(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.16862] 謹賀新年


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[16876/16874/16868/16867/16866]  
[205:9] 謹賀新年 投稿者:T_Matsu 投稿日:2019/01/01(Tue) 09:39 No.16862  

ヒストグラム
1600 x 1068 (1,321 kB)


本年も宜しくお願いいたします

デジ画像ですがお許しください



[2] Re: 謹賀新年 通太郎爺さん - 2019/01/01(Tue) 10:19 No.16863  

ヒストグラム
1300 x 852 (269 kB)


おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
新年早々昨日(昨年)のスキャンが忙しく、Matsuさんのページへのご挨拶が遅れてすみません。

デジカメもカメラの内、確実性に優れた実用機としてはこれ以上のものはないでしょう。
フィルムカメラは、完全な遊び道具となったので今年も遊びまくります。

まずは我が家の日の出直前です。もちろんデジカメですが、富士のX10は自動で撮ると、どうやっても空はすっ飛びますのでマニュアルです。



[3] Re: 謹賀新年 M.Tanaka - 2019/01/01(Tue) 17:31 No.16864  

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
この年がすべての人にとって少しでも前年より一層良くなりますよう祈ります。



[4] Re: 謹賀新年 通太郎爺さん - 2019/01/01(Tue) 19:20 No.16865  

Tanakaさん、新年おめでとうございます。
旧年中はいろいろとありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

世の中が平穏無事であることを願うばかりです。



[5] Re: 謹賀新年 mglss - 2019/01/01(Tue) 23:08 No.16866  

ヒストグラム
1024 x 672 (293 kB)


みなさま、明けましておめでとうございます。
昨年は様々なアドバイスを頂くことができ、大変感謝しております。
私は自家現像を初めてちょうど1年で、まだまだ分からないことが多いですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

さて、新年早々現像しました。
No.16834No.16861で通太郎爺さんにPapitolの[1:1.5]と[1:3]をおすすめしてもらい、どちらにしようと考えていたのですが、間を取って[1:2]で現像しました。

見たところ、ちょっと青が強いですが、ちゃんと現像できました。
青が強いのは曇天のせいかもしれません。
[1:3]だともっと液が節約できるので、次回はこちらでやってみたいです。
液が薄いので、現像時間を若干長めにしたほうが良さそうですね。

今回は家族写真も含まれるフィルムで失敗したくなかったので、普通に300mlで現像しました。
回転現像は実験用のテスト写真のみの際に試してみます。
しかしタンクを斜めににして攪拌棒を回し続けるとはよく思いつかれましたね。

FD: Papitol[1+2]+KSCN=0.3g 300ml 38℃ 6.5min.
CD: CNL[1+4]+NaOH=0.25g 38℃ 6min.



[6] Re: 謹賀新年 mglss - 2019/01/01(Tue) 23:12 No.16867  

カメラとフィルムの記述を忘れていました。
いつもの
minolta AL-E, PROVIA 100F.
です。



[7] Re: 謹賀新年 通太郎爺さん - 2019/01/02(Wed) 06:32 No.16868  

ヒストグラム
1230 x 704 (128 kB)


mglssさんおはようございます。

>見たところ、ちょっと青が強いですが・・

第一現像の液の希釈が多めで液が薄いためにフィルムの表面に近い青の部分が強く現像されるようで、時間を長めにしても解決しないようです。
回転現像だともう少し現像が進むようですが、、、
フィルムを生で見た感じでは、さほど気にならない程度だと思います。

で、マゼンタを下げた上で、青の部分の色調をシアンに傾け、彩度を上げて、暗くしてみましたがどうでしょうか。



[8] Re: 謹賀新年 mglss - 2019/01/03(Thu) 10:24 No.16874  

おはようございます。
編集された画像で発色が自然になりますね。
第一現像で液が薄い場合、各層のバランスが崩れ、表層側の青の反応が強く、奥側の赤の反応が悪くなるということでしょうか。

しかしスライドを投影して見ている限りでは青っぽさは分かりません。
特に適正露出のものは違和感がないようです。
暗部が画面に占める割合が多いものや、アンダーで撮影してしまったものは若干気になります。
次は[1:3]を試そうかと思いましたが、No.16869からの一連の写真を見ていると難しそうですね。



[9] Re: 謹賀新年 通太郎爺さん - 2019/01/03(Thu) 13:00 No.16876  

>表層側の青の反応が強く、奥側の赤の反応が悪くなるということでしょうか。

そのような感じですが投影機にかけてみる場合、光源の発色にも左右されるので、学術的な資料でもない限り気にすることはないと思っています。
道具が何もいらなず光に透かしただけでフィルム一本分のポジ画像が一気に見えるのは何とも言えない気分の良さがありますね。

>特に適正露出のものは違和感がないようです。

そのまま見ると目が勝手に補正するのかも知れません。
デジタルでの補正はWEBに載せたり、デジタルのプロジェクターに合わせる為で、ポジ現像の楽しみは何と言ってもフィルムをマナまで透かして見ることでしょう。

No.16869からの一連の写真を見ていると難しそうですね。

時間延長でいくらかは救われそうなので、暗部を救うという意味で露光を標準的にすることをお勧めします。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)