08:13 No.17248  

ryskさん、おはようございます。

濃硫酸の件ありがとうございます。このままでいくことにします。
オキシフルは消毒用のオキシドールです。古い呼び方かもしれません。
写真用に過酸化水素の500mlも新品のままあるのですが、今回使ったのは消毒用に使っているオキシドールです。
濃度はそれほどシビアにはやっていませんので500ccに5tを入れた・・・という程度です。
乳剤が解けた可能性はありますので、やるなら濃度その他含めてテストが必要でしょう。
漂白、洗浄後にやりましたがオキシドール液に入れた直後に見る間に色が抜けました。
過酸化マンガンの漂白液を10t程度で試した結果、瞬時に透明な水になりました。その後の液に漂白効果はありません。

まったく物騒な時代になりましたね。薬屋でガラスの筒にコルク栓と蝋で密栓されたメトールなど買った昔が懐かしいです。
薬屋が写真屋を兼業していたのも知っています。

ネットで探すと売っている業者もあるようですが・・・

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)