(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合が・りますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.16638] 時短現像では??


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[16643/16642/16641/16640/16639]  
[8:6] 時短現像では?? 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/11/06(Tue) 06:42 No.16638  

ヒストグラム
1300 x 840 (1,489 kB)


富士の記録用100を150程度(少々あやふや)で撮り第一現像を2分30秒と少し短くしてみました。
暗い部分の発色が今一つな感じがします。

Minolta CLE rokkor 40mm/2.8 (fuji G100-150〜170?)
papitol Re30cc/280cc KSCN 0.25g 35d.2min.30sec.
C.D. Re50cc/280cc pH9.0 35d.6min.



[2] Re: 時短現像では?? 通太郎爺さん - 2018/11/06(Tue) 06:50 No.16639  

ヒストグラム
1300 x 764 (1,291 kB)


明るい場面では、ほとんど問題ないでしょう。

ネガティブでの現像では発色と現像を一気にやるので手現像では不安定になりやすく発色が浅くなるようです。
ポジ現像の場合、銀塩のモノクロ現像と発色とがはっきりと分かれますので色が深くなります。



[3] Re: 時短現像では?? 通太郎爺さん - 2018/11/06(Tue) 06:57 No.16640  

ヒストグラム
1300 x 1039 (1,519 kB)


ネガ現像の場合、銀塩は画像の形成より、色に感応した信号を伝達するだけの役割しかないようで、
画像形成が隅々まで完成しないうちに中途半端なまま順次発色してしまうような感じです。

画像形成が完全に終了してから、その画像に対して発色剤が作用するポジ現像で粒状性がよくなる理由がそのあたりにあるのかもしれません。



[4] Re: 時短現像では?? 通太郎爺さん - 2018/11/06(Tue) 07:02 No.16641  

ヒストグラム
1300 x 794 (1,551 kB)


薬剤は省略されているかもしれませんが、構造的にはネガもポジも同じはずなので、現像手順を同じにすればほぼ同じものができるはずなのですが・・・



[5] ISO160では?? threepinner - 2018/11/06(Tue) 08:27 No.16642   HomePage

ヒストグラム
1200 x 916 (276 kB)


昨日、120サイズのISO160ネガカラーの反転現像、第一現像の後に10%炭酸ナトリウム液に
漬けて、感度と彩度向上がはかれるか、やってみました。ダメですね。

添付はご近所のだれもいない公園の紅葉、曇り空で条件はよくないところ、ISO200で撮影、
他に400でも撮りましたが、同じです。

第一現像:37℃、ロダンカリ0.2g/500ml入りコレクトールうなたれ15分。
後浴:40℃10%炭酸ナトリウム液使い回し、8分。
発色現像:BANうなたれ。

ISO100ネガカラーのような感光と発色の分離で色のまじりがなくなるという効果が期待でき
ないのがなぜかは不可解です。粒状性は良好なのですが。



[6] Re: 時短現像では?? 通太郎爺さん - 2018/11/06(Tue) 09:08 No.16643  

ヒストグラム
1242 x 900 (1,356 kB)


>第一現像の後に10%炭酸ナトリウム液に漬けて・・

ポジ現像では、第一現像と発色現像との間に明確な線引きをしないとうまくいきません。
第一現像のモノクロ現像液(現像主薬)の影響をいかに消すかがポイントとなりますので、
ここでアルカリ系の薬品に漬けるとさらに一層モノクロ現像主薬の影響を引き延ばしてしまう結果になると思います。

私は逆に、拭取りを済ませた後、弱酸性(pH6.5〜6)の液に1分30秒ほど漬けてみました。
すっきりしてうまくいくようですが案の定ムラも出やすいです。銀塩がいかに薄いかの証拠だと思います。

もう少しデータを取って煮詰めてから公表することにしますが富士の160NS、ASAは100で撮っています。

もう一つ、現在のコレクトールE(メトールやフェニドン系とヒドロキノンではない)だとしたら昔のものとは違っているのではないでしょうか。
もしエタノールアミンとビタミンC系だとすると(分かりませんが)効果は全く違うので作用が弱く暗くなると思います。

この画像の場合現像時間は3分30秒です。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)