(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.16982] 漂白押し、第二現像弱いと


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[16993/16992/16991/16990/16987]  
[162:9] 漂白押し、第二現像弱いと 投稿者:rysk 投稿日:2019/02/07(Thu) 18:04 No.16982  

ヒストグラム
1024 x 1024 (116 kB)


カブりの原因特定のたすけになるかと思いますので、第二現像が弱いフィルムの画像を上げておきます。
露光はISO100で露出計で計った値のまま撮っています。

第一現像:D-76 1:1 500cc + KSCN 0.5g 20度 10分
第一現像後水洗数回の後、タンクを開けて第二露光をしながらスポンジで拭う。
第二露光後、フィルムをタンクに入れた状態で以下の工程。
漂白:オリエンタル CNL-N2R (20回近くカラーフィルムで使ったもの) 35度 7分
水洗:5分くらいだったと思います。
第二現像:パピトール 1:1 20度 3分 (第二現像短かすぎた)
以下前と同じ。

これを見ると漂白をあるていどしっかりして、第二現像が弱くてもしゃっきりした画像になっていません。
漂白だけは35度の液をステンレスタンクに入れたあと保温などしていないので段々冷めていってますが、漂白が弱いようには思えません。



[2] Re: 漂白押し、第二現像弱いと rysk - 2019/02/07(Thu) 18:07 No.16983  

ヒストグラム
1024 x 1024 (82 kB)


フィルムのサイドプリント(と言うのでしょうか)を10倍ルーペで見た画像も載せておきます。
真っ黒の所は第一現像や漂白の影響がさほどないためか素直に出ているような気がします。



[3] Re: 漂白押し、第二現像弱いと rysk - 2019/02/07(Thu) 18:29 No.16984  

やはりリバーサル現像は「第一現像命!」なのでしょうか。
漂白による悪影響の可能性は一旦置いといて、第一現像の条件をいろいろ変えてみる方向で実験を進めてみます。
第二現像もパピトール1:1なら8分くらいのほうがいいかもしれませんね。



[4] Re: 漂白押し、第二現像弱いと 通太郎爺さん - 2019/02/07(Thu) 20:09 No.16985  

ヒストグラム
1300 x 867 (131 kB)


上のデータには定着がありませんがしないままでしょうか。
漂泊の温度は30度程度なら問題ありません。

>第一現像後水洗数回の後、タンクを開けて第二露光をしながら・・・

この部分が腑に落ちないので実験したはよいのですが、暗室に忘れられていた4x5のエフケを使ったのでひどい結果となりました。
フィルムが完全にダメになっていました。
おまけにLED電球の光線やら窓からの光線やらも入れ混じってムラだらけ。
何が何やらわかりません。

あえて第二露光をやっていないのでカブリがひどく全くダメですね。

第一現像はパピトール60tを水で250tに希釈、30度6分、漂白はオリエンタルのカラー用で30度5分、清浄液は亜硫酸ナトリウム50g/800t、定着は富士フィックスで5分です。

フィルムの古いせいも重なっているようですが、見たところかぶりがひどく、漂白後に第二露光が正常なやり方かなと思いました。

全体のかぶりがひどいのでスキャン不能、SDクワトロで複写しました。
再度まともなフィルムでやってみます。



[5] Re: 漂白押し、第二現像弱いと 通太郎爺さん - 2019/02/07(Thu) 20:47 No.16987  

すみません定着は前と同じなんですね。
これで全体にかぶったような感じがなくなり、コントラストが正常になれば大成功ですね。
下に書かれたryskさんの理論が正しいということになります。



[6] Re: 漂白押し、第二現像弱いと rysk - 2019/02/07(Thu) 23:07 No.16990  

ヒストグラム
1024 x 1024 (103 kB)


早速実験していただけましたか。
亜硫酸ナトリウムでの清浄の効果がイマイチなのか、フィルムが古いためなのかムラが目立つようですね。
第二現像はどれくらいされましたか?

画像は最初に試した時のフィルムのサイドプリントと通常のモノクロネガ現像をしたものとを比べたものです。
ス抜けのフィルムが出来るものと思って第一現像の液を第二現像で使い回したものですが、灰色のドットの回りが白く囲まれているのが気になります。

現像データは
第一現像:D-76 1:1 500cc 20度 10分(ロダンカリを入れたかどうか忘れてしまいました…)
水洗の後第二露光
他のものと同じ液でカラー用漂白 35度 7分
第二現像:第一現像で使ったものを再使用 20度 10分
定着などは通常通りです。

ネガの方はD-76 1:1 20度 10分、定着などは通常通りです。



[7] Re: 漂白押し、第二現像弱いと rysk - 2019/02/07(Thu) 23:17 No.16991  

ヒストグラム
1024 x 1024 (88 kB)


No.16989のロダンカリについて、納得が行きました。
目で直接見えないことなので難しいですね。勘違いや思い込みに気をつけないとあらぬところへ行ってしまいそうです。

現像が弱すぎて参考にならないかもしれませんがNo.16990のフィルムの画像もう一枚載せておきます。
上には書き忘れましたが、ISO200で撮影しています。
お見せするのも恥しいですが…畳の上にパイプを置いて撮ってます。



[8] Re: 漂白押し、第二現像弱いと 通太郎爺さん - 2019/02/08(Fri) 09:24 No.16992  

ヒストグラム
1300 x 384 (72 kB)


お早うございます。

>第二現像はどれくらいされましたか

第一現像で使ったパピトールに30t補充で25度3分です。

サイドマークで見る限りネガはわずかにオーバーな感じです。
ポジが不思議なのですがモノクロフィルムのダイレクトポジでは第二露光をかけるためこのマークはほとんど見えなくなります。
ここにあげた35mmフィルムでの例もナンバーなどのサイドマークがほとんど見えません。
パーフォレーション部分が真っ黒に近いのが完ぺきな状態だと思います。



[9] Re: 漂白押し、第二現像弱いと 通太郎爺さん - 2019/02/08(Fri) 09:46 No.16993  

16983からの推測ですが、第二露光が弱いのではないでしょうか。
私は150wのリフレクターランプで30センチぐらいの距離で片面30〜60秒ずつ両面にかけます。

若い頃、濡れたままのフィルムが触れてランプが爆発的に飛び散ったことを思い出しました。気を付けてくださいね。
なお、フィルムの水滴は拭っておかないとムラが出ます。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)