(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.17105] アクロスでの反転は無理?


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[17110/17109/17108/17107/17106]  
[73:6] アクロスでの反転は無理? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/03/02(Sat) 09:54 No.17105  

ヒストグラム
1577 x 1087 (254 kB)


ウナたれで第一現像、その他ケントメアと同じですが、フィルムが真っ黒ほとんどスキャン不能状態です。

第一現像:ウナたれで原液30tをウナたれ液に入れて300t 20度6分30秒
水洗の後漂白22度3分 水洗して清浄液で2分 フィルムの幕面がクリーム色より濃い黄色で暗い部分など緑がかっています。まともなモノクロの反転の色ではありません。
その後第二露光は両面各1分 反転画面は見えますが黄色は変わりません。
第二現像:使い回しに原液30t入替300tで3分 強すぎたのか真っ黒。



[2] Re: アクロスでの反転は無理? 通太郎爺さん - 2019/03/02(Sat) 09:56 No.17106  

ヒストグラム
1609 x 1055 (351 kB)


一見、まともに見えますが暗黒部分が妙な黒抜け?しています。



[3] Re: アクロスでの反転は無理? 通太郎爺さん - 2019/03/02(Sat) 10:00 No.17107  

ヒストグラム
1569 x 1052 (296 kB)


ケントメアと全く同じにした積りですが、とにかくスキャン不能に近い状態のフィルムです。
メリハリもなくどうしようもない画像にがっかり。

ケントメアとは何かが決定的に違っている感じです。



[4] Re: アクロスでの反転は無理? 通太郎爺さん - 2019/03/02(Sat) 10:12 No.17108  

ヒストグラム
1629 x 1085 (455 kB)


アクロスで試みた方々が、真っ黒になると言っておられましたが、銀が少なく色素を混ぜたエマルジョンなので漂白液あたりと反応してしまい反転するとまともな白黒画面にはならないのかもしれません。

ソフトで引き起こしてどうにかこうにか画像が出てくる状態ではやる気が失せますね〜。



[5] Re: アクロスでの反転は無理? mglss - 2019/03/02(Sat) 10:26 No.17109  

ヒストグラム
1024 x 682 (316 kB)


おはようございます。
話が一気に進んでいて驚きました。
私の方は今朝のACROSの現像も真っ黒で成果なし。
第一現像と第二現像の差を極端にすると、ギリギリスキャナで読み込めるようになった程度です。
画像は極端にコントラストを高めています。

FD:Papitol[1:9] 30℃ 6min.
SD:Papitol[1:9](FDの液再利用) 30℃ 1.5min.

ryskさんが紹介してくれた過マンガン酸カリウムと硫酸を使う方法は、ちょうど今読んでいる現像の本でも触れられており、興味を持っていたところです。
ネットで検索すると、ILFORDの処方がヒットしました。
これを元に本式のモノクロリバーサルをやってみようと思います。
薬品の入手方法から探す必要がありますが。

ただ、通太郎爺さんの画像を見るとACROSではこの方法でも難しいようですね。
安価なNew Seagullへの変更も考えてみます。



[6] Re: アクロスでの反転は無理? 通太郎爺さん - 2019/03/02(Sat) 11:11 No.17110  

お早うございます。

今まで勘違いをしていたようです。
大手のメーカーほど誤魔化す?技術を持っていて銀塩以外の色粉などでモノクロフィルムを作れるようです。
中小のメーカーでは設備やその他の面から正直に銀塩でフィルムを作っているのでしょう。

ケントメアとシーガルは全く同じもののようですのできれいに仕上がると思います。
私の場合、近所の行きつけの薬屋に頼むと試薬品ではありますが取り寄せてくれます。ネットで買ったことはありませんが各メーカーや代理店で購入可能のようですね。

ニクロム酸カリも25gからあるようでびっくりしました。

>ILFORDの処方がヒットしました。

私のレシピは40年以上前のものですがイルフォードかもしれませんね。
昔々、反転用にH&W CONTROLというフィルムがアメリカの3M社から出ていましたが、使った覚えがあるのでこれのレシピかもしれません。

ACROSでも何とか出来るかもしれませんが、このままのレシピでは真っ黒になります。

順次、違うフィルムで試してみますが、意外なことに反転現像をすることによってフィルムの真実の姿や実力が見えてくるようで面白いと思いました。
フィルムについてあれこれ言う前に自分でいろいろな現像をやってみることがいかに大切か思い知った次第です。


[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)