(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.17531] D76で第一現像


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[17535/17534/17533/17532/17531]  
[76:5] D76で第一現像 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/05/30(Thu) 08:23 No.17531  

ヒストグラム
1300 x 871 (244 kB)


第一現像にD76を使う実験は以前にもやりましたが、この時は第一現像の後、拭き取って発色現像という手順でした。
今回は第一現像後に漂白を入れて見ましたが、以前よりは良くなったものの、駄目です。



[2] Re: D76で第一現像 通太郎爺さん - 2019/05/30(Thu) 08:26 No.17532  

ヒストグラム
1300 x 855 (314 kB)


画像が極端に薄く、まともに使える状態ではありません。

Nikon F 50mm/1.4 (fuji G100)
第一現像:D76 Re50cc/350cc 23度8分 
漂白:ニクロム酸カリ系 1分30秒 
清浄:2分30秒 
第二露光:拭取り共3分、この時透過光でポジ画像はっきり見える 
発色:Re50cc/350t 34度5分 
EDTA漂白 5分 
SuperfujiFix 1分 画像薄くNG



[3] Re: D76で第一現像 通太郎爺さん - 2019/05/30(Thu) 08:33 No.17533  

ヒストグラム
1300 x 800 (341 kB)


D76では感光剤への浸透性が弱く一般的なネガ画像は作れても、潜像となって残っている画像(ポジではこちらが大切)までは浸透していないような感じです。

漂泊の後のフィルムにはポジ画像がしっかり見えますが、第二露光が強すぎたせいか発色カプラーがうまく反応していないようです。



[4] Re: D76で第一現像 通太郎爺さん - 2019/05/30(Thu) 08:45 No.17534  

ヒストグラム
1300 x 835 (269 kB)


今回に限って第二露光を60w相当のLED電球に30センチほどに近づけ裏表1分程度しっかりとやりましたが、
これによって潜像の銀がはっきりと金属銀化してしまい発色カプラーの反応ができなくなったのではないでしょうか。

カプラーが反応できるのは金属銀になる前のあやふやな状態の時だけのようです。
この為、拭き取りを兼ねてサッと光にさらす程度が良いのかもしれません。

モノクロポジの場合は、発色カプラーではなく同じ銀塩(あやふやなままコロイド状態になっている)
に第二露光を与えてそれを同じ液で第二現像することによって銀を固定化するので第二露光が必須ですが、
発色カプラーで像を作っているカラー現像では銀が固定化してしまうとカプラーの反応がやりにくくなるか又は不可能になってしまうようです。



[5] Re: D76で第一現像 通太郎爺さん - 2019/05/30(Thu) 08:57 No.17535  

ヒストグラム
1300 x 824 (277 kB)


TV画面のようにデジタル的に同じ光の強さに整えられた画像ではかなりうまく発色します。
自然界のラチチュードはデジタルなものよりはるかに広いのでこの現像では捉えられないのでしょう。

ネガポジに関する限り、第一現像がD76では無理なようです。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)