(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.17335] モノクロポジ現像と反転液


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[17338/17337/17336/17335]  
[53:4] モノクロポジ現像と反転液 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2019/04/14(Sun) 06:42 No.17335  

ヒストグラム
1200 x 755 (564 kB)


モノクロのポジ現像にカラー用の反転液(薬品でフィルムを露光した状態にする・・らしい)を使ってみました。

第二露光を省くためです。
かなり画像が薄くスケスケですが、スライドとしてプロジェクターで見るなら、この方が実用的かもしれません。

Nikon F2 50mm/1.4 (seagull 100)
Papitol Re50cc/250cc(ウナたれ)+KSCN 0.5g 22d.7min.
漂白:(17282に同じ)22d. 2min.
清浄:3min.
第二露光なし反転液使用 22度2分
第二現像 3min.
定着   第二露光が不必要なので最後の定着が終わるまでタンクは開けません。



[2] Re: モノクロポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2019/04/14(Sun) 06:57 No.17336  

ヒストグラム
1200 x 758 (403 kB)


フィルム上の画像は、ひどく薄いですがしっかり出ています。
この液はポジカラー用でポジカラーの場合は第一現像の後タンクに水を入れて充分に水洗してすぐ使います。

私がこれを省くのは、この程度の露光状態ならフィルムをスポンジで拭ったときに当たる光で充分なのと、薬品が厄介、
しかも酸性の強い液にもかかわらず、この後、水洗なしで発色液に入れる必要があります。
当然ですがアマチュアのタンク現像の場合、発色液の疲労は大きく、500tの液でも35mm2〜3本でパーになります。



[3] Re: モノクロポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2019/04/14(Sun) 07:14 No.17337  

ヒストグラム
1200 x 770 (430 kB)


画像としてはチョット面白い感じです。

反転液のレシピを書いておきますが面倒なので以後は書きません。

無水亜硫酸ナトリウム   10g
EDTA2Na 5g
酢酸ナトリウム       5g
氷酢酸          5cc (50%液なら約倍を使用)
塩化第一錫        2g (これが入手しにくいし、昔買った時25gでも5〜6千円と高価でした)
全量500tです。

この液に(リバーサルの場合)35〜38度で2分漬けて水洗せずにカラー液に入れます。

これを省かないと「簡易リバーサル現像」にはならないので今の方法にたどり着くのに苦労しました。
せっかく苦労して第二露光を省いて簡単にしたのにわざわざ第二露光をやらないでチョーダイな。フフフ!
ま、アマチュアの遊びですから、自由自在、面白ければそれで全てOKです。



[4] Re: モノクロポジ現像と反転液 通太郎爺さん - 2019/04/14(Sun) 07:21 No.17338  

ヒストグラム
1200 x 763 (402 kB)


なぜこんなことを突然やりだしたかというと、すべてアクロスの網目模様のためです。
第一現像か漂泊のせいで出るらしく、その後の第二露光で強調してしまうのが防げれば少しは目立たなくなるかな〜・・
というはかない望みかもしれません。

珍しい実験かもしれませんので、こういう方法もありかもね・・と見ていただければ結構です。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)